ラジオ少年の楽しい電子工作、その他

AVRを使った簡単な回路の実験、そして日々のちょっとした出来事を書きます。

真空管ヘッドホンアンプ

2017年06月17日 | 日記

真空管ヘッドホンアンプは沢山種類がありますが、大半は初段が真空管でその後にOPアンプで構成されています。ヘッドホンを駆動するに為にOPアンプが使われています。

どんな音がするのか?気になりプチッとしてしまいました。

ハイブリッド構成です。真空管でインピーダンスに低いヘッドホンを駆動するにはどうしても出力トランスが必要になります。

今回ポチッてしまったのは、真空管だけで構成された中国製のヘッドホンアンプです。

整流管は6Z4(6X4同等管)、アンプは6F2(6U8同等管、3極5極管)です。6F2の5極部が初段、3極部のカソードフォロワー?(違いますね、、、SRPPかな)になるのでしょうか。OTLです。

回路図と部品表がついています、抵抗は抵抗値と数、ロケーションを書いたボール紙にさされていますので、組み立ては40分もあれば出来ます(基板へ部品を搭載する)

アイテンドーで球なしの基板が売られている様です。以前、ラジオ少年でケース、トランス等を含んだキットとして売られていたと思いますが今はありません。

残念ながら、基板はできたのですが、トランスがありません。勘違いして、トランス付きでこの値段?でも後で見直したら、トランス、ケースは付属していませんと注意書きがありました。

火入れ式は何時になるやら。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12B4A(2) | トップ | 真空管ヘッドホンアンプ(2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。