峠の茶屋…お茶でも飲んで、ゆっくり行きなされ。

 人の一生は、重き荷を背負いて遠き道を行くが如し、急ぐべからず。

「書中見舞い」

2017-07-17 17:31:35 | 日記
 ボタンの掛け違いで、結ばれずに別れた女性(ひと)がいる。
だが、賀状と暑中見舞いの葉書は今も送られてくる。
妻もその女性の事は知っており、私にとつても、思い出の人、大切な友達という存在だ。
誤解がもとで、別れたあと、その人が私の郷里を訪ねて来、誤解は解消したがその時の私には今の連れ合いであるフィアンセがいた。私を忘れる事を誓ったその人の願いは「賀状の交換はお互いが息災の証拠、それだけは続けさせて‥」だった。そして半世紀以上が経過した今夏も、暑中見舞いが届いた。短い文章だが、温かさが伝わる葉書だった。
『友達』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「言霊の国」 | トップ | 「適所」 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お早うございます。 (fenix80)
2017-07-18 07:38:35
 書棚の片隅に、昔贈られた、井上靖の文庫本があります。
逢い見ての 後の心にくらぶれば~
年月日は、安保闘争酣の年でした。
こんばんは^^ (sakurabana)
2017-07-17 23:34:21
ちょっと悲しくて切ない想い出ですが
今は素敵な思い出になりましたですね^^
その時の想いの深さは女性の方が深かったのではと
余計なことを思ったりしてます(*^-^*)
誰しも心の底に持ってますね~想いを・・・

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事