峠の茶屋…お茶でも飲んで、ゆっくり行きなされ。

 人の一生は、重き荷を背負いて遠き道を行くが如し、急ぐべからず。

「狸」

2017-04-29 21:46:01 | 日記
 玄関の置き棚に、信楽焼きの「狸」の置物を飾っています。
狸は「他を抜く」と云い、他より抜き出て優れているとか、他を追い抜いて勝つ意味があります。破れ笠は、上を見れば際りがなし、下を見て暮らせ。しかし、時には上を見、理想への向上心を忘れぬようにとかぶっています。通い帳は、人間に信用が厚く、みそか払いの通帳は信用の大切さを表わしています。徳利は飲食の恵みに感謝し徳を利益とし、丸八は飲食は腹八分目の大切さを教えています。太鼓腹の白さは、太っ腹で腹黒くない善人を表わしています。シンボルは気前の良さを表わし、延びる、広がる、包む、の縁起に通じており、眼は、狸寝入りが出来る調法な大目玉で慈愛を示し、眼光の鋭さは達観と洞察力を表わしています。
尻尾は、尾が末広がりに開いて立っており、将来益々大成することを表わし、丸裸は誰にも遠慮なく、不平不満を云わず最低生活が出来る姿を意味しています。
以上、以前は何も知らずに飾っていた置物の由来を最近図らずも知ったので紹介しました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「復習」

2017-04-23 09:07:57 | 日記
 「法学士」の称号だけは持っているが、ロクに復習も勉強もしなかったせいで、「尊属殺人罪」が平成7年に廃止された事を最近まで知らなかった。
国立大学の法学部に入った孫に、得意顔に親族法の解説をしたことを思い出し、冷や汗が出る思いである。ブックオフに足を運び、図解の「刑法」と云う本を購入し一通り目を通した。
60の手習いならぬ復習だが、意外と抵抗なく理解する事が出来、満足している。
人は生涯学習とか‥これからも時間の許す限り勉強をするつもりだ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「時間が欲しい」

2017-04-19 11:18:28 | 日記
 本とクラシックのCD、そして録音テープは身に余るほど持っている。
買っただけで、ろくに目を通さず書棚に眠っている本、はしょる程度しか聴かなかったCDと録音テープが数多くある。
それらを読み直し聴き直すには相当の時間が必要だ。
後何年、丈夫で過ごせるかは分からぬが、せめて孫四人の成長し社会人になった姿だけは見たいと願っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「桜」

2017-04-17 08:38:23 | 日記
 遅い春が漸く到来し、桜花も五分咲きになった。
県下でも有数の桜の名所だった近くの公園が、椋鳥の被害にあってからは衰退の一途を辿っている。替わってバイパスの両側、長さ約一キロ強に亘って植えた桜の苗木が成長し、数年前から見事な景観を呈し、行きかう人々の目を楽しませてくれる。
酒を止め、年を重ねた今、浮かれる気持ちはなく、ただ花の美しさを愛でている。

「ひさかたの 光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「免許」

2017-04-12 19:33:31 | 日記
 車の運転には免許が要るが、話し方には免許がない。用い方一つで人を傷つけ、凶器にもなる「話し方」にも免許が必要だと思うが、如何ですか? 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カレンダー