嘆き人形

年中お人形遊び

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「磔のミサ」を中国語訳にして見ました

2008-11-27 15:14:42 | 通訳
生きてま~す。久々の更新です~
最近は何かと忙しいです、年末に近づいたせいかな(′·ω·`)
昨日偶然に聞いた「磔のミサ」、即にハマった、もうマジ最高な感じです!
ゆえに、おもわず訳した・・・俺って、ハマりやすいのかな・・・
え?次の更新?・・・空は青いね・・・はっはっは(遠い目

日本語==================================

「磔のミサ」

先天の日から あなたもその地も
神々の中で 抗える寄留者

鉄の鐘を合図に血肉へ 突き立ち灯は次々と消え
迫り来る祝福 選ばれし神の子 捧げるその瞬間が
きっときっと 今、ここに

いにしえのグラジオール 深紅を纏った正邪
墜落した羊は その目も失った
十字架を象った 鈍色な無数の針
色鮮やかな 洗礼 磔のミサを────

飢える事の無い 欲望にまみれ
主を失い 朽ち果てる 大地よ

偉大にして雄々しき『絶対』 真理に使えぬ獣たち
幾千の十字は 息を刈り続ける 生け贄の祭事なら
きっときっと 今、ここで

いにしえのカイザークロス 数え切れぬ叫びが
神々へ届くなら その血は意味を持つ
万物に目を奪われ 群れをなす愚弄の民
安息の日々 唱えよ 磔のミサを────

いにしえのグラジオール 深紅を纏った正邪
墜落した羊は その目も失った
十字架を象った 鈍色な無数の針
色鮮やかな 洗礼 磔のミサを────

中国語==================================

「磔刑之彌撒」

紀元前 汝與此地
均為在諸神之中掙扎的寄居者

敲響鐵製的鐘聲作為血肉的信號 屹立的祭燭依次熄滅之時
緊迫而來的祝福 被選上的神之寵兒 獻上生命的瞬間
不容置疑 正是此刻

遠古的邪心王 身披猩紅的正邪
墮落的羔羊亦被挖去雙眼
宛如十字架般的 無數灰鐵色的針
血色鮮濃的 洗禮 磔之彌撒────

浸淫在無法填滿的慾望之中
因失去主人而乾枯的大地喲

偉大且雄壯的『絕對』 與真理格格不入的野獸們
數以千計的十字 無止境地刺進咽喉 奉上活貢品的祭祀
無須猶豫 正是此時

遠古的聖皇十字 無窮無盡的哀嚎
若能傳達到眾神的耳中 所流的鮮血將不會白費
被萬物所迷惑 成群結隊的仿效者
安息的日子 歌唱吧 磔之彌撒────

遠古的邪心王 身披猩紅的正邪
墮落的羔羊亦被挖去雙眼
宛如十字架般的 無數灰鐵色的針
血色鮮濃的 洗禮 磔之彌撒────

=====================================

雖然不禁止拷貝,但請注明出處「HKG@宇都」
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「いつかのひかり」 いい感じ~

2008-05-08 13:47:25 | 通訳
霜月はるかさんの「いつかのひかり」はいいなぁ~
最近この歌を聴いたらなぜかすっげぇ共感XD
思わず通訳をしてみた やはりこの曲最高だったなぁ~(;´▽`)

日本語==================================

「いつかのひかり」
満ちる黄昏 溶ける面影
琥珀の世界 閉じ込めた
遠すぎる記憶 探してわたしは 歩き出す

旅路の果てに 見つけたあの日
終(つい)に手にした 温もりは
朝露に飲まれ 形をなくして 消えてった

流れる忘却の川(レーテ)が 隔てる彼岸に
たたずむ悲しい 目をしたあのひと
あふれる想いが こたえを求めて 呼ぶ

すべては泡沫(うたかた) 触れえぬ幻
それでもわたしは 現(うつつ)と信じて
いつかのひかりを 心の深くに しまうから

優しい日々を 残した写真
広がる赤に 飲み込まれ
大切なものを なくしたわたしは
夢に 欠片求め

目覚めた朝に 頬に残った
涙のあとが 唯一の
いつかに近づく 微かな手掛かり
それでも 思い出すよ――あの光景(ひかり)を

傾く陽射し 遠くひぐらし
はしゃぐわたしの 手をひいて
優しい笑顔で 隣を歩いて くれたひと

家路を辿る 道の途中で
ふと足を止め 振り返り
伸びたふたつの 影 ひとつに重なり 焼きついてた

夕陽に染まった あなたの横顔
みつめるわたしも 茜に色づき
交わした約束 大事にしまった 胸

すべては泡沫 儚い夢でも
心に抱(いだ)いた 温もり確かに
いつかのひかりは わたしを包んで くれるから

眠りの淵に 浮かぶ小船が
岸へと向かい 走り出す
眩しい朝日に 目覚めたわたしは
滲む 涙ぬぐい

見上げた空に たゆたう月が
満ちて欠けてを 繰り返す
季節は移ろい 思い出遙かに
それでも 忘れないよ――あの光景を


中国語==================================


「往昔的光華」

黃昏已深 朦朧面影
囚禁于琥珀色的世界中

我爲了尋找那遙遠的記憶而踏步前行

在旅途的盡頭 尋覓到的那日子
終能納入掌心的 那份溫暖

被朝露吞噬 仿如泡沫般消失無蹤

佇立在流淌的忘卻之河對岸
那個雙眼充滿哀愁的人

溢漲而出的思念 爲了尋求解答而呼喚

一切皆為泡沫 無法觸摸的夢幻
儘管如此我仍相信那就是現實

將那往昔的光華 靜靜地埋藏在心底

保存著那充滿溫馨的日子的照片
被逐漸蔓延的赤紅所吞噬

失去了無可替代的東西的我
在夢中尋求往昔的碎片

早上醒來 唯一剩下的就只有留在臉頰上的淚痕

接近往昔 那小小的綫索
盡管如此我仍會想起
——往昔的光景

傾斜的日照 遠方的蟬鳴
牽著我那嬉戲的小手

溫柔地微笑 走在我身邊的人

在歸家的路途中 忽然停住腳步轉過身去

長長的兩個影子 合二爲一永不分離

夕陽映照著你的側臉 看著你的我也染上緋紅

立下的誓言 珍藏于心底

即使一切都如泡沫 渺茫的夢境也好
心中感覺到的溫馨卻很真實

往昔的光華 會一直將我抱于懷中

在夢境的深處 漂浮的一葉小舟
朝著河岸出航

耀眼的清晨 醒來的我輕輕拭去淚痕

擡頭望向浮于天際的明月
盈虧滿蝕 日復一日

季節交替 往事如煙
盡管如此我仍不會忘記
——往昔的光景


=====================================

そういえば新作「アオイシロ」もそろそろ発売だな・・・買ってみよう~(;´w`)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2008-02-07 00:49:50 | 戯言
あげましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします~

いや~またも一年ですか、時間が早いですね、本当に。

今年の冬は特に寒いです、しかも忙しい。なにせ廣東には五十年一遇と言われる寒い天気ですから、割と多い外省の人や労働者たちは郷帰りが出来ない状態です(鉄路や航路も何日間雪の所為で停滞なまま)でもようやく今日で70%のどころが回復、皆さんもようやく家へ帰られますね~めでたしめでたし~でもお陰でこの前、特にこの二週間は死ぬほど忙しかった・・・まあそういう仕事だから、別に文句を言うつもりはないか、でもこの二週間、滅多に家へ帰らないのは少ししんどいですOrz でもまあ、結果的には休みもちゃんと取れたし、ボーナスも出るし、別にいいや~XD

んで、新たな一年の願望と言えば、それは勿論両手に花・・・を兼ねて昇進です!(ふん~だ 欲深いでこそ人間だもん~
あと体も鍛えなくっちゃね・・・って、それ願望ちゃうや・・・まあとにかく、今年も良いこと一杯ありますように~

では皆さん、良いお年を~
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

秋といえば?

2007-10-18 13:08:49 | 戯言
久々の更新です。まぁ最近はちょい忙しいというかだるいというか・・・やっぱ秋ですね~(三ヶ月前は秋と呼べません!

とにかく最近、進めるべきもんはまったく進んでませんでした・・・ひたすら仕事→通訳→ゲーム→寝。我ながら貧相な生活をしてきたとは思うか、別に変える衝動もない・・・やっぱ秋ですね~(また言うか!

でもまぁ、俺的には頑張って生きていると思うぞ?仕事とか勉強とか、いろいろ疲れたんですよ?でもやらなきゃ生きられないし、社会中ってのは理不尽やままならぬことが一杯いるし、結構辛い・・・つい先日なんでマフィア絡みのこともあったし、ああ暗いって感じ。権力と金の世界じゃそれは普通かも知れんか、それでもなんか釈然としないんだな。まぁ、慣れるしかないな・・・公務員も楽じゃないな・・・まっ、とにかくひたすら頑張る、いつか来るべき日のために。

おっと、愚痴し過ぎたかな^^; 書けことはそれぐらいにしよう、次は楽しいことを書けるといいね~ では。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

雨垂拍子

2007-06-25 21:11:48 | 戯言
夢見た。

灰色な空、雨、濁った川、泥濘の道。

滑った、汚れた、雨に流された。

穢い感触はない、手も体も動かない。

ただ、滑り落ちる。

上は雨、下は川。

虚無感。

つまらない。

二択のわけではない。

無意味に落ちる。

退屈。

実際、どっちへ落ちるのも分からない。

分かる訳がない、分かりたくもない。

悪い夢。

そして結局、汚い川に落ちた。

汚い水を飲んだ、吐く気しない。

人性最適?かもな。

空へ落ちるのかもしれない・・・のようならしくない事を考えるんじゃなかった。

「お前なんぞ、碌な生き方をする筈がない。」

同感。

では沈もう、いっばい飲もう。

生きるために。

ふっと、目覚めた。

また新たな一日が始まる。

でも、昨日の臭いは残る。

だから、雨垂拍子のような日々を新たに設定するでも、中身は変わらない。

やっぱ、退屈だわ・・・
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加