カオリン&チョチョリンの親育て・子育て

むちゃくちゃ気まぐれに思いついたことやら、好きな映画・舞台のことやら・・・ぼちぼちと書いております~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

京極ワールド、映画「姑獲鳥の夏」を見て

2005年07月30日 | 映画・テレビ
京極夏彦氏のディビュー作「姑獲鳥の夏」が、映画化されたというので、見ようか見るまいか・・・と悩んだ末に、昨日、やっと見てきた。
なぜ、悩んだか・・・、それは、キャラクターのイメージが、若干原作を読んでいる私のイメージと違うキャスティングのようで、どうなんだろうか?と思ったものだから。
でも、映画自体は、ほぼ忠実に原作を再現されていて、かなり前に原作を読んでいた私でも、内容が思い出され、京極ワールドへ引き込まれた初期の頃のことが思い起こされた。

ストーリーは、こちらからどうぞ、「姑獲鳥の夏」公式HP(ここで、かなり詳しく紹介されてま~す。

そして、驚愕の結末は・・・(ネタバレあり)


久遠寺涼子は、雇われ医師により性的虐待を受けていたことで人格障害を生じ、「京子」というもう一つの人格を持っていた。そんな時、双子の妹「梗子」と間違え、恋文を涼子に渡してくれと関口に頼む牧夫。その後、「京子」と逢瀬を重ねることになる若き日の牧夫(後に梗子の夫となり失踪してしまう)。そんな中、涼子は、牧夫の子を妊娠していることに気付く、しかし、出産を両親にはばまれ、挙句、生まれたその子を実の母に殺されるという衝撃の状況に精神的錯乱を引き起こした涼子は、自分の中に「久遠寺の母」という人格を持つことに・・・。そして、牧夫はドイツへ留学し・・・。
それから、10年の月日が流れ、牧夫が再び涼子の前に現れ、晴れて妹「梗子」と結婚したたことで、それまで潜んでいた「京子」・「久遠寺の母」が再び姿を現し、あらたなる事件が・・・。
そう、久遠寺医院で生まれた子供は、皆死産だとされ、子供の遺体すら戻らぬまま、消えてしまうという事件。
そんな中で、元・久遠寺医院の看護婦が新種の薬物依存症で亡くなる。
この事件を追って、刑事木場修太郎の調査が進む。成り行き上、調査に無理やり引き込まれる榎木津探偵。なぜかしら、涼子に惹かれ、力になりたい関口。
そんな関口の頼みを飲んで、「拝み屋」京極堂が、動き出す。

「この家の姑獲鳥を退治にまいりまいした。」
と静かに、だが、凄みのある声で語る京極堂。

そして、「つき物落とし」の儀式が始まった時、涼子の母・菊乃が狂乱し、涼子もまた人格を変える・・・。
その後、京極堂の呪文により20ヶ月身ごもった梗子の腹が割け、失踪していたはずの牧夫の死体が・・・。
この事件、人間の主観が引き起こす、「思い出したくないことを記憶から消す。」、「見たくないものは、見えない。」という状況が生んだ悲しき事件。

ラストシーン、涼子が、「京子」となって、院内に居た赤子をさらい、屋上へと連れ去っていく。そこへ現れる関口・京極堂・木場。
「君にしか出来ない。」といわれ、関口は、「京子」と向き合う。
そして、赤ちゃんを渡すよう説得する。
関口と直面した時、涼子は、「京子」から自分自身を取り戻し、赤ちゃんを手渡し、関口に「ありがとう」とささやいて、屋上から身を翻し、自らの命を絶つ。
彼女が、真に愛した相手は、もしかしたら関口巽だったのかもしれない・・・。
愛する人に、子を託し、安堵した涼子は、「姑獲鳥(子を奪う妖怪)」から「産女(子を預ける妖怪)」へと変わったのである。

この映画、正直なところ、京極ワールドがこじんまり纏まっちゃったようで、個人的には、どう~かなぁ・・・って思ってしまいました。
「犬神家の一族」なんかのように、派手な場面がないし、ちょっと映像にするには難しかったのかと・・・。独特の京極ワールドは、本で、想像を膨らます方がよかったかなぁ・・・。
でも、「絡新婦の理」なんかは、映画化されたら面白いかなぁ~と思うんですが。
ただ、かなり長編なんで、どうまとめるか・・・、それが問題だ。

参考になった方、クリックのほど 
 どうか一つ、何卒一つ、よろしくポチッとお願いします。

コメント (9)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イ・ジョンジェ氏のブログ見... | トップ | 京都銀行版トラック!? »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうです (takoyo)
2005-07-31 06:05:41
うぶすな>漢字をひとつ覚えた時点でなんじゃいなと思わせるに充分でした。

小説&映画それぞれ独立したものと捉えるなら面白さ発見の意味で映画を考えさせらた見本の様でした。・・・・・不思議な体験と言いたかったのです。
よくわかりました (basia)
2005-07-31 10:01:53
カオリンさんの解説で、よく判りました。

そうか、そういうことね。

堤さんにボーっとなって、ストーリーのからくりを理解できないなんて・・・情けないわ~
TBさせて頂きました (SAYURI)
2005-07-31 21:04:55
こんばんは。

私も、ずっと気になっていて、観たいと思っています。

トラック・バックさせて頂きました。

よう、お越しぃ~ (カオリン)
2005-07-31 22:36:25
>takoyoさんへ

確かに、京極ワールド自体が、不思議な世界を持っていますから、他にはない体験が出来たかも。

映画では、京極堂の薀蓄が、あまり聞けなかったのが、私としては、残念でした。(映画では、本の中のあの薀蓄を語らせるのは、難しいですからね。)



>basiaさんへ

この映画、結構、さっさ~っと流れちゃう感じだったんで、原作読んでないと、「ん?」ってとこ多かったと思いますよ。

でも、堤さんは、カッコいいですね。

私の持ってた京極堂のイメージは、竹中直人さんを細くして神経質にした感じだったんで・・・。(笑)



>SAYURIさんへ

もし、見るんなら原作読んでからの方が、分かりやすいかも。

原作でキャラクターに馴染でおくと、なんとなく、すんなり京極ワールドに入り込めると思いますよ。
こじんまり (chishi)
2005-08-11 17:18:37
自分も原作ファンです。

原作と映画はベツモノだとわかっていても

なかなか切り離して考えられず…



どうやらシリーズ化されるみたいですね。

次はどうなることやら(笑)
うれしいような、悲しいような・・・。 (カオリン)
2005-08-11 20:28:19
やはりシリーズ化ですかぁ・・・。

次回作、原作の流れからいくと、「魍魎の匣」ですが(これも映像にすると、こじんまりしそうな・・・。)、個人的には、「絡新婦の理」の映像化を望むんですが・・・、これは、ドラマにする方がいいかも。
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2005-12-01 22:21:22
原作ファンに方は、だいたい厳しいですね。

ぁ、原作ファンでなくても、厳しいか、、、
Unknown (mina)
2005-12-04 06:29:04
京極作品のファンであればあるほど、期待を裏切られるリスクも高くなると思います。

わたしは、それほどのファンではないから、ダメージも少なかったけれど、カオリン様は、京極夏彦のファンのようですから、さぞかしがっかりだったでしょうね。
厳しい・・・かも (カオリン)
2005-12-04 18:14:33
>猫姫少佐現品限りさんへ

そうそう、原作好きとしては、ちょっといただけません・・・ってとこがありましたね。

やっぱり京極作品を映画にするのはなかなか難しい・・・か。







>minaさんへ

どうも、自分の中で京極ワールド創っちゃってますからね、ファンは。

だから、どうしても期待はずれ・・・って感じがしちゃうんでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
人物相関図を把握するのが大変◆『姑獲鳥の夏』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
7月21日(木)TOHOシネマズ木曽川にて 京極夏彦の小説は、何となく難しそうで手が出ない。 …というより、実際難しいのだろう。 その映像化も難しいと言われていた独特の世界観が、今回初めて映画になったという。 私は予告編での知識しかなかったので、てっきり堤真一
姑獲鳥の夏(うぶめのなつ) (或る日の出来事)
(c) 2005 「姑獲鳥の夏」製作委員会京極堂シリーズの原作を読んでいる身としては、映画のキャストが発表されたときには、そりゃ違うでしょー、堤真一が京極堂? 永瀬正敏が関口? 阿部寛が榎木津? 宮迫博之が木場? まるっきりイメージと違って、目の前が、くらくらと
[映画]姑獲鳥の夏 (tuskyのblogってどうよ-2号店-)
2005_30 タイトル:姑獲鳥の夏 鑑賞日:2005.07.16 場所:ユナイテッドシネマ入間 ジャンル:ミステリー 配給:日本ヘラルド映画 監督:実相寺昭雄 原作:京極夏彦 出演:堤真一 永瀬正敏 阿部寛 宮迫博之 原田知世 田中麗奈 いしだあゆみ あらすじ・解説の詳細 昭和27.
姑獲鳥の夏 (Sayuri\'s Room)
みなさま、こんばんは 今、私が1番気になる映画・・・それが「姑獲鳥の夏」です 全8作で驚異的な売り上げを記録している“京極堂シリーズ”の第1作。映画化が強く望まれてきたが、その独特な世界観を映像化することは不可能とされてきた。しかし、現在の日本映画界...
「姑獲鳥の夏」は凝りすぎ。 (nancix diary)
‘風邪らしくて、寒気はするわ、鼻水出るわ、上唇にできものができるわ、見られたもんじゃない外見なんですが、1日の「映画の日」に出歩けなかったので、せっかくのレディース・デーの3日に「姑獲鳥(うぶめ)の夏」を見て来ました。  ようやく懸案事項の一つ、達成。  
姑獲鳥の夏 (Akira\'s VOICE)
眠い,欠伸が出る。 けれど面白い!
#33:姑獲鳥の夏 (::あしたはアタシの風が吹く::)
7月19日(火) レイトショーにて 「この世には 不思議な事なんて 何もないんだよ 関口君」 ここまで意見の違う夫婦も珍しいですよね・・・  (売れないシナリオライター)Kazzの呟き 本屋に並んだ分厚い本の存在は知っています。京極夏彦という名前も知っています。
映画『姑獲鳥の夏』貴方は何点? (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?      ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                        0点□□□□□□□□□□10点      ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦す
姑獲鳥の夏 (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
京極夏彦のデビュー作を満を持して映像化! 京極作品はたいした冊数読んでないけれど、 どれも面白かったし、ミステリ界の大御所!ということで 非常に期待して劇場へゴー! 何かイラスト色んな意味で、すげぇ怖いですね…スミマセンorz 「姑獲鳥の夏」2005年...
姑獲鳥の夏 今年の230本目 (猫姫じゃ)
姑獲鳥の夏 申し訳ございません。 中盤、寝てしまいました、、、最後の方は、しっかり見てしまったので、ストーリーはわかってしまいました、、、 阿部寛 は好きなんだケド、堤真一 と 永瀬正敏 って、いまちなのよねぇ、、、ぁ、見た目が、ね、趣味じゃないのy
姑獲鳥の夏 (minaの官能世界)
何年前のことだったろうか。 夏休みに時間を持て余して、本屋に立ち寄り、ふと手にした1冊の分厚い文庫本。 わたしは、あまり長い話は好きではない。 長編は読まないのである。 読むとしたら、大抵は短編集。 まさか、本気? そんな分厚い本、読み通せるわけがないじゃな
姑獲鳥の夏 (土曜の夜は・・・)
“妖怪”という現象を切り口に、民俗学をベースにした過剰なほどの蘊蓄と大胆不敵な仕掛けでミステリー界に革命をもたらした京極夏彦衝撃のデビュー作にして、いまや数多くの熱狂
姑獲鳥の夏 (ウィズウィズブログ~イラスト部屋~)
 姑獲鳥の夏を見てきました。 あの分厚さに圧倒されてちゃんと原作を読めたためしがないのですが、ようやく京極作品を一から十まで堪能できるのですね~w  事前知識は、古本屋で