世界樹5 アップルパイのお話

世界樹5の二人旅(予定)
某所でやっていたお話の続き、というわけではなく平行世界的なあれで攻略していくのです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第50話 1話の忘れ物

2016-11-05 15:45:38 | 日記
アイオリスの大市 セリクの店

セリク
「やあ、お二人さん!」

ぺこり

「こんにちは。いつもの消耗品補充に来たよ」
 メモを出す


セリク
「はいよ!
 だいたい準備できてるよ!」メモを見ながら、品を揃えていく


「セリク、今日は機嫌良さそうだね」

セリク
「もちろんさ!
 店の様子を見てもらえれば分かるだろ?」


「……そういえば、今日は、お客さん、いっぱいいるね」


「それに、視線を感じる」

セリク
「君たちのおかげで、最近商売の調子がいいんだよね
 なにせ第五階層に到達した冒険者が通う店だからねえ。
 そりゃ、景気もよくなるってもんさ!」

「こっちとしては、あまりジロジロ見られてるとやりにくいんだけど…
 ほら、ネサが萎縮してるし」



誰かと目が合って、慌てて目を反らすと別の客と目があって困っている


セリク
「まぁまぁ、こっちもいっぱいサービスしとくからさ!そのあたりは我慢してくれると助かるな!」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


魔女の黄昏亭

メリーナ
「あら、いらっしゃい」

「こんにちは。いつも通り依頼を探しに来たんだけど………」


「ここも、いつもより一杯冒険者さんが、いるね…」


メリーナ
「新発見で盛り上がってるところだから、冒険者になりたいって子も多いのよね
 はい、アップルパイご指名の依頼リスト」依頼書の束、どさっ

「多くない?……ネサ。仕分け」


「ん」






「えっと……普通の魔物退治と…
 採取とか…」

「誰に頼んでもいいような依頼が殆どだし、そういうのはアウトかなぁ」



「訓練してください?とか」

「保留」



「オリファント討伐…」

無言で破り捨てる



「PTにいれてください」

無言で破り捨てる



「サインください」

無言で破り捨てる


「デートしてください…」
「あたし?ネサ?」
「どっち、も」
自分の分だけ破り捨てる



「なんなのこれロクなのないんだけど」


メリーナ
「依頼といえば、あなたたちが出した依頼、随分人気みたいよ?」

「…何か出したっけ?」

「ううん、やってない、と思う、けど…」

メリーナ
「ええと、あった。これね」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

《魔女の黄昏亭 依頼掲示板》

鎮守の樹海 1Fで魔物に襲われた。
なんとか命からがら逃げたものの、荷物を全て失ってしまった
その中には大切な『剣』も含まれている。
どうしてもその『剣』だけは取り戻したい。

依頼主:アップルパイ
報酬 :要相談

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「え…?え?なにこれ」

「(そういえばこんなの書いてた…)」

「これ、ふぃーあの字…だよ、ね?」目キラキラ

「いや、全然覚えてないし、ネサが自分で書いてたんじゃない?」目そらし

メリーナ
「貴女達、人気者でしょ?1Fの探索依頼ってこともあって、新人がみんなこれ受けていくのよね」

「そっか。でもま、確かに…ネサにとってアレは大切なものみたいだから。ありがたいよね」

うんうんうん


メリーナ
「新人だけじゃないのよ
 この間なんて、リリが冒険者達に声かけて、捜索隊組んでたわよ?」

「そ、そうなんだ?」

「何してんのあの子」

メリーナ
「随分はりきってたみたい。衛兵や死霊も一杯引き連れて、ちょっとした百鬼夜行だったわね
 一週間くらいかけて1Fをローラー作戦するらしいわよ」

「コストパフォーマンス全然見合ってない…」

「ど、どうしよう、報酬、そんなお金、あるかな」

「…リリだからなぁ。下手したら無報酬で剣探しに行きそう」

「でも」

「それもなんだか、だよね」



「ま、いいか。今の話は聞かなかったことにしよ」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数日後。結局バスタードソードは見つかった。
流石にボロボロで錆び、使い物にならなかったが
セリクの手により無事復活。ネサの手に渡った。


案の定リリは「ネサのためだから当然だよね~!」で済ませ
頑なに報酬を受け取らなかったため

結局リリソロルを美味しい御飯に誘うことで妥協した

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


○ネサ  ルナリア 碧眼の兎《幻影》 LV60

・装備品 

バスタードソード+5 母から貰った大切な剣。取り戻した
ポルカ        厚手の外套。金属鎧は最近使っていない
ヴァンブレイス    特殊な金属を溶かし込んで作られたアームガード
ファングヘルム    筋力増強魔術のかかった帽子。耳が隠れる(大事)


・スキル類
プレディクト   10 多数の敵相手にはやはりこれ
シルフィード   10 普通の剣で反撃する
カウンターブースト10 反撃は一度に2~3回
もたざるもの   10 
リベンジスラスト 10 魔剣



○フィーア アースラン 精霊魔術師《三属》 LV60

・装備品
ルーンワンド+5   魔法文字を描き、魔力効率を高めた
ナインティスリー   精霊によるオートガード
巨亀の甲掛      16Fの亀の甲羅を砕き、グリーブへと変えた
知恵のピアス     精霊を宿している


・初級スキル
ファイアボール  5 火の玉
アイシクルランス 5 氷の槍
ライトニング   5 雷
高速詠唱     5 下のと合わせて
圧縮術式    10 精霊魔術の広域攻撃をコントロールし、点に集約する

・上級スキル
コモンマジック  1 誰かに魔法にあわせ、精霊が力を貸す
エクスプロード  5 精霊魔術化したファイアーボール
アイスストリーム 5 精霊魔術化したアイシクルランス
サンダーブレイク 5 精霊魔術化したライトニング
コストカット  10 精霊の機嫌がいいときは魔力を消費しないらしい


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


というわけで定番の最終装備候補、バスタードソード
毎作5層序盤に出てくるので、そろそろだろうとは思っていた。


あまり強くなく、4層FOEドロップクラスの性能でしかないが
なんとかこれで最後までいきたい。いけるかな…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第49話 いくら食べたい | トップ | 第51話 ヴァーノン昆虫記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。