世界樹5 アップルパイのお話

世界樹5の二人旅(予定)
某所でやっていたお話の続き、というわけではなく平行世界的なあれで攻略していくのです

第47話 余韻

2016-10-12 12:24:00 | 日記
ジュネッタの宿

「はぁ…やっと帰って来れた…」

「ん」

「もう、なんでこんなこの街の人はお祭り好きなのかなぁ。面倒臭い」

「で、でも。良かったの?みんな、フィーアをお祝いしてくれてたみたいだった、けど…」

「いいのいいの。大体、目が覚めたばっかりでお祭り騒ぎってのが無茶なんだから」




リリ
「みんな~。こんばんは~!」アップルパイの部屋の前


「…あ、リリさんだ。なんだろ?」

布団で倒れてる。任せた。っていうハンドサイン

「は、はい、なに、かな?」ガチャ。控えめに扉を開き

ソロル
「よぉ。悪いな。大したことじゃねえよ」


リリ
「黄昏亭のお祭りから、ご馳走一杯、もって帰ってきたんだよ~」


「え、あ、えと…」

ソロル
「まだ回復してないだろうし、部屋から出たくないだろ
 楽する時は楽しとけって事さ」


「あ、あ、そうだ、えっと、とりあえず、中に入って貰って」

ソロル
「いや、別に良いよ。疲れてるだろ。気を遣わせる気はねえよ」


「だいじょうぶ!元気だから!だいじょぶうだよ!」





「ご、ごめんね、今、何も、出せるようなものはないんだけど…」
 紅茶を人数分


リリ
「本当に良かったのに…」


「ふぃ、フィーアも、いる?」


「そだね。もらおうかな。…よいしょっと」
 布団から起き上がり。机に




お土産の中から燻製肉のキッシュを切り分け、もぐもぐ


「…ソロル。リリ。昨日はありがと」

ソロル
「何言ってんだよ。オレ達がいかなくても、一眠りしてから帰ってきてただろ」


「どうかな。あそこから街まで戻れる体力があったか、っていうと…」


「お前らならなんとかしてたと思うぜ?」


「だと、いいけど」


リリ
「このキッシュ、美味しいね~
 ネサも食べて食べて。ほら、あーん」


「ふぁ!だ、いじょぶ!じぶ、自分で食べるから」

「え~。残念。じゃあソロル、はい」口元に持っていく

「ああ。悪いな、さんきゅ、リリ」がぶり




「今日は、外も随分騒がしいね
 まだどんちゃんやってるのかな」


ソロル
「なんてったって、4層攻略記念だからな
 皆大喜びだぜ。アップルパイが偉業を成し遂げた!って」


リリ
「そうそう!
 さっきなんて、吟遊詩人さんが
 アップルパイをテーマに英雄譚歌ってたんだよ~!」


「…マジで?」

「そ、そうなんだ…?ちょっと、聞いてみたい、ような」

ソロル
「覚えてる範囲で歌ってみせようか?」


「…絶対聞きたくない」

「だろうな」

リリ
「新人さん達が、目を輝かせながら聞いてたんだよね」


「うわぁ…」

「そいえば、リリさん達も歌われてたの、聞いたことあるかも」

「そうなんだよ~!すごいよね~!」

「自分のはあんまり聞きたくないな
 ま、一応ここでの最上位の冒険者だったしな、そういうのは仕方ねえよ」





「さてと
 そろそろお暇させてもらおうかな」


「そうだね~」

「はいはい。お疲れ。楽しかったよ」

「あ、お土産、ありが、と…ね」

「いいのいいの!」

「…次は5層、か」

「そうなるかな。数日休んでから、だけどね」

「じゃあ、こっちが先に探索する事になるね~
 一足お先、です!」


「ゆっくり来ればいいさ
 来た時には、拠点の一つや二つ作っておいてやるさ」


「気を、つけてね…?」

「えへへ。大丈夫だよ~」

「んじゃ、またな」

「ん。またね」



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――ー


装備についてなどはまだ更新なし
次から5層となりますよ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第46話 水晶砕き | トップ | 第48話 円環ノ原生林 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。