SAITO Lab. BLOG

齋藤研究室

第3回パイデイア哲学カフェ@すぎなみ

2014-07-12 21:56:09 | Information
第3回パイデイア哲学カフェ@すぎなみが下記のとおり開催されます。
試験の終わった大学生のみなさん、ウィークディは忙しい社会人のみなさん、地元杉並のみなさん、そして哲学対話に関心を寄せるみなさん、今回はたっぷり2時間で設定しました。ご遠慮なくぜひどうぞ!

テーマ:「ほんとうの友だちとは?」

日時:2014年8月2日(土)16:00-18:00

場所:高千穂大学セントラルスクエア4階カフェテリア(*エレベーターで4Fまで上がり、カフェテリア奥までお越しください)

http://paideiatakachihophilosophy.wordpress.com/

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

講演「哲学的対話の可能性」のお知らせ

2014-07-08 16:19:38 | Information
2014年7月10日、川崎市多摩区PTA連絡協議会セミナーにて「哲学的対話の可能性−『子供の哲学』を中心に」と題してお話します。
哲学対話の楽しさ、ぜひ感じとっていただけたらと思います。

日時 7月10日(木) 9:30-11:30
場所 川崎市多摩区役所(多摩区総合庁舎)5階 第1・第2学習室にて。








コメント (0) |  トラックバック (0) | 

連続講演「危機の時代と哲学の未来」講演者・題目・日程のお知らせ

2014-07-08 15:36:48 | Information
高千穂大学秋期総合科目B「危機の時代と哲学の未来(The Crisis of our Age and The Future of Philosophy)」講演者・題目・日程がこのほど下記のとおり決定いたしましたので、お知らせいたします。





講座予定
月日 内容 講師名 備考
第1回 9月30日 「危機の時代と哲学の未来――本講座の狙いと課題」 齋藤元紀 本学教授
第2回 10月7日 「日本の近代化と啓蒙の意味と課題――人間の心と社会システムの「成熟」を考える――」 牧野英二 法政大学教授
第3回 10月14日 「対話型の哲学の未来――「哲学をすべての人に」」 梶谷真司 東京大学准教授
第4回 10月21日 「言葉が開く宇宙――『おくのほそ道』の時-空間」 魚住孝至 放送大学教授
第5回 10月28日 「現代における心の危機と哲学」 信原幸弘 東京大学教授
第6回 11月4日 「世代の問題」 森一郎 東北大学教授
第7回 11月11日 「民主主義の危機と哲学的対話の試み」 小野原雅夫 福島大学教授
第8回 11月18日 「危機の/と固有性――ハイデガーとジャンケレヴィッチを手がかりに」 斎藤慶典 慶應義塾大学教授
第9回 11月25日 「危機の時代とハイデガー」 高田珠樹 大阪大学教授
第10回 12月2日 「戦争と危機意識」 澤田直 立教大学教授
第11回 12月9日 「〈アウシュヴィッツ以後〉の哲学」 宮裕助 新潟大学准教授
第12回 12月16日 「はじまりについて」 矢野久美子 フェリス女学院大学教授
第13回 1月20日 「大学の危機と哲学の問い」 西山雄二 首都大学東京准教授
第14回 1月27日 「危機の超克と来るべき哲学――本講座の総括と展望」 齋藤元紀 本学教授
※内容・講師は変更する場合があります。

ポスターはこちら

現代の日本を代表する哲学者たちによる全14回の連続講演。2014年9月30日より、毎週火曜日10:40-12:10に高千穂大学セントラルスクエア2階タカチホホールにて開催いたします。参加無料・要予約。募集受講者は150名。応募者多数の場合には、杉並区民の方を優先いたします。講演内容・日時、ならびに申し込みの詳細については追ってお知らせいたします。ご期待ください。

*なお、内容・講師は変更の場合があります。

***

講座趣旨
世界のいたるところで、そしてさまざまな分野で「危機の時代」の到来が語られて久しいが、日本もその例外ではない。未曽有の震災と原発事故の被害も今なお癒えたとは言えず、その余波のもと、政治・経済・文化など諸分野において混乱と動揺が引き起こされている。しかし他方、あまりにも繰り返し声高に叫ばれるあまり、私たちはこの「危機」という言葉にもはや無感覚になっているのではないか。そればかりでなく、私たちは真に危機的な現状に対する冷静な眼差しと判断力を失っているのではないか。そしてこのような趨勢は、いまや学問の府、大学にも及んでいるのではないか。
哲学は、しばしばそうした時代の危機と闘う役回りを担ってきた。今をさかのぼること約80年前、第二次世界大戦前夜の「危機の時代」に遭遇した哲学者フッサールは、終わりゆくヨーロッパの学問を憂い、理性という思考の力に希望を託した。フッサールからさらに遡ること約50年前、すでに同時代の学問や教養の衰退に危機感を募らせていた哲学者ニーチェは、反時代的な思考の重要性を説き、自らの書物の副題に「未来の哲学の序曲」と記した。今、この時代において私たちに迫っているのは、いかなる危機なのだろうか。またそうした危機をくぐりぬけて私たちがこれから耳にすることができるのは、どのような調べの哲学なのだろうか。
本講座では、「危機の時代と哲学の未来」と題してわが国を代表する哲学者たちを招き、全14回の連続講演会を開催する。現代における危機の正体を多様な角度から検討するとともに、将来の哲学像を究明することが、本講座の狙いである。
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

第2 回パイデイア哲学カフェ@すぎなみ「大人とはなにか?」開催のお知らせ

2014-06-13 17:48:44 | Information
第2 回パイデイア哲学カフェ@すぎなみ開催のお知らせ

大好評を受け、第2 回パイデイア哲学カフェ@すぎなみ、6月27日(金)17:00より、高千穂大学セントラルスクエア屋上にて開催します!

今回のテーマは、前回のカフェで多くの意見があがった「大人とはなにか?」。

「大人」と聞いて、みなさんは何を連想しますか。頼りがいや包容力のある憧れの存在でしょうか。それとも、どこか一抹の寂しさを覚えなくもない存在でしょうか。法の上では一般に20才からが成年とされていますが、ただ年齢を重ねただけで「大人」と言えるわけでもなさそうです。

ほんとうの「大人」の意味、夕風に涼みながら、都心のビルを向うに眺めて、ちょっぴり「大人」気分でみんなで考えてみましょう。





哲学カフェとは

1992 年にフランスで始まった哲学カフェ。その後、カフェ活動に共感する人たちによってだんだんと広まり、現在では、フランスのみならず日本をはじめ世界各国で開かれるようになりました。哲学カフェに決まったスタイルはありません。ファシリテーターという名の進行役のもと、あるテーマについて自由に話し聴き考えていきます。参加資格もフリー。その名のとおり、コーヒーやティーを片手にゆっくりお話して思考するひとときをすごします。哲学や文学、商学や経営学、ボクシングやマイクロシーベルトやベースギターについての知識はまったく必要ありません。哲学カフェは知っていることを競い合う場ではないからです。

カフェマナー
ただしマナーはありますのであしからず。3 つのルールを守りましょう。
1. 話し手・聴き手は みな平等
カフェの時間は、年齢や身分や職業や男女の違いなどによる目上目下の差は消えます。一人一人はかけがえのない対等な話し手・聴き手となり、いつもは偉い社長さんや先生もカフェの時間は偉くなくなります。
2. じっくり聴いて わかりやすく話す
話を聴くときは最後まで聴き、話すときにはむずかしいことばを使わずにわかりやすくまとめて話しましょう。話の途中でことばにつまってしまったら、どうぞ遠慮なく小休止してください。
3.イチに応答 ニに応答 サンシがなくて ゴに応答
自分の意見を言うときには、他の人が述べた意見に関連させて話すようにしましょう。他の人は全員に向けて「ノックノックコンコン」と話をします。それに応答するように心がけましょう。「は~い、どなたですか?わたしの思考をノックするのは~」って感じで受けとめて話を始めてください。

ファシリテーターは、全員が対話に参加でき、生き生きと対話が流れるようにお手伝いをする黒子(『黒子のバスケ』のクロコよ)です。知識や意見を押しつけることも発言を強要することもありません。ご安心ください。

Let’s join us !! さあ哲学カフェのはじまり、はじまり !!

2014 年 6 月 27 日(金)
17:00~18:30
高千穂大学セントラルスクエア屋上*
*エレベーターで4Fまで上がり、右手の階段からお越しください。
*なお雨天のさいは4Fカフェテリアにて開催します。

予約不要・参加自由・飲み物( コーヒー・紅茶・お水)無料*
* カフェで楽しいひとときをすごしていただけましたら運営費のチップ代わりにお一人ワンコイン(100 円ほど)いただければ幸いです。

主催: 高千穂大学哲学研究会パイデイア
世話人: 齋藤元紀・松丸啓子・染谷昌義・木村正人
問い合わせ先: paideiatakachihophilosophy@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/PAIDEIA_TUSP
Facebook: http://www.facebook.com/paideiatakachihophilosophy
URL: http://paideiatakachihophilosophy.wordpress.com/
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

第1回パイデイア哲学カフェ@すぎなみ開催報告

2014-06-05 20:11:41 | Information
去る2014年5月30日(金)高千穂大学セントラルスクエア4階カフェテリアにて、第1回パイデイア哲学カフェ@すぎなみを開催いたしました。開催報告は以下からご覧ください。

http://paideiatakachihophilosophy.wordpress.com/2014/06/02/%E7%AC%AC1%E5%9B%9E%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%A4%E3%82%A2%E5%93%B2%E5%AD%A6%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%EF%BC%A0%E3%81%99%E3%81%8E%E3%81%AA%E3%81%BF%E3%80%81%E3%81%94%E5%8F%82%E5%8A%A0%E3%81%82/
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

ハイデガー・フォーラム 第九回大会プログラム

2014-06-05 19:20:35 | Information
ハイデガー・フォーラム 第九回大会プログラムが決定しましたので、下記掲載しておきます。

【ハイデガー・フォーラム 第九回大会】

2014年9月20日(土)、21日(日)
東洋大学 白山キャンパス 6号館2階 6211教室
(都営三田線白山駅下車徒歩3分、東京メトロ南北線本駒込駅下車徒歩6分)

参加費/賛同人2000円
    一般聴講者一日当たり1000円 高校生500円 (事前申し込み不要)

統一テーマ「可能性としての現象学」 特集「フッサール」

○ 一日目プログラム
10:30〜 上田 圭委子 (無所属)         司会:茂 牧人 (青山学院大学)
 「ハイデガーと可能性としての『宗教現象学』」
13:00〜 森 一郎 (東北大学)          司会:斎藤 慶典 (慶應義塾大学)
 「出産と世話の現象学へ」
14:30〜 田口 茂 (北海道大学)         司会:田中 敦 (国際基督教大学)
 「媒介論的現象学の構想」
16:00〜 野間 俊一 (京都大学)         司会:梶谷 真司 (東京大学)
 「病みつつ在るということ――人間学的精神病理学を越えて」

○ 二日目プログラム
10:00〜 若見 理江 (京都造形芸術大学)      司会:齋藤 元紀 (高千穂大学)
 「カテゴリー的直観と時間性――ハイデガーにおけるフッサールの志向性受容」
11:30〜 吉川 孝 (高知県立大学)         司会:工藤 和男 (同志社大学)
 「この世界を信仰すること――フッサールの理性批判の射程」
14:00〜 総会
14:30〜 宮原 勇 (名古屋大学)         司会:村田 純一 (立正大学)
 「時間と生をめぐって――ハイデガーとフッサール」
16:00〜 榊原 哲也 (東京大学)         司会:小川 侃 (京都大学)
 「フッサールとハイデガー――ケアという事象をめぐって」

主催/ハイデガー・フォーラム(heidegger_forum@hotmail.co.jp)
http://heideggerforum.main.jp/
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

藤岡俊博『レヴィナスと「場所」の倫理』(東京大学出版会)合評会(第19回レヴィナス研究会例会)

2014-05-11 23:26:17 | Information
第19回レヴィナス研究会例会

■日時 2014年6月15日(日) 15:00-18:00

■場所 慶應義塾大学三田キャンパス第1校舎1階103教室
    地図・経路はこちら

■藤岡俊博『レヴィナスと「場所」の倫理』(東京大学出版会)合評会
   版元のページはこちら

・合評本著者:
藤岡俊博(滋賀大学)

・評者:
齋藤元紀(高千穂大学)
馬場智一(長野県短期大学)
渡名喜庸哲(慶應義塾大学)

・司会:小手川正二郎(國學院大學)
http://levinasjp.exblog.jp/20620079/


コメント (0) |  トラックバック (0) | 

法政哲学会第34回大会

2014-05-11 23:24:28 | Information
法政哲学会第34回大会
2014年6月14日(土)12:40〜17:00
法政大学市ヶ谷キャンパス外濠校舎4階S407教室

研究発表
(1)12:40-13:30
「偉大さと過去性――ヤスパースの哲学史構想における共同性の概念」
山下真(法政大学兼任講師) 司会 相原博(法政大学兼任講師)
(2)13:30-14:20
「規範の正当化と人間観――ホッブスを進化心理学で修正する《序説》」
内藤淳(法政大学准教授) 司会 木島泰三(法政大学兼任講師)
(3)14:40-15:30
「文字と線の研究――哲学的文字論の試み」
古屋俊彦(法政大学兼任講師) 司会 齋藤元紀(高千穂大学教授)

特別講演
「ドゥルーズの時間論――『差異と反復』と『シネマ2』にそくして――」
財津理(法政大学教授) 司会 安孫子信(法政大学教授)

入場無料
開催案内PDF→ http://goo.gl/i0jUdX
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

第1 回パイデイア哲学カフェ@すぎなみ開催のお知らせ

2014-05-10 18:18:37 | Information
第1 回パイデイア哲学カフェ@すぎなみが、いよいよ来る5月30日(金)17:00より、高千穂大学セントラルスクエア4階カフェテリアにて開催です。

テーマはすばり、「幸せってなに? 」。
だれもが幸福で満ち足りた人生を願い、生きているはず。ではその場合の「幸せ」とは何を意味しているのでしょう。「楽しさ」や「快さ」だけでは言いあてられない「幸せ」のほんとうの意味。みんなでじっくり考えてみましょう。

哲学カフェとは
1992 年にフランスで始まった哲学カフェ。その後、カフェ活動に共感する人たちによってだんだんと広まり、現在では、フランスのみならず日本をはじめ世界各国で開かれるようになりました。哲学カフェに決まったスタイルはありません。ファシリテーターという名の進行役のもと、あるテーマについて自由に話し聴き考えていきます。参加資格もフリー。その名のとおり、コーヒーやティーを片手にゆっくりお話して思考するひとときをすごします。哲学や文学、商学や経営学、ボクシングやマイクロシーベルトやベースギターについての知識はまったく必要ありません。哲学カフェは知っていることを競い合う場ではないからです。

カフェマナー
ただしマナーはありますのであしからず。3 つのルールを守りましょう。
1. 話し手・聴き手は みな平等
カフェの時間は、年齢や身分や職業や男女の違いなどによる目上目下の差は消えます。一人一人はかけがえのない対等な話し手・聴き手となり、いつもは偉い社長さんや先生もカフェの時間は偉くなくなります。
2. じっくり聴いて わかりやすく話す
話を聴くときは最後まで聴き、話すときにはむずかしいことばを使わずにわかりやすくまとめて話しましょう。話の途中でことばにつまってしまったら、どうぞ遠慮なく小休止してください。
3.イチに応答 ニに応答 サンシがなくて ゴに応答
自分の意見を言うときには、他の人が述べた意見に関連させて話すようにしましょう。他の人は全員に向けて「ノックノックコンコン」と話をします。それに応答するように心がけましょう。「は~い、どなたですか?わたしの思考をノックするのは~」って感じで受けとめて話を始めてください。

ファシリテーターは、全員が対話に参加でき、生き生きと対話が流れるようにお手伝いをする黒子(『黒子のバスケ』のクロコよ)です。知識や意見を押しつけることも発言を強要することもありません。ご安心ください。

Let’s join us !! さあ哲学カフェのはじまり、はじまり !!

2014 年 5 月 30 日(金)
17:00~18:30
高千穂大学セントラルスクエア4 階カフェテリア
予約不要・参加自由・飲み物( コーヒー・紅茶・お茶)無料*
* カフェで楽しいひとときをすごしていただけましたら運営費のチップ代わりにお一人ワンコイン(100 円ほど)いただければ幸いです。



主催: 高千穂大学哲学研究会パイデイア
世話人: 齋藤元紀・松丸啓子・染谷昌義・木村正人
問い合わせ先: paideiatakachihophilosophy@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/PAIDEIA_TUSP
Facebook: http://www.facebook.com/paideiatakachihophilosophy
URL: http://paideiatakachihophilosophy.wordpress.com/
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

PAIDEIA Takachiho University Society for Philosophy

2014-05-10 18:14:37 | Information

高千穂大学哲学研究会パイデイア(PAIDEIA TUSP(Takachiho University Society for Philosophy))は、高千穂大学(東京・杉並)の哲学系教員の研究団体。会員の研究活動にかんする情報や、本会主催の「てつがくカフェ」の情報を発信しています。



世話人: 齋藤元紀・松丸啓子・染谷昌義・木村正人
問い合わせ先: paideiatakachihophilosophy[a]gmail.com
Twitter: https://twitter.com/PAIDEIA_TUSP
Facebook: http://www.facebook.com/paideiatakachihophilosophy
URL: http://paideiatakachihophilosophy.wordpress.com/
コメント (0) |  トラックバック (0) |