SAITO Lab. BLOG

齋藤研究室

2016年度担当授業

2016-04-01 01:48:54 | Information
2016年度の担当授業は以下のとおり。

●哲学A/B(高千穂)[通年・木曜日・3限(13:00-14:30) -教室]
身近な事柄をてがかりに、「哲学すること」の最初の一歩を踏み出すための「哲学入門」の講義です。

●倫理学A/B(高千穂)[通年・木曜日・4限(14:40-16:10) -教室]
善さとは何か、生きるとはどういうことか。善き生をおくるにはどうしたらいいのか。具体的な場面に即した「倫理学入門」の講義です。

●齋藤ゼミI(高千穂)[通年・金曜日・3限(13:00-14:30) -教室]
基礎的なスタディー・スキルと思考力を身につけることを目指します。

●齋藤ゼミII/III(高千穂)[通年・金曜日・4限(14:40-16:10) -教室]
哲学的・倫理学的思考による諸問題へのアプローチと解決のためのトレーニングを行います。
春期はニーチェ『喜ばしき知恵』、秋期はハイデガー『言葉についての対話』を読みます。

●齋藤ゼミIV(高千穂)[通年・金曜日・5限(16:20-17:50) -教室]
高度な哲学的・倫理学的思考の養成と卒業論文制作の指導を行います。

***
●形而上学研究機碧\・大学院)[通年・水曜日・2限(春期11:10-12:40)/(秋期11:00-12:30) 大学院棟803教室]
ハイデガーの『存在と時間』の読解を行います。

●現代文明学演習5(立教・大学院)[春期・水曜日・4限(15:00-16:30) 10号館X101教室]
ガダマーのテクストの読解を行います。

●哲学講義1(立教)[秋期・水曜日・4限(15:00-16:30) 5号館5124教室]
ハイデガー『芸術作品の根源』を手がかりに、現代哲学の主潮流のひとつであるガダマーの「哲学的解釈学」について考察します。

https://sites.google.com/site/motokisaitolab/home/lectures
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリストフ・ペラン講演会(2016/4/30)のご案内

2016-03-24 22:32:51 | Information
クリストフ・ペラン氏講演会

主催 青山学院大学総合文化政策学部
共催 ハイデガー研究会



青山学院大学総合文化政策学会主催、ハイデガー研究会共催で、現代フランス現象学界の旗手であり、『ハイデガー年誌』の編集長でもあるクリストフ・ペラン氏をお招きして、下記の日程で講演会を行います。参加無料・予約不要です。ぜひご来場ください。

講師:クリストフ・ペラン(Christophe Perrin)氏
1980年生まれ。パリ・ソルボンヌ大学で博士号取得。ティエール財団奨学金、欧州委 員会マリー・キュリー・アクション奨学金を取得後、現在、ルーヴァン・カトリック大学所属のベルギー国立科学研究基金(FNRS)研究員。2015年春・夏学期はスタンフォード大学の客員研究者。現在『ハイデガー年誌(Bulletin heideggérien)』の共同創設者・編集者。『ハイデガー索引(The Heidegger Concordance)』全3巻の編集者。

日時:2016年4月30日(土)午後3時から午後5時
場所:青山学院大学総合研究所ビル10階第18会議室(青山学院大学正門すぐ右手の建物)
http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/aoyama.html

講演題目:”Variations métaphysiques. Relire et relier Heidegger (1929, 1943, 1949)”
「形而上学の変更=変奏。ハイデガー再読・結び直し(一九二九年、一九四三年、一九四九年)」
ハイデガーの「形而上学とは何か」(1929年)と「「形而上学とは何か」あとがき」(1943年)と「「形而上学とは何か」序文」(1949年)との関係は、時系列的な変化ではなく、内容上どのような関係があったかどうかを探究する。

*当日は、1時間の講演と1時間の質疑の予定です。フランス語原稿と日本語翻訳原稿をお渡しします。質疑は、長坂真澄氏にフランス語と日本語との通訳をお願いしています。

青山学院大学総合文化政策学部 http://www.sccs.aoyama.ac.jp/
ハイデガー研究会 http://heidegger.exblog.jp/

ポスターのダウンロードは以下。https://goo.gl/Eqex4p
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度日本哲学会・哲学教育ワークショップ「哲学対話とクリティカルシンキング」

2016-03-16 00:52:02 | Information
2016年度日本哲学会第75回大会(2016年5月京都大学)、5月13日(金)18:00より「哲学対話とクリティカルシンキング」と題して、哲学教育ワークショップが開催されます。提題者は中川雅道さん、菊地建至さん、鈴木真奈さん。当方は司会を務めます。14日(土)・15日(日)の一般研究発表やシンポジウムに先立っての開催となりますので、お時間ある方はぜひご参加ください。


哲学教育ワークショップ
テーマ 哲学対話とクリティカルシンキング

2016年5月13日(金)18時〜 
開催場所:京都大学吉田キャンパス

提題者
中川雅道(神戸大学附属中等教育学校)
菊地建至(金沢医科大学)
鈴木真奈(非会員・京都大学大学院生)

司会者 齋藤元紀(高千穂大学)
 
http://goo.gl/sgWD7e
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/3/18中高大学生向け子どもの哲学(P4C)ワークショップ:Jinwhan Park氏(韓国)@高千穂大学

2016-03-15 18:55:26 | Information


近年、注目の集まる「子どもの哲学(p4c)」や「哲学カフェ」といった哲学対話の取り組み。
このたび、韓国・東アジアにおいて様々な子どもたちと哲学対話を行ってきたJinwhan Park氏をおよびし中学生、高校生、大学生向けのワークショップを開催します。
アジアでの実践を体験できる機会です。
ぜひ、いっしょに問い、話し、考えてみませんか。
みなさまのご参加お待ちしています。

2016年3月18日(金)14:00〜17:00 中高大学生向け子どもの哲学(p4c)ワークショップ
会場:高千穂大学 1号館2階1206教室
事前申し込み不要(直接会場へお越しください)
参加費:無料
対象:当該分野に関心のある中高大学生

*ワークショップは韓国語で行いますが、日本語への通訳がつきます。
*プログラムは状況に応じ変更する可能性がありますことを、あらかじめご了承ください。
*見学を希望される一般の方は、下記お問い合わせ先までお問い合わせください。

お問い合わせ先:
philosophical.practice.japan@gmail.com

主催:立教大学SFR共同研究プロジェクト
「死生観と道徳性の生涯発達における対話の効果についての研究」
*高千穂大学での開催にあたっては、高千穂大学哲学研究会パイデイア、ならびに高千穂大学哲学愛好会のみなさまにご協力いただいております。

高千穂大学哲学研究会パイデイア
https://www.facebook.com/paideiatakachihophilosophy/
http://wp.me/p4BJa1-95

高千穂大学哲学愛好会
https://www.facebook.com/takachiho.tetsucir/
***
ーーーーーーーーーー
Jinwhan Park氏プロフィール
慶尚大学校名誉教授。韓国を中心にアジアで哲学教育やこどもの哲学(philosophy for children)を実践してきた、東アジアにおける哲学プラクティス(こどもの哲学など)の第一人者。2009年-2011年International Council on the Philosophical Inquiry with Children (ICPIC)副会長。1994年−現在 General-Secretary,Korean Academy of Philosophy Teaching in Schools。
※写真は、韓国の小学校での様子

*Park氏の日本でのレクチャーやワークショップは、ほかに、下記を予定しています(いずれも都内)。
・3月17日(木)19時〜21時「専門家の判断力の形成についてー医療現場における哲学対話」https://www.facebook.com/events/949178741830061/
・3月19日(土)16時〜19時レクチャー&ワークショップ「韓国・アジアにおける子どもの哲学」https://www.facebook.com/events/955141107899952/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「銀座哲学カフェVol.3」暗闇で哲学対話

2016-02-10 15:17:57 | Information
おかげさまで【暗闇で哲学対話「銀座哲学カフェVol.3」】は公開即日で満員御礼となりました。
闇の中の哲学対話、どうぞお楽しみに。
2016年3月21日13:00 - 16:00 クリックネット東日本橋サテライト
主催:哲学研究会パイデイア / まなび創生ラボ




https://www.facebook.com/events/1112931468717164/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀座哲学カフェ第2回開催のお知らせ

2016-02-08 15:55:16 | Information
哲学対話しよう!「銀座哲学カフェVol.2」開催のお知らせ

いま人気の哲学対話を銀座で楽しみましょう!
哲学といっても、難しいことはありません。もちろん哲学の知識も必要ありません。

お飲み物を楽しみながらリラックスした空間で、正解のない問いについて、対話を楽しみましょう!
テーマは当日みんなで決めたいと思います!

ファシリテーターが、全員が対話に参加でき、生き生きと対話が流れるようにお手伝いをします。知識や意見を押しつけることも発言を強要することもありません。ご安心ください。

日時:2016年2月11日(祝) 13:00〜16:00
場所:株式会社クリックネット セミナールーム
http://www.clicknet.jp/access/
定員:20名
料金:学生無料、社会人の方500円(お茶、お菓子)
主催:哲学研究会パイデイア / まなび創生ラボ
https://paideiatakachihophilosophy.wordpress.com/
協賛:株式会社クリックネット
http://www.clicknet.jp/
https://www.facebook.com/events/941276605963240/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「てつがくカフェ@ふくしま 特別編6」開催のお知らせ

2016-02-08 15:49:03 | Information
「てつがくカフェ@ふくしま 特別編6」開催のお知らせ

東日本大震災・福島第一原発事故から5年が経とうとしています。
あの日、私たちの<たましい>と生きることの根源が揺さぶられました。
あの日に福島にいた者、いなかった者。
その後、福島にとどまった者、去った者、訪れた者、帰ってきた者。
誰もが傷つき、誰もが試され、何らかの選択を迫られました。
あの巨大な経験が時とともに風化の危機にさらされています。
あの日から5年、今一度あの経験を胸に刻む時間を共有したいと思います。

【テーマ】<揺れるたましい>と生きることの根源
    ―震災・原発事故から5年あの日を振り返る―

【日 時】3月6日(日) 15:00〜18:00
      
【場 所】ホテル辰巳屋 8階 瑠璃の間

参加費無料・飲み物代無料・事前申し込み不要(直接会場へお越し下さい)
問い合わせ先:fukushimacafe@mail.goo.ne.jp

【第1部】 ゲストスピーカーとともにあの日を振り返る
15:00〜16:00
≪ゲストスピーカー≫ 中間玲子 (元福島大学、現兵庫教育大学准教授)
元福島大学・心理学准教授で〈3.11〉当時は兵庫教育大学に転出されていた中間玲子氏をお迎えし、論文「「揺れるたましい」と「死の欲動」 ―被災しなかった私の震災体験」を手がかりに、特別編世話人の6名とともにあの苦しかった日々を振り返ってみたいと思います。

【第2部】 哲学カフェ「<揺れるたましい>と生きることの根源」
16:10〜18:00
震災・原発事故から5年が経ち、すべてが忘却の彼方へと葬られようとしている今、会場の皆さまとともに<たましい>と生きることの根源を揺さぶられたあの日々を振り返り、もう一度心に刻む時間を持ちたいと思います。

≪特別編世話人≫
相原博   (法政大学兼任講師)
大森一三  (法政大学兼任講師)
小野原雅夫 (福島大学教授)
齋藤元紀  (高千穂大学教授)
牧野英二  (法政大学教授)
渡部純   (福島商業高校教諭)

詳しくは以下まで。
http://blog.goo.ne.jp/fukushimacafe/e/3179a73618885c129f083c9557126ac9
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近刊『21世紀の哲学をひらく――現代思想の最前線への招待』のお知らせ

2016-01-28 18:29:40 | Information
拙編著『21世紀の哲学をひらく 現代思想の最前線への招待』がまもなくミネルヴァ書房より刊行となります。
気鋭の若手執筆陣を中心に、現代を代表するフランス・イタリア・ドイツ・アメリカ・イギリス各国の哲学者・思想家が共有している最先端かつ根本的な論点をわかりやすく究明した一冊です。ご期待下さい。

【内容】
21世紀に入りすでに10年以上が経過した現在、現代の哲学・思想はどう展開し、何が論点になっているのか。本書では、多様化と分散を続け、不透明さを増しているようにみえる現代の哲学・思想の論点を探るための水先案内人となるべく、現代を代表する哲学者・思想家が共有している根本的な論点を究明し、読者がみずから思考する入口を提供することを目指す。現代の哲学を読み解くための、待望の思想地図。

【目次】
はしがき
 第吃堯仝渋紊離侫薀鵐后Εぅ織螢哲学
第1章 哲学と〈政治〉の問い(柿並良佑)
第2章 主体性の生産/別の仕方で思考する試み(増田靖彦)
第3章 生の現象学(川瀬雅也)
第4章 「寄生者」の思想(信友建志)
第5章 イタリアの現代哲学(鯖江秀樹)
 第局堯仝渋紊離疋ぅ津学
第6章 実践哲学の復権(加藤哲理)
第7章 アレゴリーとメタファー(齋藤元紀)
第8章 批判理論(入谷秀一)
 第敬堯仝渋紊離ぅリス・アメリカ哲学
第9章 日常性への回帰と懐疑論の回帰(荒畑靖宏)
第10章 「芸術」以後(三松幸雄)
第11章 性/生の可能性を問う政治哲学(清水知子)
第12章 ナンセンスとしての倫理(河田健太郎)
第13章 分析哲学(齋藤暢人)
あとがき
人名・事項索引

http://www.minervashobo.co.jp/book/b217295.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国際シンポジウム「東アジアのカント哲学―日韓中台における影響作用史」2016/2/27

2016-01-28 14:45:49 | Information
国際シンポジウム「東アジアのカント哲学―日韓中台における影響作用史」ご案内



講演、書評、ディスカッション
2016年2月27日(土) 13:00 ホール
東京ドイツ文化センター
参加無料、要参加申し込み 
日本語
03-3584-3203
お申込みは以下から。
E-mail: motonori.yoshitsugu.extern@tokyo.goethe.org

 戦後70周年を迎えた今日、東アジアの近隣諸国との関係はかってないほど悪化し、その国々に対するヘイト・スピーチは社会問題となっています。それに呼応して、安全保障と憲法のあり方をめぐるさまざまな議論やデモも各地で起きています。こうした状況の中、2015年3月に出版された牧野英二氏編『東アジアのカント哲学 日韓中台における影響作用史』(法政大学出版局)は、カント研究を土台とした文化間の対話への道を示しています。

 今回の催しでは、日本のカント研究を代表する編者の牧野英二氏(法政大学)、石川求氏(首都大学東京)、御子柴善之氏(早稲田大学)のほか、中国から廖欽彬氏(中山大学)、韓国から梁虎声氏(大邱外国語大学)をお迎えし、シンポジウムを行っていただきます。近代アジアは、カント哲学をどのように受容してきたか。また、その受容の中で、カントの思想からどのような影響を受けてきたのか。さらに、東アジアの国々が、カントの著作を母国語に翻訳する際に、どのような影響を与えてきたか。シンポジウムは、「翻訳が異質な他者の理解である」とする立場から、カント哲学をめぐる影響作用史を明らかにします。また、このシンポジウムは、最近の東アジアにおけるカント研究者の研究交流を学び知ることで、今日の哲学・思想・文化・言論・政治のあり方を再考するきっかけにもなります。

 「東アジアのカント哲学」は、国内外の研究史上、これまで一度も論じられたことのない独創的で今日的なテーマです。西洋哲学のみならず、日本思想や比較思想、日中および日韓関係に関心を持つ方々にも見逃せない企画です。これらに関心のある方々には、万障お繰り合わせの上、ご出席ください。


プログラム
12:00 開場
【第一部】
13:00 司会挨拶、趣旨説明、登壇者紹介
13:10−13:50 牧野英二氏の基調講演
13:50−14:00 休憩(10分)
14:00−14:30 梁虎声氏の講演
14:30−15:00 廖欽彬氏の講演
15:00−15:30 休憩(30分)

【第二部】
15:30−16:00 石川求氏の講演
16:00−16:30 御子柴善之氏の講演
16:30−16:40 休憩(10分)
16:40−17:40 共著者からのメッセージ紹介、
国内外のパネリスト間のディスカッション
17:40−18:20 会場参加者とのディスカッション
18:20−18:30 まとめと閉会の挨拶
18:40 懇親会(参加無料)

第一部司会 鵜澤和彦(法政大学兼任講師)
第二部司会 齋藤元紀(高千穂大学教授)
懇親会司会 伊藤直樹(法政大学兼任講師)

主催
東京ゲーテインスティトゥート

後援
法政大学出版局
東アジアカント学会

東京ゲーテインスティトゥート・イベントウェブサイト
http://www.goethe.de/ins/jp/ja/tok/ver.cfm?fuseaction=events.detail&event_id=20671730

国際シンポジウム「東アジアのカント哲学」事務局ウェブサイト
https://sites.google.com/site/kantundostasien/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Happy New Year 2016

2016-01-04 00:41:50 | Information
コメント
この記事をはてなブックマークに追加