ケ・セラ・セラ なるようになるさ!

気張らずに、自然体で行きまっしょい。

書籍離れ

2017-05-17 | 本と雑誌
 若者の書籍離れが言われて久しいが、ついに漫画(コミック)もその傾向にある。
漫画少年ジャンプが200万部を割り込んだと報じられている。一時期は600万部以上の出版数を誇っていたのに三分の一以下に激減している。
 最近の若者はスマホでコミックも読んでおり、印刷物の書籍離れは如何ともしがたいのだろうか。
活字文化に慣れ親しんだ世代としては寂しい感じである。
最近では小説もスマホで読まれているが、電子文字で読むのは一過性のような気がする。
 やはり活字で読むほうが記憶に残るし、わからない部分でも後で読み返すことによって、理解できることが多々ある。
最近の安易な思考にも、簡単に済ますことに慣れてしまったことが影響しているような気がする。
 短絡思考の若者が増えているのもその一環ではないかと思う次第である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 映画「追憶」 | トップ | 主権在民 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。