ケ・セラ・セラ なるようになるさ!

気張らずに、自然体で行きまっしょい。

主権在民

2017-05-19 | 国際・政治
 主権が国民に存すること。
明治憲法では主権は天皇にあったが(主権在君)、現行の日本国憲法では国民にある。
 最近の政治動向を見るに、安倍一強政治の下では、”主権在安倍”の様相を呈している。
まったく国民の意思を無視した政権運営をしている。特に先般公言した「憲法改正」して2020年施行するなんて、言語道断である。
 今の国会論議を見ていると自・公・維新の多数を以て何でも押し切ろうとしており、論議なんて行われていないに等しい。
国会は立法機関であり国の最高機関である。その国会論議を尽くさず政権の赴くままに、いろんな施策が実行されようとしている。
 非常に危険な状態であると言わざるを得ない。野党の不甲斐なさを嘆く前に、国民が真剣に考えなければならないと思う。
この国を動かす主権は、我々国民にあることを自覚すべきである。
 政治は安倍政権に任せるのではなく、我々国民がこの国の行く末を考えて行動すべきである。
もっと国民が声を上げなければならない、非常に大事な時期である、と私は思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 書籍離れ | トップ | 世界情勢 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。