京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ポビーとディンガン』

2006-01-08 21:51:22 | 洋画

目に見えないたからもの

 

■監督 ピーター・カッタネオ
■原作・脚本 ベン・ライス(「ポビーとディンガン」) 
■キャスト クリスチャン・ベイヤース、サファイア・ボイス、ヴィンス・コロシモ、ジャクリーン・マッケンジー

□オフィシャルサイト  『
ポビーとディンガン

 僕はオーストラリアの田舎町に住む男の子アシュモル。 僕にはケリーアンという妹がいる。 ケリーアンには「ポビーとディンガン」という大好きな友達がいるんだけど、僕はそれが妹の作り上げた架空の友達だって知っている。
 ある日妹はポビーとディンガンがいなくなった、って言い出した。しかも妹は病気にかかってどんどん弱っていく。 仕方ない、妹の病気を治すためにも、僕がお友達を探すしかない!


 おススメ度 ⇒★★★ (5★満点、☆は0.5)
 cyazの満足度⇒★★★☆


 もう数年前だろうか、ベン・ライスの原作『ポビーとディンガン』がベストセラーになった時があり、楽しみに読んだ記憶がある。 幼い頃、見えもしないものが見えたり、またこの小説のケリーアンのように自分だけに見える架空の存在を、自分自身も口にしたり、話したりした記憶は誰の中にもあったと思う。 子供と言うのは独創性が高く、大人の視点では理解できないところに存在することも多い。 例えば小さい子が人形や自分の好きな遊びの中に、親には見えない友達を作っていることがある。 親になった人には経験があることだ。 それを親が勝手な大人の判断で否定してしまったり、相手にしなかったりすると子供の独創性を欠いてしまうこともあるかもしれない。 またそのことを知らない大人たちの勝手な思い込みと、柔軟な思考能力をなくしてしまった大人たちが、おかしな子だというレッテルを貼ったりしたりすることで、まるでその子の将来までも否定してしまう危険性を伴っている。

 架空の二人、「ポビーとディンガン」。 ケリーアンにとっては無二の親友だ。 それを信じてやれない大人たち。 オパール採掘で一攫千金を狙う父親はケリーアンに対してはケリーアンの親友の存在を信じない。 母親はケリーアンの話を信じつつも、少しずつ父親に対する信頼を失っていく(原作ほどは表現されていなかったが・・・。)。
 唯一、最初は「ポビーとディンガン」の存在を信じていなかったアシュモル(ケリーアンの兄)は、二人がいなくなったその日からケリーアンの具合が悪くなり、日に日に衰えていく姿に見かねて、町の人たちに訴えるが如く、「ポビーとディンガン」を探しまわる。 やがて彼は採掘場の大きな岩の下で「ポビーとディンガン」を発見する。 そしてケリーアンの言っていたディンガンのおへそのこと。 それが大きなオパールだった。 売れば大変な金額だが、彼はケリーアンに頼まれて二人のお葬式をしてあげる。
 アシュモルの純粋にケリーアンを思う気持ちは彼の行動と共に、馬鹿げた話だと思っていた町の人たちの心を動かしてしまうのだ。 いないとわかっていても信じてあげなければいけない小さな心、大人のものさしで計ってはならないと教えられるストーリーであり、純粋な心と静かな感動を得られる素朴で且つ温かい物語が『ポビーとディンガン』である。
 原作を読んでから時間があったのだが、映画化されたことで是非観たいと思っていた作品で、派手さもないし、特別ビッグネームが出ているわかではないけれど、子供たちの純粋な心に触れたとき、目頭が熱いものを抑えることは出来なかった。
 そして、映画を観た後、また原作を読み返し、優しい気持ちになれたのは嘘のないところだ。

 「ポビーとディンガン」、また何年かあとに読み返したい物語である。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 面白いおもちの食べ方 | トップ | 『ある子供』 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました! (Ken)
2006-01-17 00:17:58
cyazさん、こんにちは!

この映画の原作、やっぱり良いですか!

映画を観た後、是非読もう!と思ったのですが買うチャンスを逃してしまい、今に至っています。



子供の無垢な空想がギスギスした大人の世界をささやかに救う、という控えめながら清清しい作品でした。
原作~ (cyaz)
2006-01-17 00:40:21
Kenさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>この映画の原作、やっぱり良いですか

原作の方が絶対いいですね!

年を重ねて幾たびに、繰り返し読みたいですよ^^



しみじみと (kino)
2006-01-17 02:04:00
TBありがとうございました。

地味で、お涙頂戴ではないけど 良い映画でした。

子役の2人にあまり演技経験がないというのも驚きでした。

原作とラストがちょっと違うみたいで、

是非読んでみたいと思ってます・・・。
原作も~ (cyaz)
2006-01-17 08:41:56
kinoさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



仰るとおり、観終わってしみじみなんとなくほんわかする作品でした。

メインの「ポビーとディンガン」は架空のものですが、ケリーアンにとってその存在がどれほどのものか、それは原作の方がより読む側の心を揺さぶるものだと思います。

是非、原作もお読みください^^
Unknown (caramel)
2006-01-17 19:25:42
TBありがとうございました。



私は映画を観てから原作を読んだのですが、原作も良かったです。電車の中で読んでいたので、泣きそうになった時はちょっと焦りました;
そうですね~ (cyaz)
2006-01-18 00:00:28
caramelさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>電車の中で読んでいたので、泣きそうになった時はちょっと焦りました

僕も時々そういうことがありますよ(笑)

欠伸して誤魔化してますけど^^
Unknown (mint)
2006-01-26 19:56:16
cyazさん、こんばんは。



TB&コメント、ありがとうございます。

舞台となったオーストラリアが明るい雰囲気だったので、あまりシリアスな感じはなかったかもしれません。

でも、見終わって何となくいいなぁと思える映画でした。



原作も良さそうですね。

機会があれば読んでみたいと思いますが、いつになるか…。

ぜひに~ (cyaz)
2006-01-27 12:43:37
mintさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>オーストラリアが明るい雰囲気だったので、あまりシリアスな感じはなかった

そうですね^^

原作よりは広大な感じは出ていましたし!



原作も良さそうですね。機会があれば読んでみたい

是非、読んでみて下さい!

時間が経つとまた取り出して読みたい一冊ですね^^
こんにちは♪ (ミチ)
2006-03-15 10:43:37
素朴で温かくてステキな映画でしたね~。

お兄ちゃんと一緒に私もポビーとディンガンを探してましたもの。

おへそサイズにピッタリのオパールを見つけたときは嬉しかった!

ラストでオパールを返すおじさんもグッジョブでしたね。

原作は未読なのでぜひ手にとってみたいです。
是非~ (cyaz)
2006-03-15 12:30:25
ミチさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>おへそサイズにピッタリのオパールを見つけたときは嬉しかった!

そうですね!声出しそうでしたよ(笑)



>原作は未読なのでぜひ手にとってみたいです

僕的には原作の方がイマジネーションの広がりがあって好きですね^^ そして月日を経ても何度か読み返したい作品です。











よかったですぅ~! (rubicone)
2006-03-27 23:37:45
映画が進んでいって、アシュモルがケリーアンの話を聞きながら「ポビーとディンガン」の姿を絵に描き始めたところで「あっ!!」と思いました。どんな映画だろう、と思いつつ取ってあったチラシの絵だったのですもの!二人の姿がいじらしくて、思わず涙して見ました。
素朴さ~ (cyaz)
2006-03-28 08:48:23
rubiconeさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>「ポビーとディンガン」の姿を絵に描き始めたところで「あっ!!」と思いました。どんな映画だろう、と思いつつ取ってあったチラシの絵だったのですもの!

やられたって感じでしたでしょうね^^



>二人の姿がいじらしくて、思わず涙して見ました

素朴さは原作に近い感じが出ていましたね!

個性として認めること・・・ (BC)
2006-08-08 00:50:22
cyazさん、トラックバックありがとうございます。(*^-^*



子供は成長していくうちに空想の世界を卒業して、現実の世界へ目を向けていくけど、

空想の世界にいる幼い時期を否定するのではなく、

その時期の子供の純真な想像力をありのまま受け入れて、

その子のその時期の個性として認めること(信じること)が大切なのでしょうね。
目線~ (cyaz)
2006-08-08 08:25:47
BCさん、TB&コメントありがとうございますm( )m



>空想の世界にいる幼い時期を否定するのではなく、その時期の子供の純真な想像力をありのまま受け入れて、その子のその時期の個性として認めること(信じること)が大切なのでしょうね。

仰るとおりだと思います。 “子供の目線で”なんてことをよく言いますが、大人には見えない何かが純粋な心には見えるんですね、きっと! 大人には汚れて見えなくなってしまったのが寂しいですが・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ポビーとディンガン (日々徒然ゆ~だけ)
 9歳で空想のお友達ってのは,些か設定年齢が上過ぎ(せいぜい幼稚園児~6歳位までか?)のきらいもあるが,観終った後みぞおちの部分がほっこりする。空想上のお友達との「ごっこ遊び」に興じたコトのあるかつての少年少女にゃ,胸の内に去来する甘酸っぱさで,きゅんきゅ
ポビーとディンガン (毎週水曜日にMOVIE!)
最初に断っておくと、ボビー じゃなくてポビー (POBBYね)です。ずっと間違えてたので・・ 珍しく前売りを買っていたので、早く行かなきゃと思って今年中に行ってきました。 アシュモル(クリスチャン・ベイヤース)とケリーアン(サファイア・ボイス)の兄妹は、オパ
【映画】ポビーとディンガン (セルロイドの英雄)
\"Opal Dreams\" 2005年イギリス/オーストラリア監督)ピーター・カッタネオ出演)クリスチャン・ベイヤース サファイア・ボイス ヴィンス・コロシモ ジャクリーン・マッケンジー満足度)★★★★☆ (満点は★5つです)恵比寿ガーデンシネマにて オーストラリアの
[ ポビーとディンガン ]奇跡をおこす子どもたち (アロハ坊主の日がな一日)
[ ポビーとディンガン ]@恵比寿で鑑賞。 原作21世紀の「星の王子さま」と称された不朽の名作 「ポビーとディンガン」の映画化。 監督は[ フル・モンティ ]のピーター・カッタネオ。 [ ポビーとディンガン ]とは、子供の名前ではなく、 9歳の少女ケリーアンの
「ポビーとディンガン」 (試写会帰りに)
ポビーとディンガン 読売ホール「ポビーとディンガン」試写会。 原作、脚本ベン・ライス。 フル・モンティ、ラッキー・ブレイクのピーター・カッタネオ監督。 あなたの子供の頃、目に見えない友達、想像上の友人、“イマジナリー・フレンド”はいましたか? 私はとても現実.
『ポビーとディンガン』 (ラムの大通り)
-----このチラシに 「この物語は、21世紀の\"星の王子さま\"だ。」って書いてあるね」 「うん。それはシドニー・タイムズ誌のレビューだね。 『星の王子さま』ではキツネが 『いちばん大切なものは目に見えない』と言うけど、 この映画では妹ケリーアンが\"目に見えない友だ
「ポビーとディンガン」 キラキラ輝くもの (目の中のリンゴ)
子供の頃、アナタには”空想のお友達”がいましたか? この映画は、行方不明になってしまった空想のお友達を探すお話。 オーストラリアのなーんにもない風景にキラキラと輝くものは・・・
ポビーとディンガン (映画日記)
【鑑賞】劇場 2005年11月26日日本公開 2005/イギリス 【監督】ピーター・カッタネオ 【出演】クリスチャン・ベイヤース/サファイア・ボイス/ヴィンス・コロシモ/ジャクリーン・マッケンジー 【原題】“Opal Dream” 【原作】ベン・ライス「ポビーとディンガン」...
ポビーとディンガン (It\'s a Wonderful Life)
「フル・モンティ」のピーター・カッタネオ監督作品です。 子供を通してどこにでもあるような家族を描いた作品で とても可愛らしい佳作だと思います。 決して「泣かせ系」の映画じゃないんですが、「身近にあるファンタジー」で、 後半ちょっとうるっときました。...
ポビーとディンガン (いつか どこかで)
今日の映画は『ポビーとディンガン』です。
映画「ポビーとディンガン」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ポビーとディンガン」★★★★ 『フルモンティ』のピーター・カッタネオ監督がベストセラー小説を映画化。目に見えないものを信じる幼い兄妹をハートフルに描く。 オパールで一攫千金を夢見るパパ、それを支えるママ、お兄ちゃんのアシュモル、空想癖のある妹
ポビーとディンガン (Casa de lapiz:鉛筆庵)
             *公式HP {/star/}大切なのは目に見えないものを信じる心{/star/}         飯田橋ギンレイホール、知ってはいたが行ったのは初めて。駅から近く、こぢんまりして落ち着いた雰囲気の劇場だった。ロビーの壁に「国境なき医師団」のレポート
『ポビーとディンガン』。 ※ネタバレ含 (~青いそよ風が吹く街角~)
2005年:イギリス+オーストラリア合作映画。
ポビーとディンガン (とんとん亭)
「ポビーとディンガン」 2006年 豪/英 ★★★ 世界的なオパールの採掘地として知られる、オーストラリアの田舎町ライトニングリッジ。引っ越してきて1年のウィリアムソン一家は、パパのレックス(ヴィンス・コロシモ) と、ママのアニー(ジャクリ ...
ポビーとディンガン (cinema note+)
ポビーとディンガンOpal Dream 2005年 イギリス/オーストラリア  予告で見るよりさらに良かったです。思わず泣いてしまいました。  最初は空想上の友達の存在を押し通す妹ケリーアンにイライラした。あそこ
ポビーとディンガン (銀の森のゴブリン)
2005年 イギリス・オーストラリア 2005年11月公開 評価:★★★★ 原題
『ポビーとディンガン』 (Sweet* Days)
ポビーとディンガン CAST:クリスチャン・ベイヤース、サファイア・ボイス 他 STORY:オーストラリア、オパールの採掘を夢見るアシュモル(クリスチャン・ベイヤース)の妹、ケリーアン(サファイア・ボス)は、空想上の親友、ポビーとディンガンといつも遊ん...
「ポビーとディンガン」 一緒に夢を見るんだ (明日へのヒント by シキシマ博士)
やはり自分はこういう映画に弱いです。無条件に大好きです。 原作は世界的なベストセラーらしいですね。 子供が主人公なので児童文学っぽいですが、実は大人のための物語だと思います。
ポビーとディンガン (Blossom Blog)
ポビーとディンガン OPAL DREAM 監督 ピーター・カッタネオ 出演 クリスチャン・バイヤーズ サファイア・ボイス     ヴィンス・コロシモ ジャクリーン・マッケンジー オーストラリア イギリス 2005
『ポビーとディンガン』'05・豪・英 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ僕はオーストラリアの田舎町に住む男の子アシュモル。僕にはケリーアンという妹がいる。ケリーアンにはポビーとディンガンという大好きな友達がいるんだけど、僕はそれが妹の作り上げた架空の友達だって知っている。ある日、妹はポビーとディンガンがいなくなった...
ポビーとディンガン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『だれか、ポビーとディンガンを見かけた人はいませんか?』  皆さんあけましておめでとうございます♪Uo・ェ・oU/゜・:*【祝】*:・゜\Uo・ェ・oU♪ってなワケで、今年の劇場鑑賞初めはこちらの映画になりました。  1日は映画の日ってなワケで元旦から、ハシゴし...