京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ハート・ロッカー』

2010-03-16 00:03:16 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「ハート・ロッカー
□監督 キャスリン・ビグロー
□脚本 マーク・ボール
□キャスト ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース


■鑑賞日 3月13日(土)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 色々物議を醸し出した今回のアカデミー賞。 
 “元夫婦対決”なんてマスコミのオイシがる素材。 興行数字は文句なしに元夫に軍配が上がっているが、
 まるでしっぺ返しのようなアカデミー会員の仕業でこの作品は、アカデミー賞作品賞以下多くの賞に輝いた。
 それにしてもTOHOシネマズさん、1日7回まわあしとはおそれ入谷の鬼子母神(笑)

 正直言うと、もしこの作品を観ようと思っている方は体調のいいときに観ることをします。
 なぜなら、妙な緊張感と映画全体のトーンが、この手の映画と比較すると、かなりの精神的な疲れをもたらすからです。
 女性監督が作った映画ですが、女性の方には向かない作品だと思います。
 レビューはのちほどになりますが、サンドラ・ブロックが主演女優賞を受賞した
 『しあわせの隠れ場所』の方がはるかにいい作品だと僕自身は思います。

 以前にも戦争テーマの映画は数々ありました。
 そして映画としての戦争を描く視点は、その残虐さや悲惨さからシフトし、
 そこにおかれた兵士やその周りの心情描写を主眼におく映画が多くなってきたように思います。

 この映画も
イラク駐留の爆発物処理班の兵士の生き様を、人間的、精神的、内面を描くことに終始しています。
 前にも書いたことがあるのですが、島国日本、国境のない国日本にこういう世界を理解することなんて正直無理です。
 ぬくぬくと生活して来て、それでいていつまでの“戦争被害者”だと思っている日本人が、
 そしていまだにアメリカに防衛を頼っている防衛弱国にとって、この緊迫感に満ちた、それでいてアメリカンなノリとも思える
 こんな世界をアカデミー作品賞に輝いたといって、ホイホイ観に行っても、満たされるものはなにもないだろう。
 そしてあまり安易な感想を持たない方がいいと思える。

 ま、しかし、そこは映画は映画。
 主人公となるウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)のキャラクターがすごい。
 そこには何ら大きな細工を加えず、いつのまにか観ている自身が爆弾処理をする兵士の語如く、
 リアルな疑似体験をもたらしてくれる。

 一匹狼は、戦場では仲間まで死に引きこむ可能性があるかもしれない。
 上長の命令は絶対なのに、過信した一匹狼はそれこそが秘密爆弾を秘めている。
 しかし、ジェームスのように最後の切線は彼の手によるものであり、そのときはまさに一匹狼でしかない。
 だからこそ、他人にはわからない、仲間にもわからない彼なりのセオリーがあり、
 それは他人から観ればスタンドプレーに見えてしまうわけだが・・・。

 この映画の良さは観てみなければ言葉では表現できないものがあるが、決してアカデミー作品賞を
 もらったからと言って、絶対に観ておかなければならない映画ではない。
 冒頭にも書いたが、『しあわせの隠れ場所』を観る方がはるかに映画としてのオーソドックスな魅力があり、
 価値があり、感動できる作品だと言い切れる。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (121)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ルド and クルシ』 | トップ | グラマシーニューヨーク »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みぃみ)
2010-03-16 11:36:35
こんにちは。
昨夜、観てきました。
アカデミー賞、やっぱり米目線なのかな~と、ちょっぴり寂しかったです。
あり~ (cyaz)
2010-03-16 12:51:16
みぃみさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>アカデミー賞、やっぱり米目線なのかな~と、ちょっぴり寂しかったです。
そうですね
偏った視点は返って疑いたくなりますよ(笑)
こういう描く方はありだとは思いますが^^
キャスリン・ビグロー (にゃむばなな)
2010-03-16 18:07:24
この監督は女性監督でありながら、作品内容はほとんどが男性的。
そのあたりが昨今の報道ではちょっと少ないかなと思うのですが、それでもやはりこの緊張感は凄かったです。

こういう映画が評価されるのはいいことですが、逆に言えば今のアメリカが病んでいる証拠でもあるんでしょうね。
蝕む~ (cyaz)
2010-03-16 21:27:20
にゃむばななさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>この監督は女性監督でありながら、作品内容はほとんどが男性的。 そのあたりが昨今の報道ではちょっと少ないかなと思うのですが、それでもやはりこの緊張感は凄かったです。
作りものとはわかりながらも、もしかしたら爆発するんじゃないかと・・・。
それってやっぱ緊張しますよね~

>こういう映画が評価されるのはいいことですが、逆に言えば今のアメリカが病んでいる証拠でもあるんでしょうね。
ベトナム戦争については触れなかったのですが、やはり蝕まれていますよね!
Unknown (Ageha)
2010-03-17 20:34:09
発表当日の、しかもキャサリンビグローがオスカー2つ持ってしゃべってる頃見てました。(笑)
そちらのシネコンスゴいね。混んでる?


いや~作りものやとわかってるのにドキュメンタリーみたいで、誰もがいつ死ぬかわからんスゴい緊張感だったし、何より重たくてグッタリでした。



防爆スーツ~ (cyaz)
2010-03-17 23:23:45
Agehaさん、コメントありがとうございますm(__)m

>発表当日の、しかもキャサリンビグローがオスカー2つ持ってしゃべってる頃見てました。(笑) そちらのシネコンスゴいね。混んでる?
そんなに混んでないですね(笑)
もう公開から少し経っていますしね。

>いや~作りものやとわかってるのにドキュメンタリーみたいで、誰もがいつ死ぬかわからんスゴい緊張感だったし、何より重たくてグッタリでした。
あの防爆スーツを着て席に座ってる感じでした(笑)
ハートロッカー (giyachan)
2010-03-21 18:11:27
こんなんでもアカデミー賞とは????
特にストーリーと言うのは無く、いろんな種類の爆破、自爆などなどがどんどん出てきてそれを技術者が信管を抜いて、皆がホッとするといったこと、だけやないか、です。

これならアバターのほうがはるかに映画としては面白いし音楽が良かったですね。

多分アメリカ人が見てこんなむごいと感じ、監督はそれをオバマに訴えるのが目的なんでしょう。去年の「送り人」同様、オスカーも当てにならんと感じたしだいです。

次はホームズか「アイガー北壁」でんな。
TBありがとうございました (シムウナ)
2010-03-22 19:10:35
TB有難うございました。
ドキュメンタリー風の作品なので
ストーリー性は皆無でしたが、爆弾処理班から
戦争の日常が非常にリアルでした。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
たしかに~ (cyaz)
2010-03-23 12:30:41
giyachanさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>特にストーリーと言うのは無く、いろんな種類の爆破、自爆などなどがどんどん出てきてそれを技術者が信管を抜いて、皆がホッとするといったこと、だけやないか、です。
確かにそうですね!

>これならアバターのほうがはるかに映画としては面白いし音楽が良かったですね。
アバターもストーリー的には薄かったですが。

>多分アメリカ人が見てこんなむごいと感じ、監督はそれをオバマに訴えるのが目的なんでしょう。去年の「送り人」同様、オスカーも当てにならんと感じたしだいです。
アメリカを肯定も否定もしないですが、実際にはこういう処理を
第一線でやっている人がいるということは受け止めなければと思いました。
まあ日本人には薄い印象かもしれませんが(笑)
遠い国の~ (cyaz)
2010-03-23 12:50:42
シムウナさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>ドキュメンタリー風の作品なのでストーリー性は皆無でしたが、爆弾処理班から戦争の日常が非常にリアルでした。
なかなか体験できないことですが、毎日死と向き合っていない僕たちには
ちょっと遠い国のできごとでした・・・。
こんにちは^^ (まり)
2010-03-29 15:12:16
家族も、後味の悪い映画だと言っていました
また、2時間ずっと緊張のしっ放し
ただ、戦場と言うのは狂気を作り出すのだなと理解が出来たそうです
家族は「すっきりして、良い映画だったと思えるのはインビクタスだな!」と言っていました

私は体調が、今だ万全で無いので見に行っていません^^;

ただ、世界の何処かで戦争は在り、私にはアメリカン人の友人も多数いて、世界やアメリカ、戦争、ある意味においては日本を理解するには見た方がいいのだろうと考えています
知らないのは罪のような気がして・・・

ただし、私は女なので頼りに成る人が一緒じゃなきゃ見られそうにないです
疑似体験~ (cyaz)
2010-03-29 17:28:32
まりさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>ただ、戦場と言うのは狂気を作り出すのだなと理解が出来たそうです
だからこそベトナム戦争等がまねいた二次災害がアメリカを中心として蔓延したんですねぇ・・・。

>家族は「すっきりして、良い映画だったと思えるのはインビクタスだな!」と言っていました
それは間違いないでしょう!

>私は体調が、今だ万全で無いので見に行っていません^^;
あらら、お気をつけ下さいませ。

>ただ、世界の何処かで戦争は在り、私にはアメリカン人の友人も多数いて、世界やアメリカ、戦争、ある意味においては日本を理解するには見た方がいいのだろうと考えています
知らないのは罪のような気がして・・・
うーん、それとはまた別の視点じゃないでしょうかねぇ。
この映画でそれを疑似体験するには無理があると正直思いますが。
Unknown (カワベ)
2010-11-03 05:15:43
「太陽を盗んだ男」のTBとTB返し有難うございました!
「ハートロッカー」のほうもTB有難うございました。
私もTB送らせていただきました。

戦争疑似体験と書かれていますが、ホントそんな感じでワンシーンワンシーン緊迫感が凄く、こちらの体力も消耗するような感じでした。
アメリカにおいてはこのような仕事は誰かがやらねばならぬ仕事だけど、戦場でしか生きることができない若者を作ることも含めて戦争の罪だという反戦映画のように私は感じたんですが、「何本同じテーマで映画作ってんだ。政府いい加減学べや!」・・・と思ってしまいました。
大変見応えがあり、作品として見たら良くできた作品だと思ったんですが・・・

失うもの~ (cyaz)
2010-11-03 09:00:38
カワベさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>戦争疑似体験と書かれていますが、ホントそんな感じでワンシーンワンシーン緊迫感が凄く、こちらの体力も消耗するような感じでした

本当にそうでしたね^^

>アメリカにおいてはこのような仕事は誰かがやらねばならぬ仕事だけど、戦場でしか生きることができない若者を作ることも含めて戦争の罪だという反戦映画のように私は感じたんですが、「何本同じテーマで映画作ってんだ。政府いい加減学べや!」・・・と思ってしまいました。
ベトナム戦争の際も同様でしたが、何かを果たした時、
何かを失ってしまっている感じがありました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

121 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ハート・ロッカー (映画の話でコーヒーブレイク)
アカデミー賞発表前の公開初日、完売で見れなかった本作見てきました。 流石に、アカデミー賞6冠獲得!     興行成績を塗り替えた「アバター」を抑えての受賞!     初の女性監督、監督賞獲得!     元夫(キャメロン){/v/}元妻対決で妻の勝利! な~んて、...
ハート・ロッカー (LOVE Cinemas 調布)
アカデミー賞9部門ノミネート(2/24現在)と賞レースを席捲している作品。イラク駐留アメリカ軍の爆発物処理班の兵士たちを描いた戦争映画だ。『ハートブルー』『K-19』のキャスリン・ビグロー。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー、共演にガイ・ピアーズやレイ...
ハート・ロッカー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『彼らは、数えきれない命を救う。 たったひとつの命を懸けて─。』  コチラの「ハート・ロッカー」は、2004年夏のイラクを舞台に爆発物処理班の兵士たちの姿を描いたPG12の3/6公開の戦争映画なのですが、公開初日にレイトショーで観て来ちゃいましたぁ~♪監督は...
ハート・ロッカー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Hurt Locker。キャスリン・ビグロー監督、ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース。冒頭、文字のメッセージで「戦争は強力で致命的な中毒だ。なぜなら麻薬だ...
ハート・ロッカー (しーの映画たわごと)
アカデミー賞では9部門にノミネートされたとか。「アバター」はまだ観ておりませんが、作品賞はこの作品にあげたいです。それくらい良かったと思います。娯楽映画の類ではないので、決して楽しい作品ではありませんがメッセージ性はすこぶる高い作品でしょうか。
分かっちゃいるけど止められない。『ハート・ロッカー』 (水曜日のシネマ日記)
イラクに駐留するアメリカ軍爆発物処理班の兵士たちの姿を描いた作品です。
ハート・ロッカー (Akira's VOICE)
処理できないものは人間の心。  
ハート・ロッカー/ The Hurt Locker  (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 各映画祭などでの受賞数、100近く{/eq_1/} もうすぐ発表される、アカデミー賞作品賞の大本命{/eq_1/} 21日に発表になったばかりの英国アカデミー賞でも圧勝{/...
ハート・ロッカー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
防護服に身を包み、爆弾の配線を確認して信管を取り除く任務。戦場という名の日常。 死に最も近い米軍爆発物処理班の兵士たちを描き、本年度アカデミー賞最有力_。 物語:2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍の爆発物処理班は、死と隣り合わせの前線の中...
「ハート・ロッカー」女性監督が撮った“骨太戦争映画” (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード  “本年度アカデミー賞最有力、最多9部門ノミネート!”「ハート・ロッカー」(ブロードメディア・スタジオ)。現代の戦場を駆け回る“爆発物処理班”の姿を、女性監督キャスリン・ビグローが、リアルに描き出しています...
映画:「ハート・ロッカー」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
映画:「ハート・ロッカー」レポ。 第82回アカデミー賞6部門受賞の作品。 作品賞受賞が決まってから、地元公開が急遽決定。 「ハート・ロッカー」の綴りは「The Hurt Locker 」。 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー・アンソニー・マッキー・...
ハート・ロッカー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
アメリカ軍の占領作戦が始まった2004年のバグダッド郊外で、爆弾処理班の軍人の日常を描いている。リアリティーを追求するビグロー監督の執念は、観客を戦場の現場に連れて行く。ドキュメンタリーのような映像からは、戦争の愚かさが痛いほど伝わる。
ハート・ロッカー (風に吹かれて)
War is drugなぜ 再び戦場へ行く公式サイト http://www.hurtlocker.jp監督: キャスリン・ビグロー 「ハートブルー」「K-19」原題“The Hurt Locker”の
映画「ハート・ロッカー」@サイエンスホール (masalaの辛口映画館)
 客入りは8割くらい、男性客が意外に多い。 映画の話 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任する。まるで死への恐怖などないかのように遂行されるジェー...
ハート・ロッカー [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
【THE HURT LOCKER】 2010/03/06公開 アメリカ(PG12) 131分監督:キャスリン・ビグロー出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース、エヴァンジェリン・リリー、クリスチャン...
ハート・ロッカー (だめ男のだめ日記)
「ハート・ロッカー」監督キャスリン・ビグロー出演*ジェレミー・レナー(ウィリアム・ジェームズ二等軍曹)*アンソニー・マッキー(J・T・サンポーン軍曹)*ブライアン・ジェラティ(オーウェン・エルドリッジ技術兵)*レイフ・ファインズ(請負チームリーダー)*ガイ....
「ハート・ロッカー」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  アカデミー賞の呼び声が高く、発表前に観ておきたいと思い、公開初日の3月6日に観に行きました。ネット予約で席を確保していたので観ることができましたが終日、どの回も満席になっていて人気の高さに驚きました。観終わっての正直な感...
ハート・ロッカー (It's a Wonderful Life)
さほど強力なライバルがいないと思われる 今年の映画賞レースでは圧倒的に強いみたいですね。 アメリカ映画では低予算の部類に入る約1,000万 ドルくらいの制作費の本作、 昨年3月のアメリカ公開時も、評判は良かったもののさほど ヒットしてないし、キャストも地味...
ハート・ロッカー そもそも誰が戦場にしたんだ!(;`O´)oコラー!  (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=13 -4-】 「アバター」のジェームズ・キャメロン監督と、この「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督、ともに9部門にノミネートされており、しかも監督が元夫妻という対決の図式も話題になった第82回アカデミー賞では、作品賞、監督賞、オリジナ...
ハート・ロッカー THE HURT LOCKER (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍...
ハート・ロッカー見た。【アカデミー賞受賞】 (映画、小説、ゲームなんでもネタバレレビュー)
2010年度アカデミー賞6部門受賞、アバターのジェームス・キャメロン監督の元嫁のキャスリン・ビグロー監督の作品、ハート・ロッカーを六本木ヒルズのTOHOシネマズで見てきました。あらすじはこんな感じ。2004年、イラク・バグダッド。駐留米軍のブラボー中隊・爆弾処理班...
*ハート・ロッカー* (Cartouche)
{{{   ***STORY***             2008年  アメリカ 2004年、イラク・バグダッド。駐留米軍のブラボー中隊・爆弾処理班の作業中に爆発が起き、班長のトンプソン軍曹が爆死してしまう。トンプソン軍曹の代わりに派遣されてきたのは、ウィリア...
『ハート・ロッカー』 (めでぃあみっくす)
恐怖は人間が脳内で作れる唯一の麻薬である。戦争はその麻薬中毒患者を大量に生み出す場である。 爆弾処理班を主人公にした、無機質ながらも類稀なる緊張感が観客を身震いさせるこの映画は、昨今のアカデミー前哨戦総ナメなのも納得の、まさに稀代の名作。これはもはや素...
ハート・ロッカー/THE HURT LOCKER (いい加減社長の日記)
ちょっと苦手とする戦争ものみたいだし、パスしようかと思ってたんだけど。 アカデミー賞を受賞してしまうと、見ないわけにはいかない。 ということで、平日ちょっと早めに会社を抜けて「ハート・ロッカー 」を鑑賞。
The Hurt Locker / ハート・ロッカー (Akasaka high&low )
Jeremy Renner(ジェレミー・レナー)演じるワイルドな爆弾処理班の兵士が煙草をくわえたジャズプレイヤーにも見えた戦争物がThe Hurt Locker(ハート・ロッカー)。 ハリウッド初のまともなイラク戦争を題材にしたフィクション・ドキュメンタリーは女性監督が作ったと...
「ハート・ロッカー」 THE HURT LOCKER (俺の明日はどっちだ)
・ テロの脅威が続くイラク・バグダッドを舞台に駐留アメリカ軍の爆発物処理班の兵士たちの姿をサスペンスフルに描き、先ごろ行われた第82回アカデミー賞で作品賞&監督賞含む6部門を受賞した戦争映画ならぬ “ 戦場映画 ”。 スローモーションを効果的に使った初っ端の...
『ハート・ロッカー』 ('10初鑑賞30・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆--- (10段階評価で 4) 3月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 13:20の回を鑑賞。
ハート・ロッカー (そーれりぽーと)
キャスリン・ビグロー監督が元ダンナ、ジェームズ・キャメロンの『アバター』とアカデミー賞を争ってる事の方が話題になってる『ハート・ロッカー』を観てきました。 ★★★★★ イラクで爆弾処理をするチームを超リアルに描いた本作、元旦那のイマジネーションを技術の...
ハート・ロッカー (あーうぃ だにぇっと)
ハート・ロッカー2月23日(火)@なかのZERO 今週の試写会は、ハート・ロッカーとNINEだけ。 ハート・ロッカーはかなり気合を入れて応募して2枚ゲット。 開場10分前の18時20分になかのZEROに到着。 行列の最後尾は建物の横をぐるりとまわり、南側の公園のトイレの前。 ...
ハート・ロッカー (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
アメリカ軍、爆発物処理班の活躍を描く作品です。 爆弾処理の際、戦死したブラボー中隊のリーダー、トンプソン軍曹の後任として派遣されてきたジェームズ二等軍曹。彼は、無謀とも思える行動力で、次々、爆発物の処理をしていきますが、そのやり方に、チームを組むサン...
ハート・ロッカー☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ブラボー中隊爆発物処理班の3人の兵士にスポットを当て淡々と毎日繰り返される爆弾処理の日常を描いたこんな男くさい映画を撮ったのは女性監督というのに驚きます。ジェームズ二等軍曹、サンボーン軍曹、そしてエルドリッジ技術兵の3名のチームの仕事は爆弾処理。場所はイ...
ハート・ロッカー / The Hurt Locker (勝手に映画評)
第82回アカデミー賞9部門(作品賞、監督賞(キャスリン・ビグロー)、主演男優賞(ジェレミー・レナー)、脚本賞(マーク・ボール)、撮影賞、編集賞、作曲賞、音響編集賞、録音賞)ノミネート。 監督が、この作品とアカデミー賞作品賞を争っている「アバター」のジェームズ・キ...
ハート・ロッカー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】 緊張とスリルを味わいたかったらお薦めの本作。
『ハート・ロッカー』 (ラムの大通り)
(原題:The Hurt Locker) ----この前、オモシロいメールが配信されてきたよね。 「あ~あ。 『ジェームズ・キャメロン監督、 「キャスリン・ビグロー(『ハート・ロッカー』)が獲得すると思って、 監督賞のスピーチは用意していませんでした。 本当は、彼女が受賞する...
「ハート・ロッカー」 戦争の負の遺産 (はらやんの映画徒然草)
いやはやえらい久しぶりの映画鑑賞です。 こんなに劇場に行かなかった期間が長かった
「ハート・ロッカー」 (てんびんthe LIFE)
「ハート・ロッカー」試写会 九段会館で観賞 戦争映画とは知っていましたが、これも戦争映画だと感心しました。(わかり辛い表現でした。) さらに最初から最後まで2時間超えの作品は緊迫感があふれ、体中に力が入り、実際に自分もその戦地に存在するかと勘違いする...
ハート・ロッカー (りらの感想日記♪)
【ハート・ロッカー】 ★★★★☆ 映画(祭)(12)ストーリー 2004年夏、イラクのバグダッド郊外。アメリカ陸軍ブラボー中隊の爆発物処理班
ハート・ロッカー◆◇THE HURT LOCKER (銅版画制作の日々)
イラクでの取材体験に基づいて描く戦場の恐るべき実態 東宝シネマズ二条にて鑑賞。仕事終了後、急いでシアターに。。。。今日はアカデミー賞6冠に輝いた「ハート・ロッカー」です。ニューヨークアイラブユーパート2はちょっと後にしてまずこの記事を書きたいと思います...
ハート・ロッカー (だらだら無気力ブログ)
「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、死の危険がいつも伴うイラク駐留の 爆発物処理班のアメリカ兵達の姿を描いた戦争アクション。 爆弾テロの脅威が続くイラクのバグダッドを舞台に、殉職した爆発処理班の 前任リーダに代わり、赴任してきた軍曹と爆発物処理班の3...
ハート・ロッカー THEHURTLOCKER (まてぃの徒然映画+雑記)
ヒリヒリとした緊迫感が続く2時間。今年のアカデミー賞受賞作、だからというわけではないけれど、結構ノミネートされてたので前売りを買って日曜日に行ったら、すでにお目当ての回は満員で、平日仕事が終わった後に出直したのでした。それでも6~7割の入りだったから、相....
映画レビュー「ハート・ロッカー」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
The Hurt Locker◆プチレビュー◆爆発物処理班の兵士を通して戦争の真実と虚無感を描く秀作。スクリーンから片時も目が離せない。 【85点】 2004年イラク・バグダッド。ジェームズ二等軍曹は、駐留米軍の爆発物処理班ブラボー中隊の新リーダーとして赴任する。爆弾処理...
「ハート・ロッカー」新宿武蔵野館にて鑑賞 (流れ流れて八丈島)
当直明けで新宿へ回り、武蔵野館で「ハート・ロッカー」を観てきました自分的には予定の行動だったんだけど、おとといの米国アカデミー賞で最優秀作品賞をとったばかりなので、平日の昼間なのに満員でしたねぇとにかくもう、あの「アバター」を押さえて、最優秀作品賞ほか...
10-59「ハート・ロッカー」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
爆弾処理班は必要だ  2004年夏、イラクのバグダッド郊外。アメリカ陸軍ブラボー中隊の爆発物処理班では、任務中に殉職者が出たため、ジェームズ二等軍曹を新リーダーとして迎え入れることに。こうして、サンボーン軍曹とエルドリッジ技術兵を補佐役とした爆弾処理チーム...
『ハート・ロッカー』・・・もうひとつのイラク戦争 (SOARのパストラーレ♪)
イラク戦争を題材にしながらこの作品にはスーパーホーネットも、ストライクイーグルも、アパッチロングボウも、エイブラムスも、ブラッドレーも登場しない。
■映画『ハート・ロッカー』 (Viva La Vida!)
2010年の第82回アカデミー賞で最多9部門のノミネートを記録し、作品賞・監督賞、最有力候補とも言われている映画『ハート・ロッカー』。 2004年、イラク戦争で爆発物処理という任務に従事する男たちの物語です。 他の軍人に比べ、死亡率が5倍高いという爆発物処理班で...
「ハート・ロッカー」 (或る日の出来事)
この緊張感の持続は、あまり経験したことがないくらい。もう勘弁してよって言いたいほど。すごく、いい意味ですよ。
ハート・ロッカー (ひばなのシネマの天地)
ジャンル : アクション 製作年 : 2008年 製作国 : アメリカ 配給 : ブロードメディア・スタジオ 監督・製作 : キャスリン・ビグロー 脚本・製作 : マーク・ボール 出演 : ジェレミー・レナー アンソニー・マッキー ブライアン・ジェラ
[映画『ハート・ロッカー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆今年のアカデミー作品賞だそうだが、私にはどうも、一個の作品としては優れているが、このような冠が与えられるほどの作品とは思わなかった。  イラクでの米軍爆弾処理班の活躍を、ドキュメントタッチに描いた作品であるが、その物語性の希薄さに、何度も眠気に襲われ...
ハートロッカー (幕張コーポ前)
金曜の夜、ハートロッカー観てきました。見事にアバターをふっ飛ばしましたね笑アバターが幻想なら、ハートロッカーは現実。アカデミー賞を争った2作品ですけど、比べること自体、ちょっと変な気もしますね。広い意味で言うと、アバターも戦争映画か。THE HURT LOCKER「究...
『ハート・ロッカー』(2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:THEHURTLOCKER監督:キャスリン・ビグロー出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース試写会場 : 科学技術館サイエンスホール公式サイトはこちら。<Story>2004年....
ハート・ロッカー (映画道)
2004年、イラク・バグダッド。駐留米軍のブラボー中隊・爆弾処理班の作業中に爆発が起き、班長のトンプソン軍曹が爆死してしまう。トンプソン軍曹の代わりに派遣されてきたのは、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹。彼はこれまでに873個もの爆弾を処理してきたエキスパート...
ハート・ロッカー (eclipse的な独り言)
 まだ書いていない感想文がいくつかあるのですが、記憶が確かなうちにこちらの方を書いておきます。(3月6日 清水MOVIXにて鑑賞)
ハートロッカー (シネマ日記)
このレビューを書いているこの瞬間にアカデミー賞作品賞を受賞した。先に監督賞もキャサリンビグロー監督が受賞している。監督賞としては女性初だ。キャサリンビグロー監督といえば「ブルースチール」「ハートブルー」「ストレンジデイズ」「K-19」という作品群を見ても分...
「ハート・ロッカー」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「ハート・ロッカー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース、エヴァンジェリン・リリー、クリスチャン・カマル...
【ハート・ロッカー】大人のオモチャ (映画@見取り八段)
ハート・ロッカー~THE HURT LOCKER ~ 監督: キャスリン・ビグロー    出演: ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・...
キャスリン・ビグロー監督の「ハート・ロッカー」を観た! (とんとん・にっき)
キャスリン・ビグロー監督の「ハート・ロッカー」を観てきました。言わずとしれた第82回アカデミー賞受賞作品、女性監督では初めてだという。「ハート・ロッカー」は「棺桶」を意味するアメリカ兵の俗語。また戦争映画かとやや拒否反応を示しながら、観たのはイラクに駐留
ハート・ロッカー The Hurt Locker 特殊なイラクの、また特殊な爆弾処理班の日々。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
3月7日(日本時間8日)にロサンゼルスで行われるアカデミー賞。 ここで最多9部門にノミネートされているのが、「ハート・ロッカー」。 (作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、音響編集賞、録音賞) このなかでも、作品賞と監督賞の大本命と...
映画『ハート・ロッカー』 (健康への長い道)
今年の英国アカデミー賞では授賞部門数で『アバター』に勝利。米国アカデミー賞でも『アバター』と同数の9部門にノミネートされ、キャスリン・ビグロー監督はジェームズ・キャメロン監督の元妻ということもあって、「元夫婦」の「一騎打ち」。 主人公のモデルを自称す...
「ハート・ロッカー」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2008年:米/ブロードメディア配給原題:THE HURT LOCKER監督:キャスリン・ビグロー脚本:マーク・ボール イラク戦争下で、爆発物処理にあたる兵士たちの姿をリアルに描いて、本年度のアカデミ
『ハート・ロッカー』 (Rabiovsky計画)
『ハート・ロッカー』公式サイト 監督・製作:キャスリン・ビグロー 脚本・製作:マーク・ボール 出演:ジェレミー・レナー 、アンソニー・マッキー 、ブライアン・ジェラティ    レイフ・ファインズ 、ガイ・ピアース 、デヴィッド・モース 2008年...
ハート・ロッカー・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
世紀の超大作「アバター」との元夫婦決戦を制し、オスカー6部門を獲得した「ハートロッカー」は、なるほど凄い映画であった。 まるで自分が...
「ハート・ロッカー」 (H20)
・あらすじ  2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任する。まるで死への恐怖などないかのように遂行されるジェームズの爆発物処理の様子に、仲間のサンボー...
ハート・ロッカー/The Hurt Loker (描きたいアレコレ・やや甘口)
うむむ、イラスト描くのが、難しい映画だった。 「ハートブルー」「K-19」のキャスリン・ビグロー(58)監督。 第82回アカデミー賞では作...
「ハート・ロッカー」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                               「ハート・ロッカー」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・キャスリン・ビグロー                     公式サイト 脚本・マーク・ボール ...
【ハート・ロッカー】 (日々のつぶやき)
監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ   永遠を思わせる戦場    刹那を生きる男たち- 「2004年のバグダッド、米軍のブラボー中隊は爆弾処理班。ある日作業中の爆発で...
ハート・ロッカー The Hurt Locker (映画!That' s Entertainment)
●「ハート・ロッカー The Hurt Locker」 2008 アメリカ Voltage Pictures,Broad Media Studio,131min. 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、    レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィ...
ハート・ロッカー (小部屋日記)
The Hurt Locker(2008/アメリカ)【試写会】 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー/アンソニー・マッキー/ブライアン・ジェラティ/ガイ・ピアース/レイフ・ファインズ/デビッド・モース 彼らは、数えきれない命を救う。 たった一つの命を懸けて...
戦争中毒~『ハート・ロッカー』 (真紅のthinkingdays)
 THE HURT LOCKER  2004年夏、イラク。バクダッドに駐留する米軍。爆弾処理を担当するブラボー 中隊に、新しい班長が赴任する。  アカ...
ハート・ロッカー (心のままに映画の風景)
2004年、イラク・バグダッド郊外。 アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナ...
『ハート・ロッカー』と西部劇のヒーロー (Days of Books, Films )
冒頭、「War is a drug.」というエピグラフが映し出される。見終わって
「ハート・ロッカー」:築地三丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ずいぶん頑丈そうなビルだな。 {/hiyo_en2/}テロに攻撃された場合でも想定しているのかしら。 {/kaeru_en4/}しかし、テロって言っても、人間爆弾みたいなテロもあるから、建物を頑丈にしても防ぎきれるとは限らない。 {/hiyo_en2/}「ハート・ロッカー」に描...
ハート・ロッカー (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年19本目です。 【あらすじ】 2004年、イラク・バグダッド。 ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)は、アメリカ陸軍の爆弾処理班の新リーダーとして着任...
ハート・ロッカー (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞ハート・ロッカー/THE HURT LOCKER 2008年/アメリカ/131分 監督: キャスリン・ビグロー 出演: ジェレミー・レナー/アンソ...
「ハート・ロッカー」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 ちなみに「ハート・ロッカー」とは、「行きたくない場所、棺桶」の意味。2004年夏、イラク。他の軍人に比べて5倍の死亡率と言われる爆発物処理班(EOD)の、38日間の任務を追う。 冒頭、処理作業中にいきなり爆発に巻き込まれて即死するトンプソン軍曹の姿に...
戦争はドラッグなのか・・・ (笑う学生の生活)
15日のことだが、映画「ハート・ロッカー」を鑑賞しました。 アカデミー賞 作品賞を受賞した話題作 ということで、期待度は高かったのですが・・・ うーん、正直 期待値は越えず・・・ 期待度が高すぎたというのもあるが 爆弾処理班の主役に イラクでの活動を追った作...
ハート・ロッカー (とりあえず、コメントです)
イランで爆弾物処理に従事しているアメリカ軍兵士たちを描いたドラマです。 アカデミー賞など各賞を賑わしていると聞いてとても気になっていました。 日々、命を危険にさらしながら過ごしていく兵士たちの緊張が真っ直ぐに伝わってくる怖い作品でした。
♯18 「ハート・ロッカー」 (cocowacoco)
映画 「ハート・ロッカー」 THE HURT LOCKER         キャスリン・ビグロー監督 2008年 アメリカ 観たのはアカデミー賞発表の翌日です。 さすがアカデミー賞受賞効果でしょうか。 平日の通常料金の時間帯で、並んで入ったのは久しぶりです。 (私は安い福...
ハート・ロッカー■この作品を素直に名作とか傑作とか言えない (映画と出会う・世界が変わる)
この作品の登場人物には誰一人共感したり、あるいは批判的になったりなど出来ない。映画の表現技術は別にしてこの作品に対して何らかの思い入れを持つこと自体が出来ない。見終わって、2日ほど経って、見終わった直後の異様な感覚の正体は、「この映画に一切共感できる部...
ハート・ロッカー (みやこのThinking World!)
はぁ 疲れた~ 先日眠くなりすぎちゃったので、今日はたっぷり睡眠をとって『ハート
ハート・ロッカー (悠雅的生活)
2004年、バグダッド。任務完了まで38日・・・
No.208 ハート・ロッカー (気ままな映画生活)
今年度のアカデミー賞、作品賞を受賞した作品。 今年は世界興行収入の記録を打ち立てた「アバター」と その20分の1の製作費で作られた本作品との一騎打ちとなった
ハート・ロッカー (映画と本の『たんぽぽ館』)
恐怖と緊張の中で・・・              * * * * * * * * まさに現在の戦争映画。 イラク、バグダッド。 米軍爆発物処理班の新リーダーとして、ジェームズ2等軍曹が着任します。 これまでも数々の成果を上げてきた彼は、 向こうみずな行動...
映画鑑賞記「ハート・ロッカー」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:10.03.22 鑑賞場所:シネプレックス幕張 彼らは、数え切れない命を救う。 たった一つの命を懸けて―。 <ストーリー> (cinemacafe.netより引用)  2004年、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍の危険物処理班は、仕掛けられた爆弾の解体、爆破...
ハート・ロッカー (美貌録(備忘録))
ライアゲームにしようかと迷ったが、あのアバターを抑えアカデミー賞を受賞した「ハート・ロッカー」にした。何時ものようにチケット屋さんへ行くと14日は東宝の日で直接劇場で買うと1000円だと教えてもらえた。(正直な人だ)[:嬉しい:] その東宝はスクリー...
「ハート・ロッカー」 息継ぎできない・・・・ (ノルウェー暮らし・イン・London)
ヒリヒリするような緊迫感、標的を見据えて 目にハエが入ろうとも瞬きもしない・・・・ こちらまで息を凝らし、瞬きできない。 気が付くと、息が苦しくなって、大きな深呼吸。 目もすっかり乾いてしまい・・・・・・
ハート・ロッカー 【戦争は 魅惑の麻薬 狂気沙汰】 (猫の毛玉 映画館)
『ハート・ロッカー』 THE HURT LOCKER 2008年・アメリカ イラクで働く米軍爆発物処理班の日々を淡々と描いた作品。  アカデミー賞9部門にノミ...
映画「ハート・ロッカー」 (FREE TIME)
話題の映画「映画「ハート・ロッカー」」を鑑賞しました。
ハート・ロッカー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ハート・ロッカー』を、日比谷のスカラ座で見てきました。  むろん、この作品が本年度のアカデミー賞の作品賞を受けたことから映画館に出かけたわけですが、見る前まで、タイトルはテッキリ『Heart Rocker』だとばかり思い込み、戦争と音楽がどのように関連付けて描...
ハート・ロッカー (菫色映画)
The Hurt Locker2008年 アメリカ 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー    アンソニー・マッキー    ブライアン・ジェラティ    レイフ・ファインズ    ガイ・ピアース    デヴィッド・モースby G-Tools War is a drug. ネ...
ハート・ロッカー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第82回アカデミー賞で、作品賞、監督賞など6部門を受賞した作品。私の住む地域でも上映したので、戦争映画は苦手ながらも観に行ってみた―【story】2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹...
ハート・ロッカー (ダイターンクラッシュ!!)
2010年3月28日(日) 20:50~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円(買っていない) 『ハート・ロッカー』公式サイト アカデミー作品賞受賞の映画をやっと観た。 感動作が取るべきだとという思い込みがあるので、「ノー・カ...
映画『ハート・ロッカー THE HURT LOCKER』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
第82回アカデミー賞で作品賞、監督賞含む6部門を受賞。監督のキャスリン・ビグロー
ハート・ロッカー (C note)
今年のアカデミーを征したキャサリン・ビグロー監督作品。 イラクにおける米軍爆発物
★「ハート・ロッカー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みの2本目。 ついこの間、オスカーの作品賞・監督賞ほか6冠に輝いた作品。 爆弾処理班の話ってことで、あまり興味がわかないけど、 話題作には目を通しておきたいミーハーな性格なので。
「ハート・ロッカー」みた。 (たいむのひとりごと)
手元にあるチラシは「アカデミー賞最多9部門ノミネート 最有力作品」という、アカデミー賞発表以前に作られたもの。結果としては作品賞はじめ6冠にとどまったが、おかげで5月予定だった地元公開が3月下旬に繰り
ハート・ロッカー (活動写真放浪家人生)
 <シネプレックス小倉>  「あ、今日が授賞式か。」劇場前のテケツでそのことを知った。『アカデミー賞
映画批評「ハート・ロッカー」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2010.3.18 映画批評 公開中の「ハート・ロッカー」。 監督・脚本:キャス...
No.024 「ハート・ロッカー」 (2008年 131分 ビスタ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 キャスリン・ビグロー 出演 ジェレミー・レナー    アンソニー・マッキー    ブライアン・ジェラティ しばらく映画とこぶさたで、ここもやや放置気味だったけど久々にみてきましたのが、アカデミー賞であの「アバター」吹っ飛ばした映画「ハート・ロッカ...
ハート・ロッカー (Movies 1-800)
The Hurt Locker (2008年) 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ イラクにて爆弾処理の任務をこなす兵士の命がけの日常を描いた戦争ドラマ。 2009年度アカデミー賞において作品賞、他計6部門受賞。 殉職...
【映画】ハート・ロッカー (新!やさぐれ日記)
▼動機 戦場ドキュメンタリーっぽさに惹かれて ▼感想 ドキュメンタリーじゃなかった ▼満足度 ★★★★★☆☆ このへん ▼あらすじ 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジ...
『ハート・ロッカー』 | イラク人の煮えたぎるような憎悪の中、ひたすら爆弾を処理し続ける米軍兵士 (23:30の雑記帳)
冒頭からいきなり爆弾処理シーン。 これが凄まじい緊張感。 爆発物処理班の米軍兵士たちは 笑顔でジョークを言い合いながら 作業を進めているというのに ピーンと張り詰めた空気感が あたりを支配している。 この、いつどこで何が爆発するかわからない と...
ザ・シネマハスラー『ハートロッカー』の件で、町山智浩アメリカから緊急電話出演! 配信限定!放課後DA★話特別編(「ライムスター... (ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!)
○「ザ・シネマハスラー『ハートロッカー』の件で、町山智浩アメリカから緊急電話出演
「ハート・ロッカー」 (再出発日記)
「俺は死にたくない…あと5センチで破片は喉を血まみれにして…生きるか、死ぬかだ…子供が欲しい…」監督・製作:キャスリン・ビグロー脚本・製作:マーク・ボール出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・....
もっと批判されていい「ハート・ロッカー」 (映画と出会う・世界が変わる)
「彼らは数えきれない命を救う。たった一つの命をかけて」これは「ハート・ロッカー」の宣伝コピーである。随分と内向きの、まさにアメリカ人の為の言説である。このコピーがアメリカ本国で作られて、日本でもそれが翻訳されて使われたのか、または日本で作られたのかは判...
ハート・ロッカー (こんな映画見ました~)
『ハート・ロッカー』 ---THE HURT LOCKER--- 2008年(アメリカ) 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース 2004年夏、イラクのバグダッド郊外。 アメリカ陸軍...
「ハート・ロッカー」 戦争は麻薬 (ももたろうサブライ)
監督 キャスリン・ビグロー少しあらすじ2004年、イラク・バグダッド。駐留米軍のブラボー中隊・爆弾処理班の作業中に爆発が起き、班長のトンプソン軍曹が爆死してしまう。トンプソ...
ハート・ロッカー (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★★ でも、ハードロックは好きみたい これは戦争を肯定するとか否定するとかそういう類いの映画ではない。 戦場でしか生きら...
劇場鑑賞「ハート・ロッカー」 (日々“是”精進!)
遅ればせながら、「ハート・ロッカー」を鑑賞してきました行きつけのシネコンでは5月8日から漸く上映開始に・・・。「ハートブルー」「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、...
ハート・ロッカー、どこまでアメリカは不幸なのか (オヤジの映画の見方)
アカデミー作品賞のハート・ロッカーは、爆弾処理という今まであまり描かれていない事を題材にしたとこが新鮮だが、アメリカからの一方的な描き方に終始している。この作品にはイラクの人たちの受けた苦痛が何も描かれていない。とことんアメリカ兵の不幸さを描いているだ...
ハート・ロッカー (2ちゃんねる映画ブログ)
【War is】The Hurt Locker ハート・ロッカー【the Drug】 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1226716199/ 1 :名無シネマ@上映中 :2008/11/15(土) 11:29...
ハート・ロッカー (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ハート・ロッカー 制作:2008年・アメリカ 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース あらすじ: 2004年夏、イラク・バグダ...
「ハート・ロッカー」 (ドゥル的映画鑑賞ダイアリー)
お勧め度:★★★☆☆ 製作年 : 2008年 製作国 : アメリカ 配給 : ブロードメディア・スタジオ 監督・製作 : キャスリン・ビグロー 脚本・製作 : マーク・ボール 出演 : ジェレミー・レナー 、 アンソニー・マッキー 、 ブライアン・ジェラティ 、 レイフ・ファイン...
「ハート・ロッカー」(THE HURT LOCKER) (シネマ・ワンダーランド)
イラク戦争の現場バクダッドを舞台に、死と隣り合わせの日常を送る米兵士らの緊迫の姿を描いた戦争ヒューマン・ドラマ「ハート・ロッカー」(2008年、米、131分、キャスリン・ビグロー監督)。この映画は、テロが続く混迷を極めるバクダッドで、爆弾処理チームの3...
ハート・ロッカー (国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ)
2010年アカデミー賞作品賞受賞作ということで、本当は劇場で見たかったが、今日やっとDVDで見ることができた。 イラク戦争の最前線を舞台に、戦争中毒のすご腕爆発物処理兵士を中心に、爆発物処理班の兵士たちの姿を描く戦争映画。 いかにもハリウッド的なエンターテ...
【映画】ハート・ロッカー…蛇足はダラダラと、で結局フィギュアの話。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日2010年12月4日(土曜日)の過ごし方… 前日の夕方から始まった夜勤が残業で朝までになってしまい、帰宅できたのがAM7:00過ぎ… それから小一時間ほど入浴、でその後はうつらうつらと…で気が付くともう夕方じゃんてな感じで貴重な休日をそんな風に消化いたしました ...
ハート・ロッカー 評価:★★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
『ハート・ロッカー』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ハート・ロッカー 』 (2008)  監  督 :キャスリン・ビグローキャスト :ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、 クリスチャン・カマルゴ、ガイ・ピアース、レイフ...
映画評「ハート・ロッカー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督キャサリン・ビグロー ネタバレあり
ハート・ロッカー (ただの映画好き日記)
2004年夏。イラク・バグダッド郊外。爆発物処理に従事する米陸軍のブラボー中隊に、ジェームズという新たな班長が赴任してくる。
『ハート・ロッカー』 (千の天使がバスケットボールする)
我家の爺さんが、まだ子どもだった頃の思い出話だ。 近所のこどもたちと一緒に不発爆弾についている”紐”をとりに出かけて、後で警察署からこっぴどく怒られたそうだ。当たり前だーーっ! 「だけど、あの紐は、下駄の鼻緒にちょうどいいんだよ。」 3連休で珍しく家にこ...
ハート・ロッカー (RISING STEEL)
ハート・ロッカー / THE HURT LOCKER 2008年 アメリカ映画 監督・製作:キャスリン・ビグロー 製作:マーク・ボール ニコラス・シャルティエ グレッグ・シャピロ 脚本:マーク・ボール ...