京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『起終点駅 ターミナル』

2015-11-26 00:11:26 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「起終点駅 ターミナル
□監督 篠原哲雄
□脚本 長谷川康夫
□原作 桜木紫乃
□キャスト 佐藤浩市、本田 翼、尾野真千子、中村獅童

■鑑賞日 11月14日(土)
■劇場  TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 国選弁護人をしている完治(佐藤浩市)は、世間と係わりを絶ち、釧路で
 ひっそり暮らしていた。 ある時、椎名敦子
(本田 翼)という若い女性の弁護を
 担当するが、それをきっかけに敦子が自宅を
訪ねてくる。 家族に見放され、
 一人で生きて
きた敦子の存在が、完治の閉ざした心を少しずつ開いていく。

 このストーリーの主人公・完治が何故自分を責めつつ、まるで排他的に
 生きる様のその起因となる女性を演じる尾野真千子と佐藤浩市の
 プロローグ部分が かなり印象に残ったので、その後の大半が
 佐藤浩市と本田 翼の演技で綴られていくのだが、やはり尾野真千子の
 短時間の存在感が、あとまで尾を引いて、ほぼ中盤・後半は面白みに欠けていた。
 何故、この映画のヒロインに本田 翼だったのか・・・。

 完治役の佐藤浩市の演技に、『愛を積むひと』の篤史を思い浮かべた方も、
 もしかしたら少なくないだろう。
 脇として良かったのが中村獅童だったかなぁ(笑)

 ま、敦子と出会ったことで、息子との再開を決心するに完治に、
 長年自分でかけていた枷をはずすことができたのは事実だが。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ミッキー&ミニー」/東京デ... | トップ | 『グラスホッパー』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
起終点駅 ターミナル~本田翼は演技もうまい (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。桜木紫乃原作、篠原哲雄監督。佐藤浩市、本田翼、尾野真千子、中村獅童、泉谷しげる。原作者の桜木紫乃は釧路出身で、同じく釧路を舞台にした小説で2年前に直木賞を受 ...
起終点駅 ターミナル ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ホテルローヤル」で直木賞を受賞した、桜木紫乃の短編小説を原作にした人間ドラマ。判事だったころに体験した苦い出来事を引きずる55歳の弁護士が、孤独な25歳の女との出会いを経て再生していくさまを追い掛ける。メガホンを取るのは、『小川の辺』などの篠原哲雄。『壬...
起終点駅 ターミナル (映画的・絵画的・音楽的)
 『起終点駅 ターミナル』を渋谷TOEIで見ました。 (1)佐藤浩市の主演の映画だということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の舞台は北海道で、冒頭は、吹雪の中の駅で呆然と立ちつくす主人公・鷲田完治(佐藤浩市)の姿。  そして、25年前の旭川地方裁判...
「起終点駅 ターミナル」:健さんみたいな佐藤浩市 (大江戸時夫の東京温度)
映画『起終点駅 ターミナル』は、今日びよくこんな地味な企画が通ったなあ・・・って
『起終点駅 ターミナル』をトーホーシネマズ日本橋9で観て、女優がいいとしか思わんわあふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★ぐっと来ない】 もういい年だから、こういう主人公が侘び寂び集めましたみたいな映画で 「はあああああ」とか声出して脱力してもいい筈なんだけど、 主演の ...
起終点駅 ターミナル (映画好きパパの鑑賞日記)
 昭和のテイストプンプンの恋愛映画。今風女子の本田翼を投入して、化学変化を狙ったのでしょうが、男にとって都合の良いストーリーになっており、原作者が女性としり、ちょっと意外でした。北海道の寒そうな風景は良かったです。  作品情報 2015年日本映画 監督:篠...
映画評「起終点駅 ターミナル」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・篠原哲雄 ネタバレあり