京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『大鹿村騒動記』

2011-07-21 00:07:21 | 邦画


□作品オフィシャルサイト 「
大鹿村騒動記
□監督 阪本順治
□脚本 荒井晴彦、阪本順治
□キャスト 原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、佐藤浩市、松たか子、冨浦智嗣、瑛太、
       石橋蓮司、小倉一郎、でんでん、加藤虎ノ介、小野武彦、三國連太郎

■鑑賞日 7月17日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  芳雄ちゃんが逝ったから★が4つではなく、本当に面白い映画だったからだ。
  そのニュースを聞いてショックを受けた後だから、この映画の感想もまとまりのないものになりそうだが・・・。

 大鹿歌舞伎は長野県の大鹿村に庶民の娯楽として約300年以上続いている地芝居(歌舞伎)。
 神社の境内にゴザを敷いて、舞台と客席が一体となる古くからの観劇スタイルを守っている。
 この映画を観る前にこの大鹿歌舞伎のドキュメントを観たばかりだったので、
 その様子が手に取るようにわかった。
 
 そんな大鹿村で「ディア・イーター」という名の鹿肉料理店を営みながら歌舞伎の主役を演じる風祭 善(原田芳雄)のもとに、
 18年前に駆け落ちして家を出た妻の貴子(大楠道代)が駆け落ち相手の治(岸部一徳)と共にグラサンで顔を隠しながら
 村に戻ってくる。 この二人が村に戻って来たことが発端で、村には歌舞伎の稽古以外にまた一騒動が起こるのである。
 村の伝統芸能でもある大鹿歌舞伎の舞台と、静かな村に再び大波を起こした二人の帰郷と、
 それに関わる人間たちの喜怒哀楽を面白可笑しく描かれた作品がこれだ。

 直接共演はなかったが佐藤浩市と三國連太郎親子や、はじめとする曲者役者たちの
 なんとも滑稽で楽しい。 特に善(原田芳雄)と治(岸部一徳)のやり取りは秀逸で、
 あの“間”は彼ら出なければ出せない貴重な味わいだと思う。
 貴子役の大楠道代も脳の疾患で記憶をなくしつつある役柄を、そこまでやるのってぐらい演じていた。
 
 この3人、先にフジテレビの「ボクらの時代」でのトークで、いいチームワークだったんだなと
 いうことは想像でき、一段と映画を楽しんで観ることができた。
 そんな3人に加え、さらに
石橋蓮司、でんでん、小野武彦がそれぞれの特徴を活かし、
 様々な隠し味を加えていく。

 佐藤浩市はバスの運転手役だったが、最近は結構コメディータッチもイケている。
 変り種は、
ディア・イーターでバイトする雷音(らいおん)役の冨浦智嗣、最近ちょくちょく
 見かけるようになった彼だが、果たして彼には変声期がなかったのだろうか(笑)?

 若者離れで過疎化が進む村での、伝統を守ろうとする村人のありのままの姿と、
 そこに関わる人間たちの十人十色の考え方や意見のぶつかり合い、そして様々な傷のある過去の露呈と、
 思い出したくない時間と、取り戻してほしい記憶と。
 折り重なる人間関係の機微を阪本順治監督はベテランの俳優たちを配し、上手く描いてみせていた。


  この映画の挿入歌が忌野清志郎の「太陽の当たる場所」だった。 何かの縁なのかなぁ(笑)

    風の中に 聞こえる 君の声が 聞こえる
     よみがえる 遠いさすらい
       さがし求める 太陽の当たる場所

    そっと空を 見上げる 遠い雲が ちぎれる
     よみがえるよ 君のぬくもり
      立ちどまれば 太陽の当たる場所

    はるかな夢を追いかけた 見知らぬ夜をのり越えて

 
  芳雄ちゃんにとって、「ボクらの時代」が最後のテレビ収録で、
  この『大鹿村騒動記』が最後の映画出演となった。
  芳雄ちゃん、あっちでのんびり美味しい酒でも飲んで、自由に飛び回り、
  あちこち行って好きな電車にでも乗りまくってね~

  
    亡くなった夜、芳雄ちゃん宅には桃井かおり、大楠道代、柄本明、石橋蓮司、佐藤浩市、
  荒戸源次郎監督ら映画仲間約50人が弔問し、芳雄ちゃんのそばで
  「まだここにいるから、笑いながら楽しい話をして送りだそう」と、
  深夜まで別れの杯を酌み交わしたそうな。 良かったね、芳雄ちゃん。
 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『アンダルシア 女神の報復』 | トップ | 恐竜博2011/国立科学博物館 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-07-22 00:38:14
うん、面白かったですよね。
原田さんを始めとして、役者がその芝居で魅せてくれる、今では数少なくなった映画だと思います。若手の彼らもホント勉強になったんだろうなぁ。これだけの人たちって中々集まらないですよ^^;
気のせいかこの作品て原田さんのアップが多い気がするんですよね。彼の色んな表情を心に刻みました。
面白い~ (cyaz)
2011-07-22 08:05:32
KLYさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>原田さんを始めとして、役者がその芝居で魅せてくれる、今では数少なくなった映画だと思います。
もうこのメンツで観られないのが残念でなりません><

>若手の彼らもホント勉強になったんだろうなぁ。これだけの人たちって中々集まらないですよ^^;
そうですね^^
芳雄ちゃん好きな仲間と最後に仕事が出来て、
きっと満足のいく最初で最後の主演作になったことでしょう!

>気のせいかこの作品て原田さんのアップが多い気がするんですよね。彼の色んな表情を心に刻みました。
もともと動きの少ない役回りが多かった芳雄ちゃん、
そこは阪本監督のファンへのサービスだったんですかねぇ(笑)
Unknown (ほし★ママ。)
2011-07-23 20:43:15
大爆笑した後の訃報、とても悲しかったです。
でも、しっかりと主演作の公開を見届けて逝かれたんですよね。
これも「役者魂!」と言えるんでしょうね。
『ぼくらの時代』を見逃したのが、残念です。
本望~ (cyaz)
2011-07-24 11:33:51
ほし★ママ。さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>大爆笑した後の訃報、とても悲しかったです。
そうでしたねぇ><

>でも、しっかりと主演作の公開を見届けて逝かれたんですよね。これも「役者魂!」と言えるんでしょうね。
本望でしょうね、きっと芳雄ちゃんは。

>『ぼくらの時代』を見逃したのが、残念です。
朝早いですからねぇ、あの番組(汗)
惜しい人を亡くしました。 (パピのママ)
2011-07-29 14:34:39
こんにちは、TB・コメありがとうございました。
喜劇なんでしょうね、でも感動作に仕上がってました。
それもこれも主役の原田さんの役者としての度量深さなんでしょうね。
出演しているスターさんが豪華なのに、必ず数か所見せ場を入れていて、しかしながら原田さんの最後の作品だと思うとやり切れない悲しみが込み上げて来て、笑う場面も涙が出てきてしょうがなかった。
挿入されている音楽もよかったし、エンドの清志郎の歌が、映画の物語そのままのように、原田さんの最後を飾っているようで耳に残りました。

自身の企画~ (cyaz)
2011-07-29 17:21:14
パピのママさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>喜劇なんでしょうね、でも感動作に仕上がってました。
たしかに(笑)

>それもこれも主役の原田さんの役者としての度量深さなんでしょうね。
特に今回は自身の企画で主演でしたからね!

>出演しているスターさんが豪華なのに、必ず数か所見せ場を入れていて、しかしながら原田さんの最後の作品だと思うとやり切れない悲しみが込み上げて来て、笑う場面も涙が出てきてしょうがなかった。
あとあと製作過程でかなり病気も進行していたようですね?
「ボクらの時代」では話すことも辛そうでした。

>挿入されている音楽もよかったし、エンドの清志郎の歌が、映画の物語そのままのように、原田さんの最後を飾っているようで耳に残りました。
そうですね^^
特に清志郎の歌は感動を深くしましたね~
最後の覚悟 (sakurai)
2011-08-04 09:47:42
原田さん本人は、これが最後かなの覚悟があったかと思うのですが、それを知ってか知らずか、とにかくすべての人の思いが、ストレートにぶつかってくるように、力が感じられました。
曲者ぞろいなんですが、彼らにしては物足りないくらいのまっすぐなお話。でも、味わい深い。。。
原田さんの思いがしっかと伝わった、いい映画が最後になったのも、何かの力でしょうね~。
想い~ (cyaz)
2011-08-04 12:32:13
sakuraiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>原田さん本人は、これが最後かなの覚悟があったかと思うのですが、それを知ってか知らずか、とにかくすべての人の思いが、ストレートにぶつかってくるように、力が感じられました。
そうでしたね^^
芳雄ちゃんはわかっていたんでしょうね~
そして回りのスタッフや共演者たちも・・・。

>曲者ぞろいなんですが、彼らにしては物足りないくらいのまっすぐなお話。でも、味わい深い。。。
あの曲者たちが本当にクセのある演技したとしたら、
この映画はダメになったでしょうね(笑)
あの控えめ加減でちょうどです^^

>原田さんの思いがしっかと伝わった、いい映画が最後になったのも、何かの力でしょうね~。
“想い”は伝わるものなんでしょうね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
大鹿村騒動記 (LOVE Cinemas 調布)
俳優・原田芳雄の遺作。公開初日に舞台挨拶に出席したもののそれから僅か3日後に帰らぬ人となってしまった。長野県の大鹿村に300年以上伝わる「大鹿歌舞伎」。その後援を日後に控えたあるひ、駆け落ちした妻が帰ってきた…。共演に大楠道代、岸部一徳、松たか子、佐...
原田さん追悼 *大鹿村騒動記* (Cartouche)
  雄大な南アルプスの麓にある長野県大鹿村でシカ料理店を営む初老の男・風祭善(原田芳雄)は、300年以上の歴史を持つ村歌舞伎の花形役者。ひとたび舞台に立てば、見物の声援を一身にあびる存在である。だが実生活では女房に逃げられ、あわれ独り身をかこってい...
2011年7月8日 『大鹿村騒動記』 サイエンスホール (気ままな映画生活)
今日は、『大鹿村騒動記』 を試写会で鑑賞です。 豪華俳優が多数出演しているが・・・如何なものか 【ストーリー】  南アルプスのふもとにある長野県大鹿村でシカ料理店を営む風祭善(原田芳雄)は、300年以上の歴史を持つ村歌舞伎の花形役者。公演を間近に控えたある...
大鹿村騒動記 (佐藤秀の徒然幻視録)
名優原田芳雄の遺作になってしまった 公式サイト。阪本順治監督、原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、松たか子、佐藤浩市、冨浦智嗣、瑛太、石橋蓮司、小倉一郎、でんでん、加藤虎ノ ...
大鹿村騒動記 (食はすべての源なり。)
大鹿村騒動記 ★★★☆☆(★3つ) 忘れられないけど 思い出したくもない女が帰ってきた。 長野県の大鹿村で、300年の歴史がある「大鹿歌舞伎」の上映を数日後に控えたある日、18年前に親友と駆け落ちした女房が帰ってきた!ボケてカケオチしたことも忘れて!! ...
試写会「大鹿村騒動記」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/6/15、文京シビックホール、小ホール。 ほぼ満員。 段差がきついため前席が気になるようなことはないが、 格納可能な階段席になっているので、やや揺れる。 ぱっと見そういう構造に見えないため、ちょっと怖い。 ** 原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、三國....
映画 「大鹿村騒動記」 (ようこそMr.G)
映画 「大鹿村騒動記」
大鹿村騒動記 (あーうぃ だにぇっと)
6月30日(木)@新宿明治安田生命ホール。 うちの妻が18時少し前に会場に到着したら、なんと一番乗りだったそうだ。 ⇒マニアの集合なし(笑) 会場内は開映時間になってもかなりガ~ラガラ。 6割くらいしかはいっていなかった。 どうしたんだろ?他の会場も同...
大鹿村騒動記 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
村から駆け落ちした二人が初老になって村に戻り村で落ち着くまでが描かれている。村歌舞伎の主人公景清(原田芳雄)は頼朝を討つことが不可能だとわかると両目をつぶすけど、痴呆になって戻ってきた貴子(大楠道代)たちの行く末をしっかりと見届ける。歌舞伎のあらすじと...
「大鹿村騒動記」 (prisoner's BLOG)
周知のように7月19日に71歳で亡くなった原田芳雄の最後の出演作になったわけだが、歌舞伎の型を決める姿といい顔の色艶といい声の張りといい、とてもこんなに急に逝くとは思えず。 初めのうちこそ一種の感慨を持って見ていたが、すぐ映画に没入してあまり意識しなくなる。...
大鹿村騒動記/原田芳雄、大楠道代、岸部一徳 (カノンな日々)
阪本順治監督と原田芳雄さんがタッグを組みさらに阪本組と言われる常連俳優たちが集っての長野県の山村に300年以上も伝わる「大鹿歌舞伎」をモチーフに描かれる群像喜劇です。予告 ...
【映画評】<!-- おおしかむらそうどうき -->大鹿村騒動記 (未完の映画評)
江戸時代から続く村歌舞伎を守る山村を舞台にして軽妙に描かれる原田芳雄主演の人間喜劇。
大鹿村騒動記☆独り言 (黒猫のうたた寝)
2011年7月19日お昼過ぎ・・・原田芳雄さんの訃報Twitterのつぶやきでびっくりした。信じられないニュースに、嘘じゃないかとネット検索でも、それは本当に起こったことだった。ワイドショーで観た試写会での姿に、不安を感じたのは否めない。でも、本当になって欲しくなか...
映画「大鹿村騒動記」、今は亡き原田芳雄、最後の力作! (ひろの映画日誌)
やはり、テレビで放映された原田芳雄のやつれた姿での舞台挨拶が印象的だった。 おかげで映画は、大盛況。 長野県下伊那郡大鹿村の今も続く伝統村歌舞伎。 この伝統芸術を主題に据えて、 男と女の恋愛模様を織りなし、見事な喜劇を仕上げた。 主演の原田芳雄がやった...
大鹿村騒動記 (とりあえず、コメントです)
長野県大鹿村を舞台に“大鹿歌舞伎”を絡めて描かれた人間ドラマです。 友達に誘われたので、全く予備知識無くチャレンジしてみました。 素朴な歌舞伎と芸達者な役者たちの演技が繰り広げるドラマに、心地よく笑わされるような作品でした。
大鹿村騒動記 (食はすべての源なり。)
大鹿村騒動記 ★★★☆☆(★3つ) 忘れられないけど 思い出したくもない女が帰ってきた。 長野県の大鹿村で、300年の歴史がある「大鹿歌舞伎」の上映を数日後に控えたある日、18年前に親友と駆け落ちした女房が帰ってきた!ボケてカケオチしたことも忘れて!! ...
映画『大鹿村騒動記』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
この作品は、地元のシネコンには掛っていなくて、足を延ばしました。 『ハリーポッター』と『ポケモン』が、封切られたんですね
『大鹿村騒動記』 (キュートなバアサンになるために)
公式ページ  企画、主役の原田芳雄さんの葬儀が執り行われていた頃、私は映画館で彼の遺作『大鹿村騒動記』を満員の会場で観ていました。  ちょっと前に映画館の予告編でこの映画を観て 観に行こうかな、と思っていました。  でも、その時は誰が出演しているのか...
大鹿村騒動記 (シネマDVD・映画情報館)
大鹿村騒動記 監督:阪本順治 出演:原田芳雄/大楠道代/岸部一徳/松たか子/佐藤浩市/冨浦智嗣/瑛太/石橋蓮司/小野武彦/小倉一郎/でんでん/加藤虎ノ介/三國連太郎 内容:江戸から数えて300余年。南アルプスの懐に抱かれた大鹿村では、途絶えることなく「村...
「大鹿村騒動記」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・日本/配給:東映監督・企画:阪本順治脚本:荒井晴彦、阪本順治原案:延江浩 7月19日に亡くなった、原田芳雄の文字通り遺作。阪本順治監督のデビュー作「どついたるねん」(1989)以来、多くの
阪本順治監督 「大鹿村騒動記」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
主演の原田芳雄さん、映画公開から三日目の突然の訃報に驚きました。 とても残念です。 遺作となってしまった「大鹿村騒動記」 今日(7月24日)やっと観てきました。 http://ohshika-movie.com/index.html 【あらすじ】 江戸から数えて300余年。南アルプスの懐...
「大鹿村騒動記」 (俺の明日はどっちだ)
江戸から数えて300余年。南アルプスの懐に抱かれた大鹿村では、途絶えることなく「村歌舞伎」の伝統が続いてきた。そこで主役を張ってきたのが、初老の食堂店主・風祭善(原田芳雄)だ。サングラスにテンガロンハットの無骨な男だが、いざ舞台に立てば観客の視線を一身に...
大鹿村騒動記 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
美しき日本の山村で“芸能の原点”を守ってきた人々の姿を描く群像劇。監督は「行きずりの街」の阪本順治。出演は「ロストクライム 閃光」の原田芳雄、「人間失格」の大楠道代、 ...
千両役者の花道~『大鹿村騒動記』 (真紅のthinkingdays)
 南アルプスの麓の小さな村。鹿料理の店「ディア・イーター」を営む善(原田 芳雄)は、村に300年続く「大鹿歌舞伎」の花形役者。舞台本番を5日後に控 えたある日、18年前に村を去った親友・治(岸部一徳...
人生すべからく喜劇。阪本順治監督『大鹿村騒動記』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。「人生すべからく喜劇」とはこれが遺作となった原田芳雄さんの言葉。阪本順治監督『大鹿村騒動記』は90分間というタイトな時間に「楽しい映画的至福なる瞬間」が溢れた見事な喜劇。
■『大鹿村騒動記』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:日本映画、阪本順治監督、原田芳雄、 大楠道代、岸部一徳、佐藤浩市、松たか子出演。
大鹿村騒動記 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.ohshika-movie.com/ 19日に亡くなった原田芳雄さんが発案し主演俳優を務めた、言ってみれば原田さんの遺作のような作品。 南アルプスのふもとにある長野県大鹿村でシカ料理店を営む風祭善(原田芳雄)は、300年以上の歴史を持つ村歌舞伎....
原田芳雄追悼(『大鹿村騒動記』公開中に…) (ラムの大通り)
「今夜はしっとりといくからね…」 -----そうか、原田芳雄が亡くなっちゃったんだよね。 「うん。実は『大鹿村騒動記』を観に行った時、 ある人から『これは、原田芳雄の最後の作品』と聞かされて、 えっ?と問い返したことが…。 その人の話によると、癌が再発したのだと...
「大鹿村騒動記」 さらば、アウトロー (ノラネコの呑んで観るシネマ)
2011年7月19日。 映画史に大きな足跡を残して、名優・原田芳雄が逝った。 原田芳雄という名前を知ったのは、何時だっただろう。 物心ついた頃には既に人気スターだったが、その存在感を強烈に意識したの...
大鹿村騒動記 (迷宮映画館)
追悼!!それしかないです。
大鹿村騒動記 (la Casa del Lapiz:鉛筆庵)
                2011年/日本/93分 監督:阪本順治 出演:原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、松たか子、佐藤浩市、冨浦智嗣、瑛太、石橋蓮司、小野武彦、小倉一郎、でんでん、加藤虎ノ介、三國連太郎 主題歌:忌野清志郎 ストーリー:長野県下伊那郡大鹿村―...
大鹿村騒動記 (映画的・絵画的・音楽的)
 『大鹿村騒動記』を丸の内TOEIで見てきました。 (1)映画『奇跡』についての記事に書きましたように、期待を込めて待っていた『大鹿村騒動記』が16日に公開されるとわかり、でもまあそうすぐに行かなくともとグズグズしていたところ、19日に主演の原田芳雄の訃報。それ....
大鹿村騒動記 (信州諏訪発 気まぐれおやじの日記)
まず最初に、原田芳雄さんのご冥福をお祈りします。長野県の小さい村に300年伝わる歌舞伎を通しての人情喜劇、この映画本当に素晴らしい俳優さん方が熱演されていて、笑いあり、少し泣かせるとこあり、本当に心温まる作品だと思います。リニアの話あり地デジの話ありと...
大鹿村騒動記 (がらくた新館)
長野県南部、下伊那郡大鹿村を舞台にした映画です。観終わった後、改めて調べるまで架
「大鹿村騒動記」、原田芳雄さんの遺作 (カサキケイの映画大好き!)
先日亡くなった原田芳雄さんの最後の作品 今思えば映画の中での動き 幼い頃から知っている原田さんの動きでなかった、 ぎごちない気がした、 それは彼の老齢になれば誰もがそうなるのだろう、 などと自分を納得させながら観ていた。 原田さんきっと体中、満身創痍だ...
大鹿村騒動記☆忘れられないけど、思い出したくもない女が帰って来た。 (☆お気楽♪電影生活☆)
  涙も忘れて心が躍る、   小さな村のハレ舞台。
「大鹿村騒動記」 (元・副会長のCinema Days)
 地域伝統芸能の存在意義について考えたくなる一編だ。長野県の小さな山村・大鹿村。この村には300年以上続いてきた伝統の行事・大鹿歌舞伎がある。ここで鹿肉の料理店を営む風祭善は長年その歌舞伎の主役を演じてきたが、18年前に妻が仕事仲間の治と“駆け落ち”...
大鹿村騒動記 (悠雅的生活)
300年の伝統。台風一過。イカの塩辛。
大鹿村騒動記 (だらだら無気力ブログ!)
出演陣が何気に豪華。
大鹿村騒動記 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
大鹿村騒動記'11:日本◆監督:阪本順治「座頭市 THE LAST」◆出演:原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、佐藤浩市、松たか子◆STORY◆長野県下伊那郡大鹿村―四方を山に囲まれたこ ...
「大鹿村騒動記」/東京目線? (マダム・クニコの映画解体新書)
 娯楽映画としての評判は上々のようだが、大鹿村のファンの1人として、いくつか不満な点がある。 大鹿村騒動記 - goo 映画  この村は私のお気に入りのスポット。長年かけて秋葉街道を走破する過程で、15年前から6、7回訪ねている。村の隅々まで車で走ったが、「日本....
大鹿村騒動記 (いやいやえん)
原田芳雄さんの遺作となった群像劇です。近くのゲオにはなかったものだからようやく見れました。 長野県大鹿村、ここでは300年余の間、町の伝統芸能として歌舞伎が伝承されてきた。その主役をはるのが、主人公の風祭善。公演間近に駆け落ちしていた妻が十数年ぶり...
映画評「大鹿村騒動記」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年日本映画 監督・阪本順治 ネタバレあり
大鹿村騒動記 (映画と本の『たんぽぽ館』)
記憶に刻み込まれた村歌舞伎 * * * * * * * * * * 「団地」がとても面白かったので、同監督作品の本作も見てみました。 これも本当は劇場で見たかったので......