京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

「三匹のおっさん」/有川 浩

2010-09-08 00:16:00 | Book

『三匹のおっさん』/有川 浩(文藝春秋刊)

 

 

 
 有川 浩さんの小説は先日初めて「阪急電車」を読んだ。
 短い路線の往復の間で、様々な人間関係が交錯する面白い小説だった
 でも、最初に読みたかったのはこの「
三匹のおっさん」の方。
 実は図書館で予約しておいてがなかなか順番が回って来なかった。

 文字通り幼馴染みの三人のおっさんたちが繰り広げるドラマに、その家族や友人を交えて
 面白おかしく描かれている物語。

 その三匹ならぬ三人のおっさんとは、
 清田清一(キヨ)・・・定年を迎え、嘱託として地元のアミューズメントパークに再就職。 特技は剣道。
 何故か孫・祐希のバイト先もかぶっている。
 立花重雄(シゲ)・・・居酒屋「酔いどれ鯨」を元主人。 特技は柔道。
 有村則夫(ノリ)・・・工場経営者で、機械にめっぽう強い。 特技はスタンガン(笑)
 この三人が腐れ縁である事件をキッカケに私設自警団を立ち上げ町内をパトロールすることに。
 痴漢やカツアゲ、動物虐待、詐欺(結婚、健康食品、芸能プロ)等、町内で発生する事件に立ち向かう。

 毎晩「鯨」に集まり、様々な事件に関して飲みながら対策を打ち、そこにキヨの孫・祐希や
 ノリの娘・早苗も加わり、 実に下町風皆人情味溢れる展開が描かれている。
 またそれぞれの事件の対処や解決法もユニーク。
 下手したら、つまらない刑事ドラマを見ているよりもスリリングで面白い。
 それだけではなく、近い将来自分たちも同じ問題を抱えることになるだろうと、
 商店街や市役所を動かし、老人の憩いの場を作る。
 長く生きた人はそれだけで様々な知識や能力を備えている。
 “三人寄れば文殊の知恵”ではないが、この三匹のおっさんたちの役回りは
 古くて申し訳ないが、TVドラマの「三匹の侍」を彷彿とさせる。
 また高校生の祐希や早苗を含め、それぞれに互いの良さを少しずつ理解し、現代社会の核家族化では
 決して生み出せない年齢の溝を埋める柔軟さがここにはある。
 そしてそこに祐希と早苗の恋愛模様もかぶせ、ちょっと「阪急電車」テイストも織り込んでいるのは
 やっぱ作者のセンスかな(笑)

 

『小説』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コブクロ/ 「ALL COV... | トップ | 『BECK』 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リバー)
2010-09-08 23:35:12
TB ありがとうございます。

おっさんの活躍 面白いですよね
どう解決していくのかという

「阪急電車」もかなり好きでしたが
「フリーター、家を買う」もオススメですよ
オススメ~ (cyaz)
2010-09-09 08:32:36
リバーさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>おっさんの活躍 面白いですよね どう解決していくのかという
そうでしたね^^
やはり“年の功”ですかね(笑)?!

>「阪急電車」もかなり好きでしたが「フリーター、家を買う」もオススメですよ
おぉ、オススメの紹介、ありがとうございます^^
今度読んでみます!
痛快! (日月)
2010-09-14 16:42:55
実に痛快な物語でした。年寄りの知恵袋
は近年すたれてゆく一方ですが、やはり年を重ねた経験値というのはいいもんだよな、と思わせてくれますね。

「フリーター、家を買う」は今度ドラマ化もされますね。「三匹のおっさん」もドラマ化の話が来たらいいのになとひそかに思っています。
キャスティング~ (cyaz)
2010-09-14 17:27:53
日月さん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>年寄りの知恵袋は近年すたれてゆく一方ですが、やはり年を重ねた経験値というのはいいもんだよな、と思わせてくれますね。
ホント、そうですね!
それに特技を活かすということも^^

>「フリーター、家を買う」は今度ドラマ化もされますね。「三匹のおっさん」もドラマ化の話が来たらいいのになとひそかに思っています。
そうですね^^
なんだかキャスティングを考えるだけでワクワクしますよね~
「フリーター、家を買う」は未読なので今度読んでみようと思っています^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
三匹のおっさん (ろーれるの本(読書)ブログ)
三匹のおっさん/有川 浩 ¥1,600 Amazon.co.jp 帯より『“アラ還”活劇小説 三匹がご町内の悪を斬る 還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか ――かつての悪ガキの三人が自...
(書評)三匹のおっさん (新・たこの感想文)
著者:有川浩 三匹のおっさん(2009/03/13)有川 浩商品詳細を見る 父から受け継いだ剣道道場には生徒がいなくなり、会社も定年退職。しかも、...
三匹のおっさん/有川 浩 (日々の記録)
有川浩さんの新作、「三匹のおっさん」を読み終えました。 還暦を迎えた元3匹の悪ガキが、ご町内の平和を守る三匹のおっさんとして活躍す...
『三匹のおっさん』 有川浩 (milk pan,milk crown )
三人のおっさんが活躍する愉快な本です^^おもしろかった!動物虐待のやりきれない話と睡眠商法の手口がリアルに描かれる話が印象に残りました。シゲさんの奥さまの出会いとその顛末は胸が痛くなりましたけれど優しい解決方法でしたね。オトメ心をもてあそぶなんて最低。...
「三匹のおっさん」有川浩 (心に残る本)
有川浩の「三匹のおっさん」、読みました。 60歳で定年退職したキヨさん、こと清田清一は、近所のゲーセンに再就職。剣道の師範もしていた...
地域限定・正義の味方~『三匹のおっさん』 (真紅のthinkingdays)
 幼馴染で、「アラ還」という年齢に差し掛かった今でも交流のあるおっさん三人 組が、秘密の自警団を結成する。キヨ、シゲ、ノリ。精神的...
「三匹のおっさん」 有川浩 (日々の書付)
「図書館戦争」などベタ甘文学のスペシャリスト、有川浩先生による異色のシニア活劇小説「三匹のおっさん」 これは面白い!!今まで読んだ有川作品でもかなり上位に入る! 剣道の達人キヨ、柔道家で居酒屋亭主のシゲ、機械にめっぽう強いノリは子供のころから「三匹の...
「三匹のおっさん」有川浩 (ナナメモ)
三匹のおっさん 有川 浩 JUGEMテーマ:読書 剣道の達人、キヨさん。 柔道の達人、シゲさん。 頭脳派、ノリさん。昔は「三匹の悪がき」と呼ばれた還暦を過ぎた3人のおっさんたちが町の平和を守る。 有川さんの本はやっぱり面白い!図書館の返却期限当日に読んだ...
『三匹のおっさん』著:有川浩 (ジャスタウェイの日記☆)
『三匹のおっさん』著:有川浩 / 文藝春秋 (2009.3.15) 三匹のおっさん有川 浩 文藝春秋 2009-03-13売り上げランキング : 7759おすすめ平均 Amazonで詳...
『三匹のおっさん』/有川浩 ◎ (蒼のほとりで書に溺れ。)
なんか久し振りに、有川浩さんの新作品を読む気がするんですよね~。去年は8月から12月にかけて、毎月「DVD図書館戦争付録」があって、毎月ぎゃーひー萌えのたうってたので、なんか有川さん不足だった最近の水無月・R。もはや中毒(笑)。 本作『三匹のおっさん』も、ベ...
おっさんの活躍 (笑う学生の生活)
小説「三匹のおっさん」を読みました。 著書は 有川 浩 3人のおっさんの自警団、世直し物語 6つの話から構成されています 安定した面白さがあって ストーリーもそれぞれ違い楽しめました 3人のおっさんのキャラも良くて
有川浩 『三匹のおっさん』 (映画な日々。読書な日々。)
三匹のおっさん/有川 浩 ¥1,600 Amazon.co.jp 「三匹のおっさん」とは…定年退職後、近所のゲーセンに再就職した剣道の達人キヨ。柔道家で居酒屋「酔いどれ鯨」の元亭主シゲ。機械をいじらせたら無敵の頭脳派、工場経営者ノリ。孫と娘の高校生コンビも手伝っ...
「三匹のおっさん」感想 (ポコアポコヤ)
還暦を迎える三人、清一、重雄、則夫。剣道、柔道、頭脳・武器で抜きんでいる仲良しおじいさん達が世直しするお話。 元気で強いおっさん達の活躍は読んでいて楽しいしスカッとして好きでした。
「三匹のおっさん」有川浩 (本のある生活)
三匹のおっさんクチコミを見る 息子から「オレも読みたいから早く読んで」とせっつかれながら読みました。有川さんのラブロマ好きとしては「おっさん」か・・と思ったんですが、やっぱり有川さん、期待通りいえ期待以上のおもしろさでした。三匹のおっさんたちのキャラ...
「三匹のおっさん」 有川 浩 (コンパス・ローズ  compass rose)
今回はラブコメ萌えモードは封印かなと予想して読み始めた。三匹の子豚とか三匹の侍とか三匹ものはいろいろあれど、還暦を迎えてなお意気軒昂、年寄り扱いなんざごめんこうむるという活きのいい、武闘派ふたりに頭脳派ひとりのおっさん三匹が、“地域限定正義の味方”とな...
「三匹のおっさん」有川浩 (しんちゃんの買い物帳)
三匹のおっさん(2009/03/13)有川 浩商品詳細を見る 六十歳を「おじいちゃん」の範疇に入れられるのはまだまだ違和感があった。六十歳はまだおっ...
『三匹のおっさん』有川浩 (ひなたでゆるり)
三匹のおっさん 有川浩/文藝春秋 「三匹のおっさん」とは…定年退職後、近所のゲーセンに再就職した剣道の達人キヨ。柔道家で居酒屋「酔いどれ鯨」の元亭主シゲ。機械をいじらせたら無敵の頭脳派、工場経営者ノリ。孫と娘の高校生コンビも手伝って、詐欺に痴漢に動物虐...
有川浩『三匹のおっさん』 (日々のつぶやき)
いいです!! こういうの好きだなー♪ 「還暦を迎え定年退職をした清一は幼馴染の重雄と則夫の二人と一緒に、ジジイではなくまだおっさんと言われる為にも町内の安全を守ることにする。 キヨ、シゲ、ノリの三匹の悪ガキのなれの果て、愛すべき三匹のおっさんの物語ー
本「三匹のおっさん」 (<花>の本と映画の感想)
三匹のおっさん 有川浩 文藝春秋 2009年3月   三匹のおっさん/有川 浩 ¥1,600 Amazon.co.jp
『三匹のおっさん』 有川 浩 〔著〕 (たいむのひとりごと)
『ラブコメ今昔』から9か月。有川先生の新作『3匹のおっさん』が3/14に発売された。今回は有川作品の十八番である「ベタ甘」は控えめ。それというのも、主人公の3匹は”還暦”を迎えた”おっさん”たちだから
三匹のおっさん【本】 (つれづれ帳)
有川 浩(著)
本 「三匹のおっさん」 (はらやんの映画徒然草)
有川浩さんの作品は好きですが、こちらは読んでいませんでした。 有川さんと言えば、
有川浩 「三匹のおっさん」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
http://bunshun.jp/pick-up/3ossan/ 【あらすじ】 還暦ぐらいでジジイの箱に蹴りこまれてたまるか! 定年退職後、近所のゲーセンに再就職した、腕に覚えありの剣道の達人キヨ、こと清田清一。 同じく武闘派の柔道家で、居酒屋「酔いどれ鯨」の元亭主シゲ、こと立花重雄。...
三匹のおっさん (どくしょ。るーむ。)
著者:有川 浩 出版社:文芸春秋 感想: 有川浩さんの新作。『三匹のおっさん』はアラ還世代の男性が主人公となり世直しをするというコミカルな連作短編集。 タイトルからうかがえ ...
三匹のおっさん ふたたび*有川浩 (+++ こんな一冊 +++)
三匹のおっさん ふたたび(2012/03/28)有川 浩商品詳細を見る 剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械をいじらせたら右に出る者なしのノリ。「還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか!」と、ご近...
「三匹のおっさん」有川浩 (りゅうちゃん別館)
3人の還暦親父たちが活躍する地域限定「正義の味方」。 痛快時代劇ノリの短編連作集。    【送料無料】三匹のおっさん [ 有川浩 ]価格:730円(税込、送料別) 還暦を迎えた剣道師範のキヨ。 「じいさん」と呼ばれることを否定し、仲間と世直しの活動を始める。 柔道...
『三匹のおっさん』有川浩 (キュートなバアサンになるために)
 随分前から本屋さんに行くと必ず手に取り、ま、次回買おう、と思い続けていた本です。 やっぱり読んでみたい、と思ってやっと買ってきました。  定年退職した剣道の達人キヨは幼馴染で柔道の達人居酒屋のシゲ、町工場の経営者でメカに強いノリを誘い ご近所を守る正...
三匹のおっさん (風竜胆の書評)
 人生50年の信長の頃ならともかく、今は人生80年の時代だ。多くの会社で停年として設定している60歳ではまだまだ元気な人が多い。無年金期間に対応するため、法律上は ...