京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『BECK』

2010-09-09 00:09:09 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「BECK
□監督 堤幸彦
□脚本 大石哲也
□原作 ハロルド作石
□キャスト 水嶋ヒロ、佐藤 健、桐谷健太、中村 蒼、忽那汐里、向井 理

■鑑賞日 9月5日(日)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>


  帰国子女が二人(水嶋ヒロ&忽那汐里)も居たから、この映画って随所に英語が混ざるけどイケたんだろうなぁ~

 しかも水嶋ヒロに向井 理、佐藤 健とくりゃ、とびきりのイケメンバンド
 (別に、桐谷健太をイケメンから外しているわけではないけれど)と言ってもいいだろうし
 客席には、それを目当ての若い女子や少し前の女子も多かった(笑)

 この映画を観て、かつて若かりし頃バンドをやっていた人たちは昔のことを思い出し、またおやじバンドを組んだりする年代(団塊)も多いけど、
 (少し前に観た『
ソラニン』や『色即ぜねれいしょん』も同様だったけど)
 そんな昔、頑なにバンド(音楽)に腰までドップリ生活をしていた頃の自分自身もあったから、
 尚更、この映画に深く入り込める要素は予告の段階から揃っていたわけだし(但し、当時イケメンは僕だけだったが。。。但し、自己申告)。

 前半から中盤にかけての展開はテンポもありとても面白かったけど、中盤以降少しダラけた感もあったが、
 夢に向かって試行錯誤するメンバーはこれだけのメンバーを要して上手くカバーされていた。
 それに何よりも、バンドメンバーたちが、みんなかなり本気で楽器の練習をしたようで、
 その吹替え無しの自力の演技が実際の映画のストーリーと重なり、映画上でBECKという名のバンドが、
 そんそん上手くなっていく過程が自然な成り行きで見て取れたのは自然な成り行きだったこどだろう。
 そして、そこでみんなのチームワークも当然の如く培われたに違いない。

 メンバーたちもそれぞれ凄いが、なかでも竜介(水嶋ヒロ)の妹・真帆役を演じる忽那汐里がなかなかポイントとなっていて良かった。
 コユキ(佐藤 健)のまさに生活指導役(笑)的立ち位置と、KYで五月蝿い千葉(桐谷健太)のおもり係。
 そうか、ヤツの二つの鼻の穴に指をツッコむのは五月蝿い奴の口封じ策なのか(笑)
 サク(中村 蒼)の登場も不思議な感じだったが、なかなか中村 蒼は自然な演技で上手かったなぁ。
 ま、カンニング竹山もギターおたくっぽくって、海パン姿はいただけなかったけど(笑)
 そして、佐藤和緒(松下由樹)の夢半ばで亡くなった姉役(写真だけだったが)にもたいまさこさんってあまりに似てないんだけど(笑)
 で、チョイながら竹中直人や有吉弘行、品川 祐、蝶野正洋あたりも薬味がわりで。

 竜介とセッションしていたあのジョン・リー・デイヴィス役のフロイド・リーってカッコ良かったなぁ~
 もしかして・・・本物

 それにしても最近はオープニングやエンディングに海外アーティストの楽曲を使うことが多くなったが、
 この映画、バンドの映画ゆえに、贅沢にも
 オープニングにレッド・ホット・チリ・ペッパーズの「Around The World」、
 エンディングにオアシスの「Don't Look Back Anger」。 これは良かったなぁ~


  ・・・でも、コユキのヴォーカルって、今更ながらどんな声だったんだろうか。。。


  
 

撮影でも使われたタワレコ川崎店のショーウィンドウに
劇中で彼らが着ていたTシャツがディスプレイされていました



 ちょうどこの映画を観た5日のフジテレビの「ボクらの時代」で桐谷健太&向井 理&佐藤隆太(BECKには出ていない)が、
 対談していました。 3人一緒の共演はなかったようですが、二人ずつは共演しているそうな(笑)
 桐谷健太&向井 理は本格的にこの映画でバンドの練習をしたらしく、対談をとおして共演者の仲の良さが垣間見れました


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (55)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「三匹のおっさん」/有川 浩 | トップ | 『兄貴の恋人』/DVD »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (sakurai)
2010-09-09 14:49:08
全員、吹き替えなしだったんですか?
皆さん、超ご多忙の売れっ子俳優さんたちで、よくまあそんな時間がありますよね。
どんだけ才能あるんだ!と思います。
あのヴォーカルは、いただけませんでした。
声のない演奏に、せっかくのカタルシスがさめてしまいました。
残念な終わり方だったと思います。
声を~ (cyaz)
2010-09-09 17:18:21
sakuraiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>全員、吹き替えなしだったんですか? 皆さん、超ご多忙の売れっ子俳優さんたちで、よくまあそんな時間がありますよね。
どんだけ才能あるんだ!と思います。
そうみたいですよ~
ただ時々違うんじゃないかなぁ~と思うパートはありましたけど(汗)

>あのヴォーカルは、いただけませんでした。
声のない演奏に、せっかくのカタルシスがさめてしまいました。残念な終わり方だったと思います。
確かに(笑)
声を出して表現して欲しかったような気がします!
ゴーストでもいいので^^
イケメン (NAO)
2010-09-09 19:54:20
こんばんは~cyazさん♪
私は、もちイケメン目当てで見に行きました。
(向井君が好きなもんで

メンバーのみなさん、楽器相当練習されたみたいですね。
吹き替えのとこもありましたが、だいたいは実際に演奏してたから
その頑張りに拍手送りたいですね。
(みんな超多忙なのに!)
で、私も、声の問題は・・・ですね。--;
ラストぐらい声出してほしかったな~。
ほんと、吹き替えでもいいので・・・・。
のだめのようなオーケストラだったブラボーですが・・・ (PGM21)
2010-09-09 23:31:07
何時もお世話になっております。

ここまで今季最低作品を観ないという目標を継続しましたがついにこの作品が今季最低作品決定という感じなほど酷い結末でした。
のだめのようなボーカルを必要としないオーケストラならブラボーですが、ボーカルなしでどうやって観客呼ぶの?と言わんばかりの内容に音楽を愛する人たちへの冒涜そのものでした。
演奏を吹き替えなしでやったなら尚更ボーカルも付けなければ吹き替えなしで頑張った4人が可哀そうでなりません。
実現できないなら最初から映画化するなと言いたくなるほどの作品でした。
聴き入る声~ (cyaz)
2010-09-10 08:33:42
NAOさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>もちイケメン目当てで見に行きました。(向井君が好きなもんで)
やっぱしね(笑)
パツキン向井クン、どうでした(笑)?

>メンバーのみなさん、楽器相当練習されたみたいですね。吹き替えのとこもありましたが、だいたいは実際に演奏してたからその頑張りに拍手送りたいですね。(みんな超多忙なのに!)
そうですね^^
でも一応お仕事だし、みんな若いから(笑)

>で、私も、声の問題は・・・ですね。--;
ラストぐらい声出してほしかったな~。ほんと、吹き替えでもいいので・・・・。
そうですよね~
みんなが一斉に聴き入るヴォーカルってどんなんだろう(笑)?!
あのヴォーカル~ (cyaz)
2010-09-10 08:35:48
PGM21さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>ここまで今季最低作品を観ないという目標を継続しましたがついにこの作品が今季最低作品決定という感じなほど酷い結末でした。
あらら、そうでしたか。

>のだめのようなボーカルを必要としないオーケストラならブラボーですが、ボーカルなしでどうやって観客呼ぶの?と言わんばかりの内容に音楽を愛する人たちへの冒涜そのものでした。
観ているほうにははっきりそこが大事ですからねぇ(笑)

>演奏を吹き替えなしでやったなら尚更ボーカルも付けなければ吹き替えなしで頑張った4人が可哀そうでなりません。 実現できないなら最初から映画化するなと言いたくなるほどの作品でした。
あそこのヴォーカルはせめて吹替えでもいいから納得いく答えが欲しいところでした!
Unknown (q)
2010-09-10 10:55:59
原作、読んどいた方が楽しめたのかな~と今頃になって思ってる私
だって「原作ファンの為の原作ファンへの作品」じゃない?!!内輪ウケっぽいし
どっちにしても
たけるクン萌えぇ~
ヒロくーん ぎゃぁぁぁ
おねーさんは 向井クンよっ
な人達にはどーでも良いか・・・

レッチリ 「Around The World」
オアシス 「Don't Look Back Anger」
良かったよね~~
メンバー達の楽器演奏も良かったし
妹・真帆役の忽那汐里サン
私、彼女のコト大好きでさ~
観ててウキウキだったわ
ギターおたく~~な 海パン の カンニング竹山ちゃん。俳優したほうがこの先イケそうだよ
桐谷健太氏の迫力のラップはソウルフル
ジョン・リー・デイヴィスもソウルフル

バンド腰までドップリ生活だったの~?!
それだったらコレ、別の意味で「はふぅーん あのころは」とか思ったんじゃない?!?!

最高のボーカリストを「魅せる」んなら 歌った方が伝説とかも出来たり「ちくしょー良いじゃないか!ヤローどもっ!!!」って感動もあったろうに
これ、残念だったな

私さぁ。コレ突っ込み満載の面白さがあったんだよね・・・
蛇足 質は別にしても、この5人のメンツなら客は確実に入るよね
マジで~ (cyaz)
2010-09-10 14:03:31
qさん、コメントありがとうございますm(__)m

>「原作ファンの為の原作ファンへの作品」じゃない?!!内輪ウケっぽいし
そうかもしれないですね(笑)

>たけるクン萌えぇ~ヒロくーん ぎゃぁぁぁ
おねーさんは 向井クンよっな人達にはどーでも良いか・・・
向井クン狙いのオネーサン(昔の娘も含む)も多かったですしね^^

>レッチリ 「Around The World」 オアシス 「Don't Look Back Anger」
モチ^^

>妹・真帆役の忽那汐里サン私、彼女のコト大好きでさ~観ててウキウキだったわ
この子、なかなか注目株でんな(笑)

>バンド腰までドップリ生活だったの~?!
それだったらコレ、別の意味で「はふぅーん あのころは」とか思ったんじゃない?!?!
そこの方が感銘した部分
自分の若いころをしっかりかぶらせて(笑)

>最高のボーカリストを「魅せる」んなら 歌った方が伝説とかも出来たり「ちくしょー良いじゃないか!ヤローどもっ!!!」って感動もあったろうに これ、残念だったな
そうですね!
もう少しその描き方に注力してほしかったのは、
観た人が感じるところです。

>私さぁ。コレ突っ込み満載の面白さがあったんだよね・・・
確かに(笑)
僕も途中であちこち一人ツッコミしてました(笑)

>蛇足 質は別にしても、この5人のメンツなら客は確実に入るよね
マジで入るでしょうな(笑)
こんばんは!! (くろねこ)
2010-09-13 00:21:11
監督にとっては挑戦だったんでしょうけど・
この頑張りにこの熱演に「いい作品だったよ♪」っと胸を叩けても・・
「是非見に行って!!」といえないのが悲しいです~
ボーカルレスはソレくらい私にとって残念だったです・・。
ボーカルレス~ (cyaz)
2010-09-13 08:43:56
くろねこさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>監督にとっては挑戦だったんでしょうけど・
この頑張りにこの熱演に「いい作品だったよ♪」っと胸を叩けても・・「是非見に行って!!」といえないのが悲しいです~
確かにそういう節はありますねぇ><

>ボーカルレスはソレくらい私にとって残念だったです・・。
最大の盛り上がりを得るシーンですからね、あの場面は・・・。
まだ見てないんですけど… (tico)
2010-09-16 01:06:00
>竜介とセッションしていたあのフロイド役のジョン・リー・デイヴィスってカッコ良かったなぁ~
>もしかして・・・本物
フロイド役じゃなくてジョン・リー・デイヴィス役を演じてくれたフロイド・リーさんです^^;

まだ映画見てなくて公式の紹介ページしか見てないんですけど、演じてくれてるフロイドさんって雰囲気も持ってて、とある有名なブルース演奏家に名前ばかりか顔もくりそつ、てか丸きり同じなんですけど…。
まさか・・・本物?
本物?~ (cyaz)
2010-09-16 08:10:16
ticoさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>フロイド役じゃなくてジョン・リー・デイヴィス役を演じてくれたフロイド・リーさんです^^;
そうですね(汗)
失礼しましたm(__)m

>まだ映画見てなくて公式の紹介ページしか見てないんですけど、演じてくれてるフロイドさんって雰囲気も持ってて、とある有名なブルース演奏家に名前ばかりか顔もくりそつ、てか丸きり同じなんですけど…。 まさか・・・本物?
そんな気もしてきました(笑)
学生時代はよくブルースも聴いていたんですけどねぇ(汗)
えひ、ご覧になって感想聞かせて下さいね^^
TBしました♪ (じゅぼん)
2010-09-19 20:34:53
金曜日、やっと観ました。
イケメンぞろいで癒されました。
熱かったですね、色々な意味で。

流暢な英語も、普通に字幕読んでましたね(笑)

ただ、コユキの歌声がないのが、イタかった。
ボーカルレスで凄さを表現されて、想像は出来ますが、
それだけ凄いボーカル、聞きたかったです(涙)
オーディションしたりすれば良かったのに…とか思いました。

バンドに憧れただけな人間の私ですが、更に憧れが強くなったのは言うまでもありません(笑)
バンド~ (cyaz)
2010-09-20 09:17:38
じゅぼんさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>イケメンぞろいで癒されました。熱かったですね、色々な意味で。
そうですね~、女性には(笑)

>流暢な英語も、普通に字幕読んでましたね(笑)
帰国子女は強い(笑)

>ただ、コユキの歌声がないのが、イタかった。ボーカルレスで凄さを表現されて、想像は出来ますが、それだけ凄いボーカル、聞きたかったです(涙)
そこなんですよね(笑)
あれじゃ、ちょっと引きますよね(汗)

>バンドに憧れただけな人間の私ですが、更に憧れが強くなったのは言うまでもありません(笑)
へぇ~、じゃあ今からナース・バンドってどうでしょか~♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

55 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
BECK (LOVE Cinemas 調布)
「月刊少年マガジン」に連載されていたハロルド作石による人気漫画を「20世紀少年」の堤幸彦監督が実写映画化。苛められっこの高校生が、帰国子女の天才ギタリストひょんなことから知り合い、その音楽の才能に気付く。そしてバンド“BECK”を結成し様々な困難を乗り越え...
BECK【劇場鑑賞】 (MAGI☆の日記)
映画BECKを見てきました。物販ではパンフレットとマフラータオルを購入しました。袋にもBECKと書かれているのでちょっとビックリしましたが、物販も全く混んでおらずパンフレットを購...
映画「BECK」 (今日の素敵さがし)
 音楽大好きだから、ちょっとは期待していたんだけど。それはないでしょ。
BECK (Akira's VOICE)
微妙なドラマを消し去る音楽のパワー!  
BECK (あーうぃ だにぇっと)
8月30日(月)@文京シビックセンター大ホール。 男性限定試写会は極めて珍しい。 一度家に帰り、着替えてご飯を食べてからのんびり出かけた。 ガラガラかと思っていたら、案に相違して、若者中心に結構な人出。 着替えてから出かけて大正解だった。 リーマンの姿...
BECK (迷宮映画館)
ショックは薄かったので、よしとしましょう!
「BECK」 (NAOのピアノレッスン日記)
~本当に平凡な人生だった・・・・あの男に出会うまでは~ ズバリ、向井理くん見たさで行ってきました!2010年  日本     (10.9.4 公開)配給:松竹         上映時間:144分   原作:ハロルド作石    「BECK」(講談社コミックス所載)監...
BECK ベック (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
打ち込むものをみつけた喜びとかけがえのない仲間との友情が熱く伝わってくるバンド系青春音楽映画だが、サウンドの演出には疑問が残る。平凡な毎日をおくる内気な高校生コユキは、ある日、NY帰りの天才ギタリストの竜介と出会い、バンドに誘われる。千葉、平、コユキの...
「BECK」バンドの成長過程を経た先にみた雨の意向にかき消されたサイレントミュージック (オールマイティにコメンテート)
9月4日公開の映画「BECK」を鑑賞した。 この映画はハロルド作石原作の「BECK」を映画化した作品で、 平凡に過ごしていた高校生が帰国子女の男と 出会い音楽に目覚めてバンドに入り個性ある 5人が集まったバンドBECKがロックフェスティバルを経て 成長し人気バンド...
BECK/水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太 (カノンな日々)
シネコンで配布していたお試し版コミックを何気に読み始めたらこれが面白そうでなかなかいい感じ。その冊子には物語序盤辺りのダイジェストしか載ってなかったので宣伝サイドの思惑通りに映画公開を楽しみにしてました。読む前と読んだ後での期待感が全然違うんです。最近...
BECKについて (ハクナマタタ)
関連記事→「BECK 鑑賞 3歳児の嘘くらいバレバレ 」 上記は公開初日、劇場で鑑賞し書いた感想です。 長いですが、ざっくり感想を言うと「複雑だ」 これで〆ています。 その後、コメントをいただき、トラックバックをいただき、 それ以外の方々の感想も...
『BECK』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:堤幸彦原作:ハロルド作石出演:水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、忽那汐里、中村蒼、向井理公式サイトはこちら。<Story>内気な高校生の幸雄(通称コユキ、佐藤健)は、あ...
『BECK』 (ラムの大通り)
※この映画にはあっと驚く仕掛けがありますが、 ネタバレになりますので、それについては触れてありません。 ----“発行部数1500万部を超える大ヒットコミック”? 出版不況と言いながら、コミックの人気はあいかわらずスゴイね。 「そうなんだよね。 最近は、電車の中...
理屈では語れない映画。『BECK』 (水曜日のシネマ日記)
人気コミックを実写版映画化した作品。バンドを組んだ青年たちの物語です。
BECK 鑑賞 3歳児の嘘くらいバレバレ (ハクナマタタ)
バレます といっても、 この手の映画はバレようがバレまいが さほどストーリーに謎もないし、 原作アリなので問題なし! 問題は先入観だけ なので、まっさらな気持ちでみたい人はお避けください 映画もバラすし、原作とも比較する まず、キャスト ...
映画「BECK」 (FREE TIME)
映画「BECK」を鑑賞しました。
「BECK」 (みんなシネマいいのに!)
 ハロルド作石の漫画の実写映画化。 つまらない毎日を送っている高校生が、帰国子女
BECK (★ Shaberiba )
この↑でっかい前売り券にビックリしました---!(笑)
「BECK」マンガ原作とアイドル映画 (再出発日記)
マンガのイメージを壊さないためにボーカルの音を消す、というのは本来はやってはいけない裏技だと思う。それをやる以上はそのほかの音と映像、物語はとことん本物を追求しないとい...
映画 「BECK」 (ようこそMr.G)
映画 「BECK」
「BECK」 確かに「ケミストリー」はある (はらやんの映画徒然草)
ハロルド作石さんのヒット漫画「BECK」の堤幸彦監督による映画化作品です。 原作
BECK (映画鑑賞★日記・・・)
2010/09/04公開 日本 145分監督:堤幸彦出演:水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、忽那汐里、中村蒼、向井理、カンニング竹山、松下由樹、中村獅童奇跡の出会いによって生まれたバンド、ベック。青春のすべてが、ここにある。平凡な毎日を送るごく普通の高校生コユキ(佐藤健)...
BECK (voy's room)
平凡な毎日を送るごく普通の高校生コユキ(佐藤健)は偶然NY帰りの天才ギタリスト南竜介(水嶋ヒロ)と出会う。竜介は才能溢れるメンバー千葉(桐谷健太)、平(向井理)を誘い、バンドを結成。 さらに竜介は強引にコユキとサク(中村蒼)という若いメンバーを加えてバンドBEC...
『BECK』 (beatitude)
約2時間半ロック漬け…35年ぶりくらいか今や、我が家のレコード&CDの棚は酔っ払いオヤジのジャズと自分のクラシックで埋まっています。でも、その昔若かりし頃にはロックが並んでいた事もあったんです...
BECK (C'est joli~ここちいい毎日を~)
BECK’10:日本 ◆監督:堤幸彦「20世紀少年」3部作「明日への記憶」◆出演:水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、忽那汐里、中村蒼、向井理 ◆STORY◆内気な高校生の幸雄(通称コユキ)は、ある日、ニューヨーク帰りで天才的なギターテクニックを持つ竜介と運命的な出会...
BECK (とりあえず、コメントです)
ハロルド作石原作の人気コミックを映画化した作品です。 原作は未読ですけど、この5人が集って堤幸彦監督なら観たいなあと思っていました。 予想以上に音がカッコ良くて楽しい!とドキドキしながらスクリーンを観ていました(^^ゞ
BECK☆独り言 (黒猫のうたた寝)
イケメンだらけですが堤監督・・・漫画が原作。そして上映時間も結構長めっということで、どうなの?っと思いつつ、佐藤健くんのコユキに魅せられての観賞。既に、ステージシーンの処理の仕方に対してネットで判明していたから、いざそのシーンになったときはこれか~~~...
良かったよ~~!!『BECK』【映画】 観てき... (やっほっほ~)
BECK観てきました!!  平凡な毎日を送るごく普通の高校生コユキ(佐藤健さん)が、偶然天才ギタリストの南竜介(水嶋ヒロさん)と出会い、才能あふれる千葉(桐谷健太さ...
「BECK」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 月刊マガジンに連載された、ハロルド作石原作の人気漫画を、「20世紀少年」の堤幸彦監督で映画化。 どうも水嶋ヒロと佐藤健くんは、コンビのごとくいつも一緒に仕事をしている...
【BECK】 (日々のつぶやき)
監督:堤幸彦 出演:佐藤健、水嶋ヒロ、向井理、桐谷健太、中村蒼、忽那汐里  本当にへ平凡な人生だった・・・あの男に出会うまでは。 「コユキは同級生のパシリをさせられるような地味な高校生、毎日の退屈な日常が竜介と出会って変わった。ニューヨーク帰りのギ
1.BECK (映画コンサルタント日記)
1.BECK上映スクリーン数: 316オープニング土日動員: 23万151人オー
BECK (シネマDVD・映画情報館)
解説: 累計発行部数1500万部超を誇るハロルド作石の人気コミックを、豪華キャストで映画化。平凡な高校生が天才ギタリストと出会ってバンドを結成、音楽を通じて成長していく姿を描く。出演は「ドロップ」の水嶋ヒロ、NHK大河ドラマ『竜馬伝』の佐藤健、「ちょんま...
BECK (じゅぼん隊がゆく)
みなさん、おはようございます。今日は早番のじゅぼんです。 今朝4:45頃起きたら、旦那さんが帰って来ました。朝帰りですね。 会社の仲間で朝までカラオケしてきたそうです。ヘロヘロで帰って来ましたよ。 睡魔が限界だったんでしょう。速攻コンタクトを外して、今は...
映画 「BECK」 (塩ひとつまみ)
原作は未読です。 以下、ネタバレ含みます。
「BECK」見てきたよー♪ (+++turbo addiction+++)
「BECK」見てきましたー!! http://www.beck-movie.jp/ 健君が出演するってことで楽しみにしてたのでーす。 原作全く読んでいないけど、面白かったよ~☆
BECK (佐藤健さん) (yanajun)
映画『BECK』は、「月刊少年マガジン」で連載されたハロルド作石さんの同名漫画を、映画『20世紀少年』や『TRICK』シリーズで知られる堤幸彦監督が映画化した作品です。佐藤健さんは、コユキこと田中幸雄 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあら...
BECK (幕張コーポ前)
仕事帰りに「BECK」観てきました。ぼんやり高校生が、ギターと出会って、ジャカジャーンと弾けるようになったら、アメリカから殺し屋がやって来る。というようなお話。バンドが題材の話は、葛藤している姿とか挫折を繰り返し、それを乗り越えて、音楽だけじゃなくて、人間...
BECK[ベック] (だらだら無気力ブログ)
ハロルド作石の大ヒット同名コミックを『20世紀少年』シリーズや 『トリック』シリーズの堤幸彦監督が映画化した青春音楽ストーリー。 取り柄もなにもない平凡な毎日を過ごす高校生が帰国子女の天才ギタリストと 出会うことで音楽の魅力に取りつかれ、天才ギタリストが...
BECK (映画的・絵画的・音楽的)
 このところよく見かける青春音楽映画の一つにすぎないのではと思いましたが、予告編で見て面白そうでもあったため、『BECK』を近くの吉祥寺で見てきました。 (1)この映画のストーリーは、マイナーな存在ながらテクニックは抜群のロックバンド“BECK”が、紆余曲折を経...
BECK (美貌録(備忘録))
 水嶋ヒロ健在!  忽那汐里も可愛い! BECKを観てきました。当初は予告だけで有る程度ストーリーが予測できそうなので見送っていましたがカミさんが「面白いそうだよ!」というので決定! マルコム・グラッドウェルの書籍の中に10000時間の法則というのがあ...
『BECK』 (『映画な日々』 cinema-days)
内気な高校生が天才ギターリストと出会い バンドに参加。天性の歌声で評判となり、 全国フェスに出演が決まるが... 【個人評価:★★★ (3....
【BECK】★水嶋ヒロ★佐藤健 (猫とHidamariで)
出会ったのは、音楽と仲間と、ありえない自分。奇跡の出会いによって生まれたバンド、BECK。青春のすべてが、ここにある。BECKHPBECK シネマトゥデイ製作年:2009年製作国:日本...
『BECK』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 BECK 』 (2010) 監  督 :堤幸彦キャスト :水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、忽那汐里、中村蒼 向井理、カンニング竹山、倉内沙莉、水上剣星、古川雄大 ハロルド作石の漫画『BECK』を原作とした青...
【映画】BECK (新!やさぐれ日記)
▼動機 「コスプレコント」としては出来が良さそう? ▼感想 コユキの声は「モスキート音」ってやつ? ▼満足度 ★★☆☆☆☆☆ このへん  ▼あらすじ 平凡な毎日を送るごく普通の高校生コユキ(佐藤健)が、偶然天才ギタリストの南竜介(水嶋ヒロ)と出会い、...
「BECK」「ソラニン」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
バンドの漫画の映画化、2つ。
BECK (食はすべての源なり。)
BECK ★★★☆☆(★3つ) 向井理、水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、中村蒼の豪華メンバーが話題となっていた、人気コミックの映画化。 特に好きな俳優さんがいなかったので、DVD鑑賞です。 いや~、天性の才能を開花させるヴォーカル、コユキ(佐藤健)の声は出ない!(...
映画『BECK』  (よくばりアンテナ)
こんなおばさんが観に行って良いのか・・・と、気にしてしまうくらいの 思いっきり青春音楽ムービーでした。 そして、今、旬のイケメン俳優集結って感じで ウキウキして見ちゃいました☆ 必死にギター...
BECK (ルナのシネマ缶)
人気のイケメンくんたちを 揃えました!って感じだけで・・・ 肝心の歌がねぇー・・・ まあ、たしかにヘタな歌 聞かされるよりマシかもしれないけど これじゃあ、物足りないでしょう! 学校でイジメにあいながらも平凡な毎日を送る高校生コユキ(佐藤健)が...
【BECK】「奇跡の歌声」は見て感じる (映画@見取り八段)
BECK 監督: 堤幸彦    出演: 水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、中村蒼、向井理、忽那汐里、松下由樹 公開: 2010年9月                劇場鑑賞です。感想をおさぼり...
BECK (のほほん便り)
原作は、ハロルド作石による人気音楽マンガ 今が旬の青春スター達が、人気コミックを映像化 そういう意味で、時代の気分を吸いつつ、大いに「目の保養」になりました。 問題は、コユキ(佐藤健)の天才ヴォーカルぶりが、どんな吹き替えにしても、批判が出そう?ゆ...
よーよー 今日は「BECK」の地上波放送だよ (as soon as)
どこがカットされるのかな 唄か?w いい機会なので記事を引っ越しました BECK記事その1 「BECK 鑑賞 3歳児の嘘くらいバレバレ」 BECK記事その2 「BECKについて」 わたしは今でもあの方...
BECK  (Yuhiの読書日記+α)
仲間たちとバンドを組み、メジャーデビューを目指して奮闘する高校生たちが、さまざまな試練を乗り越えていく姿を描いた作品。監督は堤幸彦、キャストは水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、忽那汐里、向井理他。 <あらすじ> 平凡な毎日を送るごく普通の高校生コユキ(佐藤健....
予想以上に熱かった「BECK」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
変わらぬ毎日、未来に退屈していたコユキは、ギタリストの竜介と出会い、千葉、平、サクらとのバンド「BECK」に入る。初心者のコユキだったが、練習を重ねるうちギターのみならずボーカルとしての才能が見え始め…… 2010年 監督:堤幸彦 出演:水嶋ヒロ
BECK(’10) (Something Impressive(KYOKO?))
先日DVDで見た「GSワンダーランド」に、水嶋ヒロが出ていて、やはりこの人が出てる音楽もので、未見だった「BECK」もDVDで見ました。 原作は、未読ですがハロルド作石の人気コミックで、これは現代のロックシーン、無名バンド「BECK」の紆余曲折ありながらのサク...
映画評「BECK」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・堤幸彦 ネタバレあり