京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『コクリコ坂から』

2011-07-23 00:07:23 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「コクリコ坂から
□監督 宮崎吾朗
□脚本 宮崎 駿
□原作 高橋千鶴
□キャスト(声) 長澤まさみ(メル:松崎 海)、岡田准一(風間 俊)、竹下景子(松崎 花)、石田ゆり子(北斗美樹)、
風吹ジュン(松崎良子)、内藤剛志(小野寺善雄)、風間俊介(水沼史郎)、大森南朋(風間明雄)、香川照之(徳丸理事長)

■鑑賞日 7
月17日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

舞台は1963年の横浜(山手や山下、桜木町等)。
この
映画の原作は、1980年、「なかよし」に連載されていた高橋千鶴さんの作画で
佐山哲郎原作による同名の少女漫画(角川書店刊)。

東京オリンピック開催前年の横浜を舞台に、高校生の少女「海」と少年「俊」の
淡い恋の行方を描く。 俊は高校2年生。 海は1年生で下宿人の面倒を見ながら、
航海から帰らぬ父を待ち、毎日信号旗を掲げている。
ちなみに海が掲げている旗、一つは日の丸で、その下の二つはUW旗というもの。
このUW旗の意味は「航海の安全を祈る」ということ。

横浜の港が見える丘から見た風景は、当時この映画に観られるような風景だったのかもしれない。
当然、今のような自由な恋愛なんてなかなか出来なかった頃、互いに惹かれ出す、海と俊。
少しずつ少しずつその距離を近づけていくものの、そこには思わぬアクシデントが存在した。

ちょうどこの映画と前後して、あるTV番組のドキュメントで、カンボジアに住む人たちのポロポト政権下の
親兄弟の引き離しが取上げられ、そこで離れ離れになった姉と妹が当時カンボジアでは本名を名乗らず、
ニックネームが公称となる社会慣習だったようで、互いにニックネームで呼び合い、愛を深め、
結婚し、子宝に恵まれ、幸せな家族に夫の母が見つかったという知らせが届いた。妻と子供を連れて
母に会い、母親と話すうちに実は二人は姉弟だったことが発覚。その後別れたとか・・・。

戦友の子供の面倒をその戦友の家族が面倒をみるということが、この時代には多々あったのかもしれないが、
この海と俊の恋の行方に重なってちょっと息苦しくなった。

原作を基に描かれたストーリーは、潜在的に親父さんの“ポニョ”意識を反映しているところも見られたが、
新しい“何か”は存在せず、過去の親父さんの作品を意識しつつ、無難にまとめたという感じ。
感動でもなく、愛惜でもなく、焦点がややボケた感じがするものの、カルチェラタンとそれを存続させようとする生徒たちの、
情熱に絆されて存続決断する理事長の親分肌は、この当時の青春ドラマの代表的テイストだなぁと懐かしさも沸々。
ただ、家を空けたままの写真家としての母親の存在をどうにも理解できる範疇ではなかったが、
そういう母親だからこそ、真実を海に語れるのだろうなぁと思ったりして。


そういえば今日23日(~28日)から西武ギャラリー(西武池袋本店別館2階)で
「コクリコ坂から原画展」(約100点)が開催されるそうで、
劇中に登場する新聞“週刊カルチェラタン”も配布されるそうですよ。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (76)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恐竜博2011/国立科学博物館 | トップ | 横濱煉瓦/霧笛楼 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Gangangansoku)
2011-07-23 06:00:23
こんにちわ☆彡
新しい宮崎駿アニメができていたとは
ジブリファンの私としては何たる失態です。 淡い恋の話しと聞くと、おもひでぽろぽろとかを思い出しますね。
夏にいい映画ですね
淡い恋話~ (cyaz)
2011-07-23 09:05:51
Gangangansokuさん、コメントありがとうございますm(__)m

>新しい宮崎駿アニメができていたとはジブリファンの私としては何たる失態です。
あらら、それはちょっと(笑)
ま、息子の作品ですから宣伝も地味で(汗)

>淡い恋の話しと聞くと、おもひでぽろぽろとかを思い出しますね。 夏にいい映画ですね
こちらはその生い立ちにちょっと悲しさもありますが。
「コクリコ坂」から (サッチー)
2011-07-23 09:41:09
映画通のcyazさんがどのようなコメントをされるのかな?と思いつつ拝読。
最近、映画をあまり観る機会がないのですが
この映画は観ようかな?と思っていました。

的確なコメント有難うございます。
本当に凄い映画通でただ、ただ驚くばかり
無難 (NAO)
2011-07-23 16:04:27
こんにちは~cyazさん。
原作をタイムリーで読んでいた世代なので、懐かしく鑑賞しました。
でも、絵は当然違うのは仕方ないとしても
設定が何から何までこれだけ違うと、もはや
高橋千鶴さんの「コクリコ坂から」ではなくなっているような印象。
それでおきながら、肝心なところは原作を読まないとわかんないようになっているから
なんともややこしいというか、なんと言いましょうかーー;
それでも「ゲド戦記」よりは無難にまとまってたかな~。
Unknown (ほし★ママ。)
2011-07-23 20:53:19
カンボジアの姉弟のお話が切ないですね。
私も娘と息子がおりますので、お母さんの辛さも計り知れません。

ところで、本作ですが~
全体集会とかガリ版刷りの新聞とかいうだけで懐かしく
気分は、すっかり若い頃に戻って鑑賞して参りました。
「週刊カルチェラタン」~細かい記事も読んでみたいなぁ。
お江戸の住民のみなさんが羨ましいです。
ぜひ~ (cyaz)
2011-07-24 11:23:18
サッチーさん、コメントありがとうございますm(__)m

>最近、映画をあまり観る機会がないのですが
この映画は観ようかな?と思っていました。
そうですか^^ それはぜひ~♪

>本当に凄い映画通でただ、ただ驚くばかり
いえいえ、毒舌ですけどね(笑)
ま、それでも参考になれば幸いです!
肩の力が~ (cyaz)
2011-07-24 11:25:58
NAOさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>原作をタイムリーで読んでいた世代なので、懐かしく鑑賞しました。
そうでしたか^^ 結構前ですよね(笑)?

>設定が何から何までこれだけ違うと、もはや
高橋千鶴さんの「コクリコ坂から」ではなくなっているような印象。
そうだったんですか?
僕は原作を読んでなかったのでそれほど違和感はなかったですけどね(笑)

>それでおきながら、肝心なところは原作を読まないとわかんないようになっているから
なんともややこしいというか、なんと言いましょうかーー;
微妙な感じだったんですね(笑)?

>それでも「ゲド戦記」よりは無難にまとまってたかな~。
素材が違いましたけど、少しだけ肩の力が抜けたような気がしましたね^^
原画展~ (cyaz)
2011-07-24 11:28:31
ほし★ママ。さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>カンボジアの姉弟のお話が切ないですね。
私も娘と息子がおりますので、お母さんの辛さも計り知れません。
映画とは直接関係なかったのですが、
これは本当に悲しい話でした。

>全体集会とかガリ版刷りの新聞とかいうだけで懐かしく気分は、すっかり若い頃に戻って鑑賞して参りました。
僕もその昔はガり切っていましたね(笑)
学校新聞でしたけどね^^

>「週刊カルチェラタン」~細かい記事も読んでみたいなぁ。 お江戸の住民のみなさんが羨ましいです。
早速、原画展、行って来ましたよ~
記事はのちほど^^
Unknown (cochi)
2011-07-25 08:44:31
60年代の高度成長期に入る前、かなり当事の情感を表現しているのかなと思いました。ちょっと綺麗すぎでしたが、憧れの日活青春映画アニメ版でした。息子吾朗さん、悩み多き人ですね。
オヤジ超え~ (cyaz)
2011-07-25 12:27:29
cochiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>60年代の高度成長期に入る前、かなり当事の情感を表現しているのかなと思いました。
ところどころ、『ALWAYS~ 』の匂いもしましたが(笑)

>ちょっと綺麗すぎでしたが、憧れの日活青春映画アニメ版でした。
確かにそうでしたね(笑)?
海は吉永小百合でお願いします(笑)

>息子吾朗さん、悩み多き人ですね。
オヤジと同じ路線では、オヤジを超えることは無理でしょうね~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

76 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
コクリコ坂から (LOVE Cinemas 調布)
1980年に「なかよし」に連載された同名漫画を『ゲド戦記』の宮崎吾朗監督が映画化。企画・脚本を父親の宮崎駿が務めている。60年代に生きる高校生の男女の青春物語だ。主人公の少女の声をを長澤まさみ、少年の声を岡田准一が演じる。共演にも竹下景子、石田ゆり子、...
映画レビュー「コクリコ坂から」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
コクリコ坂から (角川文庫 み 37-101)◆プチレビュー◆ファンタジックな要素を排したストーリーは、ジブリとしては新機軸。ビビッドな色彩が目を引く。 【60点】 1963年、横浜。高校 ...
『コクリコ坂から』 忘れ去られたモデルとなった事件 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  なぜ1963年なのだろう?  マンガ『コクリコ坂から』が少女マンガ誌『なかよし』に連載されたのは、1980年である。もちろん、その時代を背景に、その時代の少女たちを対象に描かれ...
劇場鑑賞「コクリコ坂から」 (日々“是”精進! ver.A)
“あの時代”を生きてみたくなる作品でした 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107160004/ コクリコ坂から サウンドトラック posted with amazlet at 11.07.12 武部聡志 徳間ジャパンコミュニケー...
コクリコ坂から (あーうぃ だにぇっと)
7月17日(日)@日比谷スカラ座初回9:40の回で鑑賞。 観客の入りは半分以下。 若者の姿はすくない。 おっさんが一人でみにきている。
コクリコ坂から/長澤まさみ、岡田准一 (カノンな日々)
一番最初に目にした映画チラシに宮崎駿さんの寄稿が載っていたのでてっきり宮崎駿監督作品なんだとばかり思っていたら、その息子の宮崎吾朗監督の『ゲド戦記』以来5年ぶりの作品な ...
コクリコ坂から (佐藤秀の徒然幻視録)
終戦世代の青春と喪失感 公式サイト。高橋千鶴・佐山哲郎原作、宮崎駿企画・脚本、宮崎吾朗監督。(声)岡田准一、長澤まさみ、風間俊介、大森南朋、竹下景子、石田ゆり子、柊瑠美、 ...
コクリコ坂から (うろうろ日記)
試写会で見ました。子供が多かったですね。お話は、高校のカルチェラタンという建物を
コクリコ坂から (Akira's VOICE)
じわりじ~んわりと効能を発揮する良作。  
コクリコ坂から・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
上を向いて歩くのは、希望の未来を見据え、哀しみの涙を零さないため。 「コクリコ坂から」は、東京オリンピックを翌年に控えた1963年の横浜を舞台にした、スタジオジブリによる青春アニメーション映画。 高...
コクリコ坂から (ダイターンクラッシュ!!)
2011年7月20日(水) 21:00~ TOHOシネマズスカラ座 料金:1100円(レイトショーvit購入) パンフレット:600円(買っていない) 『コクリコ坂から』公式サイト 旗をあげた少女に向かって透き通った少年が降ってくる予告編から、幽霊とのファンタジーなのかと勝手に...
コクリコ坂から (食はすべての源なり。)
コクリコ坂から ★★★★☆(★4つ) う~ん。良いか悪いかで言ったら良かったんだけどね。 「なぜ、今、ジブリからこの作品なんだろう」って思ってしまったのが正直なところでした。 1960年代の横浜を舞台に、高校生男女の交流を描く。 戦争で船乗りの父を亡くした...
映画「コクリコ坂から」@ニッショーホール (新・辛口映画館)
 日曜日、昼間の試写会、客入りは若干空席がある9割くらい。スタジオジブリ作品と言う事で小さなお子さんから年配の方まで幅広い客層だ。
コクリコ坂から (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
本作はお釜で炊いたご飯や洗濯機の絞り機が手回しのロールだったことを覚えている、中高年向けの内容だと思う。その時代の記憶がない人には、当時の風俗が全く共感できないかもしれない。ガリ版で印刷物を作り、肉屋や魚屋で食品を買ったことがあれば当時のことを思い出せ...
少女よ君は旗をあげる なぜ。『コクリコ坂から』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。「なかよし」に連載(1980年1~8月号)された高橋千鶴・佐山哲郎の同名コミック『コクリコ坂から』を原作に宮崎駿が企画・脚本(脚本・丹羽圭子)「ゲド戦記」に続いての第2作
「コクリコ坂から」 淡々と物語がすすんでいく (はらやんの映画徒然草)
「ゲド戦記」の宮崎吾郎監督の久しぶりの作品。 前作品から5年ほど経っていることに
「コクリコ坂から」運命的な出会いをした先にみた両親から受け継がれたそれぞれの想い (オールマイティにコメンテート)
「コクリコ坂から」は「なかよし」にて1980年1月号から同年8月号まで連載された作品で、舞台は1963年の横浜を舞台にある少女が毎朝、海に向かって、信号旗を上げている。その信 ...
「コクリコ坂から」 (NAOのピアノレッスン日記)
~上を向いて歩こう~2011年  日本映画    (11.07.16公開)配給:東宝           上映時間:91分企画・脚本:宮崎 駿     監督:宮崎吾朗        プロデューサー:鈴木敏夫原作:高橋千鶴・佐山哲郎 (角川書店刊)脚本:丹羽圭子...
コクリコ坂から (トクサツ(?)な日常)
スタジオジブリ・プロデュース「コクリコ坂から歌集」アーティスト:手嶌 葵販売元:ヤマハミュージックコミュニケーションズ(2011-07-06)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る コクリコ坂 ...
『コクリコ坂から』 ('11初鑑賞94・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 7月16日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 12:15の回を鑑賞。
映画『コクリコ坂から』  (よくばりアンテナ)
昨年『アリエッティ』でガッカリしてしまったので、 ジブリだからといって絶対面白いかどうかはわからないし、 映画館に足を運ぶことさえかなり迷っていました。 なので、あんまり事前にいろんな情報を見る...
[映画『コクリコ坂から』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆嗚呼! 非の打ちどころのない傑作でした。  しっとりと感動しました。  『もののけ』『千と千尋』の頃から、『ハウル』『ポニョ』と、面白いけど物語が破綻しまくっていた宮崎駿が、この作品では見事な伏線と収束に至る脚本を練り上げていた。  『ゲド戦記』でケ...
映画:コクリコ坂から 1枚の写真に込められた想い。映像のみずみずしさが魅力。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ジブリの最新作。 1963年頃の横浜を舞台に、繰り広げられる高校生たちの青春。 この時代の風景が、ただただ美しい。 そしてみずみずしい。 これを眺めているだけで、心が満たされていく。 一方で、ノスタルジーっぽい気分だけに終始させないところが腕の見せ所か。 (そ....
映画「コクリコ坂から」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「コクリコ坂から」観に行ってきました。 1963年の横浜の港町を舞台に繰り広げられる青春ドラマ系のスタジオジプリ作品。 この映画、当初観に行く予定はなかったのですが、映画公開がちょうど1ヶ月映画フリーパスポート有効期間中だったことから、急遽映画観賞...
映画『コクリコ坂から』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
携帯電話の待ち受けをこれにしましたぁ~。 娘を始め、私の廻りには「ジブリファン」が多いのですが 私は、どちらかと言うと観
『コクリコ坂から』 (ラムの大通り)
----これって、宮崎吾朗監督の新作だよね。 「うん。 実を言うと、この監督の前作 『ゲド戦記』のとき、 ぼくはけっこうほめちぎって、 周りの信用(?)を失ったことが…(汗)。 そのせいもあって、 今回は、少し引いて観てみたんだけど…。 いやあ、これは一言で言えば...
映画『コクリコ坂から』 (健康への長い道)
 企画:宮崎駿、脚本:宮崎駿・丹羽圭子、監督:宮崎吾朗。『耳をすませば』以来の、少女漫画を原作としたジブリ最新作を、シネ・ピピアにて鑑賞しました。宮崎吾朗さんにとっては『ゲド戦記』以来、5年振り2回目の監督作品です。また、厳しい批判にさらされるのかなぁ・...
「コクリコ坂から」みた。 (たいむのひとりごと)
これは子供が見ても楽しくないかも?かといって、アニメファンじゃない大人がワザワザ観に行くにはちょっと物足りないというか、出来過ぎというか。とはいえ、派手さはないものの、しっとりと穏やかで心地良い風の吹
「コクリコ坂から」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「コクリコ坂から」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):松崎海(長澤まさみ)、風間俊(岡田准一)、松崎花(竹下景子)、北斗美樹(石田ゆり子)、松崎良子(風吹ジュン)、小野寺善雄(内藤剛志)、水沼史郎(風間俊介)...
純愛を振りかざす確信犯。『コクリコ坂から』 (水曜日のシネマ日記)
スタジオジブリの最新アニメ映画です。
映画「コクリコ坂から」 (しづのをだまき)
2011 日本
コクリコ坂から (シネマDVD・映画情報館)
コクリコ坂から 監督: 宮崎吾朗 原作: 高橋千鶴/佐山哲郎 声の出演: 長澤まさみ/岡田准一/竹下景子/石田ゆり子/風吹ジュン/内藤剛志/風間俊介/大森南朋/香川照之 内容: 宮崎駿が企画・脚本: 宮崎吾朗が『ゲド戦記』以来5年ぶりにメガホンを取る『コクリ...
しっぽり。 【映画】コクリコ坂から (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】コクリコ坂から ゲド戦記の宮崎吾朗によるスタジオジブリ最新作。 【あらすじ】 東京オリンピックの開催を目前に控える日本。横浜のある高校では、明治時代に建てられた由緒ある建物を取り壊すべきか、保存すべきかで論争が起きていた。高校生の海と俊は...
コクリコ坂から (悠雅的生活)
そうとも、これが青春だ
コクリコ坂から (悠雅的生活)
そうとも、これが青春だ
コクリコ坂から (そーれりぽーと)
月日というのは恐ろしい物で、『ゲド戦記』を結構肯定的に書いていた事をすっかり忘れ、「えー宮崎吾朗でしょ?あんまり興味ないわ」と否定から入って観に行かないつもりでいた『コクリコ坂から』をひょんな切欠で観てきました。 ★★★★ 観に行っておいて良かった。 ...
【映画評】コクリコ坂から (未完の映画評)
戦後の混乱期を経て高度成長期へ駆け上がる時代の横浜の街を舞台に、少女の恋心を描いた青春映画の佳作。
[Review] コクリコ坂から (Diary of Cyber)
鑑賞の 前半は、本当に「何でこんな作品を選んじゃったんだろう…」と思ってしまいました。 時代は高度経済成長真っ只中。翌年に東京オリンピックを控え、どこかまだ『戦後』という時代背景の情感を漂わせつつも、徐々に徐々に、近代化へと進みつつある世界。...
コクリコ坂から☆独り言 (黒猫のうたた寝)
今年のジブリ作品は宮崎吾朗監督作品。原作は高橋千鶴がなかよしに掲載した作品・・・あら、高橋千鶴の漫画だったんだ・・・覚えてないし『GoodMorningメグ』とかは読んでいたけどなぁそっかそっか・・・懐かしいな~~っと思いました。舞台は1963年の横浜の高校下宿屋を...
コクリコ坂から (KATHURA WEST)
1960年代の雰囲気がびしびしやってくる。 気持よく、物語の展開について行きながら、 《あれつ?、この雰囲気は懐かしいなー。》 中学の頃の想い出がじわりじわり重なる。 《これはー・・・、ジブリが日活青春映画をパクった?》 《吉永小百合がアニメにな...
コクリコ坂から (試写会) (風に吹かれて)
説明が足りない公式サイト http://kokurikozaka.jp同名少女マンガを時代設定を変えて映画化監督: 宮崎吾朗東京オリンピックの前年、1963年の横浜。港の見える丘にある下宿屋を切り盛り
『コクリコ坂から』・・・少女よ君は旗をあげる (SOARのパストラーレ♪)
東京オリンピックを目前に控えた日本。舞台は横浜。純真な少女と少年の恋模様は途中ドキリとするような展開も交えつつ、それでも最後は実に清々しい希望あるエンディングへとつながってゆく。 ジブリならではのファンタジー色はほとんどないが、登場人物すべてが優しくて...
コクリコ坂から (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「コクリコ坂から」監督:宮崎吾朗出演:長澤まさみ、岡田准一、竹下景子、石田ゆり子、風吹ジュン、内藤剛志、風間俊介、大森南朋、香川照之配給:東宝概要:東京オリンピックの ...
コクリコ坂から (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  序盤はやや分かり辛かったが、中盤からは俄然面白くなってきた。そして感動の終盤には、知らぬ間に熱い水が私の頬を濡らし始めたのである。  ジブリの作品としては、珍しく主人公が高校生であり、ストーリーもファンタジックな要素を排した現実的な展開であっ...
スタジオジブリ 最新作【コクリコ坂から】を観て・・・(笑)。 (MY ALL)
当ブログにご訪問の皆様、こんばんは!!今日は、曇り空が広がり、湿度が高く蒸し暑かったですね。時間が経つにつれ、太陽が顔をだし、私を干し柿にするような強い日差しのジリジ ...
コクリコ坂から (Diarydiary! )
《コクリコ坂から》 2011年 日本映画 1963年、横浜にある港の見える丘にあ
少女よ君は旗を揚げる~『コクリコ坂から』 (真紅のthinkingdays)
 1963年、港横浜。坂の上に建つ「コクリコ荘」を切り盛りする高校生、松崎海 は、毎朝信号旗を掲げる。「安全な航行を祈る」。海と同じ高校に通う風間俊は、 その旗をタグボートから見つめていた。  ...
「コクリコ坂から」 (大吉!)
<木曜日> (2011年7月27日・TOHOシネマズ・15時50分~・95分) 1963年の横浜。東京オリンピックの開催を目前に控え、古いものはすべて壊し、新しいものを作ることだけが素晴らしいと信じていた時代、世界は希望に満ちてキラキラと輝いていた──。...
映画「コクリコ坂から」 (FREE TIME)
話題の映画「コクリコ坂から」を鑑賞しました。
「コクリコ坂から」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
1960年代の横浜の港町を舞台にした、高校生の淡い恋の物語。詩情豊かなアニメーションの佳作。 本気でそう思ってる? なに、そのトゲのある言い方。惨憺たる「ゲド戦記」の宮崎吾朗監督の映画だからって、最初から虫めがねで観てたんじゃないでしょうね。 それを言う...
コクリコ坂から  監督/宮崎 吾郎 (西京極 紫の館)
【声の出演】  長澤まさみ (小松崎海)  岡田 准一 (風間俊) 【ストーリー】 翌年に東京オリンピックを控えた1963年。古いものを壊し、どんどん新しいものを作っていこうとする気運の中で、横浜のとある高校でも老朽化した文化部部室の建物「カルチェラタン」の取....
コクリコ坂から (瑞原唯子のひとりごと)
「コクリコ坂から」観てきました。期待していなかったのですが意外とまともでした(という言い方もひどいけど)。薄味だけど手堅くオーソドックスに作っている印象。ゲド戦記では宮崎駿をなぞって大きいことをやろうとしたけど中身がすっからかんというか力量のなさを露呈...
コクリコ坂から(2011-050) (単館系)
ゲド戦記の監督である宮崎吾朗氏がなかよしに連載された同名漫画を 映画化。 原作は読んでいない様な気がしますが映画館での予告で「兄妹」だ とネタばれした時点で気になってしょうがなかった作品。 ...
コクリコ坂から (がらくた新館)
映画館に行ったら小さい子供がたくさんいて、ありゃー!と思いましたが、ほとんどが同
コクリコ坂から (映画的・絵画的・音楽的)
 『コクリコ坂から』を、新装なったTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)この映画は、1963年の横浜を舞台に、男女の高校生の清々しい恋愛を描いた作品と言えるでしょう。ですが、下記の前田有一氏が述べるように、「話にも、絵にも、演出にも目を見張るものがない。こ....
コクリコ坂から (Peaceナ、ワタシ!)
上を向いて歩こう。 話題のジブリ作品『コクリコ坂から』を観てきました! 宮崎吾朗さんの作品は『ゲド戦記』以来です。声優陣を俳優さん・女優さんが占めるのは、もはや仕方のないことなのかなーと思いつつ(岡田君、2度目ですね)原作も少女マンガらしいので、さほど期待...
映画 コクリコ坂から (本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館])
 観に行こうかどうか迷っていたのだが、手嶌葵による挿入歌があまりにも良いので結局行ってきた「コクリコ坂から」。迷っていた理由は主に二つだ。まず、同じ監督の前作の ...
コクリコ坂から (青いblog)
スタジオジブリ・プロデュース「コクリコ坂から歌集」 コクリコ坂から サウンドトラック コクリコ坂からビジュアルガイド~横浜恋物語~ コクリコ坂から イメージアルバム~ピアノスケッチ集~ ...
「コクリコ坂から」、心地よいメロドラマ (カサキケイの映画大好き!)
ジブリ作品では少し高学年向け、決して子供向けじゃないように思えた。 時代は東京オリンピックの年の前年だから、 昭和38年だ。 高校二年生の少女、松崎海、愛称はメルが主人公。 彼女は母子家庭、父親が他界している。 彼女にはいっこ下の妹と小学生の弟がいる。 ...
コクリコ坂から (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
高橋千鶴・佐山哲郎の同名コミックを原作に、「崖の上のポニョ」の宮崎駿が企画・脚本、「ゲド戦記」の宮崎吾朗が監督を担当するスタジオジブリ作品。1963年の横浜を舞台に、16歳の ...
「コクリコ坂から」 あっさりと描いたメロドラマ (ももたろうサブライ)
監督 宮崎吾朗
『コクリコ坂から』 (beatitude)
翌年に東京オリンピックを控えた、1963年の横浜。古いものを壊し、どんどん新しいものを作っていこうとする気運のなかで、横浜のとある高校でも老朽化した文化部部室の建物「カルチェラタン」の取り壊し計画が持ち上がる。そんな騒動の中、学生たちを率い、部室棟を守ろう...
コクリコ坂から (まてぃの徒然映画+雑記)
母が不在の間、自宅兼下宿屋のコクリコ荘を切り盛りする松崎海、通称メル。船乗りだった父を亡くしているメルは、毎朝庭の旗竿に信号旗をあげるのが日課だ。 彼女が通う高校の、通称カルチェ・ラタンと呼ばれる明治以来の歴史ある建物は、文化系クラブの部室が集まって....
映画「コクリコ坂から」 (<花>の本と映画の感想)
コクリコ坂から   試写会にて鑑賞 監督    宮崎吾朗 声出演    長澤まさみ(松崎海)  岡田准一(風間俊)  竹下景子 (松崎花)  石田...
『コクリコ坂から』 (キュートなバアサンになるために)
公式サイト 『忍たま乱太郎』よりは 年齢層は高かったです  舞台は1963年、東京オリンピックの一年前の横浜です。 原作は1980年代に「なかよし」に連載され 不評だった少女漫画だそうです。  女性ばかりの下宿「コクリコ荘」でみんなのご飯を作ったり洗....
「コクリコ坂から」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
劇場まで見に行く予定は無かったのだけれど、お盆休みで暇だったので、行って来ました^^ 想像していたよりも面白かったです。3つ★半
コクリコ坂から (生まれてから今まで観てきた映画全部)
本日は久しぶりに(と前置きしないことが最近あっただろうか)映画を観に行ってきました。スタジオジブリの最新作、宮崎吾郎監督作品の「コクリコ坂から」です。私はあまりこの映画について予備知識は無く、昔...
コクリコ坂から (銀幕大帝α)
11年/日本/91分/青春ロマンス/劇場公開(2011/07/16) -監督- 宮崎吾朗 過去監督作:『ゲド戦記』 -プロデューサー- 鈴木敏夫 -企画- 宮崎駿 -脚本- 宮崎駿 -主題歌- 手嶌葵『さよならの夏~コクリコ坂から~』 -制作- スタジオジブリ -挿入歌- 坂...
コクリコ坂から (いやいやえん)
ヒロインの海、ヒーローの俊の甘酸っぱくも爽やかな青春の物語に、胸がキュン。恋のような感情はとても淡いですがはっきりとしてる。でもそこがたまらん感じなんですよね。告白シーンよりも兄妹ではと疑惑を打ち明け
「コクリコ坂から」 今回の評価は? (ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て)
ジブリファン必見の作品っすよ~[E:smile] '11年の邦画No.1ヒットを
映画を観た~コクリコ坂から~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
コクリコ坂から (のほほん便り)
なんと原作は、「なかよし」に連載された、高橋千鶴(作画)・佐山哲郎(原作)による日本の漫画作品だったのですね。な~るほど! タイトルの「コクリコ」は、フランス語で「ヒナゲシ」を意味するそうです 最終興収は、2011年度興行収入邦画第1位で、第35回日本ア...
コクリコ坂から(’11) (Something Impressive(KYOKO?))
昨夜日テレ金曜ロードショーで、一昨年公開の「コクリコ坂から」放映、オンタイムと録画で見ました。 当時気にはなりつつ未見のままだったジブリ新作、いずれはTV放映もあるだろう、と思ってたのが、ようやく、というか。先週「ハウルの動く城」放映の時、予告で知っ...
映画評「コクリコ坂から」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2011年日本映画 監督・宮崎吾朗 ネタバレあり
【コクリコ坂から】古きよき横浜 (映画@見取り八段)
コクリコ坂から     監督: 宮崎吾朗    出演: 長澤まさみ、岡田准一、石田ゆり子、風吹ジュン、香川照之、大森南朋、竹下景子、内藤剛志、風間俊介 公開: 2011年7月16日 2011年7月20日。劇場観賞。 公開当時劇場で見てますが、サボリ中だったので感想記事が...
コクリコ坂から (TV放映) (チケット持って、おさんぽ行こう)
(2011) メディア:映画 Anime 上映時間:95分 製作国:日本 公開情報:劇場公開(東宝) 初公開年月:2011/07/16 ジャンル:青春/ロマンス 映倫:G 上を向いて歩こう