豊橋⇔名古屋

豊橋と名古屋の「駅」や「百貨店」を中心とした、少し懐かしい街並み記録室。

僕らの勇気~未満都市 2

2017年07月07日 | その他

KinKi Kids主演ドラマ「僕らの勇気~未満都市」(1997)

続けて豊橋・豊川での撮影シーン。


ヤマト(堂本光一)が、線路沿いの緑道を自転車で走るカットが撮影されたのは、



JR東海道線・東海道新幹線の線路沿いに数キロに渡って続く「福東緑地」という緑道。
撮影されたのは「幸公園」前。



国鉄カラーの東海道線と0系新幹線が交錯するカット。


このカットは、幸公園(左)から撮影。




続けて、市電(路面電車)が走る通りを疾走するシーン。


こちらは市電の「豊橋公園前駅」~「東八町駅」間、中日新聞社豊橋総局すぐ西側。
後ろの民家は、壁の色は変わりましたが植木鉢など当時のまま。


川沿いの堤防を走るヤマト。
豊橋と豊川の間を流れる「豊川(とよがわ)」だと思ったのですが、どうやら違うよう。


「豊川コロナワールド」の前を自転車で横切るヤマト。
豊川コロナワールドは、2009年に建て替えリニューアルしています。

ちなみに、第1話のオープニングのテロップでは「ホテルプリシード名古屋」「ホリデイ・イン・クラウンプラザ豊橋」が“撮影協力”として紹介されていますが、ホテルで撮影が行われた訳ではなく、宿泊や送迎などの面で撮影をバックアップしただけのようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

僕らの勇気~未満都市 1

2017年06月27日 | その他

高校生の頃、学校で「KinKi Kidsがドラマの撮影で幸公園(豊橋)に来ていた。」とウワサになりました。
そのドラマのタイトルは「僕らの勇気~未満都市」。
デビューシングル「ガラスの少年」が大ヒットした直後のKinKi Kidsの2人が主演、
さらに2ndシングル「愛されるより愛したい」が主題歌に起用された事で、
放送前から注目を浴びていたドラマでした。

堤幸彦監督が名古屋出身という事で、主人公のヤマト(堂本光一)は名古屋の高校生という設定。
第1話の序盤、ヤマトが自転車で名古屋→幕原へ向かう道中のシーンが、実際に名古屋・豊橋・豊川で行われました。
全てではありませんが、名古屋・豊橋・豊川でのロケ地を紹介したいと思います。

まずは、名古屋での撮影シーン。


ヤマト(堂本光一)が彼女のスズコ(矢田亜希子)に、幕原へ行く事を告げるシーン。



撮影されたのは至学館高校の南側、矢田中学校の東門前。
後に見えるのは、この年(1997年)完成したばかりの名古屋ドーム。



スズコがヤマトを引き止めるカット。



現在、同じ位置から。左は至学館高校のグラウンド。



走り去るヤマトをスズコが追いかけるカット。



現在、同じ位置から。右は三菱重工業大幸寮。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊橋文化ホール

2016年10月31日 | 名豊・開発ビル
8月11日~10月23日まで開催された「あいちトリエンナーレ2016」。

2013年に閉館した開発ビル10階の「豊橋文化ホール」が、会場として開放されるという事で見に行ってきました。


普段は押しても点灯しない10階へ。



ホール入口。


木のパイプやレンガを利用した、なかなか凝ったホールでした。


ちなみに、開発ビル8~10階には、1973~75年のわずか2年間の間「サンマートボウル」というボーリング場がありましたが、この10階「文化ホール」にはそのボーリング場の面影が残っているようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旧ステーションビル店舗配置図 3F

2016年09月22日 | 豊橋ステーションビル


1970年(昭和45年)


1991年(平成3年)

※画像は共に、資料集「駅ビルの歩み」から


現在。「けいとだま」は、ほぼ同じ場所で営業中。
「ハカタ屋」「エルコ」「プルミエール」は2階からの移転組。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

旧ステーションビル店舗配置図 2F

2016年09月21日 | 豊橋ステーションビル

1970年(昭和45年)


1991年(平成3年)

「ハカタ屋」「エルコ」「プルミエール」は、場所を3階に移して現在も営業中。
※画像は共に、資料集「駅ビルの歩み」から
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旧ステーションビル店舗配置図 1F

2016年07月31日 | 豊橋ステーションビル

1970年(昭和45年)の店舗配置図。


1991年(平成3年)の店舗配置図。

1973年(昭和48年)、地下道へ下る階段が完成。
1980年(昭和55年)、開業10周年に合わせて、コンコースに面したデパートのエントランスを拡張。
1985年(昭和60年)、開業15周年に合わせて待合室を店舗化。待合室は改札口横に移転。
1990年(平成2年)以降、旅行センターは「JR東海ツアーズ」へ、みどりの窓口は「JR全線きっぷうりば」へリニューアルしたものと思われます。

※画像は共に、資料集「駅ビルの歩み」の掲載されているものに、加筆・修正を加えてあります。


現在のカルミア店内に掲示されている避難経路図と。
縦6本・横13本の柱が支える建物の基本構造は変わらず。


さらに、現在の店舗配置図と。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旧ステーションビル店舗配置図 B1F

2016年06月18日 | 豊橋ステーションビル

豊橋ステーションビル開業当時、1970年(昭和45年)の店舗配置図。
地下1階は、50を超える食料品店が軒を連ねる「デパ地下」でした。

1973年(昭和48年)には駅前中央地下道との連絡通路が開通。


1991年(平成3年)の店舗配置図。
店舗の数は30に減少。
エスカレーター西側あたりに2台のお菓子の回転台があったのは自分の記憶違いでしょうか…?

※図は共に、資料集「駅ビルの歩み」から。


現在。
マツモトキヨシ店内に通じる左の入口は、かつての東西地下道への入口。


コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

ダイエー豊橋 3

2016年03月12日 | 豊橋ダイエー

イルミネーションに彩られた夜の広小路通りとダイエー。


ダイエー閉店後は100円ショップが入居。 ※写真は2000年。


2002年。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

河合塾 旧豊橋校

2015年11月15日 | その他

新本町にあった河合塾旧豊橋校。現在は高層マンションになっています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅行センター

2015年11月04日 | 国鉄名古屋駅

1985年(昭和60年)に新装された旅行センター






旅行センターの上(2階)には、喫茶店が2店舗入居。

また、旅行センターの新装オープンに合わせて、大時計上のガラス窓もステンドグラスに一新されました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

金谷ホテルベーカリー閉店

2015年09月09日 | その他

こちらも少し古い話題ですが、ココラフロント向かいの老舗パン屋「金谷ホテルベーカリー」が3月で閉店しました。


子供の頃から、豊橋西武に行った帰りには、ここによく立ち寄りパンを買っていました。


いつも買っていたのが、この「チーズロード」。
午前中に売り切れてしまうほどの人気商品。


閉店を知らせる張り紙。
「開店以来17年間」と書いてありますが、自分が小学生の頃(20年以上前)からあったはず…
調べてみると、実際の開店は1989(平成元)年3月で、正確には26年。


在りし日の外観。


こちらは店内の様子。手前がベーカリーで、奥は喫茶スペース。
ベーカリーで買ったパンを喫茶で食べる事も可能でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「花びし」閉店

2015年09月08日 | 豊橋ステーションビル

少し古い話題ですが、カルミヤ地下1階のお好み焼き屋「花びし」が、3月で閉店しました。

1970年(昭和45年)のステーションビルオープン時から入居する老舗でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東宝劇場 2

2015年04月28日 | 豊橋西武

昔、豊橋西武東宝で撮影した写真を発見。
1993年の「ゴジラVSメカゴジラ」公開記念イベントに行った時のものです。



劇場内の様子。



ロビーにて。劇場から出てきたゴジラと記念撮影。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金の柱・銀の柱

2015年01月23日 | 国鉄名古屋駅

1960年(昭和35年)4月16日、名古屋駅の定番待ち合わせスポット「大時計の下」の混雑解消のため、中央コンコースの柱2本にそれぞれ金・銀の装飾を施し、新たな待ち合わせスポット「金の柱」「銀の柱」として指定。
現在の「金の時計」「銀の時計」のルーツでもあります。


1978年(昭和53年)の構内図に描かれた「金の柱」と「銀の柱」。


1980年頃の中央コンコース。手前から4本目に「金の柱」が見えます。


現在の中央コンコース。手前から4本目の柱が、かつての「金の柱」。


こちらは鮮明な写真。1962年(昭和37年)
金の柱の裏は「第一待合室」。その奥には松浦商店の売店が見えます。

※画像は「緑の旅人の会ブログ」さんから拝借いたしました


現在、同じ位置から。奥は売店「グランドショップ」と本屋の「LENDY3」。
※2015年8月、グランドショップが「グランドキヨスク」としてリニューアルオープン。


一方、「銀の柱」があったのは、現在の「JR東海ツアーズ」前。
構内図から推測すると、桜通口側から数えて9本目の柱(写真・右)だと思われます。

「金の柱」「銀の柱」は、コンコース改修工事のため、1980年(昭和55年)に廃止されました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旧豊橋駅の映像

2015年01月04日 | 豊橋ステーションビル


YouTubeで見つけた旧豊橋駅の映像。
冒頭に少しだけ、旧コンコースの待ち合わせスポットだったキヨスクの姿を見る事ができます。

タイトルに「昭和50年前後」とありますが、すでに「JR豊橋駅」になっているので1987年(昭和62年)以降の映像だと分かります。
ネットで調べてみたところ、1994年(平成6年)の映像のようです。

ちなみに、改札口のシーンは豊橋駅ではありません。


同じくYouTubeから。1991年(平成3年)に撮影された新幹線からの車窓。
1分過ぎから、旧豊橋ステーションビルや旧跨線橋、豊橋西武を見る事ができます。

ちょうどこの頃、小学生だった自分もよくこのホームに来て、通過する新幹線を眺めたり、写真を撮ったりしていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加