重慶暮らし(えっちら!おっちら!) ~自転車と共に~

2015年3月から重慶市へ単身赴任、人生初めての単身赴任それも海外 楽しみよりも不安でいっぱい。

万盛石林 リベンジ ・・・・・

2017-06-18 10:46:53 | 日記

前回過酷なチャレンジにも拘わらず、失敗に終わった万盛石林 旅行・・・・ 今週はリベンジです

今回は反省して、バッテリー3つ持参、ホテル一泊の自転車ツアーです

  朝6時30分 地下鉄6号線で刘家坪で下車します。そこから南東の方向にある

東温泉を目指します。 アップダウンはありますが、2時間ほどで 到着。

     

農家が多く、カモやアヒルも道端で遊んでいます。ここからは川沿いに南川に向かいます。昼頃到着、前回食べた 小面屋に入ります。

店のおばさんは覚えていてくれて ”あんた 食べるのこれだろ!”というので、思わず ”対 対” 酸菜小面を食べます 

同じテーブルのおじさんは この姿勢のままずっと動きません!(生きているのか??)

  かなりの山岳コースです。重慶市から外に出るにはこの山を越えなければなりません。   線路があるので電車で来る人

も多いのかなと思っていましたが、線路は錆び錆び 廃線でしょう!!

途中で一人で自転車ツアー中の若者に声をかけました。彼は自転車旅の2日目で合計600km走るそうです。途中まで一緒に走ります。

結構な脚力で、着いて行くのが精一杯 夕方5時 無事ホテル到着!!  自転車で来た人は初めてだと大歓迎ムード

 まず 夕飯食べろと円テーブルに一人座ります。食事は(旨くもなくまずくもなく)

それより、シャワーを浴びたいんだけど・・・と聞くと”今は空いていない・・” てことは 

共同シャワーなんだ ⤵⤵⤵     テレビはつかない、ドアはべニア板、トイレもシャワーも一つだけ、タオルなし 

どう考えても、宿泊者15人はいるので・・・・ ぞっとします。1泊100元で夕飯、朝飯つき、かつ万盛石林の入口まで50m しょうがないか 諦めます・・・ べニア板のドアの外は 例のしゃべり声でうるさいので 耳栓して寝ます。(耳栓は絶対必要)

朝7時起床、食事して、いよいよ目的地 万盛石林 に向かいます。

  全体的には石灰岩の岩場です。素晴らしい景色!!

  

    石灰岩は表面はうろこ状に、面白い形状に風化され、所々トルコのカッパドキアに似ています。

 少数民族衣装を纏って記念写真!  遠くの山には風力発電機もありました。

万盛石林は写真のように自然の残る素晴らしい場所でした。でも私の会社の中国人は誰も知りません・・・ こんなところに自転車で来た日本人は私が初めてかも・・・

11時出発し、自宅に9時に帰宅 2日間で252km 案の定 お尻が痛いので今度サドルを替えてみます。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3連休 ヤルことないので、一... | トップ | 重慶市 世界遺産 武隆へ行... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。