重慶暮らし(えっちら!おっちら!) ~自転車と共に~

2015年3月から重慶市へ単身赴任、人生初めての単身赴任それも海外 楽しみよりも不安でいっぱい。

自由な国 中国

2018-10-29 21:48:24 | 日記

重慶に住んでみると、中国って自由だなーと感じることが多々あります.今日は一日霞がかかったような天気なので(実はpm2.5)

自転車で長江の川沿いの道(南坪路)を走ります

まずびっくりするのが、この建物   途中で完全に捻られています。

耐震構造どうなってんだろ? これも高いビルの割には、筐体が分離しているように見えます。

 朝天門大橋を渡って、洋人街という遊園地に到着

   このビルも 外壁局面をコンクリートで施工するなんて、日本ではあまりお目にかかりません!

 長江を南下します。

 見えてきました。 朝天門に建設中の 例のシンガポールにある 有名なホテル

マリーナ ベイ サンズ (また ものまねがうまいなあ~ と思っていたら、どうやらそのホテルの資本らしい)

  

ビルが反っているのが解りますか? 後ろの4棟のビルのてっぺんに・・・・・ プールらしい 姿が・・・・・・

 これも私が赴任してからずっと工事しています。2019年完成 訪ねてみたい!

長江は三峡ダムのおかげで、写真のような大きな豪華客船が、ここ重慶まで航行可能です。

  

 とにかく 橋がすごい これも日本からのODA 3兆6000億のおかげ??

 横から見ると、反り方が半端な~~い

途中で 重慶の有名な ロープウェイが見えてきます

  以前は待ち時間0分だったのに、

中国観光地 第2位の重慶 休日には4時間待ちだったそうです

そしてしばらく走ると 見えてきました シェラトンホテル いくら縁起が良くても、金色はないでしょ (でも金閣寺があるか・・・・)

 

   

またしばらく走ると、何やら人の群れが・・・ オフロードの走行大会をやってました。

  

約30km 南下すると、道が途絶えます。

 李家沱大橋 を渡り、渝中(半島)に戻ります

ここから繁華街に向かう途中に 四川美術大学 があります

ここが凄い 何がって 大学の周辺の建物が ペイントだらけ・・・・・・

 

         

まあ 町全体がこんな感じです。(あまりアートは感じません??)

見学してみてください!

 

 

 

コメント (1)

凄いぞ 重慶 凄いぞこのホテル

2018-10-29 20:51:41 | 日記

 このホテル 凄いでしょ!

62階が、フロント、そこから下の階 約52階までホテル 後はoffice

  

朝天門、解放碑の素晴らしい夜景が 目の当たりに・・・・

 

 

こんな会議室で 会議してみたい・・・見晴らしのよい部屋は スイートルームで 各階に2部屋つづ  お値段は朝食付きで 3000元 約5万円

結構安くて びっくり ホテル niccolo お試しあれ・・・・

 

 

コメント

登山解禁 御嶽山

2018-10-20 22:55:44 | 日記

多くの犠牲者が出た御嶽山が 2018年10月1日から 4年ぶりに登山解禁となった。

『行ってみよう・・・』 早速 3日準備して 早朝出発

   

 御岳山 山頂が見えます 

   

ここから6合目までロープウェイで10分程度 平日にもかかわらず、全国から登山者が集まっています。 年齢層は言うまでもなく、定年後の方が多い

 さあ 登山開始、山頂まで3時間

 

  

7合目に到着

 

 

もう少しで 8合目 昔は女性はここまでしか登れなかったそうです。それで名前も・・・・

 

お墓らしき 石塔 

 

8合目を過ぎると、森林限界も近く、岩場が続きます。過ごしペースを上げすぎ、息も絶え絶えです。

 

 

さあ 9合目も近づくと森林限界です。地蔵様と鐘 

 

さすが信仰の山ですね!また 至る所、噴火時の岩石が残っています

 

こんな 溶岩が降ってくれば、人間なんてひとたまりもありません。

 

 9合目は、小屋の中を通過しなければなりません。 特に休憩は強制されない 間違えて右に行かないように!! これが右側、行き止り

  

 

9合目からは 一気に寒くなります。 持ってきたダウンジャケットを羽織ります

  

南アルプスが良く見ます。いよいよ山頂に近づくと、噴火の悲惨な光景が目に入ります

  

 山頂です。お地蔵さんの首がありません!

 

この噴火で 58名の方が亡くなり、未だ5名の方が行方不明だそうです。 新しくシェルターのも整備されていました。

ご冥福を祈りながら、下山します

  

帰りもロープウェイ利用 登り2時間、下り1時間30分 なんと駐車場は満杯でした。 

 

 

コメント

日本のホテル 異常事態

2018-10-20 22:21:50 | 日記

9月中旬 久々に日本へ帰国 夕方成田に到着したので、東京で一泊

ホテルも予約せず、早速上野に到着、ネットでホテルを最寄りのホテルを検索すると

なんと 空きのホテルが見当たらない・・・・・

数社のホテルに電話をするも、本日満室・・・・

そうか、今日は3連休の初日、これはまずいとカプセルホテルに連絡、

やっと見つけた 五反田のカプセルホテル

通常料金 3600円が、なんと 7500円、止むを得ず予約、

十数年ぶりの カプセルホテル

大浴場はあるものの、7000円は高すぎる

まあ我慢して おやすみなさい

 

 

コメント

行ってきました 四面山

2018-09-02 13:52:47 | 日記

先週 会社の仲間と 四面山まで行ってきました。四面山は重慶中心部から車で2時間半のところにある(7月から高速道路利用可能)風光明媚な場所です。

  天気も良く、最高の登山日和   途中のパーキングエリアで休憩   四面山の途中にある 中山古鎮 に到着、古い街並みが見学できます

 一番の撮影ポジションで写真をゲット    早速街並み探訪  古い街並みの中心に土産屋、食事処が並びます 

中国では生きてる動物を売っている風景を見かけます。これらを買ってホテルで料理してもらえるそうです

  これは大きなネズミで、食べると結構おいしいらしい。これは ヌートリア(カワウソの一種、別名 海狸鼠)かも・・・・・・  きのこ 種類が豊富でまだ発見されていない効果があるかも・・ 

      犬や豚の燻製

     これ何か解りますか? 

 ハリネズミの針です  1本3元で売ってました 早速1本買いましたが、その使用目的は なんと つまようじ 

 中山古鎮を後にして 四面山に移動します

 

      おお 日本語ガイド

ゲートを抜け、今日の宿泊するホテルにて、昼食

   ホテル1泊 2食付きで    180元(3000円) ここは豆腐が有名で 豆腐花 と呼ばれています 木綿豆腐に近いけどその量が半場じゃない

食事を済ませ出発です 最初は 湖の小舟探索  小舟にはエンジン付きと手漕ぎがあります。当然エンジン付きを選びます 

  

 到着した場所は 四川省と貴州省の堺  えっ これだけ?

  

 帰りは手漕ぎを選択 皆で交代しながらひたすら漕ぎます  小

 到着寸前 フライボードの パフォーマンスショーを見ることが出来ました。

ホテルに戻り、麻雀を楽しみながら、就寝

翌朝 、ホテル周辺の探索  ここはホテル代が安いだけではなく、70歳ほどの老人が、避暑の為に1か月、2か月と長期滞在するそうです。 1か月1500元(24000円)。その理由は自給自足、野菜は外の畑から収穫、家畜は自分で料理しています。 

  これは近くの湖   いざ 出発 まず有名な滝(望乡台瀑布)の見学

 遠くに滝が見えてきました  高さ152m アジアでは最も標高の高い滝だということです

      近づくと虹がかかっています。写真の中心に通路があるのが解りますか

     さっきの通路を通って、上まで登ります。  

中国の凄いところは、観光客が見たくなるであろ所は必ず見せる 観光客ファーストって言う感じです。 日本では安全面、景観面で絶対に許されないでしょう!! 

 滝を後にして

続いて 土地神岩 です  

ここも観光客ファースト 岸壁の中間に通路があり、途中までですが、往復できます

 

 

   

かなりの迫力です。 続いて 水口寺  階段を下ると大きな谷間が現れます     ここはレストランの廃墟とのこと ここも滝の裏路を通ってまた登ります

そろそろ飽きてきました!!!

   子供が3元で売っていた草でできたバッタと記念写真

そのまま帰路につきました。 観光客の一人が、この谷にガラスの橋を架けたらもっと観光客が来る と言っていました

確かに・・・・・ 

重慶市に比べ、気温が低いので注意(8月で半そででは朝は寒い)高速がつながり車さえあれば簡単にいけます。

ただ全部見るには3日は必要です。

 

 

コメント