goo

文演について友人から強い薦めを受けた

 67期文演17/1/28~4/22アンケートです。

  きょうは、霞が関公務員のTさんです。

 アラフォー男子ですが、見えません。若いです。


  
Tさんの文演アンケート

 
Q.1 当講座をどんな目的で受講しましたか?
  A.1 仕事で文章の起案をする機会が多くなり、自分の作成する文章の分かりづらさを日頃から感じており、文章作成を基本から学びたいと思っていた。また、職場での昇進試験を控えており、試験の形式が論文試験のため、内容についても勉強しなければならないと考えていたが、文章の作成方法
のものも勉強したいと思っていた。そんなタイミングで文演について友人から強い薦めを受けた。

  Q.2 「文演」を受講して文章への印象で変わったことがありますか?
  A.2 
人に文章を読んでもらうこと、人の文章を読むことの大変さを改めて痛感した。自分が少しでも読みたくない文章、自分が分かりづらい文章を作
成しても読み手に読んでもらえないし、理解してもらえるはずもない。人に文章を読んでもらうために、内容面はもちろん,形式面についても工夫が必要であると感じた。読んでもらうという視点が自分には不足していると感じた。と言いながら、このアンケートの記載も読んでもらう工夫がされていなくて申し訳ない気持ちだ。技術不足を感じている。

 
Q.3 宿題の「要約」はどうでしたか?
  A.3-1 「授業前」
 要約に取り組む前は何とかなるだろうくらいに思っていた。だが、いざ取り組んでみると納得のいくものが出来ず、どんどん文章の内容や構成が変わっ
ていった。今思えば文章の内容や構成がころころ変わるという行き当たりばったり的なやり方自体が良くなかったかもしれない。そして、自分の検討不足もあり、消化不良のまま提出してしまった。

 
A.3-2 「授業後」 同じ文章を要約したはずなのに、受講生各自の要約が異なっていた。受講生各自の要約は人の文章を要約した文章なのにそれぞれの個性が出てい
て面白かった。他の受講生の要約で記載されているものが自分の要約になかったり、その逆もあり、ある程度は出来ていると思っていたのだが、蓋を開けてみれば肝心のところがとれていなくて、自分の読み込みの甘さや検討が足りなかったことを後悔した。第8回の講義の前に一気に不安になり書き直したくなったが手遅れだった。

  Q.4 全体的な感想をお聞かせください。
  A.4 
文演を終えてみて、確かに、文章を読むときに「ここがおかしいな」と思うことが多くなった。しかし、自分が文章を作成する際に以前よりも時間がかかるよ
うになり、人に文章を読んでもらうのが怖くなった。人に分かりやすく読んでもらうために、具体的にどのようにすればよいのかが、自分にはいまだによく分からず、文章作成の修行のスタートすらも恥ずかしながらこの年齢で出来ていないが、そのような意識を持てるようになったことが成長しているのだとプラスに捉えて、これから人の文章に接し、自らも文章を作成していきたい。松田さんが講義の中で「他者に関心を持ってください」と何回もおっしゃっていたが、興味を持って文章やその作者に真摯に向かい合いっていき、文章についての勉強を継続したい。

 Tさんは、昨年12月11日に入会し、現在受講15回。月2回ペースでコツコツ週末に通っています。受講11回目からはロジカルCタイプに入ってます。

 Tさんについて書くときは彼の周辺を書いたほうが早いです。

 部厚いネットワークをもっていそうです(当然、67期勉強会にも参加しています)


 Tさんは、第66期文演受講生Fさんの紹介です。2人は大学の同級生。

 Fさんは某戦略研究所の研究員。Tさんを紹介し、奥さんをもクリエイトに紹介してくれています。でも、いまだに第66期文演アンケートを提出していない豪傑です

 日曜も奥さんのMさんと一緒に教室にレッスンを受けにきていました。体験レッスンの説明時、事務室からFさんや奥さん、他の生徒さんを入れて5人のエレベーターに『文演アンケートまだ待ってますからー』と声をかけると、「早く閉めろ閉めろ」と奥さんのMさんをせっついているのが見えました。事務室から見ていた女性スタッフが後から「あれがゆるされるのがFさんなんですよね~」と笑っていました。

 このFさんにクリエイトを紹介したのが、家族6人が全員クリエイトに通ったBさんでしたBさんは再入会し文演(第35期生)も受けました)2人は、とある勉強会で知りあったそうです。みなさん、とにかく勉強しています

 「省は違いますがFを紹介したBさんといま一緒に仕事をしています」と、TさんはBさんからもクリエイトのことをススメられたとのことです(スミマセン、人体的特徴・雰囲気などを書くともっとわかりやすいのですが、「教室」としては難しいことです


 「Bさんが東京を離れるため、今夜4人で送別会をします。ちょっと10分ぐらい顔出していただけないでしょうか」と、Fさんから4月の某日曜に話がありました。『生徒さんには「公平に」
を心がけています。Fさん、申し訳ないです』とアッサリ断りました。Tさんから同じ話が別の時間にありました。『そうですね~。家族6人全員などないことですからね。じゃあちょっとだけ』と言ってしまいました。Tさんのジントクというものなんでしょうか。

 送別会の席でTさんとFさんの奥さんであるMさんがこちらに気を遣ってか「職場のひとにクリエイトを紹介してます」「そうそう、ワタシもおとといの昼休み話しちゃいました」と話しているとき。BさんとFさんから「軽々しく話したらダメです」「クリエイトは秘密基地、地下組織。大事なひとだけなんだから」と漏れたときは驚きました。

 そんなこと言わずに宣伝してもらえば、googleに広告を載せなくてもいいのにと思いました

 Bさんには文演が相当効いたらしく(トップのトップでお偉いさん方の書類等の仕分けを任されていたそうです)、今後は一国一城の主としての新生活が待っています。

 ぜひ、東京の後輩たちに広報活動をしていただきたいです。「困ったときはクリエイト速読をググれ!」で。ぜひ「軽々しく」お願いします。

 Bさんの信用度でこれだけでいけます。
 

 9月30日からの第68期文演もいよいよ一ケタになりました

 どうぞお早めに。   
 

   

 

                ※クリエイト速読スクールHP    

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 正直に申し上... 仕事前の朝ト... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。