中華街ランチ探偵団「酔華」

中華料理店の密集する横浜中華街。最近はなかなかランチに行けないのだが、少しずつ更新していきます。

関帝廟通りの「金陵」2階でランチ

2007年07月09日 | 中華街(関帝廟通り)

 中華街大通りの「金陵酒家」は閉店してしまいましたが、関帝廟通りの「金陵売店」がリニューアルされて再開したのは6月中旬。
 先日、ここで持ち帰り用の叉焼飯(1000円)を買って帰り、あわただしいランチをとりました。そのとき、店の女性から重大な情報を得ました。

女性:『2階でも食べられるんですよぉ。ぜんぜん宣伝していないんだけどね』
探偵:『エエッ!? じゃあ、次はテイクアウトではなく食べに来るね』   

 というわけで、今回の訪問になりました。


 2階へあがると、そこは小奇麗な小部屋。どこか新築したよその家に来たような感じです。
 6人がけの丸テーブルが1つ、4人がけの角テーブルが1つ、そしてどういうわけか、窓を向いた1人がけテーブルが1つ、合計11人で満杯です。でも、テーブルをギチギチに詰めていないので、かなりゆとりを感じさせます。
 BGMがFMヨコハマというのも好きになってしまいました。おばさんの愛想もいいし、知人の家に来たという感じですかね。


 これが昼時のメニューです。豚バラ煮込みかけご飯、ねぎチャーシュウ丼以外は大小ありますが、おばさんの話では「小」で充分とのこと。


 で、頼んだのがこれ。アヒル丼です。小800円。
 ご飯の上にアヒル焼きと、煮卵半分、味付き小松菜が乗っています。これに甘いタレがかかって、食欲が進みました。
 でも、アヒルは骨が多いので、やっぱりお薦めは叉焼丼でしょうね。


 これは、その他の料理のメニューです。あとから入ってきた二人連れがビールや紹興酒を呑みながら、こんなのを食べていました。
 わたくしも、仕事帰りに寄ってみたくなりました。


←素晴らしき横浜中華街にクリックしてね



『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝めし | トップ | 大混乱のうちに「盛華楼」が... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おどろいた (本須)
2007-07-09 07:48:24
よくこんな情報拾ってきますね。
まったく気づきませんでした。さすがです。

メニューの値段をいろいろ貼り替えている
ところを見ると、まだ試行錯誤の段階と
いったところでしょうか。
少し様子を見てから寄ってみたいです。
Unknown (Unknown)
2007-07-10 04:23:46
 新しい店に限りませんけど、お会計するときとか、いろいろ聞いてみたくなっちゃうんです。
 でも、このときは「2階で食べられますか?」なんてことは聞いていません。
 おばさんとレジで雑談していたら、こんな情報を貰ったのです。
 余禄みたいなものでしょうか。

 料理の金額ですが、メニューの値段をめくってみました。そうしたら、貼った金額よりも低い額がかかれていたりして、これまた嬉しくなってしまったというわけです。
 値段が完全に確定していなのかもね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。