堂目雨水の水面光るザ・ヌーンタイム

世界的に類を見ないアホさ加減で、港町から異次元への進出を試みる男の、血湧き肉躍るワクワク山盛りの詩作品等を閲覧できます!

始まりのイメージ

2016年11月26日 01時07分40秒 | 詩編
 深い深い悲しみから
 滾滾と湧き出でる泉

 胸締め付けるような切なさから
 絞り出されるかけがえのない微笑

 世界を泣いた夜だって
 跪いて願った星の尻尾に

 とめどなく飛来する試練に
 僕らは何度挫けそうになったか知れん

 冷えた街の人々の忙しない往来に
 何度も唱えた僕らの人生きっとAllright!

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ありふれたコトバAsobi | トップ | 迷える秋の終盤 »

コメントを投稿