堂目雨水の水面光るザ・ヌーンタイム

世界的に類を見ないアホさ加減で、港町から異次元への進出を試みる男の、血湧き肉躍るワクワク山盛りの詩作品等を閲覧できます!

迷える秋の終盤

2016年11月26日 01時10分48秒 | 詩編
ラッキーな感違いを
胸に、鼓動に
染み渡らせて
無味乾燥な諺
傍らに投げ捨てて
お茶目な君の目に
淡い風景を宿して
僕の眼に
今日も
まん丸い月が顔を出す

それは秋の宵の口
それは貴女の酔える口

大きな誤算を寿いで……
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 始まりのイメージ | トップ | 眠りの前の儀式 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。