Chibo Cafe

フランス・パリとヨーロッパとおいしいものが好きなchiboのつれづれ日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パリのル・パン・コティディアン (カフェ)

2009-11-13 00:25:11 | parisカフェ&サロン ド テ
《Paris/オペラ地区:ビオカフェ》

朝、泊まったホテルのすぐそばにあった
大好きな『 Le Pain Quotidien 』(ル・パン・コティディアン) へ !



place du Marché St. Honoré (マルシェ サントノレ広場) にある店舗に行きました

BIO (ビオ) = オーガニックの食材やパンが食べられるカフェです。
本店はベルギーですが、フランスやロンドン (アメリカも) にも店舗をもつ
雰囲気の良いお店。

フランスの (ヨーロッパの) おいしい朝ご飯ってこんな感じだろうなぁ
というお店なので、気分が上がってきます
(もちろん朝食に負けず劣らず、夕食などもとてもおいしそうです)



タルティーヌ (オープンサンド) などもありますが、
シンプルなパン&コーヒーなどを頼んで、パンにジャムをつけては食べるという
単純作業がとても楽しいお店です。

長テーブルもこのお店のシンボル。
ターブル・ドットのような感覚で知らない人同士でも相席。
お互いの席のそばにあるジャムやスプレッド・調味料を
交換しながらして食べていく形式です。

私が頼んだのは・・・

Petit Déjeuner "Le Pain Quotidien"
(croissant, panier de pain, jus de fruit, boisson chaude & un oeuf coque bio )

'' ル・パン・コティディアン '' という名のプティデジュネ (朝食)。
・クロワッサン
・パニエ ( かご入りパン )
・好きなフルーツジュース (オレンジジュースをチョイス)
・好きな暖かい飲み物 (カフェクレームにしました)
・BIOのゆでたまご
のセットでした。

すぐにパンと、パレット皿が到着。
この皿でパンにジャム等を塗ったりします。

このパレット皿やパンのカゴが気に入ってしまい、
帰りに購入しました。
これで『ル・パン・コティディアンごっこ』がお家で楽しめます



このお店は、棚に飾られているワインやジャム・塩・オリーブオイル等も
購入できます (お皿類も)。
もちろん食材はBIO。
食事をするとどれもおいしいので、食材やパンも帰りに買っていきたくなります。



飲み物類も到着。
このカフェオレボールに入ったカフェクレーム、
思い描いたとおりのようなヨーロッパの朝食らしいアイテムですわ~。


Boeuf Cru Basilic, Huile Vierge et Copeaux de Parmesan

旦那さんご注文の生牛肉とパルメザンチーズのタルティーヌ。
こちらも、お肉ながらさっぱりとしていて朝食に良いです。

ヴァルサミコやお塩などもあるのでいろいろつけてみながら
食べる楽しみもあり。



ゆでたまごも到着。
思う存分ジャムやバターをつけては食べて、つけては食べての繰り返し。

ジャムもすごくおいしいです
とくに、白チョコレート・ビターチョコレート・アプリコットの3種。
チョコは購入すれば良かった ! と軽く未練が残るおいしさ。
(で、アプリコットのみ購入。重たいのでジャムのチョイスは苦渋の決断・・)


内容的にはシンプルなので、
サラダを頼んだり、ブランチメニューを頼んでも良さそうです。

はー、また行きたいです。



'' Le Pain Quotidien ''
18, place du Marché St. Honoré
75001 Paris
OPEN:8:00 ~ 22:00
定休日:無休
メトロ:Tuileries (チュイルリー), Pyramides (ピラミッド)
※他店舗あり


★:Le Pain Quotidien
『海外旅行』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パリ・ポワラーヌ併設のカフェ | TOP | パリみやげのお皿でカフェ風朝食 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。