Catch of the day

food planner cacoの日々もぎたてスピリッツ・・・

そろそろ・・・

2017-03-21 | ふと思うこと



春分の日が過ぎました。

気配がしますね。

今年もサクラ、

毎年同じ花のように見えるけど

同じ花じゃないです。


切り戻された枝もあれば

雪に耐えしなやかさを備え

少しづつ変化を受け入れて春に華やぐ。


ダーウィンが言ったそうです。

最も強い者が生き残るのではなく、

最も賢い者が生き延びるのでもない。

唯一生き残るのは、変化できる者であると。


この言葉はここ数年変化の日々を送る私にとって

背中を押してくれる力強い言葉でした。

切り戻したものの

そこから芽が出るのか不安になる日も、

変化に流されそうになったり。

でも最近はこんな自分をとても人間らしいなあって思います、笑。


満開の下で

変化に挑む力強いエネルギーを感じたいなって思います。


そろそろ・・・ですよ。



 



週末レシピ
↑週末レシピはこちらから

 

この記事をはてなブックマークに追加

Avenue

2017-01-19 | ふと思うこと



ウォーキングで身体がぽかぽか。

公園のベンチに座って見上げると

送電線。。。

空を飛ぶ鳥たちにとっては

まるで空の上のAvenue?


アベニューね・・・

フランスへ行くと

マップの通りの記載が↓こんな風にされています。


Avenue アベニュー(大通り)

Rue リュ(ストリート)

Boulevard ブールバール(大通り)


どう違うと思いますか?

大学の講義、イベントなどでお話したこともあったと思います。


Rueは一般的な道、ストリート。

Boulevardは過去に城などがあった後の大通りを

こんな風に表現されています。

で、Avenueアベニュー、大通り。


Avenueというのは街路樹が両サイドにあって

その先にモニュメントがある場合。

パリの凱旋門はAvenue de Champs-Elysees(シャンゼリゼ通り)

となるわけです。


そう考えると日本にもたくさんAvenueがありますね。

外苑の銀杏並木はAvenueでしょう。

そしてみなさんがお詣りする神社なんかはそうであることが多いです。


両サイドに大きな杉木立に守られながら

その先に鎮座する本殿へ続く道こそ

Avenueなのです。


歩いていく先にどんな目標を立てましたか。

自分で決めたAvenue、しっかり歩いていきましょ。



 



週末レシピ
↑週末レシピはこちらから

  

この記事をはてなブックマークに追加

2017年スタートです!

2017-01-04 | 暮らし



あけましておめでとうございます。

2017年スタートしました。


初ウォーキングが最高に気持ちよかったです。

公園のベンチに座って

ぼー。

とあることを思い出していました。


実は昨年末にちょっと面白い不思議なことを体験しました。

出先で訪ねるところ、行くところ、

なんと坂道、坂道、坂道。

しかも非常なまでの急な坂道なのです。

スキー場でいうと上級者コース。

こんな坂が存在するなんて知らなかった。。。


車で坂道を祈るように上ったものの

降りる時・・ブレーキ踏みながら・・ど、ど、どうしよう。


その時、

近隣の方だと思われる車が何でもないように

すいすいと通過していくのです。

すごい住宅街でした。


しかもこんな坂がなんと一度だけでなく

別の日にも

また別の日にも。

さすがに3度続いたあたりから少し考えました。


私にとっては初めての急な怖ろしい坂道でも

地元の人にとっては慣れたもの。


「習うより慣れろ」

そんな言葉がポンとね、浮かびました。

そうだな。

もう今の自分でできることはたくさんある。

今年はいろんなことをたくさん練習、練習。

慣れがいっぱい増えたら最強だと思いませんか。


2017年、今年はボボボーって燃えていきます。

いい感じでスタートです!



 



週末レシピ
↑週末レシピはこちらから

  

この記事をはてなブックマークに追加

よいお年を

2016-12-31 | 暮らし


お部屋がキーンと冷えてる。

鼻が冷たい。

瞼の下で夜明け前の薄暗さをぼんやり感じながら

お布団の中は気持ちイイくて幸せ。

毎日そんな冬の朝。


やっぱりどう考えても冬なんですね。

寒いけどウォーキングしてます。

今日は底冷えがする寒さでしたが

だんだん身体が温まってくると

冬の寒さを味方にしたような心地良さを感じます。


余計なものが剥がれ落ちて心身ともにシェイプアップされているときは

いつもより風の音を強く感じたり

匂いや気配、もう一つ別の感覚がすごくシャープになります。


デスクの上に少しでも書類が増えてくると

なんとなく落ち着かなくて集中できない。

いろんな意味でシェイプアップって大事です。


新しい年はまもなく。

わくわくしていますか?

このわくわくを味方にして

何か素敵な奇跡との出会いを信じれることができたらいいですね。


私は今年、「私らしさ」ということを意識してみました。

これまでパターンを変えずにきたいつもの「私」

自分が望んでいるのは本当はもっと別の私なんじゃないの?

いろんなことにチャレンジしてみました。


たくさんの講座に参加。

本音を語れる仲間との絆。

幸せな一年でした。

本当に私らしく2016年を締めくくることができること

全てのことに感謝したいと思います。


いつもブログにアクセスしてくださるみなさま

本当にありがとうございました。

来年は素敵なことをたくさんシェアしていけたらいいなって思います。


どうぞ良いお年をお迎えください。






 



週末レシピ
↑週末レシピはこちらから

  

この記事をはてなブックマークに追加

スパイス  ~最後に炒める第3のカレー★マウンテン~

2016-12-28 | 
どうしても元気が出ない時、

どうやって復活しますか?





そんな時スパイスっていいですよ。

で、このカレーの美味しさに救われるのです。

わが家はここのチキンカレーが好き。

スパイスの効果ってすごい!


個性的な調理法で最後に炒めるカレー。

だからかスパイスの香りが2倍2倍 

店名も個性的

最後に炒める第3のカレー★マウンテン

家族経営でとても心温かな接客、とてもいいお店です。



旧白洲邸・武相荘が近くです。

年内もう一度行きたいなあって思っています。



 



週末レシピ
↑週末レシピはこちらから

   

この記事をはてなブックマークに追加

メリークリスマス

2016-12-25 | 暮らし



独身の頃はこの時期になると

人の気配がしたり

賑わいがあると

人恋しく、寂しかった。

だから年末というのがすごく嫌だったし、

お正月に仕事というのは逆に気が楽だった。


ウォーキングをしながらそんなことをふと振り返っていたら

だんだん暮れてきて

住宅街のなかに灯りがぽつぽつ。

どのおうちからだろうか? 今夜はおでん?

そんな匂いに家庭の温もりが伝わってきて

ほっとするようになった。


どんなクリスマスでしたか?

私は保育園で3年連続でクリスマスメニューを作らせて戴きました。

ミートローフ、ピラフ、ツリーサラダ、オニオンスープ

ピラフをツリーに見立ててお星さまの人参とブロッコリーを飾りました。

私の作るオニオンスープはあめ色に炒めて作るので

とっても美味しいスープなの 

ミートローフはお野菜をゴロゴロいれてとっても美味しくできました。


そう、私の作った給食は最高に美味しいのよ!


で、考えてみたらミートローフを夫に作ってあげたことがないなあって。

でで、わが家の今年のクリスマスはミートローフでした。


子供のころに母が作ってくれたのを思い出してみた。

母が見ていた料理本のなかのミートローフは

カットしたミートローフの周りにマッシュドポテトでデコレーションし

お野菜が並べてあるの。

このマッシュドポテトのデコレーションというのが

お洒落なライフスタイルのようにお料理本に出てました。

昭和の時代にはとても画期的なことだったんだと思います。


で、今年は昭和のクリスマス。


サンタの背負う大きな白い袋のなかにいろんなものが入っているように

大きなお皿になにもかも一つに盛って

「分け合う」クリスマスでした。






 



週末レシピ
↑週末レシピはこちらから

  

この記事をはてなブックマークに追加

シフトチェンジ 

2016-10-12 | 仕事



今年の春ごろからゴスペルを習っているの。

うふ。

みんなの声がひとつになった瞬間て感動します。





初めての時はドッキドキ。

今までの私とは180度違うことでありえないことだった。





練習をしていかないと

時々音を外し、撃沈。





後ろの人の声がよく聞こえるので

上手な人の前にちゃっかり陣取り助けてもらう。

私の前の人、ごめんなさい。




しっかりと練習していった日は




達成感がある。

姿勢も前に出る。





みんなと一緒ってこんなに楽しいんだ。

ONENESS

この言葉を今年一番意識してきました。

セミナー、イベント、講座を通して

たくさんの仲間、たくさんの出会いがあった今年、

人生のターニングポイント。





内側に変化が起こると現実も変化が始まります。

今まで無理だと思っていたことが難なくやれるようになったり。

興味のベクトルも変わった。





私のプロフィール(横顔)は今どんなだろう。

以前よりは背筋がピンとしているかしら。

そんな歳を重ねていきたいな。





未来が見えなかった長い時間がようやく去った。

やっと「食育」という分野へシフトしていく自信がつきました。

保育園の給食作りは可能な限り続けます。

頑張ります。




※画像はすべてダリアの花です。

先日町田市のダリア園へ行って来ました。



 



週末レシピ
↑週末レシピはこちらから

   

この記事をはてなブックマークに追加

七里ヶ浜

2016-10-04 | 



すっかり空が高くなりましたね。

一年のうちでもっとも海が広く感じられます。


ここ七里ヶ浜の空を見上げると

空に龍のような雲の上にかすかに光の梯子を感じました。





先日、江島神社へ参拝してきました。

夏が戻ってきたような一日で

水面の温度が一気に上がってもわっとしたような、

海の香りが時折漂います。


そんな風に

イカのぽっぽ焼きの香りなんかがブレンドされちゃうと

より一層境内までの賑わいを感じますね。


久しぶりの江の島。

階段きつかったあ。

でもこの日すごくいいおみくじを戴いたのです。





その場所の良いエネルギーが欲しい時は

その土地のものを戴くのがベスト。


七里ヶ浜の住宅街のなかにひっそりと

あの珊瑚礁のカレー屋さん、本店があります。

隣にあるWAHINEで海南鶏飯(ハイナンジーファン)、

所謂シンガポールチキンライスが戴けるのですね。

迷った。

私はここで戴いたことはないですが、

大好きなワンプレートご飯です。


混んでいたけれど外のベンチでカレーの順番を待つことに。

スパイスの香りがあまり漂ってこないのね。

実際のカレーもスパイス感はあまり強くないです。

ライスの上のコールスローがいい感じです。


ビーフカレーを戴いた後、

少し迂回するように西鎌倉から鎌倉山へ登るようにドライブを楽しみました。





眺望がすばらしいことで知られるLe Milieu(ル・ミリュウ)

ケーキを食べたかったのですが、

この日はマダムで賑わい。

男は夫ひとりになってしまう。

恥ずかしいかなあと(笑)次回にします。


この近くに会席料理で有名な山椒洞というのがありました。

元々は女優の田中絹代さんのご自宅だったとか。

今は山椒洞は閉店。

みのもんたさんのご自宅になったのですね。

見晴の良い場所なのです。

代々著名な方へと引き継がれていく

そんなエネルギーをもった場所なのかもしれませんね。

日本一高いチーズケーキの店、ホルトハウス房子さんの店も並んでいます。


古いものが壊されて新しいものが建つと否定的に捉える人もいます。

確かに古いものが残ることも素敵なことです。

が、変化することも大事で自然なこと。

古いものが好きな人もいれば

新しいものが好きな人もいる。

大切なのは、そこにどういう意図があったかということだと思います。


私が最近とても気をつけようと思うこと。

何が是か非かをジャッジしないように意識するようになりました。

ちょっと平和です、笑。


で、鎌倉山。

住宅街のなかにぽつりぽつりと素敵なカフェもありますよ。

鎌倉山から七里ヶ浜へ車でダイレクトに降りることのできる道は

地元の人がお散歩で通る細いほそい一方通行の道。

車がやっとこさ通れます。

鎌倉山から七里ヶ浜へ降りることができても

七里ヶ浜から鎌倉山へ車で上がることができないので

迂回することになります。


迂回。

それもいいですね。

歩くのも気持ちいいですよ。

風が気持ちいい季節です。


海と山の間に街がある。

私の生まれ育った神戸もそう。

だからかな、昔からこの七里ヶ浜が大好きなのです。


 



週末レシピ
↑週末レシピはこちらから

   

この記事をはてなブックマークに追加

憧れの人

2016-09-27 | 
群れない。

自立しよう。

若い頃から少しづつこの傾向が強くなっていったので

CAの生活も長く続けることができたと思っています。


そこにはある憧れの人の影響があったのです。

先週の土曜日その人に会いに出かけました。


憧れの人・・・

女優の岸恵子さんです。

神奈川県立音楽堂にて「わりなき恋」の朗読劇でした。


桜木町の駅を降りると雨のなか音楽堂までの道は

60代くらいの大勢の女性たちで連なっていました。

予想通り会場はぎっしり。

舞台は90分のひとり芝居です。


舞台に姿を現した瞬間の華! オーラ! 

ため息がでるほど素晴らしい。


途中、何度か言葉を噛むシーンが目立ちました。

が、終わった瞬間に湧き上がるもの凄い拍手に

いつの間にか私ものみこまれるように感動して涙がこぼれそうに。

理由はわかりません。

が、伝わってくるんです。


みんな彼女に会いたい。

岸恵子さんが何をするのか?

魅かれるのは「挑む姿」だと思うのです。


「ありがとうございました、胸がいっぱいです」と

岸恵子さんも感動されていました。

本当にお変わりなく美しいです。

84歳だという姿に

老人のイメージはない。

ハイヒールで背筋が伸び凛とした姿は

パリの街にとても似合う。


「パリの街」を想像して

思い浮かぶ女性は

岸恵子さんとアヌーク・エーメだ。

私にとっては奇しくもお二人とも同い年。


こんな人がいるなんて奇跡だ。

奇跡って起こるんじゃなくて

起こせるんですね。


現実は内側の反映。

人は「意識する」ことで

自由自在なのです。



 



週末レシピ
↑週末レシピはこちらから

   

この記事をはてなブックマークに追加

芦ノ湖へ @山のホテル

2016-08-04 | 


大涌谷の異変で大騒ぎだった昨年の箱根。

すっかりいつもの箱根に戻りましたね。

芦ノ湖の花火にやってきました。





箱根神社にご挨拶をしてから

今年の夏も山のホテルでお世話になります。

昨年は湖上からの花火のはずがガスっていてちょっと残念でしたが、

今年はリベンジ。





早めのチェックインで、

夕食までホテルのラウンジでゆったりします。

本を読もうと分厚い1冊を持ってきたのに

まったり、うとうと。





ホテルの「ヴェル・ボア」でフレンチ。

外の景色を眺めながら

夏色をした綺麗なオードブルから始まって

このホタテのナージュ。

そしてプディングのような冷え冷えのとうもろこしのスープ。。。

少し戴いたシャルドネが美味しかった。あ、ボルドーも少し。


小さなとても可愛いらしい女の子がお隣の席にいて

目が合ったので少し話しかけてみた。

もうすぐ三才だそうで

可愛いケーキでお祝いしてもらっていました。


三才でフレンチって素敵ね。

リゾートホテルということもあり

ホテルの方のケアも行き届いているのでご両親も気兼ねなく楽しめますね。

とても大人しく上手にお食事していました。

素敵なレディになりますように。

最近はどうしても小さな子に目がいってしまいます。






芦ノ湖の花火は日によって打ち上げる場所が変わるんです。

だから今年はホテルからの鑑賞。

上空へ向かうときのあの「ひゅ~」って音で

まるでスパークリングのようにものすごい数の妖精が弾けたよう。


今年の夏の目標。

自分との約束をきちんと守る夏にしよう。





早起きして何が楽しみって散歩はもちろんのこと、

やっぱり朝風呂。

山のホテルの露天風呂は素敵です。

目の前に杉の木がすーっと天に伸びて

すごく気持ちがいいの。


ひとりきりだと

瞑想したり 


人がいたら

知らない人でも

少しお話してみたり。

少し言葉を交わすだけで

旅の開放感がアップ。

人と言葉を交わすってすごいエネルギーっが宿っているんだなあって思います。





ヴェル・ボアで朝食後、

ホテルの桟橋で朝涼み。

すぐそばの「サロン・ド・テ・ロザージュ」にはまだ人の気配もなく。

朝陽でようようキラキラなりゆく水面。


今年もいい芦ノ湖での休暇に感謝。


泊まるところ、

美味しいもの、

人との出会い、

これだけで旅行90%は成功です。






来る時は御殿場から来ましたが、

帰りは山中湖経由で道志村を抜けて帰りました。



 



週末レシピ
↑週末レシピはこちらから

 

この記事をはてなブックマークに追加