SENTIMENTAL JAZZ DIARY

感傷的ジャズ日記 ~私のアルバムコレクションから~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

RAY CHARLES & MILT JACKSON「Soul Meeting」

2008年11月24日 | Piano/keyboard

最近レコードプレーヤーの針を交換した。
しばらく交換していなかったのでノイズが入るようになってしまい、数百枚はあろうかというレコードも聴けずじまいだったのだ。
私が愛用しているレコードプレーヤーは、YAMAHAのGT-2000である。
発売当時は衝撃的だった。何せ30kg近くもある巨体の持ち主だから、見た目にもすごい迫力があった。一目で欲しくなり、貯金をはたいて購入したのをよく覚えている。あれから既に25年以上も経つと思うが、未だに新品のような輝きを以て棚の上に鎮座している。
針はこれまでDENONのDL-301をつけていたが、今回SHUREのV-15TYPEIIIとaudio-technicaのAT15Ea/Gを手に入れた。どちらも個性的な音を出す針だ。

今日はそのAT15Ea/Gで、100%のブルース魂を聴く。
タイトル通り、レイ・チャールズとミルト・ジャクソンによるブルージーな対話が聞きものの「Soul Meeting」だ。
この二人だけでも充分過ぎるくらいなのに、ここにケニー・バレルが絡んでくるから、ますますこのアルバムは黒くなっていく。
しかしここではやはりレイ・チャールズの存在が際立っている。
ヴォーカルを一切披露せず、終始ピアノを弾くことに徹していながらも、そのピアノがしっかり彼らしい歌を歌っているからすごい。その溢れ出るようなメロディやフレーズに引っ張られ、ミルト・ジャクソンのヴァイヴが縦横無尽に飛び跳ねるのだ。

本物のソウルとは何か、ブルースとは何か、それを知りたい人はこのアルバムを聴くべし。
ついでにレイ・チャールズの本当の実力を知りたい人にもお薦めだ。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Thad Jones & Mel Lewis 「CO... | トップ | SUE RANEY 「SONGS FOR A RAN... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おお、この感じだああ (さはら)
2008-12-12 18:21:21
いいものを紹介してもらいました。
おお、レイチャールズがアルトサックスを吹いている。
CDは「Soul Brothers」と「Soul Meeting」のカップリング。
「Soul Brothers」のギターは、Skeeter Bestさん。知らない人ですが、ブルースですねえ。ケニー・バレルが登場する「Soul Meeting」はクールともいえちゃうぐらいですよ。
ブルースは鼻で聴く? (SATOM)
2008-12-12 20:45:09
「Soul Brothers」とのカップリングですか、CDはなかなか器用ですね。
この2枚を1枚にしたくなる気持ちわかります。
でもカビ臭いLPジャケットで聴くブルースも最高ですよ~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Piano/keyboard」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

くちこみブログ集(ライフ): レコードプレーヤー by Good↑or Bad↓ (くちこみブログ集(ライフ)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓)
「レコードプレーヤー」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。