lokolokoニュース

日常の何気ない出来事

「LINE」=危険すぎる韓国企業アプリの正体を暴く!

2012-10-27 | Weblog
最近「LINE」というアプリが流行っていますが、「Facebook」同様に、どうして個人情報を公開したいのか理解に苦しみます。

「個人情報をアドレス帳単位で収集する悪質な機能!Facebookをはるかに上回る危険性のまとめ」と題して、「LINE」の危険性を暴いているサイトがあったので、抜粋しておきます。

********************

Facebookが衰退するということは、別の何かが躍進するということです。

業界で今注目されつつある、某スマートフォンアプリのことです。

国内ユーザー数は3000万人、世界では7000万人を突破。

若年層を中心に、猛烈な勢いで伸びています。


そのアプリの名は「LINE(ライン)」。


このアプリは2011年、在日韓国企業NHNによって生み出されました。

表向きは日本製となっていますが、正しくは「在日製」です。

在日朝鮮人が作ったツールが危険でないわけがありません。


その危険性は、Facebookをはるかに凌駕するのです。


LINEがなぜ流行るのか?


「無料通話・無料メール」がポイントです。

対象年齢をお金のない中高生に絞り、「無料」を強調して流行らせたのです。


中高生と言えばお年頃、友達や恋人との通話やメールが楽しい世代です。

無料で飽きるほどコミュニケーションがとれるならば、飛びつかない手はありません。

昨今の不況で家計も苦しい中、スマートフォン月額6000円程度が上限ならば親も止めません。


同様のサービスはSkypeにもありますが、通話料が1分17.5円などと全然安くありません。

LINE同士ならば無料で通話できるので、友達に流されて始める人が増えるというわけです。


しかし、無料と引き換えに大事な個人情報を明け渡していることに多くのユーザーが気づきません。

LINEは犯罪の温床に―「新・出会い系」などと銘打たれる


LINEの利用者が若年層に偏っているので、悪い大人が群がるのは容易に予想がつきます。

ネットリテラシーの半端な若者が悪質な事件に巻き込まれる事例が増えています。


LINEは犯罪の温床となっているのです。

スマホ無料通話ID、掲示板で「新・出会い系」
2012年8月24日16時42分


通話やメッセージ交換が無料でできることから、急速な広がりを見せているスマートフォンの無料通話アプリ。 このアプリの利用者IDがインターネットの掲示板で使われ、新たな「出会い系サイト」と化している。中高生が性犯罪に巻き込まれるケースも相次いでいるが、こうした掲示板は通話アプリ会社とは別の会社が勝手に運営しており、通話アプリ会社は対応に苦慮している。


 「小遣いありで遊べる人かもーん! 16歳」 
 「彼女募集中」


スマホ用の「友だち募集」とうたった掲示板には、見知らぬ男女との出会いを求める書き込みが目立つ。投稿者名の横には英数字のID番号が表示されている。これは、無料通話アプリ「LINE(ライン)」で使う利用者IDで、電話番号のようなもの。


ラインを起動してこのIDを入力すると、投稿者と通話したり、メッセージを送ったりできる。 ラインのような、通信会社を問わずに通話やメッセージ送受信が無料となる無料通話アプリ利用者は増えている。ラインの場合、登録者数は国内だけで2500万人に上る。

この人気に“便乗”する形で増えているのが、ラインなどの無料通話アプリのIDを使って投稿できる掲示板だ。電話番号やメールアドレスを知らなくても、匿名のまま相手とやり取りできるため、見知らぬ人と気軽に出会う場として利用者が増えている。

掲示板の一つに、金に困っていると書き込んでいた「18歳 高校3年」に対し、記者がラインを使って取材すると、「家出資金をためたいから」と答えた。17歳の頃から、この掲示板を使い始め、「これまで6回、男性に体を売った」という。


犯罪に巻き込まれるケースも全国で相次いでいる。


京都府警は8月23日、高校1年生の少女(15)に睡眠薬を飲ませ乱暴したとして、無職男(32)を準強姦(ごうかん)の疑いで再逮捕した。掲示板を介して知り合い、ラインでやり取りをして少女を車に乗せたという。この男はほかにも2人の少女に同様の手口で乱暴した疑いがもたれている。3月には、高校2年の少女を乱暴しようとした、当時20歳の無職男が強姦未遂容疑で逮捕されている。


スマホ無料通話ID、掲示板で「新・出会い系」 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120824-OYT1T00922.htm


*LINEの何が危険なのか(1)―ユーザーの「アドレス帳」を収集


LINEをスマートフォンに入れると、勝手に電話帳のデータを抜き出し登録させられます。

この作業はバックグラウンドで自動に行われるため、大半の人がその意味に気付きません。


電話帳データが勝手に抜き出される、ということは??


自分のみならず、友達や親戚の個人情報を許可なく全て晒してしまうことを意味するのです。

逆に言えば、知り合いに勝手に個人情報を晒されてしまうことになる。

自分自身がいくら気をつけようが、知り合いのうちたった1人でもLINEに登録すればアウトです。

【中高生は注意しよう】韓国製ネットサービス「LINE」は危険です。


LINEは、ユーザー1人1人の膨大な個人情報リスト「アドレス帳」を収集するツールなのです


*LINEの何が危険なのか(2)―Facebookを上回る危険性


Facebookはユーザーごとに情報登録が必要です。

写真に勝手にタグ付けされることはあっても、他人に自分の個人情報を晒される危険性はありません。


LINEは自分の意志とは関係なく個人情報が晒されます。これが怖い。

Facebookよりもはるかに効率よく個人情報を収集する恐ろしいスパイウェアです。

LINEの悪質性は、Facebookをも遥かに上回るということです。


権力者が利用しない手はないでしょう。

最近メディアで露出が増えているのは偶然ではありません。

LINEの話からFacebookもアドレス帳を使うという点で一緒じゃないのという質問がありますが、そもそもLINEがサービスを行うのにアドレス帳を吸い取られることが前提であるのに対してFBはメアド検索されるのを拒否できますし、サーチしなければアップされません。
sigekun 2012/01/23 00:37:58

Facebookもグレーなところはありますが、あくまでメールアドレス情報だけなのに対して、LINEは電話番号やプロフィール画像もですから、個人情報のレベルが違いすぎます。
sigekun 2012/01/23 00:39:07


*LINEの何が危険なのか(3)―乗っ取りが容易にできる状態だった

Facebookアプリを入れていても、ログアウトさえしておけば一応は安心です。

変なサイトで無理やり「いいね!」を押されたり、位置情報を抜かれることもありません。


LINEは、それができません。ログアウト機能がないのです。

アプリを削除しない限り、常駐し続けます。

これはLINEに限らずSkypeなども同様であり、危険性は同様です。


さらに、つい最近までアカウントの乗っ取りが容易にできる状態だったとのこと。

パスワードを変更され、乗っ取られ、メール履歴を消去されるそうです。

意味が分かりません。

こういう危機意識の低さは韓国アプリだからこそ。日本人の感覚では理解不能です。


詳しくは以下の記事を。(省略)


問題点は既に修正され、乗っ取りは防がれたとのことです。


LINEアカウントは乗っ取られやすい!?LINEの仕組みと注意すべきポイントまとめ

App Storeのレビューが大荒れ―電話番号流出の恐怖

App Storeのレビュー欄、阿鼻叫喚です。

LINEはインストールの際に電話帳を全てサーバーにアップする仕組みのため、登録したら一巻の終わりです。

設定では防げません。後の祭りというわけです。


先駆者の悲鳴を聞き、LINEの怖さを実感しなくてはなりません。


NHN Japanは表向き日本企業―実態は在日売国企業である

LINEの運営はNHN Japan。ライブドアの親会社です。

「Japan」と銘打たれているため、外人は日本企業と勘違いするかもしれません。

実態は「韓国企業の在日本法人」であり、日本人のための会社ではないことは明白です。

こういう胡散臭い企業の製品やサービスは使わない方がいいでしょう。

不買運動以前の問題であり、危機管理意識を持たなくてはなりません。

LINE危険性まとめ―友人知人も丸裸にする恐怖のスパイウェア

LINEの悪質性・危険性をまとめました。

■勝手に電話帳のデータを登録させられる
■中高生で爆発的なブームとなっており、犯罪の温床になっている
■友人知人に個人情報を許可なく晒される危険性がある
■晒される危険性のある個人情報はメールアドレス、電話番号、顔写真
■ログアウトができず、常に個人情報を晒し続ける
■誰でも簡単にパスワードを数十秒で変更できる(修正済み)
■一旦アカウントを乗っ取られると、対処が不可能(修正済み)
■韓国企業なので裏で何を企んでいるか分からない


どうしてもLINEを使いたい場合は、「LINE専用スマホ」を用意するしかありません。

電話帳は空っぽ、電話番号やメールは普段使いとは別になるので、晒されても怖くありません。

加えて個人情報を一切登録せず、写真も極力撮らず、ネットも閲覧せず、

Facebookも何も使わない、といった徹底策が必要です。


もっとも、そこまでしてLINEを使うメリットがあるとも思えません。

そもそもスマートフォン自体が危険なので、中途半端に使うのはやめるべきです。

若年層、それも中高生など10代を狙い撃ちしているのも悪質です。

陰謀論のいの字もしらない純朴な世代が悪の手に染められます。


自分自身の個人情報を全てさらけ出し、自ら丸裸になるのがFacebook。

自分だけでなく友人知人の個人情報をも全てさらけ出し、みんなで丸裸になるのがLINEです。


そのうち、「LINEを入れたスマートフォンを持ち歩くくらいなら、素っ裸で歩いた方が良い」などと揶揄されるようになるかもしれません。

*******************

私もダウンロードして使ってみようと思いましたが、初期設定の段階で個人情報を抜かれることに気づき、即刻インストールを中止しましたが、ここまで恐ろしいアプリなんだろうか?

そういえばソフトバンクのデーダも、韓国企業が管理するようになったと聞いていますが、その企業も漏洩事件がありましたね。

ご参考まで「LINEやSNSの危険性」

ドコモが『LINE』と協力=無料通話アプリに有料通話ボタンを付ける暴挙に出る!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キーボード奏者 佐藤博さん... | トップ | 石原都知事=辞任 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む