だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

GANTZ:O

2017-04-08 17:33:22 | 映画(か行)

日本
SF/アクション/サスペンス/アニメ
DVD観賞

    * * * * * * * *

死んだ人間と謎の星人とのバトルを描く奥浩哉によるコミックを基に、人気の
高いエピソード「大阪篇」をフル3DCGで映像化したSFアクションアニメ。
加藤勝をリーダーに東京と大阪のガンツチームがタッグを組み、妖怪軍団に
立ち向かう。
加藤の声には、人気声優の小野大輔。
総監督に『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』などのさとうけいいち、
監督に『エクスマキナ』などに携った川村泰が名を連ねる。
迫力ある映像で表現される異形の敵とのバトルに期待が高まる。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

高校生の加藤勝は、地下鉄で起きた事件によって死ぬ。
ところが次の瞬間、マンションの一室にいた。
加藤はそこで、リーダーが不在の東京チームと一緒に火の手が上がる大阪に
転送され、サバイバルゲームに参加することになる。
大阪チームと遭遇し、妖怪型の星人軍団=百鬼夜行と戦いを繰り広げる加藤。
一人で待つ弟のもとへ生還するため戦い抜く加藤の前に、大ボス
“ぬらりひょん”が現れ……。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

2011年公開の実写版『GANTZ』が面白かったので、こちらも面白そうかなぁと
思い劇場に観に行くつもりだったんだけど、当時仕事で嵌っていたので、DVD
で鑑賞することに。

『GANTZ:O』のOって、大阪のOだったのね。

それにしても映像が凄かったなぁ。
しょぼい3DCG作品が多い中、コレはかなり細かく描きこまれていて、
その映像美にまず引き込まれた。

話自体は実写版みたいにミッションをこなしていくタイプでなくて、ある
強敵が出てくる一ミッションのみのエピソードだったけど、出てくる敵が
たくさんいて、テンポもよく最後まで楽しめた。

実写版でも田中星人とかちょっとふざけたキャラが出てきてたけど、今回も
岡八郎とか関西人で新喜劇に馴染みのある人ならニヤリとできるキャラが
出て来て、「隙があったらかかってこんかい」とか通信教育でならった空手
とか往年のギャグも出てきたりと個人的には大いに笑えた。

実写版も面白かったけど、こっちも見応えあって面白かった。
しかしコレは大きなスクリーンで観たかったなぁ。


お薦め度:★★★★★(5/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラスト・ウィッチ・ハンター | トップ | ホワイト・バレット »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2017-04-08 22:44:05
この愚直なまでの女子の胸の動きへのこだわりとかは、俺もお前らの味方だと言ってやりたいのだけど、それでももう少し話がなあ、、、、、。
>ふじき78さん (はくじ)
2017-04-10 23:25:45
こんばんは。
コメントありがとうございます。

胸は揺れてましたねぇ。
確かに関西チームの他の面々はいつの間にか全員
いなくなってましたね。
何人かは殺されている描写ありましたが、確かに
他のメンバーどうしたんだろ?とは思いました。
こんにちは (maki)
2017-04-20 16:01:20
あーそうか
大阪のOだったのですね!
(タイトルの意味がわからなかった)
もう少し夜間が舞台でも
明るく出来なかったかなと少し残念ですが
面白かったのでこれもありですね!

ところで、前報告になりますが…
私のブログですが、お引越しをします。
一応次の更新(4月末)が最後となりますので、宜しくお願い致します。
リンクの張り替えでお手間をとらせてしまいますが、張り替えは告知ページ(作ります)が出来てからでも構いませんので、
宜しくお願い致します
それと、引越し先にはTB機能がついていませんので、
コメントをいただけたら幸いです
それでは今後もお付き合いを宜しくお願い致します。
>makiさん (はくじ)
2017-04-20 21:56:12
こんばんは。
コメントありがとうございます。

大阪のOでいいんですよね?
勝手にそう解釈してますけど。
あの暗さは映画館によっては見づらかったかも
しれませんね。

新しい引越し先、是非遊びにいかせていただきます。
今後もよろしくです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「GANTZ:O」 (日々“是”精進! ver.F)
必ず、生き残る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201610140000/ GANTZ / OSAKA 1 ヤングジャンプ愛蔵版 / 奥浩哉 オクヒロヤ 【コミック】 人間ビデオ [ the d......
GANTZ:O (銀幕大帝α)
2016年 日本 96分 SF/アクション/サスペンス PG12 劇場公開(2016/10/14) 総監督: さとうけいいち 『黒執事』 監督: 川村泰 原作: 奥浩哉 主題歌: ドレスコーズ『人間ビ......
『GANTZ:O』をトーホーシネマズ日本橋1で観て、ぼいんぼいんだけどええのんか...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲ロボコン0点! 五つ星評価で【★★★ビジュアルやアクションはOK。ただ薄い】 原作未読。実写映画2本のみ鑑賞。 女の子のおっぱいの動きがリアルすぎて凄い。 やっぱ ......
GANTZ:O ★★★★ (パピとママ映画のblog)
死んだ人間と謎の星人とのバトルを描く奥浩哉によるコミックを基に、人気の高いエピソード「大阪篇」をフル3DCGで映像化したSFアクションアニメ。加藤勝をリーダーに東京と大阪のガ......
ナニワ陰陽道 奥浩哉・さとうけいいち 『GANTZ:0』 (SGA屋物語紹介所)
2004年アニメ化、2011年実写映画化、そして2013年堂々連載完結した『GA
GANTZ:O (いやいやえん)
【概略】 地下鉄で事件に巻き込まれ、命を落とした高校生・加藤勝。次の瞬間、マンションの一室にいた加藤は、そこで出会った人々と共に大阪へ転送され…。 CGアニメーション ......