だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

R100

2013-10-05 17:03:59 | 映画(あ行)

日本
ドラマ/コメディ

    * * * * * * * *

ダウンタウンの松本人志が“SM”を題材に贈る監督第4弾。
日常生活の中で予告なく女王様の責めを受けることができるという謎のSM
クラブと契約してしまった平凡な男が辿る予測不能の運命を、奇想天外な
語り口で描き出す不条理劇。
主演は「ハゲタカ」「さよなら渓谷」の大森南朋。
共演に松尾スズキ、渡部篤郎。また大地真央、寺島しのぶ、片桐はいり、
冨永愛ら多彩な女優陣が過激なボンデージ・ファッションに身を包み、主人公
の日常に次々と襲いかかる謎の女王様たちを演じる。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

都内有名家具店に勤める平凡なサラリーマン、片山貴文。妻が1年以上も
意識不明で入院している彼は、ある日ふとした心の迷いから、“ボデージ”
という謎のクラブに入会してしまう。
それは、いつやって来るか分からないという究極のSMプレイを提供する
秘密クラブだった。ただし、契約期間の1年間は、決して途中退会が許され
なかった。
以後、様々なタイプの女王様が貴文の日常生活の中に予告なく現われ、彼を
禁断の未体験世界へと誘っていく。
最初は、その甘美な責め苦とスリルを満喫する貴文だったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

『大日本人』の頃から比べたら、少しづつ観られる作品を撮るようになって
きた感のある松本監督。R100という思わせぶりなタイトルや大地真央らを
始めとする女優陣がボンテージ・ファッションで登場するってのに興味が
惹かれてMOVIX堺にて鑑賞。

退屈で仕方なかった。

まぁ、面白くないんだろうなぁと予想してたので、箸が転がっただけで爆笑
できるぐらいハードル下げて観に行ったんだが、結局最後までクスリとも
笑えないまま終わってしまった。

つまんないかつまんなくないかで言えば、決してつまんなくないんだが、
・・・いや、ゴメン。嘘ついた。つまんなくて終始退屈だった。
面白い作品だったらじっとスクリーンに釘付けになるんだけど、これは何度も
座り直したり背伸びしたり、欠伸が出たりとつまんないから集中できなかった。

でも僕、凡人だから監督の崇高なお笑いや意図が分からないので仕方ない。
つまんないって感じちゃったし、この後観た『レッド・ドーン』の方が何万倍も
楽しめた。

MOVIX堺で一番大きな箱での上映だったんだけど、観客自分入れて10人未満。
この後に観た『レッド・ドーン』の方が客一杯だった。
でもって上映中、誰一人からも笑い声が聞こえてこなかったので、みんな監督の
高尚な笑いを理解できなかったのかな。
だって監督は天才お笑い芸人だから、凡人の僕らには理解しきれなくて当然かも。

ただこんな退屈な作品ながらも冨永愛と佐藤江梨子のボンテージ姿はイイ。
確かにあの姿をした二人からフルテンションで足蹴にされたら快感かも
しれない。


お薦め度:☆☆☆☆☆(0/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第20回大阪ヨーロッパ映画祭 上... | トップ | レッド・ドーン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
R100 (あーうぃ だにぇっと)
R100@よみうりホール
R100~YOUphoria? (佐藤秀の徒然幻視録)
現代日本人の漠たる不安SMバージョン 公式サイト。松本人志監督・出演、大森南朋、大地真央、寺島しのぶ、片桐はいり、冨永愛、佐藤江梨子、渡辺直美、前田吟、YOU、西本晴紀、松尾 ...
『R100』 2013年9月26日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『R100』 を試写会で鑑賞しました。 この映画どうする 酷評しても松本信者は行きそうだ 【ストーリー】  男(大森南朋)は誘惑に負け、1年という期限付きでミステリアスなクラブへの入会を決意する。入会の際の条件は、たとえ何があろうとも途中で退会することはでき...
『R100』 (2013) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督・脚本: 松本人志 出演: 大森南朋 、大地真央 、寺島しのぶ 、片桐はいり 、冨永愛 、佐藤江梨子 、渡辺直美 、前田吟 、YOU 、西本晴紀 、松本人志 、松尾スズキ 、渡部篤郎 試写会場: よみうりホール 映画『R100』公式サイトはこちら。 (2013...
「R100」: (大江戸時夫の東京温度)
映画『R100』、序盤はまずまず良かったんですけどねえ。映像は美しく、映画として
R100/大森南朋 (カノンな日々)
松本人志監督作第4弾は謎のSMクラブを舞台に平凡な男が体験する出来事を描いた不条理劇です。前作『さや侍』とはうってかわって今作は主演の大森南朋さんをはじめ実力派、個性派の ...
R100 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】(F) エンドロール後のおまけ映像がすべてを語っている。
[映画『R100』を観た(寸評、なれど予期せぬギリギリの傑作)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・ごめんね、忙しくて、長く書けない。  でも、私、今まで、映画館であんなに大声で笑ったことはない・・・^^;        ただ、先ず文句を言いたいのだが、この作品で描かれるSMは、少なくとも、私の考えるSMとは全く違う。  私は、多感な青年期を...
R100 ★ (パピとママ映画のblog)
『大日本人』『しんぼる』『さや侍』などを手掛けてきたダウンタウンの松本人志がメガホンを取ったけた外れの異色作。決して開けてはならないパンドラの箱を開いてしまった主人公が遭遇する未知の体験を活写する。大森南朋、大地真央、寺島しのぶのほか松本自身も出演を....
『R100』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「R100」□監督・脚本 松本人志 □キャスト 大森南朋、大地真央、寺島しのぶ、片桐はいり、冨永 愛        佐藤江梨子、渡辺直美、前田吟、YOU、西本晴紀、松本人志        松尾スズキ、渡部篤郎■鑑賞日 10月6日...
『R100』('13初鑑賞88・劇場) (みはいる・BのB)
ーーーーー (10段階評価で 0) 10月5日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン9にて 16:00の回を鑑賞。
R100 (映画的・絵画的・音楽的)
 『R100』を渋谷TOEIで見ました。 (1)松本人志監督の前作『さや侍』を見たこともあり、かなり評判が悪そうですが(注1)、映画館に行ってきました。  本作では、主人公の片山(大森南朋)が、クラブ「ボンデージ」に入会したところ、日常生活の思いもよらないところで...
理解できぬ魅力 (笑う社会人の生活)
7日のことですが、映画「R100」を鑑賞しました。 片山は誘惑に負け性的欲求を満たすためにクラブ「ボンテージ」へ入会する。 日常生活の中に次々と女王様が現れるもので、片山はえもいわれぬ快感を得るがその内容は次第にエスカレートしていって・・・ 松本人志監督ら....
R100 (銀幕大帝α)
2013年 日本 100分 ドラマ/コメディ R15+ 劇場公開(2013/10/05) 監督: 松本人志 『さや侍』 企画: 松本人志 共同プロデューサー: 奥山和由 脚本: 松本人志 出演: 大森南朋:片山貴文 大地真央:女王様 寺島しのぶ:女王様 片桐はいり:女王様 冨永愛:....
「R100」松本人志のボンデージ映画です (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆ 松本人志が2013年に製作した、監督第4作目です。 何かと物議を醸す松本人志の映画。 今回は、R+15のSMボンデージ映画です。 大地真央、寺島しのぶ、片桐はいり、冨永愛、佐藤江梨子とそうそうたるメンバーの女王様ボンデージ映画で、前半は、この...