だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

バイオハザード:ヴェンデッタ

2017-06-01 00:01:04 | 映画(は行)

日本
ホラー/アクション/アニメ

    * * * * * * * *

世界的な人気を誇るアクションゲームを、『THE NEXT GENERATION パト
レイバー』シリーズなどの辻本貴則監督がアニメ化。
対バイオテロ組織に属するクリスが新型ウイルスの事件を追うレベッカや
レオンと一緒に、バイオテロをもくろむアリアスと壮絶なバトルを繰り広げる。
エグゼクティブプロデューサーを『呪怨』シリーズなどの清水崇が務め、
スタッフに脚本の深見真や音楽の川井憲次らが名を連ねる。
おなじみのキャラクターの活躍、新キャラクターの登場が見どころ。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

対バイオテロ組織「BSAA」のクリス・レッドフィールドはある組織の捜査中、
国際指名手配犯のグレン・アリアスとはち合わせるも逃してしまう。
そのころ元特殊部隊のレベッカ・チェンバースは、生き返った死者が凶暴化
する事件を調査した結果、新型ウイルスの治療薬を開発する。
しかし何者かに襲撃され、クリスに救われる。
クリスと大統領直轄のエージェント組織「DSO」のレオン・S・ケネディは、
アリアスの目的がバイオテロだということを知り……。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

バイオハザードのアニメ版、とりあえず観とこうと思い新宿ピカデリーへ。

アニメならではのアクションシーンが凄い!

このCGアニメ版バイオハザードとしては、『ディジェネレーション』『ダム
ネーション』と続く第3作目にあたるのかな?
まぁそうだとしても前2作の内容、すっかり忘れてるので、まぁいっか。

ゲームも1作目と2作目しかやってないから、その後の展開とかも知らずに
そういうもんなんだなぁと思いながら、ハイウェイでのチェイスシーンに、
敵アジト内でワラワラ襲ってくる感染者相手に単身戦うレオンやクリスの
流れるようなアクションは大いに見応えあって楽しめた。

毎回最後にラスボスがバケモノになって襲い掛かってくるというワンパターン
な展開だけども、まぁ楽しめたので気にしない。

ラストの描写からするとまだまだ続編が作られそうな気がするな。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 破裏拳ポリマー | トップ | スプリット »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
17-168「バイオハザード ヴェンデッタ」(日本) (CINECHANが観た映画について)
後に残るのは死者のみ  対バイオテロ組織BSAAのクリス・レッドフィールドは、ある情報を手がかりに、武器密売組織が拠点にしている謎の洋館に突入。その最中に国際指名手配犯グレ......
バイオハザード:ヴェンデッタ (真・天文台)
監督:辻本貴則 脚本:深見真
バイオハザード:ヴェンデッタ★★★ (パピとママ映画のblog)
カプコンの人気サバイバルホラーゲーム「バイオハザード」シリーズをもとにしたフルCG長編アニメの第3弾。「呪怨」シリーズの清水崇が製作総指揮、「THE NEXT GENERATION パトレイバー」......