だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

破裏拳ポリマー

2017-05-31 00:01:22 | 映画(は行)

日本
アクション/ヒーロー/格闘技

    * * * * * * * *

タツノコプロ創立55周年記念作品として往年の人気TVアニメを「麒麟の翼 
~劇場版・新参者~」の溝端淳平主演で実写映画化した格闘ヒーロー・
アクション。
正義のために立ち上がった元ストリートファイターの探偵が、特殊装甲スーツを
身にまとい、最強ヒーローとなって悪に立ち向かう姿を描く。
共演は山田裕貴、原幹恵、柳ゆり菜、神保悟志、長谷川初範。
監督は「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦
アルティメイタム」「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン
対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー」の坂本浩一。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

過激化する組織犯罪に対抗するため、警視庁と防衛省は特殊装甲スーツ
“ポリマースーツ”の開発を極秘に進めるが、その強大すぎる力に畏怖の念を
抱いた警視総監によって中止される。
数年後、新たに就任した警視総監によって、ポリマースーツの開発が再開
されるが、テスト版スーツ3体が盗まれ、犯罪に悪用されてしまう。
そこで刑事部長の土岐田は、最強拳法“破裏拳”の唯一の継承者で元ストリート
ファイターの探偵・鎧武士に捜査への協力を要請するのだったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

『破裏拳ポリマー』ってアニメが昔あったことは知ってたんだけど、当時
見たことなくて、コレが実写化されるって聞いた時は何で今更って思った
けれど、折角なので観に行こうかなって気になって新宿バルト9で鑑賞。

原幹恵のポリマースーツ姿はイイ!

つまんなくは無かったけれど、さりとてスッゲー面白いって訳でもなく、
う~んDVDリリースされてからのレンタルでよかったかなぁって印象。

まぁオリジナルの方は名前しか知らないので、オリジナルと違う!こんなん
破裏拳ポリマーじゃない!って思っちゃう感想はなかったけれど、ただ
ポリマースーツ着てるのに、主人公がけっこうやられちゃうんだよなぁ。
だったら次は負けないように修行するのかと思えばしないし、そしてまた
血反吐を吐くような怪我したり、ピンチになったりと、スキルアップしない
ヒーローも珍しいなぁと思いながら観てた。

コンビを組む刑事もいざ人にむけて拳銃が撃てないという悩みを持ってて、
上司もかつてそうだったというエピソードがあったので、コイツも終盤で
主人公がピンチの時に発砲してサポートできるようになるんだろうなぁと
思ったら、結局何の役にも立たない無能っぷりで観てるとイラッと来る
キャラだったのも何だかイマイチ。

でも原幹恵の太もも丸出しで露出の多いポリマースーツ姿はアリだな。
まぁあれでは強化スーツになってるのかは不明だけど。
あれで原幹恵に関節極められたら、痛いので即ギブアップしたいけれど、
この密着を満喫したいという思いも出てきて、結果ギブアップしないで
大怪我してしまいそう。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 封神伝奇 バトル・オブ・ゴッド | トップ | バイオハザード:ヴェンデッタ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
破裏拳ポリマー ★★★・5 (パピとママ映画のblog)
タツノコプロ創立55周年記念作品として往年の人気TVアニメを「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」の溝端淳平主演で実写映画化した格闘ヒーロー・アクション。正義のために立ち上が......
『破裏拳ポリマー』 2017年5月8日 神楽座 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『破裏拳ポリマー』 を試写会で鑑賞しました。 B級感満載で満足度高い 上映前に原幹恵、坂本浩一監督が登壇してトークを行ってくれた。 ジャッキーちゃんが出てきて盛り上がった......
破裏拳ポリマー (映画好きパパの鑑賞日記)
 1970年代のヒーローアニメの実写化で、低予算のためか冒頭のアクションのしょぼさには愕然としましたが、ストーリーをそつなくまとめており、終わってみれば楽しい作品でした。......
17-152「破裏拳ポリマー」(日本) (CINECHANが観た映画について)
この世に光のある限り、俺の怒りが正義を呼ぶ  過激化する組織犯罪に対抗するため、警視庁と防衛省は特殊装甲スーツ“ポリマースーツ”の開発を極秘に進めるが、その強大すぎる......
破裏拳ポリマー(2017実写版) (真・天文台)
監督:坂本浩一 脚本:大西信介