だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

神様のカルテ

2011-09-24 23:24:33 | 映画(か行)

 

日本
ドラマ

    * * * * * * * *

長野県在住の現役医師のデビュー小説にして2010年の本屋大賞にもノミネート
された同名ベストセラーを、「ハチミツとクローバー」「ヤッターマン」の
櫻井翔と「ソラニン」「オカンの嫁入り」の宮崎あおい主演で映画化した
ヒューマン・ドラマ。
信州・松本市の小さな病院で働く青年医師を主人公に、地方医療の現実に
翻弄されながらも、様々な経験を通じて成長していく姿を、心温まる夫婦愛
とともに描き出す。
共演は加賀まりこ、柄本明。
監督は「60歳のラブレター」「洋菓子店コアンドル」の深川栄洋。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

美しい自然に囲まれた松本に暮らす栗原一止は、本庄病院に勤めて5年目に
なる青年内科医。慢性的な医師不足に悩むこの小さな病院で、厳しい
地方医療の現実と日々格闘し、迷いながらも、有能な同僚たちと力を合わせて
懸命に激務をこなしていた。
そんな一止にとって、同じアパートに住む個性豊かな仲間たち、そして最愛の
妻・榛名の存在が、疲れた心を癒し元気を与えてくれる何よりの支えとなって
いた。
そんな中、最先端医療を学べる大学病院への誘いを受けた一止。
だが、本庄病院に毎日やって来る大勢の患者のことを思い、心が揺れていた。
そこへ、大学病院で手遅れと見放され、なぜか一止を頼ってやって来た高齢の
末期ガン患者・安曇さんが現われる。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

2ヶ月半近い北海道の出張がひとまず終わった。
いやぁ辛くて大変だったけど、休暇の日はジンギスカンやスープカレーを
食べたり、定山渓温泉に行ったりとそれなりに札幌を満喫できたので満足。
で、大阪に戻ってこれたので観に行きたくても時間がとれなくて観に行け
なかった本作を久しぶりのMOVIX堺で観賞。

なかなか良かった。

お涙頂戴映画かと思いきや、これといって泣かせどころがなくチョット拍子
抜け。
それに一止役の櫻井翔の髪型が最後まで気になってしまい、イマイチお話に
没入できなかった。
後、一止役の人物設定や、元旅館で他人と夫婦で共同生活している設定とか
が浮世離れしていて何かリアリティに欠ける感じがしてしまった。

でも地域医療や終末医療についていろいろと考えさせられる内容でした。
家族や近親者がいないお年寄りにとって、たとえ治療法がなくても
病院に受け入れてもらえることって大事なことなんだなと思い知った。
治療法が無いから残りの余命を自由に生きろって言われても、余命が来たら
ポックリ逝けるわけでなく、徐々に身体の自由が利かなくなって、一人で
何もできなくなるわけだから病院が受け入れてくれることって大きいこと
なんだなぁと。

それと宮崎あおいの榛名の存在感が良かったな。
さりげなく一止を支える妻を好演していて可愛らしかった。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックして下さった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スコット・ピルグリム VS. 邪悪... | トップ | アンフェア the answer »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画「神様のカルテ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「神様のカルテ」観に行ってきました。医師でもある夏川草介原作の同名小説をベースとした、地方医療における現実と患者の心の問題を描いたヒューマンドラマ系の作品。物語の舞...
神様のカルテ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
本屋大賞を受賞した夏川草介の同名のベストセラーを映画化。夏目漱石の熱烈な読者である内科胃の主人公が、末期がん患者との触れ合いの中で、本物の医療とは何かと自問自答してい ...
神様のカルテ (LOVE Cinemas 調布)
『ハチミツとクローバー』で共演した櫻井翔と宮崎あおいが今度は夫婦役で共演。2010年の本屋大賞2位にノミネートされた同名原作を『60歳のラブレター』、『白夜行』の深川栄洋が監督して映画化したヒューマンドラマだ。医療の現実に悩みながらも成長していく若手...
「神様のカルテ」心洗われるヒューマンドラマ。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[神様のカルテ] ブログ村キーワード  長野県在住の現役医師、夏川草介さんのデビュー小説の映画化。「神様のカルテ」(東宝)。原作は“2010年度本屋大賞第2位”の泣ける物語らしいですが、当然の如く(?)吾輩は未読です。さあ、映画の方は泣ける出来になっておりますでし...
劇場鑑賞「神様のカルテ」 (日々“是”精進! ver.A)
向き合う心を持つことが、大切・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201108300003/ 神様のカルテ ~辻井伸行 自作集 =SPECIAL EDITION= posted with amazlet at 11.08.24 辻井伸行 avex CLASSICS...
「神様のカルテ」 迷え、悩め (はらやんの映画徒然草)
昨日、完成披露試写会に行ってきました。 栗原一止(櫻井翔さん)は松本の地方病院に
神様のカルテ~医療版草枕 (佐藤秀の徒然幻視録)
「正」から「一」抜けた人々 公式サイト。夏川草介原作、深川栄洋監督。櫻井翔、宮崎あおい、要潤、吉瀬美智子、岡田義徳、朝倉あき、原田泰造、西岡徳馬、池脇千鶴、加賀まりこ ...
神様のカルテ (シネマDVD・映画情報館)
神様のカルテ 監督:深川栄洋 出演:櫻井翔/宮崎あおい/要潤/吉瀬美智子/岡田義徳/朝倉あき/原田泰造/西岡徳馬/池脇千鶴/加賀まりこ/柄本明 内容:2009年に第10回小学館文庫小説賞を受賞した、夏川草介のデビュー作にしてベストセラー小説を櫻井翔、宮崎あお...
神様のカルテ (あーうぃ だにぇっと)
8月14日(日)@FM TOKYOホール。 この会場は1年1ヶ月ぶり。 久しぶりに来てみて、あらためてひどい会場だなと確認(笑)。 段差ゼロ、パイプ椅子で席のとりようがない。 最前列は前にさえぎるものはないがスクリーンが大きくて見難い。 前を気にせず見られるの...
「神様のカルテ」最期の時まで患者と親身に接した内科医と写真家夫婦のおくりびとストーリー (オールマイティにコメンテート)
「神様のカルテ」は夏川草介原作の「神様のカルテ」を映画化した作品で、信州の松本市にある小さな病院に努める内科医が的確な診察で多くの患者が病院に訪れる。そんなある日末期 ...
映画「神様のカルテ」を観ました!!(2011-09) (馬球1964)
映画「神様のカルテ」を観ました!!
深川栄洋監督 「神様のカルテ」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
昨日(2011年9月10日)1カ月ぶりに劇場で映画鑑賞。 選んだ映画が映画だっただけに、やっぱアベックや女の子同士で観にきてるのが多かった(^m^:) 公式サイト⇒http://www.kamisamanokarute-movie.jp/index.html 【あらすじ】 勤務5年目の青年内科医・栗...
神様のカルテ (花ごよみ)
原作は夏川草介の同名小説。 主演は櫻井翔、 愛読書は夏目漱石、 信州の病院の医師、 栗原一止を演じます。 妻・榛名には宮崎あおい。 彼女は写真家です。 要潤、吉瀬美智子、池脇千鶴、朝倉あき、 原田泰造、岡田義徳、、 加賀まりこ、柄本明 等が共演。 監督は深川...
映画「神様のカルテ」 (FREE TIME)
注目の映画「神様のカルテ」を鑑賞。
『神様のカルテ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「神様のカルテ」□監督 深川栄洋 □脚本 後藤法子□原作 夏川草介□キャスト 櫻井 翔、宮崎あおい、要 潤、吉瀬美智子、岡田義徳、朝倉あき、原田泰造、       西岡徳馬、池脇千鶴、加賀まりこ、柄本 明■鑑賞日 8月27日(...
『神様のカルテ』 ('11初鑑賞117・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 8月27日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 12:25の回を鑑賞。
神様のカルテ (Akira's VOICE)
ハートフルで好き。  
『神様のカルテ』 (こねたみっくす)
医者が向き合うのは病気か、それとも患者か。そのどちらかを選ぶかで、その医者が人生で何を残すのかが決まる。 長野県在住の現役医師が書いた小説にして、本屋大賞にもノミネー ...
神様のカルテ (うろうろ日記)
試写会で見ました。原作を読んでからの映画なので、なんで、桜井君はこんなパーマに?
神様のカルテ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
長野県松本市にある小さな病院を舞台に、孤軍奮闘する主人公が生き生きと描かれている。医者である栗原一止は救急担当の日になると限界までがんばり、末期がん患者には最期まで親身になって対応する。愚直なまでの患者に対する思いが、感動を引き出してくれる。辻井伸行の...
神様のカルテ (りらの感想日記♪)
【神様のカルテ】 ★★★★  映画(44)ストーリー 美しい自然に囲まれた松本に暮らす栗原一止(櫻井 翔)は、本庄病院に勤めて5年目になる青
映画『神様のカルテ』 (健康への長い道)
 キャストは、宮崎あおいさんと吉瀬美智子さん以外、原作とイメージが違い過ぎる。予告編を見る限り、安いお涙頂戴モノになっていそうな予感がする。  ・・・ということもあって、観に行くかどうか、迷っていたのですが、シネ・ピピアのタダ券があったので、公開初日に...
神様のカルテ (映画情報良いとこ撮り!)
神様のカルテ 医師が、不足している街で、医師を務めている栗原一止(いちと)。 彼は、24時間、365日対応の病院で働いていた。 そんな忙しさから、結婚記念日を忘れると言う事態に。 妻は、カメラマンの榛名。 末期がん患者、安曇雪乃と出会うことになる...
神様のカルテ(2011-067) (単館系)
自然あふれる長野・松本の本庄病院で、 内科医として働く栗原一止(櫻井翔)。 24時間365日体制で医師不足の問題を抱える病院で、 前向きな職員たちと共に診療をこなす一止にとって、 最愛の妻・榛名(宮...
神様のカルテ (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  アパートになった古い旅館に住む主人公の医者(桜井翔)とカメラマンの妻(宮崎あおい)。どちらもヌーボーとしていて、余り世俗にまみれていないところが似た者夫婦である。  この作品はこの一風変ったボロアパートに残った4人の住人のやりとりと、医学界の...
神様のカルテ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
原作読んで、映画化されることを知り公開を楽しみにしていた作品です。キャスティングで櫻井くんが一止、宮崎あおいがハルさんということで、なんとなくイメージは一致。展開もほぼ、小説に沿って描かれています。でもちょっと残念、古狐先生が登場しない。古狸先生と合わ...
神様のカルテ (ル・ポネ101)
今朝の あさイチの プレミアムトークに 櫻井翔が出てたね。 映画『神様のカルテ』の番宣かと思いきや、 それはあんまりなかったね。 で、 私はこの間の火曜、 全国一斉に行われた、 映画『神様のカルテ』の試写会に行ってきました~♪ 新米内科医だけ...
神様のカルテ  監督/深川 栄洋 (西京極 紫の館)
【出演】  櫻井 翔  宮?あおい  加賀まりこ 【ストーリー】 勤務5年目の内科医師、栗原一止(いちと)は、医師不足の中、「24時間365日対応」の本庄病院で激務をこなしていた。家に帰れば、カメラマンの妻、アパートの風変わりな住人たちとの温かい暮らしがあったが、...
神様のカルテ (とりあえず、コメントです)
夏川草介著の同名小説を映画化した医療&人間ドラマです。 原作がとても良かったので、映画はどんなふうになるのかなと楽しみにしていました。 医療の難しさと厳しさを感じると共に、何が大切かを考えさせられる作品でした。
神様のカルテ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
神様のカルテ'11:日本◆監督:深川栄洋「洋菓子コアンドル」「白夜行」◆出演:櫻井翔、宮崎あおい、要潤、吉瀬美智子、岡田義徳◆STORY◆勤務5年目の内科医師、栗原一止(いちと)は、 ...
神様のカルテ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
神様のカルテ'11:日本◆監督:深川栄洋「洋菓子コアンドル」「白夜行」◆出演:櫻井翔、宮崎あおい、要潤、吉瀬美智子、岡田義徳◆STORY◆勤務5年目の内科医師、栗原一止(いちと)は、 ...
映画『神様のカルテ』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-57.神様のカルテ■配給:東宝■製作年・国:2011年、日本■上映時間:128分■鑑賞日:9月10日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)■入場料:0円(招待券)□監督:深川栄洋□原作:夏川草介□脚本:後藤法子□撮影:山田康介□美術:金勝浩一□音楽:松谷卓◆櫻井翔...