だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

ウォーム・ボディーズ

2013-09-26 00:19:18 | 映画(あ行)

アメリカ
ホラー/ロマンス/青春

    * * * * * * * *

「マンディ・レイン 血まみれ金髪女子高生」「50/50 フィフティ・フィフティ」
のジョナサン・レヴィン監督が人気YA小説『ウォーム・ボディーズ ゾンビR
の物語』を映画化し、全米で予想を超えるスマッシュ・ヒットとなった青春ゾンビ
・ラブコメディ。
人間の女の子に恋した純情ゾンビ青年の一途で不器用な禁断の恋の行方を、
ユーモラスかつハートウォーミングに綴る。
主演は「シングルマン」「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」の
ニコラス・ホルト。
ヒロインには「明日、君がいない」「アイ・アム・ナンバー4」のテリーサ・
パーマー。共演にロブ・コードリー、ジョン・マルコヴィッチ。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

近未来の地球。街にはゾンビがあふれ、生き残った人間は砦を築いて身を潜める
日々を送っていた。ゾンビの中には完全に感情や思考能力を失い、ひたすら獰猛
な“ガイコツ”と呼ばれる種族も跋扈していたが、Rは、今はまだわずかに人間
らしい意識を残すゾンビの青年。
ある日、仲間のゾンビと食料を求めて人間狩りに出向いたRは、物資調達に来て
いた人間たちを発見するが、思いがけず一人の女の子ジュリーに一目惚れして
しまう。そして、ゾンビに囲まれ絶体絶命の彼女を助けるという行動に出る。
最初はRに恐怖しか感じていなかったジュリーだったが、彼のつたないながらも
純粋な優しさに触れ、次第に心を開いていく。
そんなジュリーとの交流を重ねる中で、ある変化が生じていくRだが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

ゾンビが人間の娘に惚れるっていう設定に興味が惹かれたのでTOHOシネマズ
なんばにて鑑賞。

変わったゾンビ物で面白かった。

人間の女の子に恋をするとか、脳を食べるとその人間の記憶がゾンビに入って
くるとか、レコードを収集する癖があるとか、リクライニングシートを起用に
操作するとか、ゾンビが最終的にXXに戻るとか、今までにない一風変わった
ゾンビ物で面白かった。

『ウォーキング・デッド』あたりでは人間をゾンビに見せかけて、ゾンビの群れ
から逃れようとするんだけど、こっちはゾンビを人間風に化粧して人間の群れの
中でばれない様にして、その際、あの映画のあの曲が流れ出すのには笑った。

後、ジュリーがゾンビのマネをしたさいに、Rがやり過ぎと突っ込んだり、
ゾンビが食糧である人間狩りに集団で行動する理由とか、笑い所が一杯あって
最後まで楽しめる内容で面白い。

今までのようなグロいシーン満載のゾンビ物を期待してる人には肩すかし感が
ある作品だけど、そんなグロいゾンビ物が苦手な人には気軽に観られる一本かな
と思う。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エリジウム | トップ | 許されざる者 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
その通りで (sakurai)
2014-01-06 13:43:08
ゾンビものが苦手な自分には、ちょうどいい塩梅の一本でした。
未来があるゾンビっってのもいいですよね。

余談ですが、暮れに結婚した娘のところに行ってきました。大阪!
大阪の人になってしまったのですが、一応定番のおのぼりさん的観光地も行ってきましたが、なんばのTOHOも、眺めてきました。
まあ、ひとがぐじゃぐじゃ。
たこやき焼いてる人は、一日中、延々と焼き続けてるんでしょうね。いやいや楽しかったです。
また参りますんで!!
>sakuraiさん (はくじ)
2014-01-08 22:33:33
こんばんは。
コメントありがとうございます。

ゾンビ目線という今までにないゾンビ映画だったので
とても面白く観られました。

大阪は楽しめましたか?
梅田の地下街はさらに人がぐじゃぐじゃでカオス状態
ですよ。是非機会があったら梅田ダンジョンにトライ
してみてください。
こんにちは (maki)
2015-11-08 08:17:27
ロミオとジュリエット
純粋なるゾンビが恋する話だったら
もっと好みなんですが
それでも駆け足はありつつも
ハートフルな着地でしたので
デートムービーにむいていそうです
>makiさん (はくじ)
2015-11-08 22:29:22
こんばんは。
コメントありがとうございます。

ゾンビ映画としては、着想が斬新な一本で面白かったです。
ゾンビ物としては、グロくないですしハートフルなので
デートムービーとしてはもってこいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ウォーム・ボディーズ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】ゾンビが恋をしたら人間に戻った。みたいな
ウォーム・ボディーズ/ WARM BODIES (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 全米初登場第1位に輝いた、ゾンビのラブコメ 「50/50 フィフティ・フィフティ」(記事消えちゃった) のジョナサン・レヴィン監督がアイザック・マリオンの同名小説を映画化。 ゾンビ好きとして、楽しみ...
『ウォーム・ボディーズ』 (時間の無駄と言わないで)
ヤック、デカルチャー!! そんなある意味で「マクロス」みたいな映画。 ゾンビが人間に一目惚れするまさかの設定のゾンビラブコメ(?)。 設定の斬新さ勝負の出オチ映画かと思いき ...
ウォーム・ボディーズ (あーうぃ だにぇっと)
ウォーム・ボディーズ@浅草公会堂
『ウォーム・ボディーズ』 2013年9月3日 なかのゼロホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ウォーム・ボディーズ』 を試写会で鑑賞しました。 恋するゾンビ映画という新ジャンル確立 【ストーリー】  ゾンビと人類が戦いを繰り広げる近未来。ゾンビのR(ニコラス・ホルト)は、仲間と一緒に食糧である生きた人間を探しに街へと繰り出す。人間の一団と激闘す...
『ウォーム・ボディーズ』 (2013) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Warm Bodies 監督・脚本: ジョナサン・レヴィン 出演: ニコラス・ホルト 、テリーサ・パーマー 、ジョン・マルコヴィッチ 観賞劇場: 浅草公会堂 映画『ウォーム・ボディーズ』 公式サイトはこちら。 (2013年9月21日公開) したコメに初参加して...
ウォーム・ボディーズ (佐藤秀の徒然幻視録)
Rとジュリー 公式サイト。原題:Warm Bodies。アイザック・マリオン原作、ジョナサン・レヴィン監督。ニコラス・ホルト、テリーサ・パーマー、ジョン・マルコヴィッチ、ロブ・コードリ ...
ウォーム・ボディーズ/ニコラス・ホルト (カノンな日々)
アイザック・マリオンの小説「ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語」を『50/50 フィフティ・フィフティ』のジョナサン・レヴィン監督が映画化した異色のゾンビ映画。なんとゾンビ化 ...
『ウォーム・ボディーズ』 (こねたみっくす)
ゾンビが人間の女の子に恋をした純愛ラブストーリー。愛は本当に世界を変えちゃったよ! まさかゾンビが出てくる映画で感涙するとは思いもしませんでした。 どんな理由でそんな奇 ...
ウォーム・ボディーズ ★★★ (パピとママ映画のblog)
アイザック・マリオンの小説「ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語」を実写化した、異色のゾンビ作。ゾンビと人類が対峙(たいじ)する近未来を舞台に、人間の女性に心惹(ひ)かれてしまったゾンビ青年の恋の行方を追い掛けていく。主人公の恋するゾンビを、『シングルマ...
ウォーム・ボディーズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(11) ゾンビの視点から描いた純愛映画?(笑)
「ウォーム・ボディーズ」☆ゾンビラブコメ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
なかなかに心温まるものがあったわ。ウォーム・ボディーズだけに。 とんだB級ラブコメと覚悟して見たのが良かったのか、なんとなくウルウルするシーンもあり、概ね良かったかな。 この手の映画はツッコミどころなんて、あって当然だから、気にならないし~
ウォーム・ボディーズ (to Heart)
世界の終わりに、恋が襲ってきた。 原題 WARM BODIES 製作年度 2013年 上映時間 98分 原作 アイザック・マリオン『ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語』(小学館刊) 脚本 監督ジョナサン・レヴィン 出演 ニコラス・ホルト/テリーサ・パーマー/ロブ・コードリー/デイ....
ウォーム・ボディーズ (心のままに映画の風景)
近未来の地球。 街にはゾンビがあふれ、生き残った人間は砦を築いて身を潜める日々を送っていた。 ゾンビのR(ニコラス・ホルト)は、食糧を探しに街へと繰り出すと、ショットガンを向けた美少女ジュリー(テリーサ・パーマー)に心を奪われてしまう。 ゾンビの襲...
『ウォーム・ボディーズ』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'13.09.03 『ウォーム・ボディーズ』試写会 久々の試写会! 会場のなかのZEROは駅から遠くて不便だけど、試写会なら贅沢は言ってられない!w すごく見たかったのでよろこんで行ってきた♪ ネタバレありです! 「ゾンビのRは空港で仲間とそれなりに楽しく暮していた。...
■ウォーム・ボディーズ (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第322回「この作品を彼に見せたら、なんと言うだろうか?」 つい数週間前までは、あの佳作「第9地区」でメガホンを取ったニール・ブロムカンプ監督の「エリジウム」を観るつもりだった。ところが、私は出会ってしまった。私好みの作品に・・・その作品とは「ウォーム....
ゾンビの中心で愛を叫ぶ?!~「ウォーム・ボディーズ」~ (ペパーミントの魔術師)
かたや、食料を求めてやってきた。 かたや、薬を調達にやってきた。 んで、食うはずだった人間の女の子に恋をした。ゾンビが?! 銃をむける女の子に弾よりさきにハートを射抜かれたという・・・んなアホな。 しかもどんどん「人間化」してくという・・・。 顔色が悪...
ウォーム・ボディーズ (そーれりぽーと)
毎度毎度、ゾンビなんて死ねばいいのにと思ってる位にゾンビが大嫌いで、正統派のゾンビ映画を観られない私ですが、ゾンビと恋愛というわけのわからん組み合わせだけど面白いという評判を半年前位に聞いて気になってたキワモノ映画『ウォーム・ボディーズ』を観てきました...
ショートレビュー「ウォーム・ボディーズ・・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
死体だって、恋はしたい。 なんとも意表を突く、終末世界のロミオとジュリエット。 世に歩く死者を描く映画は数あれど、なるほどこれは色々な意味で新しい。 何しろゾンビの青年“R”が、自らの視点で人間の女性とのラブストーリーをモノローグしてゆくのだ。 舞台...
「ウォームボディーズ」 (Con Gas, Sin Hielo)
ゾンビとお花畑。 最近はゾンビ映画を観る度に、ゾンビものの受けの広さ、可能性の大きさを言っている気がするが、今回もまた今までと違った切り口の作品となっている。 「ゾンビミーツガール」と恋愛モノであることが話題となっている本作。確かにそれもあるのだが、....
『ウォーム・ボディーズ』 (beatitude)
近未来。秩序は崩壊し、ゾンビは人間を喰らい、人間は捕食者であるゾンビを敵対視していた。ゾンビのR(ニコラス・ホルト)が仲間たちといつものように人間を食べに出かけたところ、食べ物であるはずの人間の女の子・ジュリー(テリーサ・パーマー)に恋をしてしまう。Rは...
ウォーム・ボディーズ WARM BODIES 劇場パンフレット 映画チラシ ニコラス・ホルト テリーサ・パーマー ジョン・マルコヴィッチ (映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ 劇場パンフレット)
●「ウォーム・ボディーズ」2013年9月21日公開 98分 (アスミック・エース) 劇場パンフレット 映画チラシ ジョナサン・レヴィン監督(50/50 フィフティ・フィフティ) ニコラス・ ...
ウォーム・ボディーズ (Koh now do Cha ca takin')
『ウォーム・ボディーズ』 “WARM BODIES” (2013・アメリカ・1h38) 監督・脚本 : ジョナサン・レヴィン 出演 : ニコラス・ホルト、テリーサ・パーマー、ジョン・マルコヴィッチ、ロブ・コードリー 人間とゾンビが敵対している未来。ゾンビの青年が人間...
ウォーム・ボディーズ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ウォーム・ボディーズ '13:米 ◆原題:WARM BODIES ◆監督:ジョナサン・レビン「50/50 フィフティ・フィフティ」 ◆主演:ニコラス・ホルト、テリーサ・パーマー、ロブ・コードリー、デイブ・フランコ、アナリー・ティプトン、コリー・ハードリクト、ジョン・マルコビ...
ウォーム・ボディーズ (迷宮映画館)
おもしれかった!!いやーー、よく出来てた。
ウォーム・ボディーズ (Sato's Collection)
見ました。 ゾンビの青年R(ニコラス・ホルト)は、ある日、襲撃するはずの人間のジュリー(テリーサ・パーマー)にひと目ぼれ、助けてしまう。最初は怖がり、拒絶していたジュリーも、Rの不器用な純粋さや優しさに次第に心を開きはじめる。 やがてゾンビのRの体にも変化...
ウォーム・ボディーズ (銀幕大帝α)
WARM BODIES 2013年 アメリカ 98分 ホラー/ロマンス/青春 劇場公開(2013/09/21) 監督: ジョナサン・レヴィン 『マンディ・レイン 血まみれ金髪女子高生』 原作: アイザック・マリオン『ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語』 脚本: ジョナサン・レヴィ...
『あの頃、君を追いかけた』『ウォーム・ボディーズ』をキネカ大森1で観て、ええ組み合わせやわふじき★★★★,★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『あの頃、君を追いかけた』 五つ星評価で【★★★★ミシェル・チェン可愛い】 こんなんだよ。 こんな青春映画が観たかったんだよ。 玉木宏みたいなクー・チェンドンはバ ...
『光にふれる』をシネマート新宿2で観て、思いもよらず辛口になってもたふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★ちょっと雑然としてる】    盲目のピアニスト、彼には幼少時に負ったトラウマがある。 生活に披露するダンサーの卵、彼女は乱雑な環境により未来が見えな ...
映画『ウォーム・ボディーズ』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-75.ウォーム・ボディーズ■原題:Warm Bodies■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:97分■料金:1,800円■観賞日:9月21日、新宿武蔵野館(新宿) □監督・脚本:ジョナサン・レヴィン◆ニコラス・ホルト◆テリース・パーマー◆ジョン・マルコヴ...
ウォーム・ボディーズ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【WARM BODIES】 2013/09/21公開 アメリカ 98分監督:ジョナサン・レヴィン出演:ニコラス・ホルト、テリーサ・パーマー、ロブ・コードリー、デイヴ・フランコ、アナリー・ティプトン、コリー・ハードリクト、ジョン・マルコヴィッチ 世界の終わりに、恋が襲ってきた。 ...
ウォーム・ボディーズ (いやいやえん)
【概略】 ある日、襲撃するはずの人間の女の子・ジュリーにひと目惚れしてしまったゾンビ男子・R。次第にジュリーも心を開き始めるが…。 ラブコメディ ゾンビ男子×人間女子のラブストーリーと言う異色のホラー・ラブロマンス。 ニコラス・ホルト君が主人公の...