だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

ミッドナイト・イン・パリ

2012-06-03 00:01:11 | 映画(ま行)

スペイン/アメリカ
コメディ/ファンタジー/ロマンス

    * * * * * * * *

本国アメリカではウディ・アレン監督作としては最大ヒットとなった
チャーミングなファンタジー・コメディ。作家志望のアメリカ人男性が、
ひょんなことからヘミングウェイやフィッツジェラルド、ピカソといった伝説の
作家や芸術家たちが集う憧れの1920年代パリに迷い込み、幻想的で魅惑的な時間
を過ごすさまを、ノスタルジックかつロマンティックに綴る。
主演は「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」のオーウェン・
ウィルソン。
共演にレイチェル・マクアダムス、マリオン・コティヤール、キャシー・ベイツ。
また、フランス大統領夫人カーラ・ブルーニの出演も話題に。
アカデミー賞では作品賞を含む4部門にノミネートされ、みごとオリジナル
脚本賞を受賞
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

ハリウッドでの成功を手にした売れっ子脚本家のギル。しかし、脚本の仕事は
お金にはなるが満足感は得られず、早く本格的な小説家に転身したいと処女小説
の執筆に悪戦苦闘中。
そんな彼は、婚約者イネズの父親の出張旅行に便乗して憧れの地パリを訪れ、
胸躍らせる。ところが、スノッブで何かと鼻につくイネズの男友達ポールの
出現に興をそがれ、ひとり真夜中のパリを彷徨うことに。
するとそこに一台のクラシック・プジョーが現われ、誘われるままに乗り込む
ギル。そして辿り着いたのは、パーティで盛り上がる古めかしい社交クラブ。
彼はそこでフィッツジェラルド夫妻やジャン・コクトー、ヘミングウェイと
いった今は亡き偉人たちを紹介され、自分が1920年代のパリに迷い込んで
しまったことを知るのだった。
やがてはピカソの愛人アドリアナと出逢い、惹かれ合っていくギルだが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

GWから一か月ぶりに帰省で、折角のファーストデーなので、今年まだ一度も
観に行っていないなんばパークスシネマへ。
この日3本目の作品として、これをチョイス。

次から次へ有名人が出てくるのは面白かった。

ただ自分がこの時代の文学や芸術に疎いので、名前は知ってるものの、どんな
作品を残した人なのか、見ていてもよくわかんない人が出てきたりしたものの、
まぁ楽しめる内容だった。

ギルがタイムスリップした先で、偉人達に遭遇して興奮する気持ちはよく解る。
自分だったら南海の杉浦忠とか近鉄の鈴木貴久や西本監督や仰木監督に出会って
興奮するようなもんだろうから。

20年代を黄金時代と羨むギルだったが、その時代のアドリアナが1890年代こそが
黄金時代と憧れ、その1890年代の偉人たちはルネサンス時期が黄金時代と羨む
のを見て、何時の時代も人は過去が良かったと羨むものなんだなぁと妙に納得
してしまった。

アドリアナ役のマリオン・コティヤールが綺麗で適役だったな。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミッシング ID | トップ | グレイヴ・エンカウンターズ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (cochi)
2012-06-03 22:10:52
>自分だったら南海の杉浦忠とか近鉄の鈴木貴久や西本監督や仰木監督に出会って興奮するようなもんだろうから。
懐かしいです。
私も近鉄ファンでした。
西本監督、仰木監督は尊敬する人です。
>cochiさん (はくじ)
2012-06-04 00:05:44
こんばんは。
コメントありがとうございます。

私にとっても西本・仰木両監督は神にも
等しい存在ですよ。
南海・阪急が消えて、そして近鉄までも
なくなった今のプロ野球にさほどの魅力を
感じなくなっていて、あの頃のパリーグが
懐かしいです。

なので、ギルがあの時代がイイという懐古的
な気持ちは、大いに理解できました。
西本って! (sakurai)
2012-06-06 13:56:28
面白い!
川上さんとかって、まだ生きてる(失礼!)ンでスよね。
凄いわ。
骨太な凄い野球野郎の頃が懐かしいです。

ギルが、もともとあの時代に憧れを持っていたと言うのが、もうちょっとわかってたらなぁと思いました。
>sakuraiさん (はくじ)
2012-06-07 23:00:11
こんばんは。
コメントありがとうございます。

技術的には今の方がすごいんでしょうけど、
私的には70年代80年代のころのプロ野球の
方が魅力的で懐かしい気持ちになりますね。

確かにギルがあの時代にあこがれている理由
とかの描写がもうちょっと欲しかったかも。
タイムスリップして偉人に出会って喜ぶギル
の姿はちょっと唐突すぎた感じがあった
ような気がします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

51 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ミッドナイト・イン・パリ/Midnight in Paris (LOVE Cinemas 調布)
語り部ウディ・アレンが第84回アカデミー賞脚本賞受賞したファンタジー・コメディ。1920年代のパリを黄金期と信じて疑わない主人公がタイムスリップし、過去の著名な芸術家たちと不思議な交流す姿を描いている。主演はオーウェン・ウィルソン。共演にレイチェル・...
ミッドナイト・イン・パリ / Midnight in Paris (勝手に映画評)
酔って深夜のパリを徘徊していると、クラシックカーに乗った人々から一緒に来るように誘われる。戸惑いつつも、付いて行ってみると、いつの間にか1920年代にタイムスリップしていた。 幻想的で、ユニークな内容です。ティーパーティー運動の事に触れていたり、アメリカ人...
ミッドナイト・イン・パリ (Memoirs_of_dai)
ウディ・アレンのパリ好き度 【Story】 ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者(レイチェル・マクアダムス)と共に、彼女の両親の出張に便乗しパリを訪れる。彼はハリウッドで売れっ子脚本家として...
ミッドナイト・イン・パリ / Midnight In Paris (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 去年のカンヌ映画祭でオープニングを飾り、 今年のアカデミー賞作品賞、9作ノミネートのうち日本で公開となる最後の1本 アカデミー賞で脚本賞、ゴールデングローブ賞作品賞受賞! 2004年、NYから舞台をヨー...
『ミッドナイト・イン・パリ』 前を向いて歩こう (映画のブログ)
 一番好きな詩人を問われれば、やはりジャン・コクトーかもしれない。もっとも私はフランス語が判らないので、原語ではなく堀口大學の訳で親しむのみだが。  もしもジャン・コクトー主催のパーティーに参加...
ミッドナイト・イン・パリ (佐藤秀の徒然幻視録)
パリの狂気の星空を覆う救いの雨 公式サイト。原題:Midnight In Paris。ウディ・アレン監督、オーウェン・ウィルソン、レイチェル・マクアダムス、マリオン・コティヤール、レア・セド ...
映画:ミッドナイト・イン・パリ Midnight In Paris 好調ウディ・アレンが再現する1920年代のパリ。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
最近「それでも恋するバルセロナ」「Whatever Works」(邦題忘れた)と、好調な作品が続いているウディ・アレン。 今回もまた評判が良く、アカデミー賞に4部門もノミネーション。 (作品賞/監督賞/脚本賞/美術賞) という中、さっそく。 環境は英語で(字幕は中国...
ミッドナイト・イン・パリ (そーれりぽーと)
ウディ・アレンのロマンティック・タイムスリップ映画、『ミッドナイト・イン・パリ』を観てきました。 ★★★★★ また好みのジャンル、タイムスリップ物。 VFXバリバリの『MIB3』に続いて、同じタイムスリップものでもVFXとは対極にあるようなウディ・アレンのヒューマ...
ミッドナイト・イン・パリ/オーウェン・ウィルソン (カノンな日々)
『人生万歳!』でニューヨークへと戻ったウディ・アレンがヨーロッパへとまた帰ってきたわけですが、今作の舞台は本拠地のロンドンではなくタイトルにあるようにパリです。そして予 ...
「ミッドナイト・イン・パリ」隣の芝生 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ウッディ・アレン監督作品は初体験。 「隣の芝は青い」という単純明快なテーマを、パリならではのノスタルジックでアーティスティックな世界と、ウィットに富んだ大人のジョークで包んだお洒落な作品。
ミッドナイト・イン・パリ (とりあえず、コメントです)
ウディ・アレン監督&脚本のコメディ最新作です。 夜中のパリにタイムスリップするって面白そうだなと公開を楽しみにしていました。 芸術家たちが華やかに集う様子にワクワクしながら主人公と共にパリをさまよえるような物語でした。
ミッドナイト・イン・パリ (KATHURA WEST)
こんな絵見せつけられたら、行かないわけにはいかないでしょう。 《時空が歪んでいる》 《ゴッホが呼んでいる》 公開初日観てきた。(公開初日に劇場にのこのこ出かける映画ってあったけ) 12時過ぎ、鐘が鳴ると、《プジョークラシックカー》のお迎えがあり、1...
ミッドナイト・イン・パリ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【MIDNIGHT IN PARIS】 2012/05/26公開 スペイン/アメリカ 94分監督:ウディ・アレン出演:キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン、ニーナ・アリ...
ウディ・アレン監督『ミッドナイト・イン・パリ』(Midnight in Paris) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。ウディ・アレンの監督生活47年、監督作42本目にして自己最高の興行成績を樹立した『ミッドナイト・イン・パリ』本作でゴールデン・グローブ賞の脚本賞を受賞。アカデミー賞では作
「ミッドナイトインパリ」 (Con Gas, Sin Hielo)
夢は夢のままで。 80歳を目前にして、これまでで最高の興行収入を記録したというW.アレン監督作品。 それだけでも驚きだが、この年齢になってNY以外の都市を舞台に新作を作り続ける彼の意欲にも脱帽する。 パリに行ったことはないが、本作で描かれる現代そして1920年....
「ミッドナイト・イン・パリ」 (みんなシネマいいのに!)
  いや、マジでネタじゃないんだけど、「ラストタンゴ・イン・パリ」だと思いこんで
ミッドナイト・イン・パリ/MIDNIGHT IN PARIS (いい加減社長の映画日記)
「ガール」も気になってはいるんだけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 映画脚本家のギルは、婚約者イネズの父親の出張に便乗して憧れのパリにやってきた。 脚本家として成功していたギルだが虚しさを感じ、現在は本格的な作家を目指して作品を執筆中だ。...
『ミッドナイト・イン・パリ』 (2010) / アメリカ・スペイン (Nice One!! @goo)
原題: MIDNIGHT IN PARIS 監督: ウディ・アレン 出演: キャシー・ベイツ 、エイドリアン・ブロディ 、カーラ・ブルーニ 、マリオン・コティヤール 、オーウェン・ウィルソン 、 レイチェル・マクアダムス 、マイケル・シーン 公式サイトはこちら。 苦手な...
ミッドナイト・イン・パリ (Akira's VOICE)
パリふれあい街歩き。  
『ミッドナイト・イン・パリ』 12時のプジョー (Days of Books, Films )
Midnight in Paris(film review) シンデレラは深夜1
『ミッドナイト・イン・パリ』 (こねたみっくす)
これはパリでしか撮れない大人の洒落た映画です。 第84回アカデミー賞で脚本賞を受賞したウディ・アレン監督の最新作は、アメリカなんぞでは絶対に撮れない、過去と現代が共存して ...
「ミッドナイト・イン・パリ」 心地よい巨匠のお遊び (ももたろうサブライ)
監督 ウディ・アレン
ミッドナイト・イン・パリ・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
真夜中のパリは、不思議の街。 ウッディ・アレンが、自らもこよなく愛すパリを舞台に描くファンタスティックな寓話。 世俗的な仕事に嫌気がさし、小説家としての再出発を志す主人公、ギルが迷い込んだのは...
『ミッドナイト・イン・パリ』 (ラムの大通り)
(英題:Midnight in Paris) 「こういう何の驚きもない映画というのも、 ある意味いいよね。 安心して観ていられる」 ----えっ? これって 主人公が自分の憧れる1920年代のパリに行って、 歴史に名を残す著名な人たち、 ピカソやヘミングウェイなどと会うってお話でし...
迷子の旅人〜『ミッドナイト・イン・パリ』 (真紅のthinkingdays)
 MIDNIGHT IN PARIS  ハリウッドの売れっ子脚本家だが、実は作家志望のギル(オーウェン・ウィル ソン)は、婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムズ)と憧れのパリにやってき た。何...
★ミッドナイト・イン・パリ(2011)★ (Cinema Collection 2)
MIDNIGHT IN PARIS 真夜中のパリに 魔法がかかる 上映時間 94分 製作国 スペイン/アメリカ 公開情報 劇場公開(ロングライド) 初公開年月 2012/05/26 ジャンル コメディ/ファンタジー/ロマンス 映倫 G 人気ブログランキングへ 【解説】 本国アメリカではウ...
ミッドナイト・イン・パリ (悠雅的生活)
午前零時。憧れの時代。雨の中の散歩。
ミッドナイト・イン・パリ (こんな映画見ました〜)
『ミッドナイト・イン・パリ』---MIDNIGHT IN PARIS---2011年(スペイン/アメリカ)監督:ウディ・アレン出演:キャシー・ベイツ 、エイドリアン・ブロディ 、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェ....
ミッド・ナイト・イン・パリ (迷宮映画館)
素敵な時間、夢の時間、魔の時間?
アレン流 タイムスリップ! (笑う社会人の生活)
映画「ミッドナイト・イン・パリ」を鑑賞しました。 婚約者とパリに訪れたハリウッドの人気脚本家ギル しかし 小説家になることを捨て切れず、1920年代のパリに想いを馳せていた ある夜 彼は憧れの1920年代にタイムスリップしてしまい… ウディ・アレン監督作品 いや〜...
ミッドナイト・イン・パリ (映画の話でコーヒーブレイク)
ベトナムに行く飛行機の中で見た1本です。 ウディ・アレンが脚本と監督を務め、アカデミー脚本賞を受賞。 公開になったら映画館に見にいこうと思っていたので、飛行機の中で見れてラッキーでした。       *************************  ...
映画・ミッドナイト・イン・パリ (読書と映画とガーデニング)
2011年 スペイン=アメリカ合作 原題 Midnight in Paris 2010年 ハリウッドの売れっ子脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムス)の両親の出張のご相伴に預かり憧れの街パリを訪れる パリの屋根裏部屋での暮らしを....
「ミッドナイト・イン・パリ」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・スペイン・アメリカ/配給:ロングライド 原題:Midnight in Paris 監督:ウッディ・アレン 脚本:ウッディ・アレン 撮影:ダリウス・コンジ 製作:レッティ・アロンソン、スティ
ミッドナイト・イン・パリ (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 小説家志望で、社交性のない主人公ギルをオーウェン・ウィルソンが熱演し、その婚約者イネズをレイチェル・マクアダムスが演じているのだが、なぜかネットでのキャスト紹介では、キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニなどの名が先行して...
「ミッドナイト・イン・パリ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Midnight in Paris」 2011 スペイン/USA ギルに「トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合/2006」「ダージリン急行/2007」のオーウェン・ウイルソン。 イネスに「幸せのポートレート/2005」「あぁ、結婚生活/2007」「消されたヘッドライン/2009」「き...
ミッドナイト・イン・パリ (ここなつ映画レビュー)
真夜中の12時の鐘が鳴ったら魔法が解け、馬車はカボチャに戻り、身に纏った美しい衣装もボロボロに戻る。シンデレラのお話しは確かにそうだけれど、この「ミッドナイト・イン・パリ」では、12時の鐘がパリの街角で鳴ったその時が、夢の始まり。 少しネタバレ...
ミッドナイト・イン・パリ(2011)☆彡MIDNIGHT IN PARIS (銅版画制作の日々)
 真夜中のパリに魔法がかかる 好き度:=90点 MOVIX京都にて鑑賞。 ロマンチック☆★な大人の絵本って感じでお洒落。アレンおじさん傑作作品ですね。 オーエン・ウィルソンはどちらかというとちょっと苦手なのですが。この作品ではとてもハマり役でなかなか良かっ...
ミッドナイト・イン・パリ      評価★★★★92点 (パピとママ映画のblog)
午前0時の時計台の鐘に導かれ、芸術家たちとの夢の一夜へ 第84回アカデミー賞脚本賞を受賞し、ウディ・アレン作品としては全米で最大のヒットを記録した、ファンタジック・コメディ。 あらすじ:ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者(レイチェル・マクアダムス)....
「ミッドナイト・イン・パリ」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
ウディ・アレンなら何でも許される。 今回は、恋人とパリを訪れた男が自分だけ1920年代にタイムスリップしてしまう話。 もちろん、ウディ・アレンだから派手な特撮とかはいっさいなし。馬車に乗っただけで、ひょいっと時間を越えてしまう。 そこで出会うのが、ヘミ....
ミッドナイト・イン・パリ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
70歳代後半の今も、コンスタントに新作を発表している人気監督&コメディアンのウッディ・アレン。ニューヨークを美しく描く監督として知られていたが、近年はヨーロッパに活動 ...
ミッドナイト・イン・パリ (映画尻エリカ)
『ミッドナイト・イン・パリ』 “MIDNIGHT IN PARIS” (2011・スペイン=アメリカ・1h34) 監督・脚本 : ウディ・アレン 出演 : オーウェン・ウィルソン、レイチェル・マクアダムス、マリオン・コティヤール、レア・セドゥー、マイケル・シーン 小説...
『ミッドナイト・イン・パリ』 (beatitude)
ハリウッドの売れっ子脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムス)とともに愛するパリを訪れる。ワンパターンの娯楽映画のシナリオ執筆に虚しさを覚えているギルは、作家への転身を夢見て、ノスタルジー・ショップで働く男を主人公...
「ミッドナイト・イン・パリ」 (古今東西座)
映画の冒頭で映し出されたのはパリの街角の風景。昼から夕方、そして夜と魅力的な映像に心奪われる。と、同時にウディ・アレン監督1979年の名作『マンハッタン』と街は違えど同じパターンであることに気付いた。『マンハッタン』はニューヨークの街への愛をドラマの背景に...
ミッドナイト・イン・パリ (愛猫レオンとシネマな毎日)
本年度アカデミー賞、最優秀脚本賞を授賞したウディ・アレン監督の最新作です 。 恋人と憧れのパリを訪れていた小説家志望の主人公が、 なぜか毎晩1920年代のパリにタイムスリップ。 そこは、芸術が花開いたゴールデンエイジと呼ばれるお伽の世界。 主人公は、そこ...
◇『ミッドナイト・イン・パリ』◇ (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2010年:アメリカ+スペイン合作映画、ウディ・アレン監督、キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン出演。
ミッドナイト・イン・パリ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ミッドナイト・イン・パリ』を渋谷ル・シネマで見てきました。 (1)昨年の『人生万歳!』をはじめとして、これまで何本も見ているウディ・アレン監督作品というので、だいぶ遅れてしまいましたが映画館に足を運びました。  本作は実に他愛ない内容で、1920年代のパ....
ミッドナイト・イン・パリ (rambling rose)
小説家への転身を志す脚本家のギルは、婚約者イネズ一家と共に訪れたパリで益々その思いを強くする。そんな折、イネズの家族や友達とソリが合わない彼は1人真夜中のパリを彷徨うハメになり・・
『ミッドナイト・イン・パリ』 (Cinema+Sweets=∞)
この間の休みに、やっとのことでウディ・アレン監督の最新作『ミッドナイト・イン・パリ』を映画館に観に行ってきました。 こういう小粋な作品は素敵ですね、映画を観て気持ちがリフレッシュ出来ました。 ...
「ミッドナイト・イン・パリ」(MIDNIGHT IN PARIS) (シネマ・ワンダーランド)
米映画界の才人、ウディ・アレンがメガホンを執ったロマンティック・ファンタジー「ミッドナイト・イン・パリ」(2011年、米スペイン、94分、W.アレン脚本)。この映画は作家志望の米国人青年が、ヘミングウェイやフィッツジェラルド、ピカソらが集う1920年代...
ミッドナイト・イン・パリ (Midnight in Paris) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ウディ・アレン 主演 オーウェン・ウィルソン 2011年 スペイン/アメリカ映画 94分 コメディ 採点★★★★ 「まぁ!?なんて後ろ向きな人!」と言われようが何であろうが、自分の過ごしてきたある一時期に対する思い入れが強い私。自分の楽しんでいる娯楽の原...
『ミッドナイト・イン・パリ』('13初鑑賞73・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 8月14日(水) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。