カネサダ番匠ふたり歩記

私たちは、大工一人、設計士一人の木造建築ユニットです。日々の仕事や木材、住まいへの思いを記していきます。

Do it myself!

2010年02月26日 | 山のこと
我が家には、猫の額ほどですが山があります。
ちょうど写真の中央部に杉や桧の植林に挟まれる格好で、明るい帯が見えるでしょう。
そこがウチの猫の額ニャンです。



美濃や飛騨では、杉や桧の植林木を「黒木(くろき)」、天然林である雑木類を「金木(かなぎ)」と呼びます。
周囲の山主が次々と黒木の植林を進め、その管理を森林公社などへ委託する中で、我が家では金木の山も守り続けてきたのです。



郡上あたりの天然林は、「樅栂山(もみつがやま)」といわれるように、樅、栂、松が中心を占めています。3種共にマツ科の木です。
悲しいことに、郡上でも南部の美並町や八幡町、和良町などでは松くい虫のために松はほぼ全滅してしまいました。

我が家の金木山も例外ではありませんが、どっこい樅や栂は樹齢120年を超える大きな木がまだまだ健在です。



2年前から少しづつ栂の木を切り出してきました。今年カネサダ番匠で取り組んでいる出登り造りの家に使うためです。

栂の木を使った家は、昔は「栂普請(つがぶしん)」と言われたように、貴重がられました。栂は木の目が細かく、木肌が美しくて丈夫なのです。
・・・うちの栂もスゴイでしょう、と自慢したいのは山々なのですが、くねくねの木ばかりで、太くてまっすぐな差し鴨居が取れるような木はどうも無さそうです・・・



木の皮だけを一見すると、樅、栂、松の判別はしにくいのですが、葉っぱを見ればすぐ分かります。
左が樅(みなさんよくご存知のクリスマスツリーです)、右が栂です。



我が家は代々が山師でした。
ご先祖様に恥ずかしくないよう、木の伐採や林道への運び出し、運搬なども全て家族の者や親戚の手でやってしまいました。
但し、方法はいわゆる我流です。父は父なりの我流、私なんかは昔使った岩登り用のカラビナやシュリンゲなんかを持ち出して来たり・・・ああでもない、こうでもないと大騒ぎしながら、最後には栂の丸太約30本が無事に作事場までやって来てくれました。



さあ、これらの栂の丸太との格闘が始まろうとしています。
とはいっても私は大工仕事の中でも、丸太仕事が一番好きです。どうやって組もうか?なんて考えるのも骨は折れますが楽しいものですよ。

カネサダ家の「できることは自分でやってみる」の精神を大切にしつつ、無事上棟目指して頑張ります!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

登り梁の家 その1

2010年02月14日 | カネサダ番匠が作った家
私たちの作った家を写真家の相原功さんに撮影していただく幸運に恵まれましたので、今までの作品ごとに紹介していきたいと思います。
私たちなりの家作りの特徴の説明と共に、どさくさに紛れて私が撮った写真も混ぜておきましたので、どうぞご注意ください・・



「登り梁の家」
設計・施工 カネサダ番匠
工事期間 2008年8月~2009年6月
工法・構造 木組みによる伝統的な工法 小屋組は登り梁 竹小舞による土壁
規模 2階建て 床面積 30坪
住み手 30歳台夫婦 子供3人(三人姉妹)



私たちはいつも、屋根の軒を深く出す(約1.5m)ことを工夫しています。
桁よりさらに外にある出桁(だしげた)で深い軒を支えています。
屋根はその家の姿を映し出す大きな要素です。建物は日本の風景に馴染む佇まいであって欲しいです。

深い軒は風雨から建物を守ります。少々の雨では外壁や犬走りに雨がかかることはありません。
また夏には陽射しを遮り、風を呼び込みます。



外壁は可能であれば杉板張りや漆喰塗りにします。暖かみが出ますものね。
13.5ミリの杉板を使うのでかなり長持ちはしますが、張り替えがし易い工夫もしておきます。

外壁のみに限りませんが、悪くなったところに手を入れられるようにしておくことこそ耐久性を上げることに繋がります。



屋根の登り梁の交叉するところは、「鯖組み(さばぐみ)」といいます。何だか鯖のしっぽを想像させますね。
お互いを組んで、2本の30ミリの樫の込み栓でがっちりと結合します。
登り梁を使った合掌はもともと雪の多い、屋根に大きな荷重のかかる地方に多く見られます。

「出登り造り」は、出桁を船がい(せんがい)で受けるのではなく、登り梁で受けます。
登り梁を使う技法は飛騨や美濃地方に広く見られますが、「出登り」にするのは郡上特有のものです。



土台の上に、もう一段足固め(あしがため)という部材が入っています。
足固めは昔の建物には、ごく当たり前に入っていましたが現代では消え去ってしまいました。

つまり、足固めのすぐ下までコンクリートの基礎が立ち上がって、昔に「足固め」と呼ばれていた部材はどこかへ押しやられてしまい、この位置に居座っているのが現代の「土台」と呼ばれているものです。

同じ位置にはあるものの、土台と足固めの働きはかなり違います。というより、柱の働き方が大きく変わってきます。
現代の土台の上では、柱は鉛直荷重(家の自重など)を基礎に伝えるだけの役目です。しかし、昔の足固めが柱に差さっていると、鉛直荷重のみならず柱にかかる水平荷重(地震力など)をも柱相互に伝える役目を果たしていました。足固めは、柱が曲げられることに抵抗しようとする力を引き出す重要な部材であったのです。

現代の土台は建物の水平荷重、つまり地震力を建物から基礎や地盤に伝える重要な働きをしているのですが、ここでは足固めとの違いを説明するためにこういう表現をしました。土台の悪口を言いたいのではなく、現代の家の柱がただ鉛直荷重をささえるためだけの部材になってしまったことを言いたいのです。
私たちは木そのものが持つ力を最大限発揮できる木組みをさがしていきたいと思っています。


さて、次回の「登り梁の家 その2」では内部をご紹介しますね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岐阜県の民家と言えば・・

2010年02月07日 | 家のこと
飛騨、美濃地方には私たちの心を捉えて離さない家々があります。





飛騨の民家と言えば、世界中の人びとが白川郷の合掌造りを思い浮かべるでしょう。
合掌造りは極めて屋根勾配のきつい茅葺屋根なのですが、一方で極めて屋根勾配のゆるい板葺石置屋根の家が存在します。





これらの家の分布はかなり広範囲です。
東西には北アルプスの麓の旧上宝村から高山、旧清見村、旧河合村にかけて、南北には旧高根村、下呂、旧金山町にかけて広がり、その南限が私たちの住む郡上にまで及んでいます。

それぞれの村では独自の構造や意匠が発達していて、どれも目を見張るものなのですが、基本的な建て方はほぼ共通しています。
まず、屋根の勾配が緩いこと。茅葺屋根の矩勾配(かねこうばい、45°以上)、瓦屋根の4~5寸勾配(25°前後)に対して2.5寸~3.2寸勾配(15°前後)とかなり緩くなっています。屋根を支えるための登り梁がたくさん掛かっています。

勾配が緩いのはどうしてか分かりますか?葺き板が風で飛んでいかない様に石を重しに載せるのですが、勾配がきついと石が屋根から転げ落ちてしまうからです。また、雪おろしの時の安全のためでもあります。





2階建てですが、ほとんどがツン建ち(つんだち、総二階のこと)です。そして軒の出がかなり深い(1.5メートル前後)のですが、雪や雨から建物を守るためです。深い軒は夏には風を呼び込む役割も果たしているんですよ。

2階部分は低いですよね。これはその空間を養蚕に利用したためです。もともとは平屋建て(1階建て)であったのが、養蚕が江戸時代後半に普及するにつれ、2階部分が発達していったものです。日本の民家(町屋は別として)は人が住むために2階に部屋を設けた例は少なかったのです。イロリの煙にいぶされていると燻製になってしまいますしね・・。





いろいろな家を見て歩いてみると、個々の家で間取りや規模の違いこそあれ、構造や意匠は全体的あるいは地域ごとに整然と共通性を持っています。それは屋根の葺き材や壁土や材木といった素材選びにも同じことが言えます。
そして地域の気候風土や当時の人びとの生活そのものに直結していたいう当然のことを今改めて知って、家づくりの何たるかに思いを馳せています。

さて、私たちの住む郡上にもこれらの家々が数多く残っているのですが、郡上だけにしか見られない特長を備えており、わたしたちはこの郡上ならではの造りに魅入られています。
出登り造りと呼ばれるのですが、カネサダ番匠では今年この家を建てようとしています。順次これらのことは紹介していきますね。おたのしみに~。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

得意技はタタミ踊り

2008年07月02日 | 家具・建具のこと
司馬遼太郎氏の小説「竜馬がゆく」に、こんなくだりがあります。

時は幕末の文久2年。
後に薩長同盟を結び倒幕へと歴史を大回転させた長州藩と薩摩藩ですが、実は犬猿の仲でした。

ある日、江戸柳橋「川長」で薩摩が長州を招待した酒席でのこと・・
ひとわたり酔いがまわったあたりで酒癖の悪い長州側の周布政之助が真剣を抜きつれ舞い始めたのです。
芸者、末社が蒼くなったほどのすごい剣舞で、薩摩側の鼻先へきらっ、きらっと切先が触れそうになる・・

薩摩の大久保一蔵(のちの利通)は興奮してきて、
「よし、オイは薩摩のタタミ踊りをお目にかける」
と、タタミを一枚はがし、片手でタタミを皿まわしのようにぐるぐるまわしはじめたのです。

ほこりをバタバタたてながら座敷いっぱいにぐるぐる回るタタミは長州の席へ旋回していきます。
気の短い長州の来島又兵衛などは太刀をひきつけ、芸者、末社たちは胆をつぶして足袋はだしのまま中庭に飛び出していく・・

この大騒ぎを鎮めたのは薩摩の西郷吉之助(隆盛)どんの意外な行動だったのですが、興味のある方はぜひ「竜馬がゆく」をご一読ください。





さて、今日の主役は大久保どんでも西郷どんでもない、畳(タタミ)です。
郡上八幡には、幕末に宙を舞ったタタミと同じ、藁床(わらどこ)のタタミを自分で作る畳屋さんがいます。

くまだ畳店の熊田さんは自分で藁を集めてきて乾燥させ、その藁を使って畳床(たたみどこ)を作ります。
畳床とは畳のベースとなる部分のことで、この床の良否が畳の良否を決定します。

最近の畳はいわゆる建材床といって、断熱材などをそのまま使った床がほとんどです。
歩き心地は藁床のようにはやさしくなく、藁のような吸放湿性はほとんどありません。





藁を何重にも縦、横と敷き並べていきます。
この藁は郡上の藁で品種はコシヒカリ。稲架(はさ)掛けして乾燥させたものでないと畳床には使用できません。

コシヒカリは背が高いといっても昔の稲と比べるとだいぶ背が低くなったそうです。
昔はこのあたりではヤマホウシという品種が主で、ヤマホウシの藁は畳一枚の幅(約90センチ)を1本通しで十分に作れました。コシヒカリでは真ん中で足してやらないといけません。

とはいうものの、最近の稲刈りはコンバインで藁を切り刻んで田んぼに放出してしまいますので、稲架に掛けた藁は入手がとても困難になってきました。
熊田さんがふんだんに使う藁も実はとっても貴重なものなのです。





畳床を作る機械も先代のころから大事に使ってきたものです。
自分で床を作る畳屋さんもめっきり減ってきましたが、熊田さんは「私はこだわって作り続けるよ。」とのこと。何とも頼もしい限りです。





畳作りには欠かせない藁ですが、土壁にも藁は欠かせません。
こうやって見てみると、藁をはじめとして稲作の文化が日本の住まいにいかに深く関わっているのかが分かります。

今どきは畳が一枚もない家が結構作られています。日本人のライフスタイルや意識の変化の現れでしょうか。
それらを含め、今日お話した藁の入手困難なことなど、ソフト、ハードの両面で日本の稲作文化はどこへ行ってしまうんだろうか?と思うこともしばしばです。





「畳の上で死にたい」どころか、「畳の上で住みたい」と是非多くの日本人に思っていただきたいものです。
私たちも畳の映える家づくりに頑張って取り組んでいきますよ!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

番匠の愛用した道具

2008年06月24日 | 大工のこと



中世の絵巻物である『春日権現験記絵』には、「番匠」と呼ばれた多くの人びとがさまざまな道具を使って仕事をする風景が描かれています。
その中には、のみ、木槌、指しがね、墨つぼ、などの現在の我々大工も使用している道具が見られます。

木材を運ぶ番匠が口にくわえているのは、「木の葉型鋸」というもので、横挽き(木を繊維に直角に切る)専用ののこぎりで現在は使われていない型のものです。
手前で二列に並んで板をはつっている番匠たちが使うのは「手斧(ちょうな)」です。手斧も滅多に使われなくなりました。

珍しいものでは、これは道具ではありませんが、番匠たちの傍らに積み上げた木材の先端に二つづつ穴が開いているのが分かりますか?
これは「鼻繰(はなぐり)」というもので、縄を通すためのものです。
木を伐採地から作業場まで運搬する際に、筏を組んだり地上を引っ張ったりする時に利用するのです。
木材を加工した後は不要になるので切り落としました。





そして、手斧ではつった後の板をさらに削る番匠たちが使用しているのが「槍がんな」です。
槍がんなは両手で構えて、木に対して刃物を斜めに引いたり押したりして削っていくので、らせん状にくるくる巻きになった独特のかんなくずが出てきます。





今回Y邸の玄関のカウンター板を、古の番匠たちに倣って槍がんなでの仕上げに挑戦してみました。
用意したのは厚みが6センチ、巾が60センチの杉の一枚板。

原版は反りや捻れがあるので、墨を打って丁寧に削り込んでいきます。板の裏側には反り止めのための蟻桟(ありざん)をしっかりと打ち込んでおきます。
こうしておけば、将来板の乾燥にともなう狂いや捻れを防ぐことができます。





さあ、古の番匠たちのようにうまく削れるでしょうか?
普段使う台がんなと同じように、下っ腹に力を入れ、腰を据えて体全体で槍がんなを引いていきます。





槍がんなで仕上げた木肌は真っ平らにはなりません。
手で触ると、でこぼこ、でこぼこと刃の通った軌跡がよく分かります。

しかしそこからは、木が本来持ち備えているぬくもりや輝きが一段と増してこちらに伝わってくるような気がするのです。
番匠の愛用した道具とは、そんな不思議な魅力を持ったものなのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おやっさんと建てる家

2008年06月21日 | 大工のこと
おやっさんに呼ばれて、建前の手伝いに行ってきました。





私のおやっさんは関市上之保(旧上之保村)の河合建設(株)の河合さん。
笑顔の素敵なこの親方のもとで5年間の住み込み修行をさせていただきました。





おやっさんの住む上之保村は今の時期は川沿いにホタルが乱舞する静かな山村。
私たちが住む郡上八幡と山をひとつ隔てた隣村です。

人口の約一割が大工!という上之保村は東海地方ではデカ木住宅(デカモクと読みます)の上之保村と言えば、たいていの人に分かってもらえます。





さて、この辺りでは大きな本宅を新築したり、建て替えたりする場合を特に本家普請(ほんやぶしん)といいます。
一方子供などが本宅の傍や近所に新たに建てる場合には新家(あらや)と言って区別します。

今回お手伝いしたのは60坪近くの本家普請。
「乞食もたれ」「テッポウ梁」など古くからの部材も使ってあります。
そして本家普請に大抵セットになってくるものに、「せんがい」があります。





せんがいとは船櫂(せがい)造りのことです。
軒桁の載る柱に腕木を差し込んで、さらに出桁を架けて軒の出を深くする工夫がされています。

出桁の上に張ってある、せんがい板は巾が50センチもある椹(さわら)の一枚板。
この手法は例えば関西地方の町家、民家などにも広く多用されている一般的なものですが、最近では新築で見ることはめっきり減りました。
夏は強い日差しを遮って風通しが良く、冬は陽射しが良く差し込む快適で景観もすばらしいものです。





私がおやっさんのもとに弟子入りした頃はプレカットの普及率は1割を少し超える程度で、大工が自分で墨付けをして自分で刻むのは日常のことでした。
いまや時代はプレカットが全盛。9割に迫る勢いで、中には「大工が刻むよりもプレカットの方が遥かに正確です。」なんて声も聞こえてきます。

おやっさんは私に手取り足取り仕事を教えてくれたわけではありません。
読んで字のごとく、見習って仕事を覚えてきました。

そんな私がおやっさんから教えてもらった最大のものは、大工としての心意気でしょうか。
今だに手仕事や国産材にこだわるおやっさんを私は頼もしく誇りに思いますし、こうやって今も一緒に建前ができる喜びをかみしめています。

まだまだおやっさんに教わることは尽きません。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏も近づく八十八夜

2008年05月16日 | 田舎暮らしのこと
夏も近づく八十八夜
野にも山にも若葉が茂る
あれに見えるは茶摘みじゃないか
茜襷に菅の笠





ご存知「茶摘」の歌詞です。
我が家にも茶摘の季節がやってきました。





摘んだ葉はじっくりと煎ります。独特の甘~い香りが家中に広がります。





煎った葉は手のひらでさらに揉んでいきます。けっこう力仕事なんですよ。





もとの葉と比べるとこれぐらいの量になります。

ところで・・・
歌にも歌われている「八十八夜」とは立春から数えて八十八日目を指します。
現在の暦でいうと、五月一日~二日にあたり、種捲きの適期とされています。

山には若葉が萌え、田には水が張られて田植えの光景が見られ、つばめがせっせと巣づくりに励んで、一年のうちでも最も活気に満ちている時期に思えます。





こうやってできるお茶は、いわゆる番茶です。
朝にやかんで沸かした番茶はポットに入れられ食卓の上に置いてあります。

朝昼晩、夏も冬もこのお茶を飲むのです。
緑茶や抹茶もおいしいし、麦茶やウーロン茶も飲みますし、たまにジャスミンティーなんかも飲んだりします。
でも、うちで飲む番茶がなんだか一番ほっとした気分になるから不思議です。





さて、これはお茶摘みにつきもののお楽しみである、あられです。
お正月のお飾りの餅花の役目はお茶摘みの時にやっと終わります。お茶の葉を煎った鍋の余熱を利用して、あられを作るのです。

お砂糖がほんのりかかっただけの素朴なあられ。
このあられを頬張り、番茶をすするのは至福の味わいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かたかごの花

2008年04月10日 | 田舎暮らしのこと
家のすぐ近くの山すそで片栗(カタクリ)の花が咲いています。
古名は堅香子(かたかご)。万葉集にも「寺井の上の堅香子の花」とあります。
カタコともいいます。





カタクリはユリ科の多年草で山野に自生しています。
二枚の葉っぱの間から長い花柄を出し、紅紫色の六弁のかわいい花を下向きに咲かせます。
花の中心部の紫色の斑点が作り出す模様は一花一花違うんですよ。

ちなみにお料理などによく使う片栗粉はこのカタクリの地下茎から製した澱粉(デンプン)です。
市販の多くはジャガイモの澱粉みたいですね。こんなかわいい花の根っこを引き抜いて粉にしてしまうのはあまりにかわいそうな気がします。

今郡上街道を埋め尽くしているのは満開の桜です。
もちろん桜は美しいのですが、山々の木々の間に一生懸命に咲いている山ツツジやカタクリを見つけた時は、何だか春の到来を実感し幸せな気分になるのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漆喰を化学すれば・・

2008年04月04日 | 左官のこと
前回に引き続いて漆喰のお話です。





漆喰の原料は消石灰(しょうせっかい)、苆(すさ)と海藻糊です。
下塗り用の砂漆喰には珪砂(けいしゃ)や川砂を加え、上塗り用の漆喰には植物油(菜種油など)を加えます。

昔ながらの混ぜ方は二本の棒(竹が一番いい)を舟を漕ぐ時の様に8の字に回しながら行います。
この時、棒と棒のすり合わさる所で苆をさらに細かく切るようにして、滑らかな漆喰に仕上げていくのです。





練り上がった仕上げ用の漆喰です。
ぎんなん草の糊の茶色、消石灰のわずかな赤色の混ざった美しいクリーム色をしています。

さて、日常は勘だのみの非科学的な仕事をしている私ですが、ここで漆喰を化学的に解明してみましょう。

漆喰に用いる消石灰すなわち水酸化石灰の原料は石灰石です。
石灰石(炭酸石灰・CaCO3)を900~1200度の温度で焼成すると、生石灰(酸化石灰・CaO)と炭酸ガス(CO2)になります。
生石灰に水を注ぐと(この作業を消化といいます)、消石灰(水酸化石灰・Ca(OH)2)になります。





ではあとは現場作業を交えての説明です。
良く乾いた下地(モルタル・中塗り土など)にまず砂漆喰を塗りつけます。





砂漆喰の水の引き具合を見計らって、水の引ききらないうちに仕上げ用の漆喰をさらに塗り付けます。
この様な塗り方を左官用語では「追っかけて」塗るといいます。

でも、二人で塗ると本当に後から塗る人(左が親方の松葉さん)に追っかけられるハメになります・・





仕上げ漆喰はコテでしっかりと押さえて、全ての作業が終了します。

壁に塗られた消石灰は空気中の炭酸ガス・二酸化炭素によって炭酸化し炭酸石灰となって固まります。
消石灰(Ca(OH)2)+炭酸ガス(CO2)=炭酸石灰(CaCO3)+水(H2O)・・

もうお気づきですか?
一連の焼成・消化・炭酸化という過程を経て、原料の石灰石と同じ物質が漆喰となって壁に固着されるわけです。

しかしこの様な難しい説明を抜きに漆喰壁を考え出した昔の人は本当にすごいですね(今回私たちのわがままに付き合ってくれた松葉さんもすごい)。
乾けば乾くほど白さの増してくる(自然な白さです)、漆喰に拍手拍手!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コブ炊きじいさん

2008年04月01日 | 左官のこと
漆喰(しっくい)塗りに欠かせないもの、それはコブ炊きです。
今日は左官の松葉さんが現場に大きなお釜を据えてコブを炊いてくださいました。





岐阜あたりの左官屋さんが俗にいうコブ炊きとは漆喰作りには欠かせない糊炊きのことなのです。

使用するのは北海道日高産のぎんなん草という海藻です。
海藻糊の上等なものとしては、このぎんなん草と、東北三陸産の角叉(つのまた)があります。





薪を足しながら煮るときれいに溶けて茶色のトロリとした糊になります。
これを篩(ふるい)で漉します。砂漆喰用には粗い目のものを、仕上げ漆喰用には細かい目のものを使います。





コブが炊けたら一方で消石灰を篩いにかけます。
消石灰は空気中の水分によって固まりが生じやすいので、きめの細かい漆喰を練るには欠かせない作業です。





ここで良い漆喰を練りあげるコツをこっそりお教えしましょう。
それは、さきほど炊いた糊が冷めないうちに苆(すさ)と消石灰を加えて混ぜることです。
糊の熱によって程よく苆が柔らかくなってほぐれて、消石灰ともよく馴染むからです。





最近では水に溶かしてそのまま使える粉角叉があり、パルプを溶かしたメチルセルロースなどの化学糊が使われる方が多いみたいです。
また袋ものといわれる、原料が混ざって入っていて水で練ったらすぐ使えるインスタントの漆喰がほとんどです。

でもやっぱり手間ひまかけてコブを炊いてつくる漆喰が味わい深く、一番持ちがいいんです。
さあてどんな漆喰ができますことやら、次回に続きます。お楽しみに~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加