あざみ野荘つれづれgooブログ

おもに、サッカー関連のコメントを掲載していきたいです。
’78年のW杯アルゼンチン大会以来のサッカーファンです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私が他人の映画評を参考にしない理由

2009-01-25 01:50:43 | 映画・ドラマ
 私は、映画を観るとき、他人の評価をいっさい参考にしないことにしている。一般の評価も、評論家の評価も含めて。と言うのも、以前、映画評論家、世間一般の悪い評価を参考にして、封切りのとき見るのをやめてしまった映画を、かなり後になって、BSの放送でたまたま観て、そのあまりの素晴らしさに、”なんでこれを今まで観なかったのだろう!””なんであの時、みんなの感想を鵜呑みにしてしまったのだろう”、と後悔したからだ。その映画と言うのは、「ゴッドファーザーPartⅢ」である。誰が何と言おうとあれは凄い。TVの画面で観ても、なんか画面画面の密度がものすごく濃くて、アル・パチーノの演技も凄い。そしてゴッド・ファーザーの三部作すべての濃密なシーンの数々は、「Ⅲ」のラストシーンのためにあると言ってもよい。と言う意味で、あの作品は傑作です。あの作品を批判するひとが、よくキャストについての不満、とくにマイケルの娘役のソフィア・コッポラへの不満を述べていますが、私的には、彼女で何の問題も無いです。と言うか、現在では映画監督として活躍している彼女の繊細さが感じられる演技だったし、彼女が巻き込まれてしまう、オペラにからめて描かれる「悲劇」は、見事としか言いようがないです。キャストへの不満と言うのは、おうおうにして、単に好き嫌いの次元でしかなく、感情に理屈をくっつけただけの、木を見て森を見ずの、本質的には感情的なものでしかないことが多い。映画評論家の評論も含めて。
 まず自分の目と耳で観ないことには何も始まらないし、傑作を見逃すことになりかねない。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« K-20 & ラヴァーズ | トップ | 梅林 茂さんの映画音楽 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画・ドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL