Asia☆34

東南アジア5カ国を34日間で駆け回る
34歳女一人旅日記☆
小さなできごと★日々是感動

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

香港滞在のはじまり

2009-08-28 23:50:12 | 香港・中国

早朝KLを飛び立った飛行機は早くも午前中に香港に到着。

大好きな香港ということで
テンションも高め!!かと思いきや
やっぱりマレーシアの余韻がかなーーりありあり。
ありゃーーーーめずらしく
香港マレーシア 
になっているではないかー


とりあえず、今回しめの香港では3泊予定しているので
まずは宿を。
いくつかリサーチしてきたゲストハウスが集まる一帯に向かいます。

これまで香港ではホテル滞在しかしたことがなく
なにげに初☆ゲストハウス!
目指すはチョンキンマンションならぬ『ミラドマンション』です。

MTRの地下から
ミラドマンションの最寄と思われる出口を出ると
さっそく客引きが登場☆☆
はやっっ!!
まぁバックパックでそれとひとめでわかるんだろうけど
それにしても
「私、あなたと待ちあわせしてたっけ?」の勢いかつ自然なかんじに
なんだか目が覚めました。

どうやら同じマンション内の客引きらしいので
おとなしーーくついて行くことに。
1階では大勢の人がエレベーター待ちをしていて
その中にまぎれ、ギュウギュウの中ひたすら扉が開くのを待つ。

おーーーこれ、まさにチョンキンマンションと変わらない!
あえてチョンキンマンションを避けてみたけど
結局はほぼ同じということかっ


案内されたGHでは覗くだけのつもりが
いくつか部屋を見せてもらい
あっさり決定してしまいました!

というのも。。。
なんと!!

目の前がネイザンロード☆

土地代の高い香港、確かに部屋は狭いし
それにちゃーんとあわせて?ベットも狭めっ
でも妙に高さがあります(笑)

一応2ベットルームで窓もあるしシャワートイレつき☆


これが香港のGHなのねぇ~~
としみじみとしてしまう独特なお部屋です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

KL空港にて

2009-08-16 01:03:08 | マレーシア
いよいよマレーシアを出発して香港へ向かいます。
翌日にかなり早い朝のフライトということで
あらあら、なんと今夜は空港泊。



深夜の空港は
同じような人がわんさかいて
さらにはベンチには睡眠体勢ばっちし!の方がズラリ。

私もそこにまぎれ
今夜のベットとなるスペースを確保☆
しっかり冷房がきいているので
バティックをとりだして毛布代わりにして早々とうとうと。。。

。。。と、しかけたそのとき、
空港職員の人が寝てる私達を追い払うため?ご登場。

なんとどうやらここは深夜はクローズらしく
とりあえずこのベンチスペースを追い出されてしまいました。
ひえ~~~~っっ

空港内にはすでに何度も行ったマックがあるくらい。
再び入ろうか迷ったけど、
私は横になって眠りたいぞ!

ということで。。。
外の通路に出てみると
真っ暗な中にオレンジの灯りが浮き出ていて
ローカルの深夜の駅を思わせる雰囲気。
しかし、
タクシーのおっちゃんやら、何かを待つ大勢の人がいるので
賑やか♪
やや向こうに見える外のベンチもどうやら満員御礼のご様子。

みんな朝までいる人なのかよくわからない?けど
寝てる人は意外にも全然いません。
しかし、どういうわけかこの日体力を相当消耗しきっていた私は
そんなことはおかまいなし。
寝たい!!
壁にもたれて座る人の並びに入り、
できるだけ端の方にめいっぱい場所を確保し
横になることにしたのでありました。

『やや足延ばし気味の体育座り』がやっとこできるだけのこのスペースに
一応新聞紙をひき、蚊よけもかねてバティックを
全身頭からかぶってみましたが。。。

まさに日本でみかけるホームレスさながらのこの様子
「これから二度とこんなことはないだろうなー(予定)」
なんてもやもや思いながらも
気づけばバッチシ眠りにつき、
翌朝香港へと旅立ったのでアリマシタ。

それにしても完全なるコンクリートの地面はやっぱり
体が痛いです;



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再びそしてまたいつか!

2009-08-09 23:45:09 | マレーシア
KLへもどってくると
当たり前だけどマラッカとは違う雰囲気、
KLらしさは健在であります。
賑やかしいな。


以前滞在した所に再びもどってくるときに感じる
この懐かしい不思議な感覚はやっぱりいい!
ほっっとするのと同時に
またぜひ来るぞーという気持ちになぜかなります。

ごっちゃり感満載のKL
ぜひまた来たいところです♪

気づけばマレーシアの滞在、そして今回の旅も
ようやく終盤を迎えようとしています。

名残惜しくて日中そして夜な夜な
町歩きを繰り返したのは言うまでも無く。。。
マレーシアは居心地もよくて
すっかり自分のお気に入りとなりました。
老後はマレーシアか~~??

夜のペトロナスツインタワー☆


KLタワー☆

↑地味~だけど
線香花火のよう?
で意外にもなかなかいい感じです♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

警察にお世話になりました。。。??

2009-08-08 20:50:34 | マレーシア
マラッカを堪能しいよいよKLへともどる日がきました。
ぷらりとみつけた近所のお店で最後の晩餐?朝食を。

ご夫婦で切り盛り、いい感じです。


すると、ひとりで食事をする私にまたしても
声をかけてくれたとなりのおじさん3人組。。。

なんとみなさん警察の方だそうで
仕事の話に花が咲いております。

今日KLへ移動するのだというと
なんとご親切にバスターミナルまで送ってくれるということに。
うーーん気さくすぎ!
というかお仕事いいんですかぁぁ??

バスで行くから大丈夫、と断ってみるも
心配ない、と念を押されお願いすることにしました。

朝食後宿にもどりすぐに出るつもりだったので
助かるかも!
おじさんは宿前でちゃーんと
駐車用のチケットをきって待っておられました。

さすがはポリスマン☆
違法駐車はしないのね~~

レセプション脇の椅子で爆睡中のエンさんに
そそくさと挨拶をし
お世話になったイースタンヘリテイジを後にしました。
再見~~

イヤホン式の携帯電話用マイクで
仕事しながら運転するおじさん。
どうやらホンモノの警察の方ようです。
乗せてもらった車はパトカーではなかったなー★

この警察のおじさん、なぜか帰りにお菓子までくれました♪
車に常備してあるんかい!?
なにはともあれトゥリマカシ☆


さてバスに揺られてKLへもどるとしますか!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マラッカ おまけ

2009-07-19 00:52:05 | マレーシア
ショッピングセンターにはありとあらゆるお店があって
センスもなかなかよく
十分お買い物モードに陥るハメになります。
スタバもあるけど、
こっちの物価の感覚からすると相当~~高く感じて
私は一度もはいってません。

コーヒーブレイクはもっぱら近所のインド料理店↓で(笑)

ここはゆで卵もあるよ。
地元のモーニングみたい♪

ショッピングセンター内では子供向けの乗り物がわんさか。



でも
顔が。。。

コワイ。。。。。。!!


ペットショップでは金魚もたくさん売られてます。
こんなかんじで。

う~~ん、ラフ♪
祭りちっくですな。


でも。。。
こんな子供向けのお店のすぐそばに
なんと恒例★セクシーショップもありました!!

しかも2軒分ほどの広~~~い間口で!!
ヨーロッパで何軒もみかけて驚いてたけど
まさか、イスラム国家のマレーシアで対面するとは。。。。!!!
おそるべしマラッカ★であります。

パーキングゾーンもきちんとあり、
駐禁取り締まりもちゃーーんとあるようです。

って、
いくらのんびり~~なんでもアリのラフな空気のマレーシアだからって、
そりゃ駐禁あるのは当たり前か:
そういえばランカウイ島ですら取り締まりやってたもんな☆


それにしても
太陽がくっきり鮮やか眩しいマラッカ☆




きれいだなァ~~なんて思いながら
思いっきり太陽見てたな~~私。
目によくないってことを知らずに。。。

22日の皆既日食のニュースを見て知ったわたし;
しかも下敷きですらダメなんだから
裸眼なんて、ありえないでしょ(涙)
エジプトでもすごい太陽見てましたよ。。。↓


そっか。。。学校で習ってたんだね。。。
というか常識か。。。
相変わらずトホホだな、まったく。。。!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マラッカの夕陽

2009-07-09 06:38:46 | マレーシア
マラッカの中心オランダ広場の脇には小高い丘があり
その頂上には
観光名所のひとつ、
セントポール教会があります。

もうひとつのみどころでもあるサンチャゴ砦をぬけていざ教会へ!!


この道中は写真を取りまくる観光客と
お土産売りであふれております。



砦もしっかり味があります♪
これはポルトガルがオランダに備えてつくったんだそう。



のぼって

のぼって

上のぼりつづけると・・・

セントポール教会がありました!


といっても史跡で壁のみであります。


ちなみにこの象は宣教師ザビエルさん!

なんだかマカオを思い出すな~~

ここではかつて
ザビエルさんの遺体が仮安置されていたそうです。
(その後インドのゴアに移されました)
ずらりと
壁に立てかけられた石碑が並びなにやら文字が刻まれていますが。。。

ここにはなんと

「JAPONENSIS」の文字が見られます☆

日本人が紛れていたんでしょうか。。。

さすが他民族国家☆
マラッカというところは
多くの民族が足を踏み入れていたという歴史が古~~~くからあるってわけです。



この丘の上から眺める
マラッカの夕陽は美しいと有名。
深夜特急でもかなり印象的な内容であったと書いてあったっけ。。。
もちろん!期待してサンセットの時間を
ぼ~~~~っと過ごしてみました。

蚊にさされつつも
かの美しい夕陽とやらを拝みたくがんばること30分?

これか!?

おみやげ売りの人がいうには
今日は天気が悪いからあまり見えないそうで。。。(涙)

気づけば次第にあたりは暗くなり、
お昼間はお花などの装飾で派手派手なトライショー↓も

ネオンギラギラの夜バージョンへと早変わり☆


リベンジリストにマラッカの夕陽が入ったのは言うまでもなく。。。
チーーーーン☆



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱりどこかアートな旅人宿

2009-07-04 00:24:31 | マレーシア
じつはイースタンヘリテイジの宿主エンさんは
こう見えてしっかりアーティストなのでありました。

バティック(ろうけつ染め)を得意としているそうで
講師もしていたらしい。
その昔、バックパックをかついだ長期滞在旅行者が多かった頃には
宿に来ていた人たちにもバティックを教えていたんだそうです。
奥さんも同じく芸術家らしく、あの部屋のお花の模様も
全て自分達で描いたとのこと。
納得!!

何日滞在するか未定なまま
気づいたら何ヶ月もここにいた。。。。
なんていう旅行者が多かったんだそうで。
今ここに来る人たちは
みんなたった1泊のみ、なんて人も多く
2日3日すればみんな次へ移動してしまうらしい。
ベットメイク&そうじが担当の
ジョニーさんは、おかげで仕事が多すぎる!
な~んてグチりながら最近までの宿帳を見せてきました。

たしかに、なんとなくこの町にのんび~~り滞在するというよりは
2~3日の滞在だと、私も含め、自分サイドでこの町、人を眺めて
そしてそれが終わったら次へと向かう、そんなかんじになってるな!
地元の人のペースに合わせて、
ゆっくり受身で滞在する、そんな滞在の仕方に比べると
急ぎ足??な感じが大いにあるかもしれない。


レセプションの壁には
エンさんのバティック作品にまぎれて
これまたたくさんの絵が飾ってあるのだけど
どれも全く趣味も技法も異なる
おそらく別人が描いたものがズラリ。

その中で、白黒のアンティークな感じの男性の顔の写真がひとつ。

この写真では解りづらいのがザンネンだけど
なんとこれは写真ではなく
なのだそう!


そして、これを描いたのは日本人!
その昔々、とある日本人男性が
仕事をやめて旅に出てここにやって来たとき、
当初はほんの数日の滞在予定だったのに
エンさんに絵を習い始め
気づけば2ヶ月を過ごしていたそうです。
そのときに完成させてのがこちら。
絵に関しては全くのしろうとさんで描いたこともなかったそうなんだけど
エンさんも認めるほどスバラシイ絵を描かれております。
みごとなもんですね~~♪

ふらっと旅に出て
予想もしてなかったことに出会って興味をもち
気のむくままに時間を費やして没頭するなんて。。。

その当時のその男性の気持ちを想像するだけで
ここでの時間は相当楽しかったんだろうな~~~っ!!と
うらやましい~~ものを感じます。

その男性にここで過ごしたときの話をぜひ聞いてみたいもんです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

余談☆カンフーおじさんの近況

2009-06-24 01:25:18 | その他
今朝みのもんたの朝のニュース番組見てたら
『マレーシアでギネス記録に挑戦のカンフーおじさん』
という内容で
あのマギー司郎風のおじさんが出てました。
日記はコチラ→http://blog.goo.ne.jp/asia34_2008/e/bfd36a3d27755631662ea8c8f13eb7bb

挑戦の内容としては。。。

ココナツの実を4個、素手で穴を開ける

という簡単なのか難関なのかが解りづら~~いもので(苦笑)
おきまりのカンフーポーズから入り、
パンチング&指で突き刺して穴を開けてました。
しかし、3個目ですでに苦戦をしており
あからさまに
「イタイーーーー」
という表情と4個目を躊躇する姿が
映っておりました。
シロウトぽさ満開!
に、人間味を感じた私です。

なんとかかんとか目標の4個を制覇。
この記録の挑戦者は世界中で
このおじさんしかいないそうで(やっぱり!!!)
ギネス達成だそうです。

オメデトウ☆

あのおじさんらしいといえばらしいな!
相変わらずおトボケっぷり、
・・・いや、お元気そうなご様子
嬉しゅうございます♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

深夜のプールへ!

2009-06-15 23:34:22 | マレーシア
どうやらエンさん、
夜な夜な朝まで飲み明かしているというツワモノのようで。。。
なので宿の番は
朝→エンさん
昼と夜→ジョニーさんとバイトのシバ

どーりで☆
ということで、この日ももちろんエンサンはおでかけ。
いざ「プール」へ!

いつもの行きつけのプールバーとやらに行くので
私も連れて行ってくれるということになりました。

12時過ぎて出発って、しんどいわぁ;
しかし、『プール』って懐かしい~~響きっ
日本でも昔はやっていたのを思い出す☆


こじんまりした店内では
すでに常連さんが集まり
それぞれプレイを楽しんでおります。
私は久々の深夜行動。
見てるだけ~飲んでるだけ~~で十分っす!

みんな真剣勝負してるんだけど
人間模様がアレコレ見れて
ビリヤードがわからない私でも
違う意味で楽しめます。

いつも調子にのっていてみんなに煙たがられているという青年、
この日もエンさんに勝負を挑む!
確かに見てると目からバチバチ火花出して
対抗意識燃やしまくってます。


たちが悪いという要注意人物からも
しーっかりエンさんとお店の人がガードしてくれて
安心してお酒も楽しめました♪

いずれにしても、エンさん勝利!
みごとな腕を見せていただき
楽しませていただきました♪

帰りには飲んだあとのラーメンならぬ
ラクサ♪を一杯。

お酒の後の辛いスープがいいかんじなのは
マレーシアでも同じなのねぇ~~
ちゃんとお店がやってるのもウレシイ♪

まだ夜は明けていないけど時はすでに4時前。
何年ぶりかなぁ・・・(汗)
その後宿にもどりすぐさまベットで爆睡したのはいうまでもありません。

朝目覚めたとき、
自分の様子を見て
初日のエンさんの姿とかぶってしまった(苦笑)

あの日のエンさんの姿に、
う~~~ん、納得!!
宿経営は趣味のひとつですかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宿のおじさま達

2009-06-13 01:06:49 | マレーシア
チャイナタウンを堪能し、宿にもどって
閑散としたレセプション兼バーカウンターでくつろいでいると。。。

宿の主人、エンさん登場!

この人、私が最初宿に到着した朝対応しくれた
あの下着&おならおじさん(←失礼!)です。

あのときのいでたち、雰囲気とは
180度真逆の勢いで
柄物シャツにスラックス??
そして髪はしっかりセットされ、
胸ポケにはくしまで入ってる!!

いやぁ~~~違いすぎるっっ

しかし、フレンドリーで飾らない人柄はかわらず
親戚のおじさんであるかのような
お気楽感が漂っています。

とりあえず、とビールをおごってくれました♪


もうひとりのおじさんジョニーは
はじめかなーり無愛想だったんだけど、
それでも、さりげなく町の地図を渡してくれたり
おいしいご飯のお店を訪ねると、親切に地図に書き込んで教えてくれます。
昔を懐かしんで思い出話をしている姿は
やっぱり気のいいおじさんだね。

それにしても。。。
私のまわりには「若者」はいないのかい???
気づけばここでもおじ様たちにお世話になりそうな気配が☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加