浅尾弥子のノンジャンル道

富山県小矢部市のシンボルキャラクター・メルギューくんの姿をお借りして、
日々更新。

南紀の旅(南部駅・編)

2017-03-20 00:59:15 | 2017年 南紀の旅
【1日目】

度重なるピンチの連続。
弱りつつも、
名所案内板で、チェックポイントの
「うめ振興館」「紀州備長炭振興館」があるのを確認。
さすがリーダー、ちゃあんと見てますねえ。



改札を出ましょう。
何か、いいアイディアがあるかもしれません。

おや。
溌剌とした少年に出会いました。



「働く少年の像」。
昭和30年代、日本新聞販売協会が、
東京都、岡山県、京都府、広島県、富山県などに、
新聞少年をはじめとする、勤労する少年の保護育成のため、
建てられた像だそうです。

こんにちは~。
エヘヘ、どもども。浅尾でっす。
なんか、我が身が恥ずかしいなり。

ん?
なになに??

新聞少年は、毎朝、毎朝、走っているから、
5キロくらい、へいちゃらだけど、
旅の者は、やめておいたほうがいいって???

新聞沙汰になるようなことが起きては、
地元のかたに迷惑をかけるって????

スタッフA)確かにそのとおりだな。
スタッフB)ちょうどいい塩梅に、タクシーが待ってますよ。
スタッフA)よし!非常事態とみなし、人道的観点からしても、
      特別ルールで、この場合のタクシーは認めよう!
      ・・・あれっ!?
スタッフB)何やってるんすか、早く乗ってくださいよ~。

・・・ブオ~~~ッ。



ありがとう、働く少年。



運転手さんとの会話を楽しんでいるうちに、
約10分で、宿泊施設に到着。

旅の初日から、トラブル続出でしたが、
無事に目的地に着きました。
よかったですねえ。



もう日没です。

明日は、チェックポイント3ヶ所が
待っています。
よく寝んでくださいね。

「養老改元1300年祭」開幕まで、あと0日。

くづつ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南紀の旅(紀勢本線・編) | トップ | 南紀の旅(小目津浜・編) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。