低周波音に関わる苦情への対応

機関誌「ちょうせい」第87号(平成28年11月) 「落合博明工学博士にシリーズ「低周波音に関わる苦情への対応」として全5回にわたり、執筆・監修いただきます(第5回については、公益社団法人日本騒音制御工学会 井上保雄会長に執筆いただく予定です)。」だそうです。 たらっと見たところ、「苦情への対応」は否定に次ぐ否定です。 機関誌「ちょうせい」第88号(平成29年2月) 第2回 低周波音苦情対応 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

沖縄 第3次嘉手納爆音訴訟 一日の損害賠償額233円也 これでも2倍

太平洋から小牧空港に向かっていく航空路線上の真下部分にあたるらしい我が家は、このところ上空を通過するプロペラ機の騒音が午前午後だったか、午前か午後とかが日課となっている。しかも一機ではなく大抵2.3機が縦隊で飛んでいるので音もそれに連れて、”すわ何事か”と思うほど空に轟く。幸い写真を撮ろうかと準備して、窓を開けている頃には通り過ぎてしまうのだが。 この路線は航空路線図には . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

低周波音被害を考える 弁護士会がシンポ

低周波音被害を考える 弁護士会がシンポ 和歌山新報 17年02月20日 18時56分[社会] 電気機器などから発生する低周波音と健康の関係について考えるシンポジウムが15日、和歌山市手平の和歌山ビッグ愛で開かれ、約80人が講演やパネルディスカッションに耳を傾け、理解を深めた。 和歌山弁護士会(藤井幹雄会長)が主催。低周波音が健康に与える影響について、多くの人に知っても . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

低周波音問題シンポで被害者訴え

 低周波音による被害の苦しみを知ってほしいと、エネファームによる超低周波音被害の被害者がこのシンポで訴えた。低周波音問題について考える . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

GHP問題進展せず 市役所 建設局 建築部 設備課 殿

低周波を含めた低音域が主体の音源に対する測定に不適切な1/1オクターブを敢えて用いたことに加えて63Hzまでしか記載しなかった理由と、他の2台よりも明確に防音効果が低い3号機に対する説明を求めるべく****(防音工事を請け負った業者名が入りますが一応伏せておきます)に直接問い合わせをしてみたのですが、拒否の返事すらなく無視されているようですので、発注者である市役所の方から問い合わせをお願いします。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

低周波音問題について考える

2/15 和歌山市で、学者、弁護士、被害者等が出席し、低周波音問題について、パネルディスカッションが開催されます。 こうした人たちが一堂に会して話し合いが行われるのは貴重な機会です。低周波音問題は大型の風車だけで無く、エコキュート、エネファームなど、何時貴方の身近から生じるか知れない被害です。 参加可能なかたは是非ご参加ください。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

じわじわ続く慢性的なストレスがよくない

 低周波音症候群とセットにあるのが、鬱病だ。今や、鬱病のメカニズムが解明されつつあるが、一番に好いのは原因を絶つことだ。電通の事件も会社を辞めれば死ぬことは無かったし、死んでしまう子供たちも学校を休めば済んだのではないかと思うのだが、日本では今もって難しい事なのであろう。  会社を辞められない、学校を休めない”日本的理由”を素直に考えてみたい。私は教育がいけないと思うのだ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

習近平主席「トランプ劇場」に我慢の限界? 毒をもって毒が制せれたら

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO10600750T11C16A2000000/?dg=1   . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

市長選直前に大デモ行進計画

文中の「安岡地区の開業医」の方の名前を出せない理由でもあるのかな、と思ってしまうが。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

浄土真宗本願寺派 第25代専如門主 伝灯奉告法要

11/20、西本願寺にお参りさせていただきました。事はと言えば、小6の孫が修学旅行で、京都・奈良に出かけ、京都では、西本願寺他に行ったというのです。私が知る普段の混み合い具合からして、行くなら当然お東だろうと思って、調べてみれば、お西は世界遺産なのですね。お東は便利さもあって過去数回お参りしているのですが、お西は20年ほど前一度訪れ、私たちの他には誰も居ない冬の境内を経験しているだけだったのです。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ