アンを探して Looking for Anne

「赤毛のアン」の島、プリンスエドワード島でオールロケ!第5回AFFF(シンガポール)で最優秀監督賞、グランプリを受賞!

Day#48 (福井)メトロ劇場、ガニオン組感動!

2010年06月07日 | 『アンを探して』7000キロの旅<アン旅>
金沢のシネモンドさんを訪ね、取材を終えたあと、
アン旅一行は宿泊先でもあった福井に舞い戻りました!
向かったのは60年以上の歴史を誇る福井メトロ劇場さんです!
館主の根岸さんから、衝撃の真実を聞きました!
なんと、メトロ劇場でガニオン監督とユリプロデューサーの
長編第一作『Keiko』を上映したことがあるんですって!
これには一同驚き、盛り上がりました。だって、
「Keiko」は私が生まれた年の作品なんです!
とにかく、「続けること」が経営の基本方針だという根岸さん。
確かに、こんなに継続している映画館はなかなかありません。
・・
そしてもう一つ感動したのが、
メトロ劇場のロビーの机の上にあるこの「メトロシネマノート」。
なかには、映画をみたお客さんの感想やつぶやきが綴られています。
「映画は受験より大事だと思っている」。
こんな風に感じている受験生もいるんだなぁと
なんか嬉しくて涙でそうでした。
こちらは、6年ぶりに劇場を訪れた人の書き込み。
興奮と嬉しさが伝わってくるようです。
なんと韓国語の詩の書き込みもありました。
「ほら、これが一番最初のシネマノートだよ~」
なんと1982年からずっと続いているのです。
<根岸さんメッチャ嬉しそう。>
次の上映を待つ館内。
根岸さん特選のクラッシックがこだわりの
フルサラウンドで響いています。
最近は待ち時間もプロジェクタなどで物販の宣伝をしたり
するケースも多いのですが、
映画を見てもらうまでの時間も大切にする、根岸さんの演出です。
ロビーでは、お客さんが観たい映画を選ぶ、リクエスト受付もあります。
こうしてみると、本当に沢山の映画がありますね~。
そして、、うれしいことに映画『アンを探して』も
上映していただけることになりました...!!
ガニオン師匠の処女作に引き続いて弟子の私の初監督作も
上映していただくなんて感無量です!
・・・
おまけ
その後、メトロ劇場で三人とも前から
見たかった映画『ハートロッカー』を観ることに。
小腹を満たすため立ち寄った
老舗カレー屋さんもオススメです。
たくさんの雑誌に取り上げられている
カピラカレー。絶品でした!
メトロ劇場にいったらぜひ立ち寄って下さいね!
・・・・
・・
おまけのおまけ
・・・・

その後鑑賞した『ハート・ロッカー
三人とも意見が分かれましたが
私的には「うまいな」とうなることが多い良作でした。
・・・
その帰り道、アン旅テントむしがお世話になった
チサンイン福井さん近くのガススタンドでガスの補充です。
この前は「上映劇場はどこですか?」と聞かれても
答えられなかったのですが、今は「メトロ劇場です!」と
正々堂々と伝えることができました!!
さてさて、更新が遅れていますが
アップデートは続きます☆
・・・
・・
たかこ
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Day#48 (石川)シネモンドを訪... | トップ | Day #49~50 (滋賀)ニッポン縦... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (にんじんとそばかす)
2010-06-14 10:45:58
やった~前記事で、金沢での上映が決まったと知って興奮してます。金沢なら地元からでも行ける行動範囲です。もう一度、「アンを探して」を心に焼き付けたい。映画が終わった後の余韻に浸りたい。体力的に大変でしょうが、お三方の情熱で次々と上映映画館が決まり、本当におめでとうございます。お会いした時に、ゆりさんがDVDじゃなくて映画館で見て欲しいからとおっしゃったのが本当に印象的だったし、これが核なんだと思った次第で。お元気で旅をお続けください。

PS メトロシネマノート素敵です。
富山~金沢 (ユリP)
2010-06-15 08:06:01
いや~あの日はお待たせいたしました。のんきに構えておそくなりました。いただいたおせんべい美味しかったです。

そう、映画は知らないとなりの席の人とも感動を共有出来るマジックがあるからです。いままで、三回観たという方もおられます。観る度に新しい発見があると、、、。
シネモンドでの上映は夏の後半になりそうです。

コメントを投稿

『アンを探して』7000キロの旅<アン旅>」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。