終の住み処建築日記

田舎暮らしのあれこれ。(2010年夏のある日より)

とってもうれしいニュース!

2016-10-31 09:13:46 | 日記
10月31日(月)曇り
10月は雨の多い月でした。それでも、雨が降らなければ畑へ出て泥だらけになりながら「ツユクサ退治」を頑張りました。
 
頑張っても頑張っても、まだ半分も終わりません。スコップで土を起こして、ツユクサの根から掘り上げ、コンクリに干してゴミ袋に入れ、もう20袋以上も出しました。それでも、どうしても完全には取りきれず、すぐに芽が出るのです。まさに「いたちごっこ」ですね!
さて、新しいタチアオイの苗を手に入れ、新たに10本植えました。
これがなかなか値が張り、1本500円位するのですが、夏に豪華な花を見るのが楽しみで、やはり元の位置に植えました。背丈が2メートル近くになるので、去年丈夫な杭を立てているのです。
 

ところでタイトルの「うれしいニュース」とは??
実は50年前、私が小学校6年生の時、一つ年下の幼なじみがアメリカ・シアトルへ一家で移住して行きました。
その時の寂しさは今でも覚えていますが、彼女が二十歳の時日本へ来て以来、40年間お互いに転居先が分からなくなり、音信不通になっていました。
それが一昨日、突然美里町の親戚から連絡があり、「私を捜している人がいる」とのこと!
何と、「彼女が来年1月に来日するので是非会いたい」ということでした。
うれしいの何のって、長い間会いたいと思っている人がいて、自分にも相手にももう残りの時間があまりないとなれば、焦りばかりは募ってももう半ば「死ぬまでに会えそうもない」と諦めていました。それが・・・!!
当分興奮が収まりそうにありません。


ちなみにその連絡が来た時、私は市内のパレアでNHKアナウンサー武田真一さんの講演会に来ていました。
彼は熊本の出身で奥さんも熊本の人なので、4月の地震から両親の被災などでものすごく心配し、これからの災害時の放送のあり方を考え直したという話しを、ユーモアを交えて熱心に話されました。夜7時の「ニュース7」で彼の落ち着いた優しい声でニュースが語られると何だかホッとしますよね?
私の他にもそんなご婦人方が山ほどおられ、ちょっとあっけにとられた2時間でした。ともあれ、彼こそ「郷土の誇り」です!

さらにおまけ。

講演会に行く時、少し早めに駅に着いたので外観を写真に撮りました。まだ裏口は工事中です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「だっさい」というお酒。 | トップ | 孫が“立っち”しました! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。