ようこそエンジェルホームへ!お年寄りの介護、健常者のリタイア生活も 日本から一番近い常夏の国フィリピンで安心・安価に!

特養老人ホームの入居難を嘆いても始まりません。お年寄りの介護・健常者のリタイア生活は年金収入だけでも余裕を感じて、。  

ANGEL HOME ( エンジェル・ホーム )をおススメする理由 ・・・ その1.

2017-07-04 08:57:23 | 日記
その1.現在、日本で介護施設、ケアハウス等を経営されている皆様へ

メリット・① 膨大な初期費用・初期投資の抑制が可能

  日本では養護老人ホーム等、介護施設の新設には膨大な初期費用が掛かります。  働き手の慢性的な不足の為、必然的に省力化のための機械器具の導入等、初期費用負担の増大は留まる所を知りません。
一方、エンジェル・ホームが入居者募集を開始した、フィリピンのケアハウスの場合、土地建物等の初期投資は大幅に抑えられます。   更に来年の正式オープンまでは、建物は賃貸で対応しますので、建設費負担は皆無で、当然、お客様の入居金も最小限に抑えられます。

メリット・② 毎月の経費の大幅な抑制が可能

  何をするにも全てが高コスト体質の日本に比べ、経済発展が著しいとは言え、まだ所得水準全体が低いフィリピンでは、殆どの物・サービスが日本の数分の一のコストで済みます。

メリット・③ 介護人材の確保が容易

  フィリピンは人材輸出大国です。    特にフィリピン人ケアーギバー( 介護士 )は人気で、世界中で働いております。    日本でも数年前から受け入れは始めましたが、御存知の通り、日本の業界団体の圧力で、日本語検定等、受け入れに極めて高いハードルを設けた為、殆どのフィリピン人ケアーギバーは面倒な日本にソッポを向いて欧米やカナダ、オーストラリア等に働きに行っています。

メリット・④ 日本の現有施設の高収益化が可能

  上記①~③を念頭に置き、例えば今の日本の現有施設を、貴所の最も望ましい入居者層に特化する目的で、収益性が低く、余り儲からない入居者( 例えば介護を必要としない、又は要介護度が低い等 )で、高い収益の見込めない入居者にフィリピンのケアハウス生活をススメることで、現有の日本の施設の高収益化が可能です。
 「要介護度1、又は要支援、あるいはそれ以下」のお年寄りの場合なら毎月8万円程度でも済みます。    入居者が増え、現有施設が手狭になってきたとしても、高齢者人口がピークを打つのも近く、施設の増築、拡大は膨大な設備負担を要し、大きなリスクを伴います。    いたずらに拡大に走らず、現有施設内での高収益体質化が本来目指すべき道だろうと思います。   フィリピンのエンジェル・ホームは、その受け皿としてお役に立てます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僅かな光明? これが普通にな... | トップ | ANGEL HOME ( エ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。