ようこそエンジェルホームへ!お年寄りの介護、健常者のリタイア生活も 日本から一番近い常夏の国フィリピンで安心・安価に!

特養老人ホームの入居難を嘆いても始まりません。お年寄りの介護・健常者のリタイア生活は年金収入だけでも余裕を感じて、。  

ANGEL HOME ( エンジェル・ホーム )をおススメする理由 ・・・ その2.

2017-07-04 08:57:56 | 日記
その2.実際に介護を要する方、又はその御家族へ

メリット・① お年寄りに優しい気候

  夏の暑さと冬の寒さが身に堪える( こたえる )日本と違い、常夏の国、フィリピンは、一年中Tシャツ短パン等の軽装でも過ごせる。    特にお年寄りに取っては実に過ごし易い国です。   真夏の屋外では気温が40度近くなって暑い!のは事実ですが、何もそんな時間に好き好( この )んで暑い炎天下に居る必要は無いのです。

メリット・② お年寄り・障害者等、弱者に優しいお国柄
  フィリピン人特有のホスピタリテイ( 親切さ、人なつっこい優しさ )は高度成長期前の日本に通ずる懐かしさがあります。
元々大家族で3世代同居が当たり前の環境で育ったので、フィリピンには、年長者、お年寄りを敬い、キリスト教の教えもあり、弱者をいたわる気持がしっかりと根付いています。  お年寄りの介護で御家族が心身共に疲れ果てる、なんて誰に取っても不幸なことだと思いませんか?

  
メリット・③ 安価・安心 = 財布に優しい負担
  日本の介護施設はどこも高額で、料金の手頃な所は入居難です。   それは全てに高コスト体質の日本国内では必然的にそうなるので、見方を変えてフィリピンで、と考えれば、殆どの問題は解決します。
日本ではコスト的に諦めていた、マンツーマンでの24時間介護等も決して手の届かない夢ではありません。   少ない負担で大きな安心を!、それがフィリピンでの介護の最大のメリットです。
 「要介護度1、又は要支援、あるいはそれ以下」のお年寄りの場合なら毎月8万円程度でも済みます。
なおフィリピンは治安がウンヌンと、心配される方もいらっしゃいますが、強権のドゥテルテ大統領が戒厳令を発動したのも南端のミンダナオ内陸部、元々イスラム教徒の独立運動で政府軍とイスラムゲリラの戦闘が続いている地域であり、国全体の平和と行く末の為には全く正しい判断で国全体の治安の向上に必ず利するものと思われます。    ドゥテルテ大統領は戒厳令をフィリピン全土に拡大を!とも考えているようですが、昔のマルコス大統領の時代、それでフィリピンの治安が一気に改善したとも言われており、「ドゥテルテ大統領なら出来る!」という期待が、フィリピン人には多くあります。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ANGEL HOME ( エ... | トップ | 基礎知識としての ・・・ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。