いぬのかかと

ホワイトシェパードのアンディの成長と日々の生活の記録

気配?

2017年05月28日 | ホワイトシェパード

旦那は午後からお仕事に行ってしまいました。
何だか平日の一人ぼっちと、休日の一人ぼっちは何となく違うんだなぁ。

アンディが旅立って丸1週間。
今までが空元気だったわけでも何でもなく
自分でもびっくりするほどカラっとさっぱりしてましたが
今日の午後は何だか寂しさが身に沁みます。


そろそろがま口作りも再開しなければと作業を始めましたが
全く集中出来ません。

アンディの胸水を抜いてすぐの調子の良さそうな時は
少しでも作業しようと椅子に座るんですが
私は何でも手の届くところに物を積み上げちゃうので
作業中は布の山に囲まれててアンディが見えません。

ちょっと背筋を伸ばすと見えるので
時々アンディの様子を確認すると
寝てると思ってたアンディがじっとこっちを見てることが多かったです。

寂しいのかと思って傍に行くと
かぁさんうざいって迷惑そうにするんだけど
作業に戻るとやっぱりじーっとこっちを見てました。

そんなことを思い出してると
余計に作業が進みません。



おうちに居ると寂しいから明日はどっか遠出しちゃおうかと思ったら

僕留守番なの?ってアンディの気配が。

弔問にみえたお友達にも「アンディの気配感じる?」ってよく聞かれますが
めちゃめちゃ感じます。
大抵はいつも昼間寝てた、旦那のソファでいつも通り寝てる感じなので
単なる習慣による錯覚なのかもしれません。


今日もいつもの場所で寝てるよ。
49日といわず、ずーっと居て欲しいんだけど
気配で「留守番なの?」なんて言われると
どこにも遊びに行けないな(笑)



 にほんブログ村 犬ブログ ホワイトシェパードへ
(*≧∇≦)σポチッとしちゃってください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大物処分

2017年05月27日 | ホワイトシェパード
今日は旦那と二人、大物のお片づけをしました。


1階のアンディトイレの部屋にあった旦那お気に入りのソファ。
足が悪くなる前は、お留守番の時
玄関に一番近いここで帰りを待っていたようです。


寝床を整えようという本能か
退屈な時間を潰すためか
留守番に対する抗議かはわかりませんが
掘って掘って掘り返してもう穴だらけでしたので
今日はクリーンセンターへ粗大ゴミとして出すことにしました。


あと、リビングに置いていた高級なドッグベッドも処分しました。
ドッグベッドとしてはとてもお高かったんですが
アンディはここでくつろぐことはありませんでした。
その代わり、骨ガムの隠し場所になってました。
なので、これもアンディが掘ってしまって
中に敷いてあったクッションは既に処分済みというシロモノ。

最近では介護用品をすぐに手の届くところに出しっ放しにしておきたくて
ここが物置になってましたが
しっかり骨ガムが発掘されました(笑)
いえ、これはごく最近隠したやつなので
隠す時にはかぁさんが後足を補助して一緒に隠したんですけどね(^^)
でも実際に旦那がドッグベッドを撤去したら
壁との隙間から未開封の賞味期限の切れたジャーキーが袋ごと出てきたそうです(^^;)



介護用品も少し整理して、アンディのものが徐々に少なくなってきました。
クリーンセンターの後、お昼ご飯どうする?って旦那に聞いたら
即答で「ラーメン!」と答えました。
アンディがいる間ずっと、留守番が長くなると可哀そうだからと
ほとんど夫婦で外食をしたことがありません。
外のご飯は全てテイクアウト出来るもので持ち帰っていました。
久々に二人でラーメン屋に行き、今度は何が食べたいか
この10年で新しくこんなにお店が出来たとか
そんなことを話しました。

おうちでアンディが待ってないのは寂しいけれど
10年夫婦で出来なかったことを少しずつ楽しもうと思います。



 にほんブログ村 犬ブログ ホワイトシェパードへ
(*≧∇≦)σポチッとしちゃってください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々にお散歩

2017年05月26日 | ホワイトシェパード

今日はホワシェパのマールちゃんが弔問に来てくれました(*^^*)
すっかりホワイトエキスが不足してきているので
会えて嬉しかったです❤
マールちゃんとはアンディも一度だけ会っていて
ブログを遡ってみると2013年の3月13日でした。
今日はわざわざアンディのために足を運んで下さってありがとうございました。


まだ毎日お花が届きます。
アンディはすごいね。
かぁさんが 旅立ってもこんなにお花は届かないと思うわ(笑)


お昼過ぎまで雨模様だったのですが
夕方には道路も乾いてきてたので、久々にお外を歩こうかなぁと
大昔に作ったお散歩バッグを引っ張り出してきました。
実際にはアンディの散歩は大荷物だったので
お散歩でこのバッグを使うことはなかったんですが


測ったようにピッタリ。


そう、この子は一緒にお散歩に行くために生まれた子なのです。

が、どうせ一人で歩くなら


とお向かいの仁吉をお借りしてお散歩しました。
仁吉には別宅があるので、運動不足ではないと思うけど
若くて今、パワーが有り余ってる感じなのですが
今日は雨で退屈そうだったので。

引っ張りは強いけど、アンディの若い頃を思えば何てことありません。
ただ首が細いし、呼び戻しがきかないので
万が一首輪が抜けたらどうしよう、と緊張しました。



ミニミニアンディは今日は置いていきました。
仁吉の勢いでどっか吹っ飛んじゃったら困るからさ(^_^;)
でも遺骨ペンダントもしてるし、アンディも一緒にお散歩出来たよね(^^)


 にほんブログ村 犬ブログ ホワイトシェパードへ
(*≧∇≦)σポチッとしちゃってください


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ミニミニアンディ

2017年05月25日 | ホワイトシェパード

アンディが旅立ってすぐ次の日に旦那は仕事に行ってしまい
一人の時間をどう過ごしたら良いのかわからなくて
手芸店で材料を買ってきて羊毛フェルトでアンディを作りました。

作りかけで置いておくのが忍びなくて
2日くらいで一気に作ってしまったのですが
鼻だけは羊毛フェルトの先生に頂かなくては完成しません。
それで今日、私も介護前に行ってた場所での教室の日だったので
お鼻だけ頂きに行きました。


先生にぴったりのお鼻を付けてもらったアンディを見て
思わず涙。
教室にはまた通いたいけど、やっぱりまだたくさんの人に混ざってワイワイするのはしんどいかな。


先生にバンダナつけたら可愛いかもって言われて
早速おうちに帰ってすぐに作りました。
で、バンダナ巻いたらアンディっぽくなって
数日ぶりに号泣しました。

全身を作るのは習う前にアンディの介護が始まったのでどこも我流で下手くそです。
先生に修正のポイントを教わったので早速直そうと思ったのに
ニードルがどうしても見つからない。
無くさないように専用の収納ポーチを作った、その中の定位置にしまったはずなのに
どこをどれだけ探してもありません。

アンくん、どっかに隠しちゃった?


毎日穴が空くほどアンくんの顔見てたのに
頭で思ってる通りには作れませんね。
また練習してもっと上手に出来るようになったら
アンディの残してある毛を混ぜて作るからね(^^)


 にほんブログ村 犬ブログ ホワイトシェパードへ
(*≧∇≦)σポチッとしちゃってください
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

そうだったのか

2017年05月24日 | ホワイトシェパード

アンディが亡くなる1時間前にウンPで汚れて洗った介護マット。
土曜からずっと干しっぱなしでした。

さすがに今日は雨が降るかもっていうから取り込みましたが
「あぁ、これで本当に介護が終わったんだな」と寂しくなりました。

最近はアンディの状態が落ち着いてきたし
何よりグランドでのお散歩を楽しんでくれるようになったのが嬉しくて
リハビリは自宅で自分の手で続けるとしても
歩けないことがイコール不幸なことではないと思えて
介護もすっかり日常になって何も苦じゃなくなってたとこでした。

今日も弔問にみえた方とお話しながら自分の口から出たのは
最後の3ヶ月、介護をすることで24時間一緒に過ごす時間が持てて
アンディが居なくなった後で私の後悔が残らないための計らいだったと思う。
アンディは本当に親孝行な子だね。
という言葉でした。

そうか、これは私のための3ヶ月だったんだ。


アンくん、ここ数日はお花だけじゃなくて
スイーツ男子なアンディにってお菓子が届くようになったよ。
まいまい家は葬式太りしそうです(笑)


 にほんブログ村 犬ブログ ホワイトシェパードへ
(*≧∇≦)σポチッとしちゃってください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

模様替え

2017年05月23日 | ホワイトシェパード
夫婦で同じようにアンディを可愛がっていても、感じ方考え方は全く違っており
アンディが亡くなった当日
私は一日一緒に過ごして、夜はアンディに添い寝しようと思っていたけど
旦那は遺体を見ていられなくて、すぐに葬式に出したいと言い
私はアンディと一日のほとんどを過ごしたリビングに骨壺を置くつもりだったけど
旦那は「アンディは寝室が好きだったから寝室に置いてあげよう」と言う。
単に旦那は仕事に行ってて帰りも遅いので、既にアンディが寝室に行って寝てる姿を見る機会が多かっただけなのですが
祭壇は旦那の希望通り寝室に作りました。

で、有り難くも毎日弔問客がおいでになり
当然アンディにお参りするのに
そのたび寝室にお通しするのもどうかと思い


急遽、お参り用の客間を作りました。
玄関に一番近い、アンディのトイレだったお部屋です。
もともと旦那のお部屋のはずが
アンディがここでトイレを覚えてしまったので(^_^;)
しかもアンディはトイレが下手で、どうしてもシートから外すので
最後はとうとう4畳くらいシートが敷き詰めてありました。

まだアンディがいる先週あたりから
もう2階でトイレも覚えたし、ってか、既にアンディがトイレで用を足す気がないし(^_^;)
衛生的な面からもこの部屋は片付けようと思ってたところだったので
月曜に早速片付けてしまいました。


我ながら切り替えが早すぎるなぁと思いましたが
お陰でお客様とゆっくりアンディの話が出来る場所が出来ました。


早い者勝ちで、アンディの未開封のオヤツとか、封を開けてしまったトイレシートなんかをお持ち帰り頂いてます。
消耗品ばかりで形見分けにもなりませんが
ご近所の方は良ければアンディに会いに来て、何かお土産物持って帰ってね(^^)


アンディを見送ってすぐに注文した遺骨ペンダントが届きました。
11年間ずっと出掛ければ「アンディが待ってるから早く帰らなきゃ」と思い
介護になってからは一時も離れることがなかったので
まだ「早く帰らなきゃ」の気持ちが抜けませんが
これがあればもう何処へ行ってもアンディと一緒です(*^^*)



私がアンディの思い出を笑って話してるのに
お友達の方が泣いちゃうのよ。
アンディが旅立ってまだたったの4日だけど
かぁさんにはもう1年にも感じてます。
アンディと暮らした日々は、遠い夢の出来事のよう。


 にほんブログ村 犬ブログ ホワイトシェパードへ
(*≧∇≦)σポチッとしちゃってください
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

つい習慣で

2017年05月22日 | ホワイトシェパード

え~、すみません。
ブログ更新は毎日の習慣なので、書かないとそれも寂しいのです(^_^;)


本当にたくさんの方から暖かいコメントを頂いて、読むたび有り難くてウルウルしていますのに
アンディにたくさんのお花が届いて驚くやら嬉しいやら。
日替わりでお友達もお悔やみがてら様子を見に来てくれています。

たくさん泣いて良いんだよ!ってみんなが言ってくれますが
私は割りと元気です。
もちろん一日に何度もうるっとしますが、泣き暮らしてはおりません。

朝起きたときは、アンディと暮らした日々は夢だったのかと思いました。
そんなに泣けないのは、まだアンディがいない実感がないだけかもしれません。

前にも書いたことがあると思いますが
町内の行事で朝から走り回ってヘトヘトに疲れて帰ってきても
お散歩二時間は手を抜かない。
だって、疲れてるのは私の都合でアンディの都合じゃないから。

今もそれは同じで
寂しいのは私の勝手な思いなので、正直どうでも良いのです。
だってアンディはもう苦しい思いをしなくて良いんだから。

私は死を悪いものとは思っていません。
命あるもの、いつかは皆死にます。
もちろん若くして病気や怪我、事故で亡くなってしまうのは悲しいことですが
アンディは平均寿命まで生きましたし
二日も三日も苦しんで死んだわけでもありません。
ちゃんとパパがおうちにいる時に最期を迎えるなんて、何て親孝行なんでしょう。
そういう意味ではわりと良い最期でした。
アンディがいなくて寂しいけど、悲しくはありません。
ただただ、豊かな11年間をくれたアンディに感謝しています。

まぁ、本当に寂しくなるのはこれからでしょうけどね。

今日は病院にアンディのことをご報告に行ってきました。
いつもアンディと座った外のベンチで待ってるときは
ちょっぴり泣けました。


アンディ、49日まではまだ側に居てくれるんだよね?



 にほんブログ村 犬ブログ ホワイトシェパードへ
(*≧∇≦)σポチッとしちゃってください
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

最期の様子から葬儀まで

2017年05月21日 | ホワイトシェパード
昨日はたくさんのお悔やみコメントを頂きまして、ありがとうございます。
これまで、アンディがうちに来た日からずっと見守って下さってる方もたくさんみえますので
アンディの最後の様子も記事にしておきますね。

金曜の夜はいつも通りで
夜中もいつものように寝床が温まっては体をズラすのですが
その音で私も毎度目を覚ましてました。
1時間に一度は起きてアンディにお水を飲ませてあげたりしてましたが
朝4時くらいには眠気がMAXになり
アンディが小さく鼻鳴きしているのを聞きながら夢の中で一生懸命アンディのお世話をしていました(^^;)
それで旦那が起きてアンディの様子を見ると、トイレシートの外れた場所でオシッコをしており
アンディをリビングに寝かせて掃除を始めました。
さすがに気付いて見て見ぬフリもできなくて
私も起きて一緒に掃除をしました。

いつもそうなんですが、掃除が済んだら旦那はアンディをリビングに残したまま
自分はベッドに戻って寝てしまします。
平日はお仕事があるので、それも仕方ないと思うのですが
ドアを開け放してすぐ隣にいて気配は感じるとはいえ
目の届かない場所にアンディだけ置いておけないので
私がリビングに行ってソファでウトウトしていました。

土曜の早朝もそんな感じでアンディとリビングにいたのですが
5時頃、アンディが吐き始めました。
いえ、吐くといっても何も出てきません。
夕べのご飯どころか胃液すら出て来ず、口の周りは泡立ったヨダレでいっぱいでした。
その間にオシッコを2回した後、ウンPも出ました。
その後、午前7時頃には吐き気が落ち着いたようでした。
私も胃が痛いときに排便があると不思議と痛みが楽になることがよくあるので
アンディも排便で少し楽になったのかなと思いつつ
それでもすぐに病院に行けるように身支度を整えました。

それからもずっとヨダレはでてましたが、泡ではなく通常のものでした。
ただ、量はハンパなく床に水溜りが出来るようでした。
呼吸は苦しそうで肩で息をする感じ。
傍に行ってヨダレをタオルで拭いてやったりすると
うっとおしそうに体をよじって顔を背けるので
いつもの定位置からチラチラとアンディの様子を確認しつつ
病院が9時からで受付が8時半からなので早く時間が経てと思いながら
もう今すぐにでも出かけられる準備をしていました。

よし、おうち出よう!と思ったその時
アンディがカプッ、カプッを床を噛むような仕草をしたので
「アンくん大丈夫?」と傍に行ったその瞬間
アンディの瞳から命の灯が消えました。

瞬間、「アンディの意識がない!!」と旦那を叩き起こし
二人でアンディの名前を叫びながら呼び戻そうとしましたが
もうアンディの意識が戻って来ることはありませんでした。

泣いて、泣いて、泣いて
1時間程泣いてから、コーヒーいれるね。とキッチンでコーヒーをいれ
振り向くとアンディの体に頭からバスタオルがかけられており
「あれは遺体なんだ」と、膝から崩れ落ちるような絶望感に襲われました。

アンディの傍でコーヒーを飲んだ後
旦那が歯磨きを始めたので、まさかこんな日にも仕事へ行くのかしらと思いつつ
仕事に行くの?アンディのお葬式、明日予約入れていい?
って聞いた瞬間
旦那が涙をボロボロ流しながらしゃべりましたが、泣き過ぎてて何と言ってるかわかりません。
長い夫婦のあうんで読み解くに
「辛くてとてもアンディを見ていられないからお葬式は早い方がいい」ということでしたので
前からお友達に聞いていた動物霊園に電話して当日午後の予約をとりました。

その後、旦那はアンディを運べるように車の中を片づけ
そのままバイクで出かけていってしまいました。
寂しがり屋で、パパが大好きだったアンディの傍に最後くらい居てあげればいいのにと思いましたが
旦那は旦那でどこか一人になれる場所に思い切り泣きに行ったのかもしれません。
私はアンディの傍に座り、二杯目のコーヒーを飲みながらアンディを撫でていました。

しばらくして旦那が帰宅した後、早めのお昼を済ませるためにカップラーメンにお湯を注いだところで
アンディからウンPが出てると旦那が教えてくれました。
ご存じの方も多いかもしれませんが、死後には糞尿が自然と出ます。
これは人間も同じなので、事前にお尻の穴に脱脂綿なんかを詰めておくと良いそうです。
二人で汚れてしまったアンディのお尻周りをきれいに洗いました。
介護が始まってから何度もやった共同作業。
最後にもう一度、お世話が出来てほんの少し幸せでした。

その後すっかり延びたカップめんをすすりました。

12時前、家を出る頃にはアンディはすっかり死後硬直が始まっていて
どう運ぼうか二人で悪戦苦闘しながら車に運び込みました。

葬儀にはいろいろあって、お預けしての合同葬等もありますが
アンディはひと家族ずつ個別にお経をあげてもらい、火葬まで立ちあう「立会葬」にしました。
棺にも無料の段ボールから木製の棺までいろいろ選べました。
木棺はお値段二万円以上で、どうせすぐに灰になるのに必要かしら?
いやでも最後の最後で今更ケチってもどうなのよ、と自問自答しましたが
サイズを見ると一番大きいもので120cmしかなく、硬直したアンディが入るかちょっと疑問。
ということで、結局無料の段ボールにしました。
段ボールといっても無機質なクラフトではなく、水色のキレイな段ボールでした。

ひととおり受付を済ませてから納棺するとき本当にお別れになってしまうと思い
アンディにすがって泣きました。
ブログで葬儀の時間を見て、ハヤテママと先日遊びに来てくれたクロスちゃんのパパママが駆けつけてくれて
一緒に泣いてくれました。
スタッフの人に促されてアンディを段ボールの棺に入れ祭壇に上げて葬儀が始まりました。
お坊さんにお経をあげて頂き、お焼香をし、火葬場へ移動。
最後のお別れでもう一度棺にすがって大泣きしました。
出来ることなら、一緒に棺に入って焼かれたいと思いました。


立派なお葬式をあげてもらいました。
火葬は少し時間がかかるので、骨拾いは夫婦ふたりでやりました。
丁寧にこの骨が背骨で、腕、腰、足、と説明して頂きました。
頭の骨はわりとキレイに形が残っていましたが
骨壷に入らない大きさだったので、寂しいけど、骨壷の中で砕きました。

骨になっても愛しい愛しいアンディ。
旦那が「おうちに帰ろうね」と抱っこして車に戻り
助手席で私が膝に抱いて帰りました。

前々から夏のスーツが要る(太ったから)と言ってた旦那のために
夜はイオンへ出かけてスーツを買い、夕食も私の希望で回転寿司を食べました。
もう気にしなくていいはずなのに
「アンディが寂しいから早く帰らなくちゃ」って、やっぱり思ってしまいます。
当分、この気持ちは治らないでしょうね。


コメントは全部拝見しています。
泣き暮らしてるわけではないのですが
皆さまの暖かいコメントを読むとやはり泣けてしまって
ひとつひとつにお返事を書くのがとても難しいです。
また、私もお気に入りのブログでもコメント等はしないタイプなので
気持ちはあるんだけど、なかなかコメントを書き込むのは・・・
って方もきっとたくさんいらっしゃると思います。
本当に、本当に、アンディのために祈ってくれてありがとうございます。
見ず知らずのはずのアンディを愛して下さってありがとうございます。
たくさんのたくさんの方に愛されて、アンディは幸せ者でした。

気持ちの整理のために、ブログはまだ時々更新するかと思いますが
アンディは幸せな一生を送れたと信じております。
見守って下さった皆さま、本当にありがとうございました。

最後に、納棺後の写真を一枚載せます。
遺体になりますので、見たくない方はここでページを閉じてくださいね。



 にほんブログ村 犬ブログ ホワイトシェパードへ
(*≧∇≦)σポチッとしちゃってください












アンディ 享年11歳4カ月
たくさんの幸せをありがとう。



コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

訃報

2017年05月20日 | ホワイトシェパード
アンディ、今朝8時10分 息を引き取りました。
享年、11歳4カ月。
今までアンディを愛して下さった皆様、ありがとうございました。

詳しくはまたブログ内でご報告致します。

葬儀は本日5月20日(土)13:30~
名古屋市南区 長楽寺動物霊園にて、立会葬にて最後の見送りをしてきます。
取り急ぎご報告まで。

なお、しばらくコメントへの個別返信は出来ないかもしれませんが、どうぞお許しください。
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

スタバでデート

2017年05月19日 | ホワイトシェパード

寝ないアンディ。
かぁさんをボール遊びに誘っておいて
かぁさんが側に行ったら眠くなります。
が、私もずーっと側で座っているわけにもいかずその場を離れると
また目を覚ましてしまいます。


骨ガムをあげると「どうしよう、隠さなきゃ!」て顔をします。


動けないので、横のクッションの山の中に隠しました(笑)


午後、ハヤテママに誘われて
隣市に新しく出来たスタバに行きました。
テラス席ですがしっかり屋根があって、風が通って、緑が植えてあって
とっても快適でした。


二人で顔付き合わせて寝ちゃった(笑)
アンディはおうちにいるより外に出た方が眠れる気がする・・・


おうちでは絶対にしない、体の左を下にして体を横たえてます。

ちなみにおうちで左を下にして寝かせると、パニック状態で飛び起きますし
病院で胸水を抜くのに左を下にして保定すると、保定している私を噛もうとまでします。(1分くらいで諦めて、あとは保定がいらないくらい大人しいです。)
不思議だなぁ~


帰りはグランドに寄って帰りました。
6時前、西日が眩しい~


ボールちょうだいのお顔(^^)


でも昼間寝てないからちょっと限界かも。
うとうと、眠~い(笑)

さて、先週の月曜日に名古屋市内の病院でしてもらった検査の中で外部検査に出したものがあり
今日その結果を電話で聞きました。
胸水を調べてもらったのですが
細胞の検査で癌は発見されず
細菌の検査でも細菌は発見されず、でした。
私は悪いものが出なかった良い知らせと思って聞いてたのですが
先生にとったら胸水が溜まる原因も発熱の原因も特定出来ない。
原因不明では治療のしようがないという
悪い知らせのような気持ちがほんの少しある声のトーンでした。
でも何とかしてあげたいという気持ちの伝わるお電話でしたが
実際のところは今まで通り対処療法していくしかなさそうです。


歩き疲れると道の真ん中でも座り込んじゃうアンディさん。

おうちに帰ってすぐご飯を作ったけど
ご飯食べてくれないし、いつもはこれだけは食べるっていう缶詰も食べないし
電話で先生にも、とにかく体重を増やしてって言われたとこなのにどうしよう。
と思ったら、珍しく生肉をバクバク食べました。
体が欲してるのかしら?(笑)
今まで生肉食べるとお腹壊してたんだけど
明日どうかな(^_^;)


 にほんブログ村 犬ブログ ホワイトシェパードへ
(*≧∇≦)σポチッとしちゃってください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加