映画生感想『ロスト・イン・トランスレーション』

この作品については、昨年からずっと楽しみにしてましたが、
5月8日にようやくチネチッタ川崎で公開されるということで、
初日から観てまいりました。

いやはや待っていた甲斐があるくらい、
ホントに面白い作品でした。

私は大好きです。

CM撮影のためにひとり訪日して、
言葉の通じない日本のスタッフに振り回される、
結婚生活25年目のハリウッドの元大スター。

カメラマンの夫について訪日したけれど、
夫は仕事に出かけてしまい、なにもすることのない、
結婚生活2年目の若妻。

このふたりが体験する日本文化に対する戸惑い、疎外感と、
ふたりの心の交流をコミカルに、でも穏やかに描いた作品です。

海外では日本人が日本語を話す場面でも、
あえて字幕なしで上映され、
ふたりと同じように未知なる日本を体験することが出来て、
それが反響を呼んだそうです。

ということで、
出来る限り日本を知らない外国人の気持ちで観ると、
より面白く感じられます。

もちろん日本人の気持ちのままで見ても、
ごく普段通りの日本が画面の中にあり、
素直に笑うことが出来ます。

映画の演出のために作り込んだ街ではなく、
あえて普段生活する人達がカメラに映り込んでくる街中で、
とても好感が持てます。

そんな、私達には普通であり、外国人には異質な日本を、
外国人であるふたりの視点で見ることになるのですが、
ひとりでいる場面には不安感があり、
ふたりでいる場面には安心感があるのです。

ひとりでいるときには、日本を知っている私達でさえ、
孤独を感じ、どうにもドキドキ緊張した感覚になります。

ふたりでいると、その緊張感が解け、
異質だった街並みは、ふたりの背景となり、
素直に楽しむことが出来るようになります。

それでいて、同じ外国人同士でも、
ふたりがふたり以外の人と接し合う場面では、
とても違和感があります。

この感覚に関して、目に映る演出として、
外国人同士以外については、
特別なにかをしているわけではないのですが、
言葉では表現できない空気感を観客に感じさせる、
この演出は素晴らしいです。

また、なにも演技をしていないと思わせるくらい、
自然な演技も素晴らしいです。

ビル・マーレイ好きとしては、
ぜひともこの演技でアカデミー賞を受賞して欲しかったです。

自然を演じることの難しさと言ったら。。。

なんにしても、この作品をつくった、
ソフィア・コッポラ監督は天才である、
と断言してもいいでしょう。

かの『2001年宇宙の旅』は、
宇宙旅行ドキュメント、
と呼ばれたこともありました。

この作品についても同様に、
言語も文化も未知なる日本をさまようドキュメント、
と呼んでもいいのかもしれません。

人間の感情の移り変わりを、
ドキュメントレベルまで客観視して撮ることが出来る、
いわゆる神の視点で演出が出来るということは、
私的にキューブリックの跡を継ぐ存在になるかもしれません。

こうなったら、AIR好きでサントラだけ持ってる、
前作『ヴァージン・スーサイズ』も観なくてはなりませんね。

とにもかくにも、観たい映画がないな、とお悩みの方、
また、どこか旅行に行ってみたいけど時間がないな、という方、
どうぞ、この作品を観てください。

ホントに、とてもとても面白いです。
全く新しい経験が出来ます。

やっぱり映画って面白いものだな、
と、強く感じさせられました。

それで僕も、風をあつめて~♪
コメント ( 2 ) | Trackback ( 13 )
« 銀盤 バオー来訪者 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (lieutenant+duck)
2004-05-22 20:03:56
コメントありがとうございます。



本当にいい映画でした。

寂しくて温かい。

東京というところで、誰かに「みつけてもらう」のは大変なんですよね。



私も1979年生まれです。

なんだか勝手に親近感を覚えてしまいました。
 
 
 
1979 (aliz)
2004-05-23 02:10:49
自分の心を預けられて、周りが単なる景色になる、

そんな人と出会うのは東京に限らず大変な気がします。



1979生まれな私ですが、まだ見つかりません。



けれど1979というのは、

とても不思議な年ですよね。



移りゆく世の中で、大きく変わりゆくものを、

この目で見て、この手で触った、

最後で最初の年代な気がします。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ロスト・イン・トランスレーション (30歳独身男Kazuakiの映画日記)
「なんてことなく観れば、なんてことない映画。東京やパークハイアットを知ってれば、それだけで楽しいかも。なーんて思ってたら、憎いほどのラストに打ちのめされた。」 予定通り、新潟市遠征です。こちらのロビーは空いていますね。今年57本目の観賞です。 今日これまで
 
 
 
ロスト・イン・トランスレーション~ル・トン~メイド・イン・マ... (『日々是好日』)
 今日はPTA総会の代休。ここ数ヶ月の念願であった映画館での新作映画鑑賞! 夜もスカパーでと、映画三昧の一日であった。 宇都宮に昨年秋オープンしたシネコンMOVIX宇都宮にて「ロスト・イン・トランスレーション」(ソフィア・コッポラ監督・2003年・米)を視聴。月曜...
 
 
 
**Lost In Translation** (TAKECALIZO)
昨日、渋谷でナンパに失敗した後に独り寂しく見た映画。 「ロスト・イン・トランスレーション」 主役のスカーレット・ヨハンソンがめっちゃカワイイ! こんな女優がおったなんて知らなかったよ。 俺はもうメロメロのロレロレだ。 ちょっくらググって調べてみよう
 
 
 
ロスト・イン・トランスレーション (「月の風」シネマ日記)
ソフィア・コッポラ監督作品 ビル・マレー、スカーレット・ヨハンソン主演 もし、自分が同じように異国に行ったらどうなるだろうと考えてしまった。 主人公達と同じように、母国語でとおそうとするだろう。 そして、主人公達と同じように孤独感を味わうだろう。 それは
 
 
 
ロスト・イン・トランスレーション (日の戯れ)
台風が近付いている。 雨も風ももっと強くなるのだろう。 Lost In Translation. 舞台は東京。それでだいぶ話題になった。 CM撮影のために来日した「中年の危機」の ハリウッドスター、ボブと 夫の仕事についてきた若き人妻シャーロットの 数日間の、東京の
 
 
 
『Lost in Translation』 (0 1/2)
Lost in Translation 『Lost in Translatio
 
 
 
「ロスト・イン・トランスレーション」 (ひらりん的映画ブログ)
ソフィア・コッポラ監督の2作品目。 2003年度作品。 この監督、フランシス・フォード・コッポラの娘。 この一家、映画産業にかかわってる人が多し。 この作品でソフィア・コッポラが2003年アカデミー脚本賞を受賞。 ゴールデングローブ賞では作品賞まで受賞した話題
 
 
 
ロスト・イン・トランスレーション (坂部千尋のsparrow diary)
 ご飯時だったのでドーンオブザデッドより先にこっち観ちゃいました。うーんなんかキル・ビル観たときもそうだったんだけど日本が舞台になってる洋画って日本人で損したな~って思う。日本の景色とか日本語とか解らなかったら面白いであろうシーンがいっぱいあってちょっと
 
 
 
ロスト・イン・トランスレーション(DVD) (lunatic\'s 映画評)
この映画、いつもの如く予備知識をまったく持たずに見ました。そして見終わった直後の評価は「この映画は何? 観光ガイド?それとも酒やホテルの宣伝映画?何を言いたいの?」「星0にしたろか!…いや、しかしゴジラに比べたらまだいくらかマシか」と言う感じのほぼ最低の.
 
 
 
『ロスト・イン・トランスレーション』ソフィア・コッポラ:「フシギの国ニッポン」映画 その? (~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録)
自分はドイツ人の知人の勧めで観てみました。 「既に人生を使い切ってしまった」映画スターの主人公、そして、自分の人生の意義を見つけられないまま、いたずらに時間を浪費しつづけるヒロイン。それぞれ、はた目には何不自由なくゴージャスな暮らしを満喫しているんです
 
 
 
『MON-ZEN(Erleuchtung Garantiert)』 ドーリス・デリエ:「フシギの国ニッポン」映画 その2 (~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録)
『ロスト・イン・トランスレーション』を観た後でブーブー言ってた自分にドイツ知人が薦めてくれたのがこのドイツ映画です。 概要については、こちらを参照していただくとよろしいかと思います。 「不思議都市」東京を起点に、行き詰まった人生を打開するための「自分探.
 
 
 
ロスト・イン・トランスレーション (*アンチハリウッド的* 映画論)
【原題】Lost in translation 【制作年】2003 【制作国】アメリカ 【監督】ソフィア・コッポラ 【主なキャスト】 ○ビル・マーレイ(アメリカ人俳優:ボブ) ○スカーレット・ヨハンソン(カメラマンの妻:シャーロット) 【あらすじ】 ウィスキーのCM撮影のため
 
 
 
『ロスト・イン・トランスレーション』とウォッカトニック (映画とお酒と・・・エトセトラ)
ロスト・イン・トランスレーション どうなんでしょうね~ 日本を舞台にした男と女の物語。。。 どちらも喪失感をかかえて、 東京という町をさ迷い歩く。 出逢う。 心の隙間を埋めていく。 刹那的だけど、 貴重な時間。 しつこくなく、 さらりと描 ...