goo

■ 鳩ノ湯温泉 「三鳩楼」 〔 Pick Up温泉 〕



<鳩ノ湯温泉「三鳩楼」>(東吾妻町(旧 吾妻町)、時間要問合せ、800円、0279-69-2421)

上州の名山浅間隠山の北麓、温川本流と支流が合わさるところに浅間隠温泉郷があります。
鳩ノ湯、薬師温川の3つの温泉からなるこの温泉郷は、それぞれ歩けるほどに近接していながら独立した温泉とされ、おのおのが一軒宿となってます。
かつては中山道の裏街道として相応の賑わいをみせたといわれる温川沿いの道(いまのR406)ですが、現在は周辺にこれといった観光地もなく、閑かなたたずまいをみせています。
3つのお湯の泉質はそれぞれちがい、どこもレベルは高いですが、とくに好きなのが鳩ノ湯温泉です。

傷ついた3羽の鳩が傷をいやしていたことから名づけられた鳩ノ湯温泉は、寛政年間開湯の由緒ある湯場で、ここの一軒宿が「三鳩楼」。
純和風の趣ある建物。玄関脇の赤ポストがいい味を出しています。破風屋根の重厚な玄関をくぐると帳場があります。迷路のように曲がりくねった細い廊下をつたって奥の浴室へ。
浴場は有名な総檜づくりの内湯と露天があり、ハダカ移動不可です。当然ながら両方入りました ^^)
連休最終日の14時で男女湯とも独占。シャワー・シャンプーあり、ドライヤーなし。


【写真 上(左)】 男湯露天
【写真 下(右)】 男湯露天の湯口


【写真 上(左)】 女湯露天
【写真 下(右)】 女湯露天の湯口

急な階段を昇ってアプローチする露天は、2人でいっぱいのこぢんまりとした木枠石造りの湯船。
析出のでた石の湯口から間欠的に投入で、脇の排湯口からの排湯は源泉かけ流し?


【写真 上(左)】 男湯内湯
【写真 下(右)】 男湯内湯の渋い天井


【写真 上(左)】 女湯内湯
【写真 下(右)】 女湯内湯の湯口

内湯は温川の渓流を望む天井の高い総檜造りの湯屋で、これは絶品です。
保温用に木のフタがしてあり、好みに応じて適当にハズして入ります。
芸術的に析出がほどこされた竹筒の湯口から複雑に変色した石の貯湯槽に流し込み、湯船縁からオーバーフローのかけ流し。

お湯は間欠的に出てくるので間欠泉説もありますが、湯船からあがると出て入ると止まるので、水位と連動した投入の仕組みがあるようにも思います。
また、足元湧出泉という説もありますが、底はスノコ状のため判別不能でした。


【写真 上(左)】 男湯内湯の湯口(投入時)
【写真 下(右)】 男湯内湯の湯口(投入停止時)

青みがかった緑黄色の濁り湯には薄茶色の浮遊物。ほぼ無味で土気がかったやわらかな温泉臭。
内湯は露天より青みが強く濁りも少なくて新鮮な感じ。深みのある灰青色はすばらしいもので関東では稀少な湯色です。
ぬるめのお湯は、薬師よりも強いキシキシ感があり、からだのすみずみまで染みわたっていくような絶妙な浴感。身体が軽くなったような心地よさに思わず出たくなくなります。
やはり、群馬でも屈指の逸品かと思います。

ただし、宿の人の愛想はいいとはいえず (^^;、日帰り入浴はたしか14時すぎに問答無用で打ち切られるので、昼頃に攻めるのがおすすめかと・・・。

炭酸含有塩類泉* 42℃(パンフより)
帳場の上に掲げられた年代ものの分析表は以下のとおり(単位不明、g/kgか?)

(略)字鳩ノ湯にあり温川の右岸に湧出す、炭酸泉、摂氏43℃、クロルナトリウム1.0315、硫酸ナトリウム0.1401、重炭酸マグネシウム0.1246、硫酸0.1116、遊離炭酸0.0393、硫酸カルシウム1.2655、クロルマグネシウム0.0812、固形分総量3.7938 <内務省衛生試験所分析>
*)Ca・Na-炭酸水素塩・硫酸塩泉という情報もあり。

〔 2002年12月26日レポ 〕

■みしゅらん掲示版でやませみさんより泉質データをいただきました。(2002/12/29)  貴重なデータなので参考までに引用させていただきます。

引用) -------------------------------------------------------------------------

Re:鳩ノ湯温泉 投稿者:やませみ  投稿日:12月29日(日)09時24分05秒
>うつぼさん
 鳩の湯(H9.3分析) Na・Ca-Cl・SO4 pH=6.8
  溶存成分計=3232
  Na=674 (60.0) Ca=358 (36.6)
  Cl=1010 (60.6) SO4=682 (30.2) HCO3=263 (9.16) mg/kg (mval%)
現在は動力揚湯になっており、湧出量もそう多くはないので(20 L/minくらいか?)
「水位と連動した投入の仕組み」が正解だろうと思います。

引用おわり) --------------------------------------------------------------------
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ■ 青梅鮎美の... ■ 赤城温泉 「... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。