空気色のアルバム

~ ordinary but precious time ~

4014 * 日常を離れて気分転換 *

2017-07-11 | 日々の記録

こうも毎日暑い日が続くと

これも何だかちょっと暑苦しく見えますねぇ(*_*;)

同じ取っ組み合って仲良くじゃれあっているのでも

ぽかぽかとした陽だまりの中での方が

見ていてほっこりするし

しっくり来るというもの(´-ω-`)

 

同様にこの紫陽花にしても

綺麗なことは綺麗なのですが

これでもまだ梅雨なの?!というような

強烈な陽射しと暑さの下では

どうもいまいちしっくり来なくて(;´∀`)

 

木陰で涼んでいるかのような額紫陽花を見つけ

こちらの方がずっと心惹かれました(*´⌣`*)

・・・で

いったいどこで撮った紫陽花かというと

箱根ターンパイクの途中

(ネーミングライツで今はMAZDA ターンパイク箱根)

一昨日の日曜 ホテルのステイチケットを使って

箱根で一泊してきたのですが

旦那さんが「行きはターンパイクを走りたい」と言うので

私は車酔い覚悟で同乗(;´Д`)

それでも一応気を遣って走ってくれたのと薬のおかげで

特に気分が悪くなることもなく

 

 途中途中にある

ビューポイントで眺めを楽しんだり

 

 休憩しながら

無事に走行することが出来ました

 

スカイラウンジから見えた富士山と芦ノ湖

霞がかっていて

残念ながらくっきりとはいきませんでしたが

こうして写真を撮る余裕があっただけでも充分(笑)

 

そして宿泊先の

箱根仙石原プリンスホテルに到着です

 

箱根でも少し奥まったところにあるため

静かで落ち着いた雰囲気のホテルでした

 

ホテルの裏手の斜面には一面のアナベル

 

うちのマンションの植栽にも使われていますが

緑と白が目に爽やかで

涼し気な感じがして好きな花です( ´◡` )

私たちが今回泊まった部屋からの眺めも

山の木々の緑に囲まれたゴルフ場の芝の緑が美しく

とても爽やかに感じられました

夜バルコニーに出てガーデンチェアに座っていると

涼しい風が吹き

ずっとそこにいたいくらい心地良くて

昼間の暑さはさほど変わらなくても

陽が落ちてからの過ごしやすさは

やはり都心とは比べものにならない感じです

お部屋自体も広々として過ごしやすかったのですが

 

この部屋の特徴の一つらしい

バスタブとは別にシャワーブースがあるバスルーム

右手の方にドアの取っ手が写っていると思いますが

それがそのガラス張りのシャワーブースで

ほらよくサスペンス映画なんかで

綺麗な女優さんがうっとりとシャワーを浴びていると

怪しい影が迫ってきて・・みたいなヤツですよ(笑)

確かにこれ

バスルームとして見た目は素敵でしたけど

実用性という意味ではちょっと難アリというか(・・;)

慣れの問題なのかもしれませんが

まずシャワーブースとバスタブの行き来で床が濡れるし

後でトイレだけを使うときでも

濡れた床に気を付けないといけないし・・・

まぁ見た目重視と思えば仕方ないですかね(^^;)

日常を離れて訪れる場所ですから

見た目も大事といえば大事

 

それはお料理にも言えることで

お皿が運ばれてきたとき

「わぁ~♪ キレイ♡」っていうのは大事

晩ご飯を頂いたホテルのメインダイニング

プラ デュ ジュールでは

金時山を目の前にした席で

前菜から写真のデザートまでどれも目に美しく

美味しいお料理を頂くことができました(*ˆ◡ˆ*)

 一泊ということもあって

上高地旅行のときのように友達にお願いすることもなく

モナカリだけでのお留守番だったので

翌日も朝食をブッフェで頂いた後は

さっさと部屋を片付けてチェックアウト

どこにも寄り道することなく我が家へ直帰

日曜の午後1時半過ぎに出て

月曜の午後12時過ぎには帰ってきたから

実質24時間も留守していなかったのに

やはりそれなりに抗議の痕跡がありました(;´・ω・)

モナカリにお留守番させるのはかわいそうだし

 一泊とはいえ泊りの支度をするのはそれなりに大変だし

帰ってからも片付けだ何だと面倒だったりもしますが

ここのところ

自分でも全く予想がつかない体調不良に襲われることが多く

なんだかなぁ・・な感じな日が続いていたので

それなりに気分転換になって良かったように思います(^.^)

 

 ↓ ポチっとしてにゃ~↓ 

『猫』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4013 * ベンチを広々と使... | TOP | 4015 * 由緒ある柄 * »

Related Topics