空気色のアルバム

~ ordinary but precious time ~

3766 * 上高地旅行記最終回 *

2016-11-05 | 上高地旅行

今日も引き続き上高地旅行記

これが最終回となりますので

もう少しだけお付き合い頂けると嬉しいです(*vv*)

ホテルへ戻る道の梓川沿いの眺めは

見ようによっては初夏のような雰囲気

実際この日は気温がかなり高くて

半袖でも陽射しの下では暑いくらいでした

 

通ったことのない木道を見つけ進んでいくと

 

時折り小さく開けた湿原に木がポツン

 

人通りもなく静かな道だし

今まで見たのとはちょっと違う景色で愉しかったです

 

そして辿り着いた先がウェストン園地

登山家として日本各地の名峰を制覇した

英国人宣教師ウォルター・ウェストン

そのウェストン碑の前は去年も通ったけれど

すぐ傍にこんないい場所があるなんて

全く気づきませんでした

 

ここはとても気持ちの良い広場で

丁度お昼時だった為お弁当を広げている人も多く

 

私たちは朝食が重めだったから

あまりお腹は空いていなかったけれど

それでも何となく青空に誘われ

近くのルミエスタホテルでお弁当を買い

梓川を眺めながら食べることにしました

 

うっとりするほど綺麗な色の梓川

 

田代橋近くまで戻ると

 

また不思議な色合い

 

橋から見た

光輝く美しい流れとそれを縁取る木々の碧は

本当に清々しくて

秋らしさとはちょっと違ったけれど(笑)

それはそれとして

上高地の自然を堪能することが出来ました

 

その美しい自然にもそろそろ別れを告げ

 

ホテルで荷物を引き取り

タクシーに乗って

 

また沢渡の駐車場へと戻ってきました

 着いた日よりも色づいた木が増えた感じ

そんな日々刻々と変わる山々にさよならを言い

モナカリの待つ我が家へと・・・

ということで

去年が10月15・16・17日

今年が10月16・17・18日

ほぼ同時期に上高地を訪れたわけですが

場所は同じでも

その年々の気候やお天気によって

全く違う景観を楽しめるものですねぇ(´▽`)

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

3765 * 青空の上高地 *

2016-11-04 | 上高地旅行

晴れた~\(^o^)/

 

山にはまだ少し雲がかかっていたものの

二泊三日の上高地旅行最終日は

爽やかな青空の朝を迎えることが出来ました

霧時雨もそれなりに風情があったけれど

せっかく晴れたのだから

河童橋辺りまでもう一度散策に行こうということになり

ダイニングで朝食を食べ部屋に戻って片付けをし

チェックアウトを済ませてから一度荷物を預け

再び河童橋を目指しました

 

途中のバスターミナルの山々も色鮮やか

 

梓川沿いの道は何度歩いても気持ちがいいです

 

あともうちょっとで山頂が見えるんだけど・・・

まぁ去年たっぷり見たからいいよねってことで(笑)

 

河童橋を渡って

その去年は行かなかった方へ歩いて行くと

川沿いに色づいた木を見つけました

赤く染まった木はまだ少ないせいか

この木の周りは

撮影スポットとして倍率が高かったけれど(^^;)

 

おひさまを透かした紅葉ってやっぱり好きだな~

 

青空を仰ぐだけで何となく嬉しくなるし

 

多少雲がかかっていても

晴れてよかった(*^-^*)

 

黄金色の葉っぱがキラキラ♪

 

ススキも水面もキラキラ♪♪

この風に揺れるススキも

被写体として私の好物なのですが

今年はポワポワしたススキをなかなか見つけられず

目にするのはショボショボのものばかり・・・

他にも霜で枯れてしまったのか

かなり残念な姿になっている植物や

 

台風の爪痕が生々しい木も多く見かけて

気候による影響をまざまざと感じつつ

 

それでもなお美しい色を見せてくれる

自然の逞しさや偉大さも感じた散策でした(˘⌣˘)

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

3760 * 静寂の田代池と大正池 *

2016-10-30 | 上高地旅行

今日は上高地旅行記

25日の記事の続きです

アルペンローゼでお昼を食べてから午後の散策

やんだと思った雨がまたパラパラ降り出していたので

ホテルで傘を借りて田代池の方へ向かいました

河童橋へ向かう道に比べると周囲はより原生林っぽい感じ

道中ずっと雨は降ったり止んだりだったけれど

そのわりには結構な枚数を撮っていたようで

(良く出来た助手(笑)のおかげです)

写真の数がかなり多いですが

よろしければお付き合い下さいね(*^^*)

 

自然のままの森の中でひと際目を惹く赤

 

今年は度重なる台風の影響で

倒れている木もあちこちで見かけました

 

鬱蒼とした森の中には

色んな生き物がいるんだろうなぁ・・・

そんなことを考えながら歩いているうちに

 

突然ぽっかりと開けた場所に出ました

 

山々は相変わらず霧に包まれているけれど

なんとも言えない心地良い静けさがあって

 

不思議な雰囲気が漂う田代池

そう この水溜りのようなのが田代池なんです

後で行く大正池と同じく

焼岳の噴火により流れ出た溶岩が

梓川の支流をせき止めて出来た浅い池

氷点下の季節でも田代池は全面凍結しないため

水温の方が高い時期の早朝などは

周辺の木々が霧氷に包まれて凄く幻想的だとか・・・

う~んそれを見るには相当覚悟がいりそう(^^;)

霧氷は無理でしたが


ラッキーなことに

カモさんたちがちょうどこちらへやって来てくれて

ちょっとファンタジックな絵が撮れました

 

望遠じゃないので寄れませんでしたが

並んで泳ぐ姿はとても可愛かったです(^.^)


ここでもポツンと赤


木々の色の変化は早いから

私たちが訪れた時と今とでは

まただいぶ感じが変わっているかもしれませんね

 

言われなければ池だなんて思わないくらい

浅くて澄んでいて静かな田代池

人がいなかったせいもあり妙に落ち着けて

もう少しゆっくりしていたいような気もしたけれど

雨が本格的に降り出したので先を急ぐことにしました

 

そして見えてきた大正池

陽が射しているのに雨は降り続けていて

また一段と不思議な風景

 

ここでもタイミングよくカモさんが(^.^)

 

晴れたら晴れたで

きっとまた素敵な景色なんでしょうけれど

雨に煙る大正池が私はとても気に入りました

 

水面を打つ雨も美しいです

・・・とは言え

雨の中ぬかるんだ道を戻るのもしんどいので(・・;)

池畔の大正池ホテルで一服した後

ホテルの前のバス停からバスに乗って帝国ホテルへ戻り

あずさ庵での夕食までお部屋でのんびり過ごしました

今回の旅行

お天気が悪くても退屈することは全くなかったな~(´▽`)

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

3756 * 客室web内覧会 *

2016-10-26 | 上高地旅行

山の写真はまだまだあるのですが

今日は上高地帝国ホテルのお話です

去年はホテルに着いてすぐ荷物を広げてしまい

お部屋の写真を撮り損ねたので

今回はまずそれが最初のミッション(笑)

寛ごうとする旦那さんに「ちょっとそこ撮るから・・・」

とどいてもらいながらの撮影

それでは

上高地帝国ホテルの客室web内覧会です(^.^)

今年の2月に予約した際

前回と同じお部屋が取れるか一応聞いてみたそうですが

希望の日だとその時点でもういっぱいで

今回は1ベッドルームスイートになりました

去年のデラックスツインでも充分広かったから

スイートなんて・・・と行くまでは思っていたけれど

実際に泊まってみると物凄く良かったです

リビングと寝室が別というのは

思っている以上に落ち着くものなんですね~

で 上の写真がそのリビング部分

二方向に窓があり

それぞれベランダに出られるのでとても開放的です

 

そしてこちらが寝室

この部屋も窓が大きくて

リビング側から繋がるベランダへ出ることが出来ます

 

各部屋の隅に配されているオイルヒーター

これがかなり優秀なのですが

今年はあまり寒くなかったので切っていることも多く

夜寝るときは弱めにつけて窓を少しだけ開けておくと

外の雨の湿気で部屋の乾燥を防ぎつつ

木々に落ちる雨音を子守歌にして眠ることが出来て

とても快適でした(˘ω˘)zzz

 

リビング側のお部屋に戻って

最初の写真の右側にチラっと写っていたのが

このダイニング部分

スイートだから寝室は別なんだろうとは思っていたけれど

こんなシンクやIHまであるとは思わなくてびっくり!

旅行に来てまで料理をしようとは思わないけれど(^^;)

上高地はとにかくお水が美味しくて

お部屋でも美味しい珈琲やお茶を淹れられるので

このカウンターは何かと重宝しましたよ

そしてダイニングテーブルの上には

ウェルカムフルーツとジュースが用意されていて

着いた日はすぐに夕食だったため

翌日朝食代わりにいただくことにしました

天気予報で翌日は朝から雨の予報だったから

いつもよりゆっくり起きて

パジャマのままフルーツとジュースと美味しいお茶(^.^)

生憎のお天気のおかげで

素敵なお部屋を満喫することが出来てラッキー♪

 

着いた日の夕食の前には

グリンデルワルトのマントルピース

火入れ式も見ることができました

そういえば

去年はこのマントルピースの煙が部屋まで入ってきて

喘息持ちとしてはちょっと辛かったのですが

今年はそれが殆どなくてとても楽でした(*^-^*)

 

お食事は去年と逆にして

一日目がダイニングルーム

二日目にあずさ庵

あずさ庵ではこのメニューに加え

昨年感動したお誕生日祝いのお赤飯が今年もあって

秘かに期待していただけに嬉しかったです(^v^)

 

ダイニングルームでは

こちらも昨年同様デザートがバースデープレート

それにしても

「Happy Birthday」じゃなく

漢字で「お誕生日」って渋いですよね~(笑)

遥か昔子供の頃

近所のケーキ屋さんに母が頼んでくれた

バースデーケーキに添えられていたのを思い出すような

そんな懐かしさを感じました(*^^*)

それはいいんですが・・・

これって名前・・間違えてる?(;´∀`)

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

3755 * 霧時雨の上高地 *

2016-10-25 | 上高地旅行

今日は22日の記事の続きで上高地旅行記です

観光バスの博覧会かと思うほど

バスがずらりと並んだバスターミナルから少し歩くと

梓川沿いの道に出ます

 

穂高連峰は霧に抱かれたままだけど

 

梓川の流れは相変わらず清らかで

微妙にニュアンスの違う木々の緑とともに

やわらかな水彩画のような雰囲気です

 

そんな穏やかな景色も

河童橋に近づくと一気に観光地ムード

 

往来が激しくて揺れまくる河童橋から

とりあえず一枚だけ・・・

去年の明神橋の記事にも書いたけれど

橋からの眺めは確かに絶景なんですが

そこにじっと立ってカメラを構えていると

水の上で揺れているボートで立ち上がったみたいな

何とも言えない足元の不安定さを感じて

物凄く落ち着かないんですよ(*_*;)

なのでなるべくササッと撮って橋を渡り

人の群れを脱出して

反対側の道からホテル方面へ戻ることに

 

その途中で見かけた綺麗に色づいた木

赤く染まっているのは貴重でつい立ち止まってしまう(^^;)

 

貴重と言えば

去年あれだけ沢山見かけたお猿さんたちにも

今回はこの1回しか会うことが出来ませんでした

子猿さんも一緒にいてとても可愛かったのに

人が大勢来たため撮り損ねてしまい無念・・・(T_T)

 

お猿さんたちにあまり会えなかったのは残念だけれど

お天気がイマイチなのはそれほど気にならなかった私

恐らく去年が「これでもか!」という好天で

それをたっぷり満喫しているから

たとえ今年あまりお天気に恵まれなくても

こういうのもまた趣が違っていいな~と思える

余裕みたいなものがあった気がします

 

キラキラと枝につく

雫のビーズも綺麗だったし

 

雨に濡れて

少し淋しげなマユミも愛らしかったし

 

いつの間にか川べりに出ていて

元の道へ戻るのにちょっとしたアドベンチャーもあり(笑)

なかなか愉しい散策となりました

お腹も空いたのでホテルへ戻ってアルペンローゼでランチ

ソースが別添えのボロネーゼもお肉たっぷりのビーフカレーも

美味しかったな~♪

去年宿泊した時はダイニングルームとあずさ庵しか利用出来ず

今年は是非アルペンローゼもと思っていたので

それが叶って良かったです(*^^*)

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

3752 * 去年と今年の違い *

2016-10-22 | 上高地旅行

16日の午前10時半過ぎ

車で我が家を出発した私たちは

午後3時頃に沢渡の駐車場へ到着しました

前にも書いたように上高地はマイカー規制があるため

ここに車を残しタクシーでホテルへ向かったのですが

ある程度予想はしていたものの

山が碧い・・・

 

ちなみにこれが去年

同じ沢渡の駐車場で撮った写真

カメラの設定の違いなどを差し引いても

去年と今年でだいぶ色づき具合が違うことが

おわかりいただけるかと思います

紅葉は気温差で進むものですが

例年に比べて暖かな日が続いているのはこの辺りも同様で

着いた時も標高1000mの沢渡では多少ひんやりする程度

タクシーの運転手さんの話でも

今年の紅葉は11月までずれ込むか

下手すると色づかないまま枯れてしまうかもということでした

 

こちらは去年

標高1500mの上高地バスターミナルで撮ったもので

黄金色に染まったカラマツが眩しいくらいでしたが

今年はというと・・・

 

空が白いのはさておき(^^;)

カラマツも山もまだ殆ど緑色だし

赤く色づいているところはほんの僅か

 

これらは17日のお昼前

前日の夜から降り続いていた雨の止み間に

ちょっと散歩がてら出かけて撮った写真ですが

コートなどは羽織らなくても歩けるくらいの気温で

山々はどこも霧がかっていました

というわけで

黄葉や紅葉の見頃はもう少し先って感じだし

お天気もパッとしてはいませんでしたが

 

霧に包まれた山は幻想的で美しく

これはこれでいいな~って思いました(*^^*)

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

3398 * 秋の山々に別れを告げて *

2015-11-04 | 上高地旅行

少し間が空いてしまいましたが続きを・・・

明けて17日の朝

部屋のベランダからの眺めです

少し雲がかかっているけれど良いお天気

 

前の日の16日があまりにもよく晴れていて

朝から晩まで正真正銘の雲ひとつない空だったから

この空を見たときに

あ・・空には普通雲があるんだっけ・・・

と思っちゃいました(笑)

 

朝食は前の晩と同じダイニングルームでいただきました

16日の朝はアメリカンブレックファストにしたものの

私にはちょっとボリューミー過ぎたので

この日の朝はジュースとパンケーキと紅茶にしました

芸術的なまでに美しいパンケーキに

長野県産とち蜜をたーっぷりかけて

ん~~~美味(#^.^#)

ジュースもどれもとても美味しいのですが

やはりお水が美味しいのでしょうね

ここで頂くお茶類は皆本当に美味しかったです

食後にギフトショップでお土産を買い

後は荷物をまとめてチェックアウトするだけ

そういえば

着いた日はいきなり荷物を広げてしまって

お部屋の写真を撮り損ねたので

 

帰り際にちょっとだけ

今度は忘れずに着いたらすぐに撮りましょう(^^;)

 

おかげでいい時間を過ごせました

 

また来年・・・かな?

 

ホテルからタクシーで沢渡の駐車場まで戻ると

またまた鮮やかな山々

 

陽射しの下では少し暑いくらいで

標高の違いを感じます

 

車に乗り込み帰る道々さえ

窓から見える景色にシャッターを押し続けていて

 

山ってこんな綺麗な色になるんだ~

と改めて感慨ひとしお

美しい秋の山々に別れを告げて

モナカリが待つ家へと向かいました


・・・久しぶりの旅行だったせいか

気づけばずいぶんと長い旅行記になってしまいました(・・;)

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

3393 * ダイニングルームとバー *

2015-10-31 | 上高地旅行

ホテルへ戻り急いで着替えてダイニングルームへ

 

モンブラン仕立てやカプチーノ仕立てなど

趣向が凝らされていて説明を聞くのも楽しいです

 

メインも程よい量で

どれも美味しく頂くことが出来ました

 

とはいえデザートの頃にはかなりお腹いっぱい

それでもこのタルトタタンは本当に美味しかった!

さすがはリンゴの産地だけありますね~

そしてバースデーディナーの後は

 

バーで一杯

・・・といきたいところですが

 

残念ながらうちは二人ともお酒が弱いので

昼間のクローズ時間に写真だけ撮ってきました(^^;)

 

ホテルのバーらしからぬ雰囲気で

山小屋にいるような感じが楽しいです

 

壁に飾られたベルやプレートを見ていると

気分はアルプスの少女ハイジ(笑)

 

照明ひとつとってもこだわりが感じられます

 

 

このスタンドライトも素敵

 

昼間でも充分いい雰囲気だったけれど

オリジナルカクテルも色々あるようなので

もしまた行く機会があれば

アルコール弱めでお願いして飲んでみたいな~♪

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

3390 * 秋の日暮れは早足 *

2015-10-29 | 上高地旅行

しつこいようですが(^^;)

上高地の写真はまだまだまだ続きます

そろそろ午後3時

少しずつ陽射しが和らいできました

 

水面がキラキラ

 

勢いよく流れる水も

 

穏やかに湛えた水も

どちらも清らかに澄んでいて

 

おさかなもすぐそこに見えます

 

鮮やかな「紅の世界」から

静かな「碧の世界」へと舞台が移りました

 

 

空も水も澄んでいるからこそ

この美しい色を見せてくれるんでしょうね

 

午後4時過ぎ

夕陽が優しく川辺を包み

 

ススキを揺らす風も

だんだんと冷たくなってきました

 

鳥の子色ってこんな感じかな

 

秋の日暮れは早足

少し前までは暑いくらいだったコートの前をしっかり閉め

河童橋まで戻ったときにはだいぶ足も疲れていたので

橋のたもとの白樺荘で一休みしてから

夕食が待つホテルへと向かいました

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

3387 * 秋の彩りの饗宴 *

2015-10-27 | 上高地旅行

明神池を折り返しとして

来たときとは別のルートでホテルへ向かうことに

 

木道があると歩きやすいのだけれど

撮りたいものを見つけたときに

往来を邪魔しそうで立ち止まりにくいのが難点・・・

とは言いながらも

けっこう立ち止まってましたけどね(^^;)

ところで

明神館へ向かう途中にすれ違ったおじさんが言っていた

紅葉が綺麗だという場所はまだかしらん?

などと話しながら歩いていると

 

キタ━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━!!!!

こんな顔文字は不釣り合いな美しさですが

気分はまさにそんな感じ

 

おひさまの光を透かした葉っぱって

なんでこんなに綺麗なんだろう

街中や公園で紅葉を撮るときも

必ずこのアングルを狙ってしまいます

 

それでもこんなスケールの大きな紅葉は

普段なかなかお目にかかれません

 

松葉に落ちた赤い葉が

クリスマスツリーの飾りみたい

 

午後2時を過ぎて早くも傾き始めた太陽が

スポットライトのように照らします

 

紅葉以外にも

人の横顔にしか見えない岩を発見して大盛り上がり

 

でもすぐに「紅の世界」に引き戻されて

趣のある紅もあれば

 

作り物と見紛うほどの紅もあり

 

自然が生み出す色の多さと美しさには

本当に圧倒されます

 

そしてその様々な色を

より美しく生き生きとさせる光と影

 

「日本の秋」

という言葉がぴったりな風景

 

秋の彩りの饗宴です

Comment
この記事をはてなブックマークに追加