朴念仁の独り言

趣味無し、特技無し、協調性無しの老いぼれの独り言

「テロ等準備罪」法が成立

2017-06-18 14:55:39 | 日記

 最近どのメディアも「共謀罪」「共謀罪」と表現しているが、どうも意識的

にこの表現を使っているようだ。

国連の人権何とかが・・とか亡命したスノーデンがインタビューに答えていたが

実情をどれだけ理解しての発言か、また なぜ外国人の意見が必要なのか理解で

きない、なんで外国人の意見を聞くのに中国・韓国人に聞かない?? 今まで

どんな些細な事象でも中国が・・韓国が・・・と騒いでいたではないか!!

かって憲法の「集団的自衛権行使」を容認したときや「特定秘密保護法」が成立

するとき、左翼評論家・文化人・大学教授など何と言っていた!! 特に報道関係者

など自分たちがあの時「何と発言したか」思い出せ!!

「集団的自衛権行使」を容認したとき

・徴兵制が復活し自分の息子が兵隊にとられる

・アメリカの紛争に巻き込まれ、派兵することになる

・平和憲法を無効にし、近隣国との緊張が高まる

「特定秘密保護法」が成立するとき

・表現の自由が侵され、まともな報道や出版が制限される

・自由に書物が書けなくなる

・国会の質問に制約がかかる

など、いろいろと言うより、「重箱の隅を突っつく」ような例題を出し、ああだ

こうだと「いちゃもん」を並べていたが、いざ成立したらいままでの御託は知ら

んぷり・・・いつも通りのくだらない発言をしているが、

こんな日本で良いのだろうか??

 

 

  

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「テロ等準備罪」野党対応に疑問 | トップ | 東京都都議選 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。